動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

テレ朝

リーガルV~最終回・9話ネタバレ・感想・見逃し~天馬ぐうの音も出ない!~あらすじも

更新日:

 

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~最終回9話ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

米倉涼子がスキャンダラスな元弁護士に! 豪華出演者がおくる次世代リーガルドラマ

 

主題歌

イルミネーション

イルミネーション

250円(01/17 07:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~9話あらすじ

 【最終回】
翔子(米倉涼子)は、至(寛一郎)の事件に「貧困を救う会」代表・大峰(速水もこみち)が関与していると知り、自身が弁護士資格を失ったことを訴える裁判を起こす。勝つには暴力団幹部・花田(榊英雄)への金銭受け渡しがわなだったとする証拠が必要だ。しかし、調査を始めた京極(高橋英樹)と理恵(安達祐実)は警察に留置され、馬場(荒川良々)と茅野(三浦翔平)は病院送りになってしまう。

Yahoo!TVから引用

 

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~最終回・9話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に脅され、殺人の罪に手を染めていた――。

ようやくあぶり出されたその真実を法廷で明らかにするため、翔子は度肝を抜く手段を思いつく。

なんと、翔子自身が原告となり、大峰と“ある濃密な裏関係”が疑われる「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)を提訴。

至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたのだ。

 

 

翔子に残された切り札は、至から託された”謎の鍵”のみ…。

至が殺害した被害者が所持していたというその鍵は、わざと鍵番号も削り取られており、どこのものかも分からない代物だ。

だが、もしかしたら事件の全貌を解く、重要な手がかりになる可能性もある――。

翔子率いる「京極法律事務所」は一縷の望みをかけて、鍵の調査を開始。

同時に、翔子が弁護士資格を剥奪される直接原因となった“暴力団への金銭授与行為”が、仕組まれた罠だったことを証明すべく、方々を嗅ぎ回る。

 

ところがその矢先、「京極法律事務所」は思わぬ窮地に立たされる。

代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)とパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が逮捕された上に、パラリーガルの馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまったのだ!

途方に暮れる翔子と、弁護士の青島圭太(林遣都)、大鷹高志(勝村政信)…。

そんな中、天馬が裏で手を回したに違いないとにらんだ翔子は単身、「Felix & Temma法律事務所」へと乗り込む。

ところが、その行く手に元恋人のエリート弁護士・海崎勇人(向井理)が立ちはだかり…!?

背水の陣に追い込まれる元弁護士・小鳥遊翔子と弱小法律事務所。はたして、彼らに勝利の女神は微笑んでくれるのか…!? 正義を賭けた“最後の裁判”がついに幕を開ける――。

リーガルV・公式より

 

現場100回のスピリットを持っている、翔子(米倉涼子)。

被害者、市瀬の、残した鍵。

スポーツジムのロッカーのカギのようだが、関東周辺のどこの店舗かも分からない状況。

各々を各地方へ送り込む。

鍵が、ロッカーに合う所がないか、血眼になって、探しまわる。

 

しかし、ピンチ!

 

伊藤理恵(安達祐実)と京極雅彦(高橋英樹)は、現場で、誤逮捕&拘束される。

馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)も、ヤ〇ザに、ボコボコにされて、病院送り。

 

馬場ちゃんは、ICUに入るほどの、重症。

 

 

翔子(米倉涼子)は、宿敵、天馬壮一郎(小日向文世)の事務所に乗り込む。

すると、海崎勇人(向井理)に対応される。

国家権力を用いて、翔子達、「京極法律事務所」を追い込むなんて!とクレームをつける。

 

一方、ポチは、大鷹高志(勝村政信 )に、翔子に似てきたと言われて嬉しそう。

それは、誉め言葉じゃない、むしろ悪口だと言われないと気付かない。

 

ポチっていい性格しているよネ。

 

人員が減り、翔子自身も、いろいろな店舗のジムに行くが、鍵に合う、ロッカーが見つからない。

へこたれそうになると・・・

 

翔子、街で、ある人物に出会う。

鎧塚刑事(勝野洋)だ!!!

 

『森には必ず出口はある』と、鎧塚刑事(勝野洋)に言われて元気が出る。

 

翔子の現実に、まで出てきた、鎧塚刑事(笑)

 

めげずに、現場巡りをして、合致するロッカーを探す。

 

ついに見つかった!ロッカーの扉を開くと・・・証拠の帳簿が出てきた。

 

警察から解放された、事務員の理恵は、銀行で働いたことがある、簿記の資格まで持っている、京極雅彦(高橋英樹)が、調べる。

馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)も戻って来て、や〇ざの、ICレコーダーを回収していた。

 

しかし、証拠が出てきたのに、居眠りをする、翔子。

 

マイペースな翔子姉さん。というか、くたくただったのでしょうね。現場100回のスピリットで動き回って

 

や〇ざの、ICレコーダーに、ボスの愛人と関係を持っていた、花田が映っていた。

これは、向こうの知られたくない弱み。

ボスに知られたら、えらいことになる・・・

これを、エサに、翔子は、前に、出た週刊誌を、この記事の内容は、嘘だと裁判で証言してくれればいいと交渉する。

 

そして、翔子は、大峰聡(速水もこみち)にまで、再交渉しに行く。

あなたたちにも、痛みを感じてもらわないと、と言う。

なんと、大峰サイドは、録画していた。

 

ホストクラブで飲み騒ぐ翔子達、SDカードのデーターを復元できたのが、ファインPLAYだと、話す。

それを、軽蔑しながら、盗み聞きしていた、白鳥美奈子(菜々緒 )。

これ、後で伏線になります。

 

美奈子(菜々緒 )に、ドライブレコーダの話を聞き、天馬壮一郎(小日向文世)のドライブレコーダーを火をつけて、燃やす。

車の中で、お父さん!って、もこみち口走っていたから、まずいまずい

 

裁判始まる

翔子(米倉涼子)が、不当に、弁護士資格を失ったことの裁判が始まる。

裁判官は、天馬壮一郎(小日向文世)の手下。

 

や〇ざの、花田が証言をするために呼ばれる。

大峰聡(速水もこみち)に頼まれて、翔子を罠にはめて、でっち上げの記事を作らせたと証言する。

 

次に、守屋至(寛一郎)が、証言に呼ばれる。

貧困の会の大峰に頼まれて、殺人をしたと証言した。

それは、妹を守るためだった。

しかし、妹は、大学を辞めてしまい、救うことはできなかった。

 

翔子は、至は、加害者でもあり、被害者でもあったということを、裁判所で明らかにする。

妹の、守屋未久(久保田紗友 )が兄を見詰める。

 

兄妹愛がみなぎっています。

 

しかし、守屋至(寛一郎)の裁判はもう終わっているので、この証言は意味がないと、弁護する、海崎勇人(向井理)。

 

天馬壮一郎(小日向文世)の、証人に、大峰聡(速水もこみち)が立つ。

大峰は、ペラペラと嘘を。

 

市瀬が隠し持っていた、裏帳簿が出てきた。

市瀬を殺したのは、邪魔になったのでは?。

しかし、知らぬ存ぜぬを貫く。

 

次に、海崎が証人。

尋問は、天馬が行う。

 

天馬は、翔子の人間性に問題あるという認識を植え付けたいために、

海崎に質問します。

翔子はどういう人物だったか?

海崎も、案の定、「強引で粗暴だ」と、証言する。

 

異議あり!悪意に満ちた誹謗中傷ですと、京極。

元カレに、ここまで言われてしまうと辛いですね。

 

その後、「天馬は大峰の父親だ」と、法廷で、暴露する、翔子。

息子の罪を隠したかったと。

 

父親である証拠はあるのか?と。

翔子は、「ないわ」と答える。

 

天馬壮一郎(小日向文世)は、証拠もない、真実もないと、翔子を、責め立てる。

 

天馬壮一郎(小日向文世)は、逆に、大峰を、脅迫する映像を流してもいいのだと言い出す。

 

海崎勇人(向井理)は、法廷は真実を明らかにする場所だと、翔子に挑発をする。

 

映像の開示は、拒否すると、言う、ポチ・青島(林遣都)に、翔子は、勝手に決めないで、と受けて立つ。

 

姉さん、逆風にも負けずに、カッコいい!

 

市瀬のような悪党は、いないほうが世のためだと、天馬壮一郎(小日向文世)が、大峰聡(速水もこみち)に指示している映像が流れだす

 

誰だ?すり替えたの!

 

すり替えたのは、海崎勇人(向井理)だった。

 

もう、辞めましょう、父さんと、言うも、私には息子はいないと、天馬壮一郎(小日向文世)ぴしゃり。

 

その言葉に、大峰聡(速水もこみち)は落ち込む。

翔子は、大峰聡(速水もこみち)に、ああいう男だから、と声を掛ける。

 

翔子は、海崎勇人(向井理)に、礼を言いに行く。

Felix & Temma法律事務所の「Temma」が「kaizaki」に社名変更をして、海崎が代表の座に収まる。

 

海崎は、あくあまで、自分の出世欲のためにやったと認めないけど、まんざらでもない様子。

 

翔子は、白鳥美奈子(菜々緒 )が、ドライブレコーダーのことを、ホストクラブで、大声で、叫んで、それで動いてくれたトラップに引っかかってくれたおかげだとも言う。

 

美奈子(菜々緒 )は、気に食わないでイライラ。

そして、海崎が翔子に礼を言われてまんざらでもない様子にもイライラ。

 

菜々緒は、このイライラ役がとてもよく合っている。

 

天馬は、失脚。

愛人?の中沢淳美(宮本茉由)にも、ワインを浴びせかけられる。

この人前に、服に赤ワイン掛けられていましたよね。

 

守屋未久(久保田紗友 )と、至(寛一郎)も、塀越しではあるが、団らんできるようになった。

 

汚名が返上されたから、弁護士資格を取り返そうと言う、「京極法律事務所」のメンバーの意見に・・・

 

弁護士資格は要らないと答える。

 

なぜなら、優秀な弁護士と、事務員がいるから!と。

 

そして、翔子は、鉄道の旅に出かける

 

駅弁食べて、嬉しそうな翔子だった。

 

最後、寅さんみたいだな。

スポンサーリンク

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~最終回9話・考察・感想・評価

弁護士資格をはく奪された、翔子。

最終的には、弁護士資格何てなくても、戦えるようになってしまった。

資格云々じゃないよ(勿論資格もだいじだけどね)

大切なのは、熱い心だ!現場100回だ!

と翔子の意志を感じました。

そして、仲間。

チームプレイの大切さが、このドラマでは感じられますね。

 

普段の翔子は、そんな熱さを全然見せないで、ひょうひょうとしているギャップも良いんだよな。

現場100回が好きとか、鉄道オタクだとか、キャラにぶれがなく、ピシッと決まっていて、見ていて清々しい。

 

弁護士資格はく奪されているのに、カッコいい翔子姉さん。

カッコいいだけでなく、人情味もある。

翔子だけでなく、各演者どれもはまり役。

 

特に、ヒール役の、菜々緒。

翔子姉さんに、メラメラと嫉妬の炎を燃やしている。

そして、あの非の打ちどころのない、スタイル&美人の顔で、ドS系キャラ。

本当はまり役だと思う。

 

ポチ・青島も、純粋な熱血弁護士役が、板についていて馴染んでいた。

 

安達祐実も頼もしい。出て来るだけで安心感がある。

 

高橋英樹のキャラ設定も、何度か笑えたし、良かった。

 

キャラが最高にたっているんだよな。

 

今回は、元彼、海崎に助けられた。

この男も、癖があるな。

人に弱みを絶対握らせたくないって感じのタイプ。

 

リーガルVは、バランスがめちゃくちゃ良いと思う。

脚本のテンポもポンポンと進むし、素直に面白い。

 

今期は、「弁護士資格なし」のドラマが他にもあったけど、こっちは、コミカル要素がありつつもポンポンテンポが良いし、弁護士資格なくても、なんか納得して見てられるんだよな(あちらと違って)

 

どちらかといえば、やはり、こちらの、翔子姉さんの方が好きだな。

また、続きが見たいと思える。

 

 

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~9話評価4

スポンサーリンク

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~見逃した方は

 

放送後1週間以内でしたらtverで無料視聴可能ですよ。

 

tver

 

tverは、民放が連携した、初めての公式テレビポータルですので安心です。

 

怪しい、違法サイトと違ってどちらも公式なので安心して視聴できます。

 

放送から1週間経過してしまった場合は、

ビデオパス 初回30日間無料

で視聴可能です。

 

ビデオパスは、月額562円(税抜き)です。

なんと、初回の方は30日無料です。

 

参考リーガルV・7話・見逃し配信動画・無料で見れるの?視聴率とあらすじも・米倉涼子作品1話から最新話まで・まとめ

\リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~・見逃した方はビデオパスで視聴↓↓/

(期間内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)
ビデオパス

2018年11月29日時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、⇒ビデオパス 初回30日間無料にて、お確かめください。

 

スポンサーリンク

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~キャスト

リーガルV・公式

キャスト

米倉涼子
小鳥遊翔子 役
元弁護士で「京極法律事務所」の管理人。「法の下ではみんなが自由」を事務所の理念に掲げているものの、自身が一番自由奔放なため、チームみんなの自由を奪っている。かつては大手の「Felix & Temma法律事務所」に所属していたが、ある理由で弁護士資格をはく奪された。刑事ドラマと鉄道が大好き。

向井理
海崎勇人 役
「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士。翔子の元同僚で恋人だったともうわさされていた。家柄もよく文武両道のエリート。プライドが高く、上昇志向も強い。裁判においては、自身の弁護に絶対の自信を持つ自信家で、勝つためなら時には違法な手段を用いることすらいとわない勝利至上主義者。

林遣都
青島圭太 役
弁護士。以前は中規模の弁護士事務所で“いそ弁”(居候弁護士)として働いていたが翔子にスカウトされて「京極法律事務所」で働くことになる。真面目で優秀だが、不器用なため敗訴が続いている。打たれ弱い性格で、よく自己嫌悪に陥る。

菜々緒
白鳥美奈子 役
「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士。海崎の下で働いている。一見、物腰は柔らかいが、中身は上昇志向の塊のような野心家。どんなことでも利用して、トップを目指そうともくろんでおり、代表弁護士の天馬に取引を持ちかけることも。翔子に対しては弁護士としても女としても、一方的にライバル心を燃やして嫌悪している。

荒川良々
馬場雄一 役
「京極法律事務所」で弁護士の業務を補助するパラリーガル。オタクな事務員。かつては警備会社に勤めていたが、2年前に好意を抱いた部下からストーカー行為で訴えられ、服役していた。粘着質だからか、尾行調査が得意。

内藤理沙
神保有希 役
鉄道オタクの翔子が足しげく通う鉄道バーの店員。支払いが滞りがちな翔子をたしなめながらも、来店すること自体は歓迎してくれる。

宮本茉由
中沢淳美 役
「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬の秘書。天馬の愛人とうわさされるミステリアスでセクシーな美女。天馬のそばにいつもいるため、その非情な顔もよく知っている。

安達祐実
伊藤理恵 役
「京極法律事務所」のパラリーガル。元銀行員で大手銀行に勤めていたが、ほれた男のために横領を働き、服役していた。日商簿記検定3級、証券外務員1種、生命保険一般課程、FP2級など、銀行員に必要な資格は一通り持っており、実はハイスペック。金庫番を任されている。

三浦翔平
茅野明 役
「京極法律事務所」のパラリーガルであり現役のホスト。天性の人たらしで、老若男女に好かれている。ホストクラブで翔子と意気投合し、パラリーガルとなる。翔子を「姐さん」と呼び慕っている。人当たりがいいため、聞き込みなどの調査が得意だが、難しい話は耳に入ってこない。

勝村政信
大鷹高志 役
元・エリート検事のヤメ検弁護士。弁護士時代の翔子と法廷で対決し、こてんぱんにやられた経験を持つ。ある理由により弁護士となったが、常に上から目線というプライドの高さからか客は全然つかない。京極が翔子にだまされていると思い、見張っていているうちに「京極法律事務所」で働くことになる。

小日向文世
天馬壮一郎 役
「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士。弁護士会会長も務めている日本弁護士界のドン。人権派の弁護士として知られているが、勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命令に背いたものは決して許さない非情な性格。翔子の元上司で、優秀な翔子を自身の右腕のように思っていたが、現在は疎んじている。

高橋英樹
京極雅彦 役
「京極法律事務所」の代表弁護士。法学部を卒業後、大学に残り法学者として教授となる。弁護士資格は持っているが、実務経験はゼロのペーパー弁護士。資格試験に挑戦することが好きで、無駄に多くの資格を持っている。翔子の熱弁に乗せられて法廷デビューを目指す。

 

スタッフ

脚本:橋本裕志
演出:田村直己
演出:松田秀知
プロデューサー:内山聖子
プロデューサー:大江達樹
プロデューサー:峰島あゆみ
プロデューサー:霜田一寿
プロデューサー:池田禎子
プロデューサー:大垣一穂
主題歌:イルミネーション/SEKAI NO OWARI

 

\リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~・見逃した方はビデオパスで視聴↓↓/

(AD)
ビデオパス

2018年11月29日時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、⇒ビデオパス 初回30日間無料にて、お確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




Amazonオーディブルが30日無料体験実施中

本は耳で聴く、新習慣。 Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。 30日間無料体験実施中

-テレ朝

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved.