動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

nhk

みかづき5話・最終回ネタバレ感想・駆け足で終わった全5話もっと見たかった・見逃し・あらすじも

投稿日:

みかづき・5話・最終回・感想考察ネタバレ感想あすじも

スポンサーリンク

みかづき5話・最終回・あらすじ

【最終回】
千明(永作博美)は、塾による学校経営の夢を抱く。だが、蘭(大政絢)の個人指導塾で不祥事が発生。千明は塾経営の一線から身を引き、2007年、生涯を終える。吾郎(高橋一生)が塾教育と千明との歳月をつづった「みかづき」。それを読んだ一郎(工藤阿須加)は、塾に通えない子へのボランティア授業に共鳴する大学生・阿里(岡本玲)に背中を押され、活動に手応えを感じ始める。

yahootv・引用

みかづきについて知りたい方はこちらみかづき・見逃し動画・再放送情報を解説!~高橋一生・永作博美W主演作品1話から最終話の無料で視聴できる方法も

 

みかづき5話・最終回・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

千明の夢・・・

学校を作ると言う、千明 (永作博美)に、蕗子 (黒川芽以)は、【お母さんの所には行きません】と言われてしまう。

千明 (永作博美)は、幼い一郎に期待を込める。

 

次女の蘭 (大政絢)はというと、独立して、新しいタイプの個別指導塾を作った。

 

先生は、若い容姿端麗の男女。

 

千明と吾郎は、【ら】抜き言葉などを使う、若い先生に不安視していた。

その想いは的中し、先生の1人が、中2女子に、援助交際の相手をあっせんした疑いで、逮捕されてしまった。

 

蘭 (大政絢)も、塾長として知らなかったじゃ済まされない上京。

そんな折に、蘭が消えた。

 

以前に、葛西の水族館行くと、頭がすっきりすると言っていた、蘭。

 

千明は、「蘭は私に似て、友達がいない。マグロよ」と閃く。

しかし、そこに、蘭が現れて、そろいもそろってバカなんじゃないの?と言われてしまう。

 

援助交際の斡旋を受けた、瀧本みやちゃんの家に行っていたそう。

最初は、門前払いされた。

翌日行ったら、態度が変わって、被害届は取り下げる。向こうからなかったことにして、と言われたらしい。

 

先生にお願いしたのは、瀧本みやちゃんの方だったのだ。

 

子供たちのビジネスだと勘違いしていたと、蘭 (大政絢)。

 

この事件をきっかけに、支援者を失い、千明 (永作博美)の学校の件は立ち消えた。

塾業界からも退く決意をした。

千明 (永作博美)の夢絶たれた。

 

塾の最終日

大島吾郎 (高橋一生)と千明 (永作博美)は、千明の最後の日屋上で話す。

 

最後の日の前日、吾郎 (高橋一生)は、千明 (永作博美)の夢を見たそう。

夜の三日月だ。

千明のことを三日月だと思っていたと話す。

吾郎 は、千明 を、お疲れさまでしたと、言って抱きしめた。

 

色々あったけど、夫婦仲悪くなくてよかった。

 

千明たちのその後・・・

蘭 (大政絢)は、高齢者向けの弁当屋を立ち上げた。

これからの時代は、子供より、ご老人だと言って励む。

 

早期発見で入院する、千明 (永作博美)。

一応、吾郎 の本を持ってきたが、千明は読みませんよ、と言う。

菜々美(桜井日奈子)は、カナダから帰ってきた。

彼氏を捨てて帰ってきたそう。

 

蕗子 (黒川芽以)の本当のお父さんは、文部省の役人。

頼子(風吹ジュン)は、会いたければ会えばいいと言いメモを持ってきたけど、受け取らなかった。

しかし、白紙だった。

 

蘭 (大政絢)は、泣きながら謝る。

自分のせいで、塾業界から撤退させてしまって、ごめんなさいと。

 

蕗子 (黒川芽以)は、血のつながりがあろうが、なかろうが、吾郎と千明の娘で、おばあちゃんの孫だと言う。

 

蘭 (大政絢)は、あの時、マグロを見に行っていたと、白状する。

そして、菜々美(桜井日奈子)に捨てたんじゃなくて捨てられたのだと言い出す。

弱音を話せる人がいるのは、貴重です。

 

それを見た、千明は、あの子たちも、もう大丈夫ねと言う。

 

もう、満ちようとするのは辞めると、千明 (永作博美)。

三日月でいるの、結構好きかもと。

 

今までの千明の人生も決して悪くなかったが、素敵な発想です。

 

孫の一郎

その頃、孫の一郎は、就職試験にことごとく落ちていた。

 

一郎 (工藤阿須加)は、近所の子供たちの面倒を見る。

勉強をしてこない子供に、説教をする。

それを見ていた、井上阿里(岡本玲 )は、いきなりではなくて、少しずつ積み上げていこうとアドバイスする。

 

一郎 (工藤阿須加)は、自分は向いていなんじゃないか?と言うと、阿里(岡本玲 )に、始まる前から逃げ出そうとしていると、怒られる

 

叱咤激励してくれるパートナーが見つかってよかったね。

 

一郎 (工藤阿須加)は、母親含め、3姉妹に、アドバイスを受ける。

 

資金が必要だと言われる。

給食費が払えない子がいる。

そういう子がいるって知って、ほっとけなく思った。

 

それは、大島家の血だ。

 

お前ならやれると吾郎 (高橋一生)にもお墨付きをもらう。

 

吾郎 (高橋一生)は、独りぼっちだった用務員が本まで、出版している。

確かにシンデレラストーリだ。

 

あの三日月をもっと輝かせてくれと。

この物語の続きは、一郎、お前がと、吾郎に、本を手渡される。

 

一郎は、不動産に行くと、慈善事業では、部屋は貸せないと言われてしまう。

千葉新塾のお偉いさんになった、六角さんに、空いている教室をお借りできないか?と、聞く。

 

それは、保護者からクレームが予想されるということで断られてしまったが、新人研修を無料でしてもらうことにはokしてもらえた。。

 

場所を探さないといけないと。

 

阿里(岡本玲 )に、目を閉じてなりたい姿をイメージできれば、実際に実現するそうだとアドバイスを受ける。

 

なりたい自分を想像する、一郎 (工藤阿須加)。

 

目を開けると、家のおばあちゃんが帰ってきていた。

おばあちゃんには、引き払うような真似してごめんねと言う。

 

頑張って見つけますと返答する。

 

宿題やって来ない子の変化

今日が、宅配弁当のおばあちゃんの家を借りて授業ができる最終日。

 

宿題をやってこない、萌ちゃんが、持ってきた。

採点する、一郎。

すると、70点。

 

一郎が、褒めると、泣き出す、萌ちゃん。

萌ちゃんは、いつも学校で、いてもいなくても同じ扱いを受けていた。

 

れが、一郎先生に、怒られてうれしかったそうだ。

褒められてさらにうれしくて泣き出してしまったのだ。

 

一郎 (工藤阿須加)は、思わずもらい泣きする。

井上阿里(岡本玲 )は抱き着く。

 

未来の話

千明と吾郎は、○○する時代はくるかな?→「ありえない」と言い合い、若かりし頃、話題にして盛り上がっていた。

 

千明 (永作博美)は、吾郎の本を、結局どれも読んでくれなかった。

 

吾郎は、「みかづき」というタイトルで、君と僕のこれまでの人生を辿る。

それは、ラブストーリーだと言うと・・・

 

ありえない」と話し合う。

 

不肖の孫一郎に捧げてやろうと言う、千明 (永作博美)。

今度は、読みたいとも言う。

吾郎は、いろいろと思いだして、月を見上げる。

キレイな最後のシーンでした。

 

スポンサーリンク

みかづき5話最終回・感想・評価

最終回では、このドラマのタイトルでもある【みかづき】は、千明 (永作博美)そのものと捉えることができるように描かれています。

【みかづき】とは、満ちようとする、けど、満ちない様子。

それは、塾経営にも言えたのではないでしょうか。

結果的には、千明 (永作博美)の伸ばした、千葉新塾を継ぐ娘はいなかった。

大島家における、塾経営も満ちようとして満ちなかったのです。

そして、最終回は、【大島家の血】に関しても表現されていました。

 

しかし、千明いわく、【不肖の孫、一郎】が、大島家の遺伝子や理念を引き継ぎ、【塾にお金がなくて行けない子】を世話をします。

大島家の塾経営の、ろうそくの炎は消えかけたように見えましたが、まだ消えていません。

一郎による、兆しが見えたところで終わりました。

一郎のやりたいことは、まさに、用務員室で、吾郎がやっていたことです。

そして、学校ではなくて、六角さんに、塾(千葉新塾)の一室を貸してほしいと頼みに行きましたね。

結果ダメでしたが、教師の指導はしてくれるということでした。

 

最終回は、千明の娘、蘭 (大政絢)、蕗子 (黒川芽以)、菜々美(桜井日奈子)も、どこか満ちていない様子が描かれていました。

 

蘭 (大政絢)は、独自で始めた塾経営につまづき、千明に似て友達がいない所。

蕗子 (黒川芽以)は、お父さんが誰だか分からない、さらに文部省のお偉いさん?ということらしい。

教師として働く蕗子 (黒川芽以)にとって、父の方針(文部省の役人)に近づこうと、まさに、満ちようとしている【みかづき】状態です。

菜々美(桜井日奈子)は、カナダで、彼氏を捨ててきたと偽り、実は捨てられた様。

 

どこか、欠けていて、満ち足りていない【みかづき】状態の3姉妹でした。

 

長女の蕗子 (黒川芽以)は、実際のお父さんは違えども、【大島吾郎】のスピリットを受け継いだ娘です。

3姉妹が、寄り添い、助け合えば、満ち足りていない、【みかづき】も【満月】になるなと思いました。

3人で抱き合っているシーンでそう思いました。

また、エンディングに、【みかづき】とタイトルなのに、出演者の皆さんが、〇を表現します。

やはり、そういう意味でも、【みかづき】は【みかづき】のままにあらず、を感じました。

 

憂いや切なさがあるけど、越えていくそれが人生です。

【千明の人生は、千葉新塾を起こした】

と1行で済ますことができる内容も、まさに、表と裏があります。

月と太陽、満月と三日月、様々な表情があるのです。

そういったことが、凝縮されていたドラマでした。

しかし、5回では少なすぎる。

駆け足過ぎたなというのが正直な感想です。

心に染みわたるいいお話でした。

 

みかづき5話・評価4

 

スポンサーリンク

【みかづき】キャスト・スタッフ

【開始日】1/26

【時間】9時00分~

【出演】高橋一生、永作博美、工藤阿須加、大政絢、壇蜜、黒川芽以、風吹ジュン

【原作】森絵都

【脚本】水橋文美江

【演出】片岡敬司、廣田哲

【制作統括】陸田元一、黒沢淳、高橋練

【HP】みかづき

原作本も売れています

みかづき・見逃した場合は、u-next

みかづきを見逃した場合重宝するのが、U-NEXTです。↓

今すぐ・・みかづきを視聴する→U-NEXT

 

もっと詳しくみかづき・見逃し動画・再放送情報を解説!~高橋一生・永作博美W主演作品1話から最終話の無料で視聴できる方法も

 

無料で視聴できる違法サイトでも見ることができる可能性はありますが、ウイルスに感染してしまったり、被害が生じる場合があります

そういう場合は、自己責任になってしまいます。

危険と隣り合わせの違法サイトを見るのは避けましょう。

 

その点、ご紹介する、国内最大動画配信サービスのU-NEXTは、安心して視聴できます。

 

「みかづき」は、見放題プランではありませんが、U-NEXTが、はじめての方は、「みかづき」以外にも、9万本の見放題作品はが31日間無料でお試し視聴できますよ

 

U-NEXTは14万本以上のドラマ、映画、アニメが楽しめる、国内最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの見放題作品 90,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しています。(2019年1月11日時点)

 

通常は、1,990円かかりますが、はじめて登録する方は、31日間無料お試しサービスを受けることができます。

そして、お試し無料の会員登録の際に600ポイントが付与されます。

 

ちなみに、「みかづき」は、単話で見る場合、1話216円です。

 

お試し中でも600ポイント有効なのが嬉しいです。これで、気になった回の「みかづき」も数話見れてしまいますよ。

 

「みかづき」・見逃した方は、<U-NEXT>で視聴/

(本ページの情報は2019年2月2日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

AD

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




Amazonオーディブルが30日無料体験実施中

本は耳で聴く、新習慣。 Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。 30日間無料体験実施中

-nhk
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved.