2022冬

ぎぼむす【義母と娘のブルース2022年謹賀新年】のネタバレ感想・佐藤健の演技力光る!

更新日:

義母と娘のブルース2022年謹賀新年】のネタバレ感想になります。

義母と娘のブルース原作の漫画はこちら↓

 

【義母と娘のブルース2022年謹賀新年】第1話ネタバレ感想です。

スポンサーリンク

【義母と娘のブルース2022年謹賀新年】~あらすじ

義母と娘のブルース2022年謹賀新年

2020年の年明け。義母・亜希子(綾瀬はるか)の手腕により再建に向かっていた大阪の企業・ゴルディックが乗っ取りに遭う。新しいオーナーは、外資系ファンドのボス。企業を安値で買収し、株式や資産を高値で売りさばいて大金を得る、いわゆるハゲタカである。しかし、憎き相手に対面したはずの亜希子は、彼の姿に言葉を失ってしまう…

義母と娘のブルース公式tvより引用

【義母と娘のブルース2022年謹賀新年】ネタバレ・感想

まとめ感想

死んでしまった人には続きがない(明日がない)。

また、別れてしまった夫婦にも続きがない。

あの時、ああしておけばよかった…こうしておけばよかった…

覆水盆に返らずですよね。

今回特にそれを感じて、最後涙がこぼれました。

感動!正月早々良いものをみさせてもらったよ!ってジーンとしました。

でも、人生はやり直し可能だ。それは生きているからこそだとも思う。

生きているっていうのはそれだけのパワーがあるんだなって思った。

岩城と弁護士の中瀬はあの後やり直したのかな?

中瀬は、悪を見過ごせないと言っていたけど、世の中ごまんと仕事ある中、それだけ執着している訳だしね。

まだ未練ありそうだけどね。

ちょい悪の岩城さんもダンディで良かったです。

良い人の宮本さんも捨てがたいけど(笑)

【頭に花が咲いている】出てきたけど、うさ耳とか、トラ耳とか可愛かった。

なんといっても、麦田のキャラが最高だな。

登場するとそのたびに、画面が和む。

パンツ脱いでしまう所とか、大爆笑してしまった。

佐藤健さんって色んな役使い分けることができて凄い役者さんだ。

綾瀬はるかのアタッシュケース持った姿久々に見たけど、プロポーションも変わらず、女優さんは陰で相当努力してそうだなって思った。

キリリとした役綾瀬さん演じるの素敵ですよね。【天国と地獄~サイコな2人~】の時も思ったけど。

みゆきちゃん役の上白石萌歌さんは、最近お姉さんの方が良く見るようになりましたよね。

初々しくて良い女優さん。

まあ、実際は、ボイコットに反対する社員もいるでしょうね。

今どき時給で働いている派遣社員や、パート、アルバイトも多いでしょうし。

労働者の力で悪い経営陣を追い込むことができればスカッとしますが、実際はなかなかそんなことって難しいのかなっていうのも思いました。

 

まあ、ドラマの世界ですからね(笑)

 

亜希子が恋しているのに強がっていたのは可愛かったですね。

でも、最後はしっかり理性が働いて、しっかり者の理想的なお母さんだわ。

手が触れて今どき洗えないって凄いな。

悪口大会しよう!って言う娘みゆきの母への気遣いも良かったですね。

 

最初、「過ぎたことだ。名誉を棄損するのは好きじゃない」と言っていて。

流石亜希子さん!できる女は違うよねと思ったけど。

悪口出るわ出るわ(笑)

髭の人はナルシスト!は、それはあるかもねってまた、納得させられるセリフもありつつ。

明日が来ることは【小さな奇跡】なんだなって思って今年を生きたいと思いました。

ありがとう!ぎぼむす!

ネタバレ感想

ゴルディックを乗っ取ったのは、宮本にそっくりな岩城(竹野内 豊)に出会ったのだった。

憎たらしい岩城。顔は似ているが全然違う!と、怒りに燃える。

亜希子(綾瀬はるか)と、みゆき(上白石萌歌)は、宮本との思い出のマンションに引っ越す。

2人は、麦田( 佐藤 健)にトラック販売のパン屋の提案をする。

桜 ( 吉川 愛)が移動販売の車を用意する。

麦田 先代(宇梶剛士)も手伝い絶好調。

大樹 (井之脇 海)も販売に手伝う。

大繁盛になった。

売上増で話題になった麦田ベーカリー。

亜希子(綾瀬はるか)は、過労で倒れた麦田の社員を見かねて、限界を感じ一旦休むことを提案する。

亜希子(綾瀬はるか)は、弁護士の中瀬(山本未來)を紹介してもらう。

そこに、岩城(竹野内 豊)の魔の手が伸びていた。

ベーカリー麦田に岩城(竹野内 豊)が登場したのだ。

宮本と勘違いするほどだった。

そんなこと普通ないよね!

岩城は麦田( 佐藤 健)にそそのかされていた。

亜希子は反発して、騙されないぞ!「お引き取り下さい!」と岩城に立ち向かう。

岩城の話を聞いてみると

白百合製パンとベーカリー麦田を合併して一大パンメーカーを作ることができる!と主張する。

これはすごいいい話だ。

「騙されないぞ!」と亜希子は鼻息荒いも意識している。

亜希子の夢の中でも岩城が出てきて、悪霊退散と水をかぶる

寒そう女優さんって大変だ。

 

麦田( 佐藤 健)は、岩城(竹野内 豊)に白百合製パンの工場見学に連れて行かれ猛プッシュを受ける。

ここで、麦田のパンを増産できると豪語する岩城。

しかし、そこに割って入る亜希子(綾瀬はるか)。

手作りパンの風合いが、工場生産で出来ないんじゃないか?と綾子。

一方、白百合製パン株価低迷していて潰れそう。

岩城の提案を受け入れるしかない状況。

やはり岩城は裏で騙そうとしていた。

岩城(竹野内 豊)は、みゆき(上白石萌歌)をそそのかすことに決めた。

岩城は、桜 ( 吉川 愛)に出資して返さないでいいと言う。

亜希子(綾瀬はるか)は、考察してみた。

ベーカリー麦田にとって本当に言事は…

結果、好条件だった。

しかし、岩城(竹野内 豊)は、包帯したりして火傷してぐったりしているようにして欲しいと、しらゆりの工場長に提案し策略を練る。

バカが天才を超える奇跡の瞬間を見る。

しらゆり製パン2000人を救えるのは亜希子だけだとみゆきにそそのかしていた。

工場長の谷崎(小林 隆)は、試作品をボロボロの感じになって出てきた。

亜希子(綾瀬はるか)は、麦田としらゆりの合併を決めてしまった。

下山(麻生祐未)は、亜希子と岩城の恋の行方を気にする。

しかし、亜希子は、麦田に位置情報アプリを入れて監視する。

岩城と2人っきりで会わないと約束させる。

麦田はバカだから恋愛?と、勘違いしている。

合弁会社を設立しようと言う。その社長に麦田を据えようと提案。

亜希子は、合弁会社ではなく、お飾りの社長にするだけでいいのでは?と提案。

岩城(竹野内 豊)は、番犬=亜希子は鼻が利くと影口を叩く。

亜希子(綾瀬はるか)は、問題が見つからないから怖いと思っていた。

そこに岩城から電話。

岩城は、何か弱点がないか探りを入れる。

自分が亡くなった宮本に似ていることを知り、みゆきと一緒に遊園地に誘われる。

無表情でジェットコースターに乗る亜希子

打合せしようとするも遊具で遊ぶ。

ウサギの耳当てを当てる。

亜希子は、お金を割り勘にしたがる。

なぜ岩城(竹野内 豊)は遊園地に誘ったかと問うと、遊園地が好きな亡き妻と子供がいた話をする。

そのストーリーは宮本に似ている。

妻が生きていたらの話をして、亜希子の気持ちを取り込もうとする。

ドキドキする亜希子。

みゆきと岩城は、小さな奇跡を探し出す。

亜希子が、(宮本が)もし生きていればと空を見上げる。

合併のスキームの話は、岩城が提案した方法にと話し、岩城の5年株式をロックして、白百合を本気で再生しようと提案した。

それがWINWINじゃないかと。

岩城は、持ち帰って検討すると言う。

ドキドキ心音が高鳴る亜希子。

岩城が握手を求めると、両手を出してしまう。

握手した両手をいつまでも見つめる。

手を洗うのすら躊躇するも、洗えない。

亜希子は、夜寝る時も【うさ耳】を付けて考え込む。

可愛らしい

キムタヤになりたいのか?と、麦田も先代に助言される。

弁護士の中瀬(山本未來)に相談すると、5年の株式ロックが効いていると褒められる。

契約ロックが契約書にないなら白紙に戻すように助言を受ける。

麦田は、キムタヤになるのを辞めたいと言い出す。

しかし、亜希子が止めるほどにまでなってしまった。

みゆきは、亜希子が岩城を好きになってしまったことを大樹 (井之脇 海)に相談する。

岩城も岩城で、気になっているようで、トラ耳をを付けて仕事している。

ロック掛けたらガチで経営しないといけないと、部下に窘められる。

麦田は無傷で白百合を切り落とせる。

今度は、麦田から、岩城に誘う。

亜希子に止められていたが二人っきりで会う。

穴をみつけて付いて行きます。

という麦田。

ズボンを脱ぎ、大樹 (井之脇 海)に、ガムテープで穴を塞げとズボンを脱いでお願いする。

麦田は岩城に、キムタヤになる夢を諦めたいと相談する。

何難しいこと考えているんですか!バカのくせにと言われてしまう。

( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)

岩城もどっちの案を亜希子に渡すか悩む。

みゆき(上白石萌歌)が亜希子に岩城を好きなのを認めろと迫るも、認めない。

しかし、宮本と岩城は違うタイプだった。

大樹 (井之脇 海)は、麦田の穴を見てしまったから恐怖。

作りたいパンがあるから協力してくれと頼む。

ロック条項は入っていたが、契約は未定だ。

岩城は休みの方が気になると亜希子をたぶらかす。

岩城が会見がやっていると、山本( 武田鉄矢)が怒って電話を掛けてくる。

契約してないはずが、買収したと。

ベーカリー王麦田になったとプロポーズする。

このパンを捧げると、亜希子の似顔絵のパンがあった。

契約書はどこだと確認すると、株式ロックなしの契約書にサインしていた。

騙されていた。

社長は岩城になっていた。

やられたと、亜希子は倒れ込む。

麦田のパンの使用権利を白百合製パンにあげてしまった。

パン作りで来ても今までの名前は使えなくなった。

俺麦田アキラだよー(笑)

谷崎(小林 隆)は土下座して謝る。

交渉する。

弁護士の中瀬(山本未來)は、何が何でも止めるべきだったと後悔する。

岩城は過去に失敗していた。

作り話をしていた。

岩城の元妻は弁護士の中瀬(山本未來)だった。

亜希子は、岩城にコロッと騙されてしまった。

酷い男だな

討ち入りしようと言う。

岩城は株式を売ろうとしていた時だった。

白百合製パンは、従業員がボイコットしてしまった。

株価が一気に下がった。

亜希子参上。

デモしていた。

フェイクニュースだと豪語する。

商品を買ったら泥棒に加担することになると、白百合社員と麦田でデモしていた。

信用することが恐ろしかったか?と亜希子は問う。

一種のミラクルだと、岩城。

本の一つの軌跡だと亜希子。

岩城は、みつけられなかった。

 

代理人を元妻にした。

後はお願いしますと出て行く亜希子。

 

麦田も白百合も元に戻ることになった。

麦田と亜希子が喜ぶ。

 

元妻は、流産していて遊園地は好きだった。

岩城は、元妻とやり直したかったと感づいた亜希子。

しかし、中瀬は弁護士として見過ごせないからやっているだけだとか。

 

うさ耳を外す。

過ぎたことだ。名誉を棄損するのは好きじゃないと言う。

 

怒り出した亜希子。

悪口大会だ!とみゆきは誘う。

髭生やす人はナルシストだと言い出す亜希子。

悪口がどんどん出てくる亜希子。

宮本の写真から髭を取る。

でも、【明日】っていうのは良かったとしみじみ言い出す。

髭とはまた明日会える。

宮本とはもう会えないと、涙ぐむ。

落ち込んでいない。悪霊退散だと強がる亜希子。

そのままソファーで寝てしまう。

みゆきが岩城に話しに行く。

亜希子は、麦田がプロポーズしたことを倒れたショックで覚えていないかった。

正月になり亜希子はお年玉を渡す。

すると、切符をみゆきから受け取る。

3人で家族写真を撮ると言い出す。

髭を剃った岩城が写真館にはいた。

宮本家の記憶を怪我すつもりまではなかった罪滅ぼしにして欲しいと言い出す。

あの日の続きがあるのは奇跡だとみゆきは言う。

そこに、麦田が袴着ていた。

あり得ないと、麦田が乱入しようとする。

 

ハゲタカにハゲ!

ブインブインウインウイン

穴をみつけてついてくる。肛門隠す。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース~キャスト・スタッフ

宮本亜希子 … 綾瀬はるか
宮本良一
岩城良治 … 竹野内 豊
麦田 章 … 佐藤 健

宮本みゆき … 上白石萌歌
黒田大樹 … 井之脇 海

桜 向日葵 … 吉川 愛
谷崎慎也 … 小林 隆
池田 … 馬場 徹

山本勘九郎 … 武田鉄矢

麦田 誠 … 宇梶剛士
中瀬泉美 … 山本未來

笠原廣之進 … 浅野和之
下山和子 … 麻生祐未

スタッフ

原作:桜沢 鈴 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本: 森下佳子
プロデュース: 飯田和孝・中井芳彦・大形美佑葵
演出: 平川雄一朗
音楽: 髙見 優・信澤宣明
主題歌:MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」(アリオラジャパン)
製作著作: TBS

スポンサーリンク

【義母と娘のブルース2022年謹賀新年】まとめ

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2022冬

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.