TBS

インハンド・1話ネタバレ感想・紐倉(山下智久)の内に秘めた情熱を、義手のハイテクさで表現・考察・見どころ・あらすじも

更新日:

 

インハンド1話ネタバレ感想考察になります。

山下智久が義手の天才科学者に! 最新科学で事件を解決するサイエンスミステリー

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

インハンド1話・あらすじ

右手にロボットハンドの義手を持つ寄生虫学者・紐倉(山下智久)の研究室に、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)がやって来る。ある病院で死亡した患者達が日本ではまれな感染症にかかっている可能性があると匿名の告発状が届いたという。牧野から調査協力を要請された紐倉は断るが、牧野の出した条件に食いつき力を貸すことにする。

YAHOO!TVから引用

インハンド見逃した方はParavi

【Paravi】で視聴する

(お試し30日間以内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)

本ページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

 

インハンド1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

インハンド主要メンバー3人

  1. 寄生虫学者・紐倉(山下智久)
  2. 医師・高家春馬(濱田 岳)
  3. メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)

が主要登場人物です。

3人がメインキャストです。

牧野がSⅯ室に赴任

牧野(菜々緒)が、外務を追い出されて、内閣官房サイエンス・メディカル対策室に赴任する。

左遷的部署だが、認められるために頑張ると言う、出世欲の強い女性。

 

そこに、シャーガス病であるだろうに、認めない病院の内部告発が届いた。

 

寄生虫学者の変態と噂されている学者の紐倉(山下智久)しか今、空いている研究者がいない。

出世欲の強い、牧野(菜々緒)は、外務に2年で戻るつもりだ。

牧野(菜々緒)は、めげないで、紐倉(山下智久)に会いに行く。

 

トリパノソーマ

寄生虫学者・紐倉(山下智久)によると、シャーガス病は、トリパノソーマと言う原因菌だ。

 

トリパノソーマをサシガメが媒介するのが一般的。

サシガメがフンをしてそれが人間の体内に入るのだ。

 

紐倉(山下智久)の弱点

海外にフィールドワークすることが多いが、パスポートを止められている。

官僚・牧野(菜々緒)は、協力してくれるなら、頼んであげてもいいと交渉する。

官僚・牧野(菜々緒)は、抜け目のない女性だこと。

病院に潜入

病院に潜入する、寄生虫学者・紐倉(山下智久)にとっては、久しぶりの下界であり、人だった。

 

紐倉は、デスクに写真を見つける。

 

シャーガス病の患者の写真だった。

そこは、高家春馬(濱田 岳)のデスクだった。

 

初対面の2人が言い争っていると、また、心筋梗塞を起こしたものが出た報告が入る。

 

被害者は、桶矢社長

今回の患者は、桶矢社長。

シャーガス病の特徴の、目が膨らんでいる。

 

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は、桶矢食品の桶矢社長の採血を手に入れた。

 

桶矢食品とは、チチクチオイルの販売会社だった。

 

10年前、【シャーガス病】の原因となったチチクチオイルを出した会社だ。

 

肌に塗ると、アレルギーに、効果があると、宣伝し、結果シャーガス病を引き起こして、7人死亡。

 

チチクチオイルは、厚労省が認可している特保食品。

 

そのおかげで、大事にされなかった。

 

3人の利害が一致

紐倉(山下智久)の研究室に、内部告発者の医師・高家春馬(濱田 岳)が着ていた。

蛇を怖がる、高家とは逆に、蛇をかわいいがる牧野(菜々緒)。

 

最初に発症した、2人の採血を持ってきた。

 

やはり、トリパノソーマの、寄生虫が発見された。

 

10年前のチチクチオイルが原因?

 

そんなわけはない。

シャーガス病になった3人は、院長の知り合いばかり。

発症したのは、チチクチオイル関係の関係者だった。

 

誰かが、意図的にトリパノソーマを持ち込んだのかもしれない。

 

ビビる、高家春馬(濱田 岳)に、中途半端な正義感は周りを不幸にすると説教。

 

  1. 博士はパスポートを得たい。
  2. ドクターは正義を貫きたい。
  3. 牧野(菜々緒)は、仕事を認められたい。

3人の利害が一致した。

10年前の被害者遺族

江里口(風間杜夫)は、10年前、シャーガス病に娘が感染してマンションから飛び降りた。

 

もともと、アレルギー持っていた、娘が使っていたのが、チチクチオイル。

 

衛星環境が良すぎて、アレルギーを起こしやすいのが、日本だ。

本当は、チチクチオイルを塗ってもアレルギーは治らない。

 

あえて、一番ひどい写真が遺影だった。

たった一人の娘をシャーガス病で亡くした、江里口(風間杜夫)。

 

一番ひどい時の皮膚の状態の写真を飾っていると言うのが、復讐心メラメラな感じですね。

 

シャーガス病関連の会議

翌日、シャーガス病関連の会議が開かれる。

 

メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)は、今までの経緯をまとめる。

 

しかし、厚労の事務次官の倉井(相島一之)が直々に来た。

 

倉井がもみ消しに動いた。

台田総合病院は、もともと、つながりがあった。

ねつ造した。

 

江里口(風間杜夫)は、ビニールハウスで、サトウキビを関東で栽培していた。

 

江里口(風間杜夫)は、厚労の事務次官の倉井(相島一之)を襲う。

 

 

高家春馬(濱田 岳)も、懲戒解雇を伝えられる。

 

牧野(菜々緒)も高家春馬(濱田 岳)も頑張りが無駄になってしまいました。

 

江里口(風間杜夫)の家に侵入

寄生虫学者・紐倉(山下智久)と、医師・高家春馬(濱田 岳)は、江里口(風間杜夫)の家に、侵入。

サシガメを探す。

 

弱気の高家に、強気の紐倉。

 

サシガメが見つかった。

 

トリパノソーマ水を作っていた。

 

しかし、2人は、スタンガンで襲われる。

 

江里口(風間杜夫)は、厚労の事務次官の倉井(相島一之)を連れて帰ってくる。

ビデオカメラの前で、倉井(相島一之)を問い詰める。

 

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は粘膜を狙うと感染率は上がると、指示。

 

その隙に、拘束されていたバンドを外す。

 

高家春馬(濱田 岳)は、江里口(風間杜夫)を止める。

 

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は、憎むべきものは、人でなく、シャーガス病そのものだと言う。

 

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は未来を示す。

これほどの技術力があるならば、アレルギーに効く、(シャーガス病の薬)を研究してほしいと頼む。

 

一件落着

江里口(風間杜夫)は、警察に捕まった。

 

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は、【パスポートよろしく】と、遅れてきた、牧野(菜々緒)に言う。

 

医師・高家春馬(濱田 岳)は、寄生虫学者・紐倉(山下智久)に感動したと言うが、聞こえていない。

 

手柄を、全部取られてしまった。

菜々緒は、リベンジに燃える。

 

1年の期間限定のパスポートを持ってくる。

 

詐欺だと怒る、寄生虫学者・紐倉(山下智久)だった。

 

その頃、医師・高家春馬(濱田 岳)は、転職雑誌を眺める。

高家は、河原で寝転ぶ。

そこに、紐倉(山下智久)が現れた。

 

告発しても、病院も厚労省も変わらなかった。

江里口(風間杜夫)を窮地に追い込んだだけだった。

100年後200年後見据えて、研究していると言う。

 

未来は僕たちの手の中にあると、紐倉(山下智久)は、義手を動かす。

 

給料は前の倍払うよと、誘いに来たのだ。

 

絶対お前の助手はごめんだと言い張るも、医師・高家春馬(濱田 岳)は、着てしまった。

しかし、断られた(笑)

それは、紐倉(山下智久)の、作戦だった。

 

スポンサーリンク

インハンド1話・感想・評価

  1. 寄生虫学者・紐倉(山下智久)
  2. 医師・高家春馬(濱田 岳)
  3. メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)

変わり者の役どころ、紐倉(山下智久)だが、山ピーが演じると。変わり者に見えない。

良い意味で、クールビューティーな役に見える。

菜々緒も、存在自体がクールビューティーだが、東大を首席で卒業した官僚の役どころで、最上級のクールビューティー。

気弱な医歯役に濱田岳。

この3人の配役ピッタリですね。

科学、研究、寄生虫が、全体のテーマになるのですね。

 

紐倉(山下智久)の、義手をどう使うのかと思ったが、初回は、そこまで、義手が目立ってくるという訳でもなかった。

でも、100年後200年後の未来への野望を語っていた。

ロマンがありますね。

 

紐倉(山下智久)の内に秘めた、情熱と、義手のインハンドのハイテクな強さが、象徴として表現されているのかなと思います。

 

それにしても、風間杜夫の執念がすごかったですね。

サトウキビ栽培しているって・・・

本当、紐倉(山下智久)が言うように、良い方向にエネルギーを使わないともったいない。

 

寄生虫学者というけど、日本は衛生面に優れていて、寄生虫も減っているだろうに、次々と寄生虫にまつわる事件が起こるのだろうか。

 

メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)の野望は分かった。

 

紐倉(山下智久)の野望は壮大過ぎて、今の時点では、どこを目指しているのか漠然としている。

 

そして、なぜ義手なのか。そして、なぜ、あそこまで、設備が整った研究所を経営できているのか。

気になる部分もいっぱい。

セグウェイも載ってたし。

暮らしぶりが面白そう。

 

最後、誘っておいて、高家春馬(濱田 岳)を門の中にいれない駆け引きとか(笑)

 

何考えているのだろうか。

 

山ピーの役どころが気になる。

インハンド・1話・評価4

 

スポンサーリンク

インハンド・キャスト・スタッフ

【出演】山下智久、濱田岳、菜々緒

【原作】朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)

インハンド(1) (イブニングKC)

インハンド(1) (イブニングKC)

朱戸 アオ
680円(07/20 23:48時点)
発売日: 2019/03/22
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】吉田康弘、田辺茂範、福田哲平

【演出】平野俊一、岡本伸吾、青山貴洋

【プロデューサー】浅野敦也、佐藤敦司

【HP】インハンド

インハンド見逃した方は

詳しく⇒インハンド~見逃し・動画配信・視聴方法~山下智久主演(山ピー)作品1話から最新話まで無料期間あり

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TBS
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.