2020春

私の家政夫ナギサさん1話感想・ネタバレも含む・メイに大共感の嵐!ナギサさんみたいな人にサポートしてもらいたい!

更新日:

私の家政夫ナギサさん・1話ネタバレ感想・考察になります。

多部未華子扮する家事が苦手な“アラサー女子”が“おじさん家政夫”に救われる!?

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん・1話あらすじ・ネタバレ

 「天保山製薬」横浜支店の医薬情報担当者(MR)として働くメイ(多部未華子)は、仕事は出来るが家事全般はからっきしな独身女性。28歳の誕生日を迎えた日の夜、マンションの自室に帰宅したメイは見知らぬ男性(大森南朋)と遭遇する。彼は妹・唯(趣里)が連れてきた全ての家事を完璧にこなす伝説的な家政夫・ナギサだった。ナギサは4日間の家事代行をすることになるが、メイは受け入れられない。そんな折、メイはライバル会社「アーノルド製薬」のMR・田所(瀬戸康史)と知り合い、優秀な田所に警戒心をむき出しにする。。

Yahoo!TVから引用

メイ(多部未華子)と、田所(瀬戸康史)は、あるクリニックで、どちらが使われるか競合他社として、競い合うことになった。

田所(瀬戸康史)は、アーノルド製薬のやり手。

エンストしたメイにまで、救いの手を差し伸べる男だった。

メイは、クリニックの先生が勧める漫画も読んだり、気に入られようと精一杯。

しかし、田所は、クリニックの顧客の特性をリサーチしてプレゼンして、契約に結び付く。

メイは頑張っても報われなくて、落ち込んだ。

そんな時にも、家政夫のナギサ(大森南朋)は、心を尽くして、家事をしてくれる。

メイは、倒れ込み、ベッドに運んでもらったナギサに、寝言で、「手を握っていて」と頼んだら、

ナギサは朝まで、メイの手を握りしめていた。

メイの誕生日になり、母、美登里(草刈民代)がマンションに訪ねて来る。

隣には、宿敵の田所(瀬戸康史)が引っ越してきたことに気付く。

メイは、母に知られては、まずい!と、部屋にいるナギサに隠れるように指示して、慌てるのであった。

私の家政夫ナギサさん・1話・感想・考察・評価

現代の女性活躍社会において、こういう女性も増えているのでしょうね。

新任の職場の長も女性の富田靖子だし。

女性が活躍しているのがひしひしと分かるドラマです。

女性としては、嬉しくなりますね。

やっぱり、女性でも、手に職とか、キャリアがあると、女の人の選択肢は広がりますよ。

メイ(多部未華子)のお母さん美登里(草刈民代)が言っている想い(女でも仕事でバリバリ頑張れ)は、重いですが、その気持ち分かるな。

専業主婦になってもねー、こんな時代だから、いつ旦那が浮気とかして、切り捨てられるかわかない時代ですよ。

女性の社会進出と同時に、男性も女性と親密になる機会が増えていると思うし、最後の恋だとか、不倫を美化する物語も多いですしね。

メイ(多部未華子)は、キャリアがあるし、仕事は全力投球で、頑張れるけど、自分の生活はおろそかになってしまう。

その上、クタクタになるまで、働いてもそれが評価されるとは限らない。

分かるなー

働いてもそれが評価されるとは限らないは、総合職でも一般職でもアルバイトでも派遣でも、はたまた専業主婦でも、同じですよ。

頑張っても報われる思いばかりではないです。

メイの限界指数を表す、風船の表現がとても、感情移入できて良かったと思います。

この枠って良いドラマ多いけど、あまり色々考えないで、すっと誰にでもなじみやすいテーマだと思います。

特に女性には。

家政婦のナギサさんは、現実に考えてみると、ちょっと気持ち悪いですよね。

下着は絶対嫌だな。あの段階では、下手すれば、同意取れていないし。

通報されてしまってもおかしくないかも?ってレベルですよね。

男性の、おっさんに下着勝手に洗われるのはいくらなんでも、勘弁してーですが。

田所(瀬戸康史)は、隣に引っ越してくるあたりは、ドラマドラマしていて少し引き気味ですが(笑)

メイと、田所と、ナギサさんの3角関係になるのかな?

ナギサさんは、お母さんになりたかった。

LGBTじゃなくても、そう思う男性っているのかな?

ナギサさんはLGBT説あり?

気になりますね。

メイが、バリバリ働く女性で、ナギサさんは、お母さんに憧れるハウスキーパーの対比も良いですね。

ナギサさんみたいな、柔らかい、とげのない人に、サポートしてもらいたいですよね。

「分かるよ」なんて手を握られていたら、一生ついてきて!って言いたくなるわ。

メイ演じる多部ちゃんが、お人形さんみたいに可愛いし、このドラマは、私の中では、今期で一番注目かもしれません。

本当、ファッションとか、イヤリングとかも、大注目です。

私の家政夫ナギサさん、1話評価4.8

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん・キャスト・スタッフ

金曜日のドラマ


【放送局】TBS

【開始日】7/7

【時間】10時00分~

【出演】多部未華子、大森南朋、瀬戸康史

【脚本】徳尾浩司

【演出】坪井敏雄、山本剛義

【プロデューサー】岩崎愛奈

【主題歌】裸の心/あいみょん

【HP】私の家政夫ナギサさん

 

ココがポイント

多部未華子扮する家事が苦手な“アラサー女子”が“おじさん家政夫”に救われる!?

製薬会社のMRとして働くキャリアウーマン・相原メイ(多部未華子)は、仕事はできるが家事が全くできないアラサー独身女性。
再放送情報は、現在ありません。(情報が分かり次第追記します。)

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2020春

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.