2020春

私たちはどうかしている1話感想・評価・ネタバレも含む・真犯人は誰?あれ二択?いや三択か!!!

更新日:

浜辺美波×横浜流星W主演「私たちはどうかしている」・初回・1話ネタバレ感想・考察になります。

浜辺美波×横浜流星がW主演! 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー

スポンサーリンク

私たちはどうかしている・1話あらすじ・ネタバレ

 和菓子職人の七桜(浜辺美波)は引き出物の菓子を選ぶ茶会で、初恋の相手で和菓子の老舗「光月庵」の跡取り・椿(横浜流星)と再会する。15年前、椿の父・樹(鈴木伸之)が殺される事件が起き、椿の証言から光月庵の和菓子職人で七桜の母・百合子(中村ゆり)が逮捕されていた。茶会後、幼なじみと気付かない椿からいきなり求婚された七桜は、ある目的からそれを承諾する。

Yahoo!TVから引用

15年前、椿の父・樹(鈴木伸之)が殺される事件…

椿の父・樹(鈴木伸之)が殺されていた現場を見ていた幼少期の七桜は、椿が犯人ではないか?と思える状況だった…

血を流し倒れていた現場を見て、トラウマから赤色が怖くなってしまった。

椿と、七桜は、子供の時仲が良かった。

事件が起きる前、椿の型と桜の型は、七桜の母から大切にされていたくらいなのに…

しかし、母親は、逮捕されてしまった。

なんとも、嫌な話、無実冤罪・・・嘘に翻弄されるのは嫌ですねー

決意をする

和菓子職人となった、七桜(浜辺美波)は、【母親が殺人者】だと誹謗中傷を受けていて店を辞めさせられた。

そこに、謎の男、多喜川(山崎育三郎)が現れて、母からの手紙を渡す。

母の手紙を読んだ桜は、一度は断った対決を受ける気になった。

引き出物の菓子を選ぶ茶会で、光月庵の椿と戦う対決だ。

椿(横浜流星)と対決することになる。

椿(横浜流星)は、薄墨桜の3色の和菓子を用意してきた。

一方、七桜(浜辺美波)は、葉桜を作ってきた。

さらには、餡に桜が入っていた。

桜が散っても末永く幸せでありますように!幸せは日常にあると餡子に桜を入れた。

結局、引き出物は、忖度が入り、椿(横浜流星)の方に決まってしまう。

七桜(浜辺美波)の才能に惚れたのか、椿(横浜流星)はいきなり、プロポーズする。

七桜はプロポーズを承諾する。

椿は、3日後に来いと言い残し。後戻りはできない。

いきなりのプロポーズ、やばい。タイトル通り、あなた達、どうかしてるよ

七桜は、椿に、自分の名前を行ったが、椿は無反応だった。

母の手紙には、「私は何もやってない」と書かれていた。

決意をして嫁入り?

七桜(浜辺美波)は、光月庵の和菓子を食べてみることにした。

味が変わった。

母親が作っていた15年前は、おいしかった。

七桜の母は、取り調べ中に亡くなってしまっていた。

七桜は、真実を見つけに、光月庵に乗り込むことにする。

見習の城島(高杉真宙)に案内される。

ちょうどその時、椿(横浜流星)は、有名旅館の娘と結婚式が行われていた。

椿から持ってくるように言われた手土産を渡した。

七桜は、結婚式の祝いに真っ黒な羊羹を持ってきた。

結婚式に真っ黒と歯、非常識だと非難を受ける。

その和菓子は、新月というタイトルの羊羹だった。

光る月の光月庵は特別じゃないと言う意味の皮肉だ。

 

面白い!この人と結婚すると、椿(横浜流星)は良い、結婚式をしていたのに、七桜と、キスをする。

母親の、高月今日子 (観月ありさ)から、お叱りを受ける。

七桜は、世間的には、椿の父は、病死となっていた。自分はそのことも承知でここにきているとアピールする。

結婚式はお開きになった。

 

椿の祖父、高月宗寿郎(佐野史郎)は、3ヶ月で成果を出せと、言い放った。

椿(横浜流星)は、近いうちにはこの店を俺のものにすると、豪語する。

七桜(浜辺美波)は、今日からお世話になりますと伝えた。

共犯者の契約は成立した。

別部屋で、椿の母の高月今日子 (観月ありさ)は虫を握りつぶす。

観月ありさが怖ーい。嫁いびり始まる?

私たちはどうかしている・1話・感想・考察・評価

無実の犯人役の中村ゆりは、いい味出していた~。

中村ゆりは、悲運や辛い悲しいという部類の演技では、抜群だ。

殺人は、指紋が付いていて、目撃証言があるも、無実を主張する。

お気の毒過ぎる~

ハメられた!としか言いようのない。

それに、娘宛ての手紙、【私は何もしていない】と…

今って、嘘を簡単につく人いるから、どっちが加害者?被害者?って分かりにくいことも巷でたくさんあると思う。

だから、つくづく、こういう冤罪で捕まるのって怖いなと思う。

後は、主役の浜辺美波もイイネ~

芯が強くて、若く美しく凛々しく。

お母さん罪をかぶせられて、亡くなったのに、立派に成長したね。

主役が華があってみる気がするよね。

横浜流星君ってコロナ罹患されたんですよね。

大丈夫でしょうかね。

コロナの中、食べ物の話のドラマの撮影って大変な気がするな。

端正な顔立ちでシュッとしているから、ドS役に会いますよねー。

 

山崎育三郎の謎の男も気になるぞ~!

裏で手引いている?

 

観月ありさがめちゃくちゃ妖艶で、なおかつ怖かった。

復讐ではなく、真相が知りたい!ってお話なのねー

そりゃ知りたいよね。

無実の罪って一番腹だたしいもの。

最近では、テセウスの船も、手に汗握りながら、白熱してみた気がする。

 

和服も和装も、和菓子も、日本の和を感じられて良いドラマですね。

良いスタートです。

真犯人候補は今の所

1位母親

2位祖父

って感じかな。

あれ?それ以外居ないよね?候補!あれ?二択?(笑)

いや、椿君が真犯人説もあるか。

まあ、この3名でしょうな。

椿は、サイコパス役なのかな。

私たちはどうかしている、1話評価4.5

スポンサーリンク

「私たちはどうかしている」・キャストスタッフ

水曜日のドラマ


【放送局】日テレ

【時間】10時00分~

【出演:役どころ】

浜辺美波
花岡七桜 役
修業中の和菓子職人。和菓子職人だった母・百合子の才能を受け継ぎ、人の心をつかむ、斬新で思いやりのある菓子を作る。真っすぐな性格で、どんな逆境にもめげない心(しん)の強さを持つ。和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。

横浜流星
高月椿 役
創業400年の老舗和菓子店「光月庵」の跡取り息子。店を継ぎ、より愛される店にすることを志す。和菓子や店に対する強い思いから、傍若無人に見えることも。母や祖父から家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても不器用。

高杉真宙
城島裕介 役
「光月庵」の見習い職人。素直で明るい好青年。七桜とすぐに打ち解け、互いに励まし合い次第に距離を縮めていく。

山崎育三郎
多喜川薫 役
七桜の前に突然現れた謎の男。しゃれた着物を着こなす伊達男。いつもひょうひょうとしておりミステリアスだが、七桜のピンチを救う。

中村ゆり
大倉百合子 役
七桜の母。七桜が5歳の時、和菓子職人として「光月庵」に住み込みで働くようになる。15年前、椿の父・樹を殺害した容疑者として逮捕され、取り調べ中に倒れて亡くなってしまう。

鈴木伸之
高月樹 役
椿の父。「光月庵」の先代当主。心優しく真面目な性格で、和菓子職人としても優秀だった。15年前、何者かに刺されて亡くなっているところを椿に発見される。

佐野史郎
高月宗寿郎 役
「光月庵」の大旦那で椿の祖父。老舗を守る使命感が強い。息子の樹が亡くなってから体調が悪くなり、伏せりがち。孫の椿にはなぜか冷たいところがある。

観月ありさ
高月今日子 役
「光月庵」のおかみで椿の母。もともと加賀御三家・鳳家の令嬢で、大旦那に見初められ樹の妻となる。夫の死後、一人息子の椿が立派に店を継ぐことに人生を懸けている。美しいものを好み、気位が高く上品。一方で執念深く、突如として目の前に現れた七桜を追い出そうと、いびり倒す。

【HP】「私たちはどうかしている」

浜辺美波×横浜流星がW主演! 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー

ココがポイント

かれんで才能あふれる和菓子職人・花岡七桜を浜辺が、創業400年の老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿を横浜が演じます。

 

 

浜辺美波×横浜流星W主演の「私たちはどうかしている」を視聴する/

Huluで視聴する

お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

(AD)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2020春

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.