2020春

私たちはどうかしている2話感想・評価・ネタバレも含む・椿が犯人説は消えたってことでいいの?

更新日:

浜辺美波×横浜流星W主演「私たちはどうかしている」・2話ネタバレ感想・考察になります。

浜辺美波×横浜流星がW主演! 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー

私たちはどうかしている・2話あらすじ・ネタバレ

光月庵で暮らし始めた七桜なお(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿つばき(横浜流星)。厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島じょうじま(高杉真宙)の話から、15年前、先代の樹いつき(鈴木伸之)が亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくからこんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子きょうこ(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!その頃、白藤屋には謎の男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)の姿があった…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!しかし、ベテラン職人・富岡とみおか(岡部たかし)の不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!…。

Yahoo!TVから引用

白藤屋の最中

確執とは…椿(横浜流星)は、大旦那(佐野史郎)の血のつながりがなかったのだ。

七桜(浜辺美波)は、夜1人で、修行していた。

仲良くなった見習の城島(高杉真宙)と一緒に作ることになったが、城島は、もしかして、七桜のことが好き?ってなった時、椿(横浜流星)がやってきて一緒に最中を作ることになった。

七桜(浜辺美波)は、最中を完成させた。

しかし、七桜は、椿に黙って、白藤屋には、新しく完成させた最中ではなく、いつも売っている最中を持って行った。

いつもの香月庵のも中を持って行った方が良いと判断したのだった。

それが、七桜の判断は、正解だった。白藤屋は、喜んで信頼を回復した。

大旦那(佐野史郎)が!

七桜(浜辺美波)と、今日子(観月ありさ)と、大旦那(佐野史郎)と椿(横浜流星)で食事することになった。

御祝だ。白藤屋の信頼を失わずに済んだことへの祝だと言う・・・

しかし、大旦那(佐野史郎)は突然怒り出した。

2人の女が、私から幸せを奪った。

1人は、今日子、もう一人は、七桜の母の和菓子職人だ。

お前は何を奪うつもりだ?と七桜の首を絞める。

椿が、脇から、七桜を守る。

初夜を共にする

首絞め騒動もあったし、椿は、七桜と、今晩から一緒の部屋に寝ると言う。

椿は、七桜の、名前に桜が付いているだと…と反応する。

昔、この家に桜って言う子がいたと話し出す。

七桜が桜であることは気付いていない。

七桜の手が、太陽系の手(手相?)だった。

それが結婚の決め手だったとか。

七桜は、椿が憎いけど、好きだった。

世界で一番憎い嫌いなのに椿に抱き着き、布団の中で、キスをする。

その頃、今日子(観月ありさ)は、七桜の素性を興信所を使って、調べて気付いてしまった。

和菓子人の娘だと・・・

桜との思い出話を語っていた椿だったが、目の前に桜が現れたらどうする?と質問すると…

椿は、桜だったら追い出すと言う。

私たちはどうかしている・2話・感想・考察・評価

今日子(観月ありさ)は、妖艶ですね。意地悪ババアな感は、あるんだが…

もっと、おしんみたいに、どんどん七桜を嫌がらせして、ヒヒヒーって高笑いしていじめている絵が欲しい気がする。

なんか少し、足りないよなー

でも、今回は、佐野史郎が参戦してきたから、見せ場半々でよしといったところでしょうかね。

そして、やっぱり、七桜(浜辺美波)は、演技も表情も、声もいいな。

少しやせすぎていて、そこが心配になるが、いびられ役にはぴったりの体形ではあるねー。

椿君との、和服デートナレーションも入っていたけど、本当素敵で、可愛かったよね。

大旦那(佐野史郎)が本性現してきたなー嫁の首絞めるってどんだけだよ。

そんな家によくいれるものだよ。

他の職人さんたちも、一緒の家に住み込みしているのかな?

城島(高杉真宙)が七桜に恋心で、興味持ったみたいですね。

三角関係展開されるのだろうか!!

このドラマ見ていると、和菓子が食べたくなる。

あー最中おいしそうだった!

って、こんだけドロドロしていても、食べると言う本能に逆らえないのが人間なのかな。

椿も、桜のこと追い出すって言ってたし、なんか恨み持ってる?

後から、真犯人に洗脳された?

椿が犯人説は消えたってことでいいの?

自分が罪犯していて、七桜の母に押しつていたのなら、七桜一族むかつくーってならないもんね。

むしろ、七桜、ごめんよ!お母さんに罪なすりつけちゃったもんな!ってなるし。

じゃあ、このドラマは、愛し合って終わるっていうハッピーエンド期待できそうな予感♪(←って勝手におい!)

私たちはどうかしている、2話評価4

「私たちはどうかしている」・キャストスタッフ

水曜日のドラマ


【放送局】日テレ

【時間】10時00分~

【出演:役どころ】

浜辺美波
花岡七桜 役
修業中の和菓子職人。和菓子職人だった母・百合子の才能を受け継ぎ、人の心をつかむ、斬新で思いやりのある菓子を作る。真っすぐな性格で、どんな逆境にもめげない心(しん)の強さを持つ。和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。

横浜流星
高月椿 役
創業400年の老舗和菓子店「光月庵」の跡取り息子。店を継ぎ、より愛される店にすることを志す。和菓子や店に対する強い思いから、傍若無人に見えることも。母や祖父から家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても不器用。

高杉真宙
城島裕介 役
「光月庵」の見習い職人。素直で明るい好青年。七桜とすぐに打ち解け、互いに励まし合い次第に距離を縮めていく。

山崎育三郎
多喜川薫 役
七桜の前に突然現れた謎の男。しゃれた着物を着こなす伊達男。いつもひょうひょうとしておりミステリアスだが、七桜のピンチを救う。

中村ゆり
大倉百合子 役
七桜の母。七桜が5歳の時、和菓子職人として「光月庵」に住み込みで働くようになる。15年前、椿の父・樹を殺害した容疑者として逮捕され、取り調べ中に倒れて亡くなってしまう。

鈴木伸之
高月樹 役
椿の父。「光月庵」の先代当主。心優しく真面目な性格で、和菓子職人としても優秀だった。15年前、何者かに刺されて亡くなっているところを椿に発見される。

佐野史郎
高月宗寿郎 役
「光月庵」の大旦那で椿の祖父。老舗を守る使命感が強い。息子の樹が亡くなってから体調が悪くなり、伏せりがち。孫の椿にはなぜか冷たいところがある。

観月ありさ
高月今日子 役
「光月庵」のおかみで椿の母。もともと加賀御三家・鳳家の令嬢で、大旦那に見初められ樹の妻となる。夫の死後、一人息子の椿が立派に店を継ぐことに人生を懸けている。美しいものを好み、気位が高く上品。一方で執念深く、突如として目の前に現れた七桜を追い出そうと、いびり倒す。

【HP】「私たちはどうかしている」

浜辺美波×横浜流星がW主演! 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー

ココがポイント

かれんで才能あふれる和菓子職人・花岡七桜を浜辺が、創業400年の老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿を横浜が演じます。

 

 

浜辺美波×横浜流星W主演の「私たちはどうかしている」を視聴する/

Huluで視聴する

お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

(AD)

-2020春

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.