TBS

ノーサイド・ゲーム1話ネタバレ感想・ラクビーの精神とは?ワールドカップ間近!期待!考察・あらすじも

更新日:

ノーサイド・ゲーム・1話ネタバレ感想あらすじ考察になります。

大泉洋が池井戸潤と初タッグ! 低迷ラグビー部とともに再起に懸ける男の奮闘物語

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

スポンサーリンク

ノーサイド・ゲーム・1話あらすじ

 大手自動車メーカー「トキワ自動車」の経営戦略室に勤務する君嶋(大泉洋)は幹部候補と目されていた。しかし、常務で営業本部長の滝川(上川隆也)が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で東京・府中工場に総務部長として赴任することに。君嶋がやるせない思いを胸に赴任先へ向かうと、自社ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務するよう命じられる。かつて強豪だったアストロズは、現在は成績不振にあえいでいた。知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられる。

Yahoo!TVより引用

ノーサイド・ゲーム1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

公式ページから引用

↓↓↓あらすじからの続き・・・

アストロズのGMになった、君嶋(大泉洋)

君嶋(大泉洋)は、アストロズは赤字を抱えていることを知り、頭を抱えていた。

Jリーグのサッカーのように人気もない。

常務の滝川(上川隆也)は、君嶋(大泉洋)にアストロズをどうにかしてもらいたい(潰したいのか?)

君嶋(大泉洋)は、「本社に戻れるかも!」と、会社にとって最良の選択をする!意見書を書くと、気合が入る。

 

調べてみると、ラクビー部の予算は、かつかつで削れない。

ラクビー部のメンバーは、職場でも居づらく、他の社員の仕事を手伝わされたりしていたが、残業申請もしていないような状況だった。

 

メンバーに士気もない。

 

君嶋は、分析結果を、アストロズは、廃部が妥当だと、意見書を書く。

 

急遽、異動になった際に、妻の真希(松たか子)に、負けて勝つだと。妻には言われていた。

 

もしかして、本社に戻れるかもしれないなんて報告する。

そして、新しいスーツを買って欲しいと頼む。

君嶋(大泉洋)の息子は、学校で仲間外れにされている。

ラクビーがやりたい、教えてくれと言われる。

ラクビーをやってみる

息子に教えて欲しいと言われて、君嶋(大泉洋)は、アストロズの練習中に、「ラクビーがやってみたい」と言い出す。

 

もちろん初心者の君嶋なので、上手くいかない。

 

社長の、島本 博(西郷輝彦)が来ていた。

ニュージーランドチームは、試合が始まる前に、鼓舞する民族ダンスをして士気を高める話などをされる。

本社に戻れそうもない?

君嶋(大泉洋)は、本社に戻れると、意気揚々としていた。

 

本社に行くと、カザマという会社を買収する動きがあるとか。

それには、常務の滝川(上川隆也)が、水面下で、動いていた。

社長交代もあり得る。

それには、お荷物な、ラクビー部アストロズは廃部にしたい。

 

君嶋(大泉洋)のアストロズ廃部の意見書により、滝川(上川隆也)が優位になるだけだったのだ。

 

本社に戻れると思っていた、君嶋(大泉洋)だったが、滝川(上川隆也)から、府中工場の冷房器具を新調する(本社には戻れない)と言われてしまう。

 

君嶋(大泉洋)は、それを聞いて、荒れ狂う。

 

本社から戻って、雨の中、アストロズの練習に参加して、タックルを続ける。

ラクビー精神とは?

息子、博人(市川右近)は、サッカーボールをズタボロにされたことが発覚する。

いじめられていたのだった。

それで、サッカーよりも、凶暴性?のある強さを感じるラクビーがやりたいと思ったのだ。

 

真希(松たか子)は、息子が、いじめられて、パニックになっていたが、

君嶋(大泉洋)は、息子、博人(市川右近)にラクビーの精神を教える。

 

ラクビーは喧嘩じゃない。

そして、最後には、ノーサイドと言って、相手と握手して終わる。

許すのだと。

 

そこに、真希(松たか子)は、ラクビーの話なんてどうでもいいと言うと、君嶋(大泉洋)も自分も怒っているのだと、声を荒立てる。

 

君嶋は、自分で戦いたいと、言った息子の気持ちを応援したいのだと言う。

 

アストロズ廃部の意見書

君嶋(大泉洋)が意見書を書いたとアストロズのメンバーに知れ渡る。。

怒りをあらわにするメンバー達。

しかし、君嶋は、チームの全員を前に、冷静に分析して話す。

本社でも、食堂のメニューが30円高くなる方が、アストロズのポスターより重要だった。

今の状況では、プラチナリーグ優勝なんて夢の夢。

リーグ廃退こそあり得る。

勝ったものだけが、正義だ、それがこの世の常だと言う、君嶋(大泉洋)。

 

今のアストロズは、選手も覇気がなく、卑屈なチームだ。どん底だと自覚することが大切だと言う。

後は、上を見ろと。

上とは?

君嶋(大泉洋)は、「プラチナリーグで、優勝する」と、宣言する。

それが、社会貢献だと言う。

経営戦略のプロだから、アストロズの優勝して、結果を出したいと言う。

徹底的にサポートすると言う。

 

君嶋は、隠し玉を持っていた。もう一つの意見書を書いた。

そちらは、14億の予算を請求してある。

 

君嶋(大泉洋)は、キャプテンのテツ(高橋光臣)に、どうするんだと、問う。

しかし、返事がない。

 

浜畑(廣瀬俊朗)が、君嶋の想いに共鳴する。

残留を目指すのなんて嫌だと。

 

君嶋(大泉洋)が提出した、もう一つの意見書の方が通った。

社長の、島本 博(西郷輝彦)が、意見書が、新たに出してくるとは?勝算があるからでは?と望みを掛けたい気持ちが、共鳴したのだった。

 

監督は、今は不在。

腕の良い柴門琢磨 (大谷亮平)が、他のラクビークラブの監督を降ろされる。

この柴門は、かつて、君嶋(大泉洋)が好きだった女性を奪った男だった。

因縁の相手だが・・・

また、ニュージーランド代表だった選手も新たな選択をしようとしていた。

 

スポンサーリンク

ノーサイド・ゲーム1話・感想・評価

池井戸潤書き下ろし、最新作。

お仕事もので、池井戸潤の原作って割とワンパターン化しているところがありますけど、そこが良い!っていう人も多いです。

人気の枠ですよね。

日本で行われる、ラクビーワールドカップを目前に控え、かなりの宣伝になりますね

確かに、日本では、ラクビーより、断然、サッカーですもんね。

ドラマきっかけでも盛り上がって欲しいですよね。

同じく、東京オリンピックを目前に控えて、NHKでは、オリンピックを題材にしたドラマ、【いだてん】が、放送されていますね。

未だに、視聴率低迷しているのですかね。

ノーサイドゲームの1話は、なかなか良かったです。

池井戸潤お得意の、企業ものに、ラクビーが混じるのは◎。

陸王に似た感じになるのでしょうか。

陸王は、マラソンでしたよね。

ラクビーの精神は熱いものがあるから、池井戸潤原作と、マッチ率は高めに感じました。

素直に面白いと思いましたね。

後は、ファミリー劇場、池井戸作品と言えば、歌舞伎界の方がよく出演されています。

今回のノーサイドゲームでは、息子、君嶋(大泉洋)の息子の、博人は、市川右近でした。

瞳に涙をいっぱいためて、演技頑張っていましたね。

松たか子も歌舞伎界とも言えますしね。

 

松たか子と、大泉洋の夫婦は、なんだか、しっくりこなかったな。

慣れれば、しっくりいくのかな。

 

最後、やる気に燃えていた、関西弁の、浜畑演じる廣瀬俊朗は、元日本代表のキャプテンなんですね。

 

びっくりしました。本物も混ざっているとは!

目が離せませんね。

毎週楽しみです。

 

大学時代の憧れの人を、さらった柴門琢磨 (大谷亮平)を新監督に迎えて、バチバチするのかな。

 

ラクビーの精神には、感銘受けましたね。

ノーサイドゲームは、負けても、握手をして、許す。

男らしいですね。

 

ノーサイド・ゲーム1話・評価4.1

 

 

ココがポイント

~続編情報~

【3年A組】‐今から皆さんだけの、卒業式です‐情報

  • 前編・・・3月10日(日)最終回放送終了後 配信
  • 後編・・・3月17日(日)AM0時 配信

前編後編の2本立てです。

その他に【スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!】

などもあります。

Huluで視聴する

 

スポンサーリンク

【ノーサイド・ゲーム】・キャスト・スタッフ・再放送情報

日曜日のドラマ


【放送局】TBS

【開始日】7/7

【時間】9時00分~

【出演】大泉洋、松たか子、西郷輝彦、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也、

【脚本】丑尾健太郎

【演出】福澤克雄

【プロデューサー】伊與田英徳

【原作】池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

池井戸 潤
1,728円(07/20 20:23時点)
発売日: 2019/06/13
Amazonの情報を掲載しています

【HP】ノーサイドゲーム

 

見逃した方はこちら→ノーサイド・ゲーム見逃し・動画配信・視聴方法~大泉洋作品・再放送情報も・無料期間あり

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TBS
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.