TVasahi

私のおじさん~WATAOJI~1話・ネタバレ感想・妖精のおじさんに猛プッシュされる・あらすじも

更新日:

 

私のおじさん~WATAOJI~1話ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

岡田結実主演、遠藤憲一が“妖精のおじさん”に扮する社会派コメディー

 

 

スポンサーリンク

私のおじさん~WATAOJI~1話あらすじ

テレビ番組の制作会社に入社したひかり(岡田結実)は、体当たりロケで知られるバラエティー番組担当のアシスタントディレクター(AD)になる。早速、ひかりはロケ現場へ向かい、声が小さい先輩AD・出渕(小手伸也)やアシスタントプロデューサー・馬場(青木さやか)ら癖のある面々に出会う。ひかりは笑顔で仕事に臨むが、理不尽なことで怒られた上に、カメラのコードを踏んで転び、ディレクター・千葉(城田優)から「帰れ」と言われてしまう。会社に戻ったひかりが落ち込んでいると、目の前に突然、おじさん(遠藤憲一)が現れる。

Yahoo!TVから引用

 

私のおじさん~WATAOJI~1話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

一ノ瀬ひかり (岡田結実)は、テレビ制作会社に入社した。

そして、変な、おじさん(遠藤憲一)が、現れた。

このおじさんは、一ノ瀬ひかり (岡田結実)にしか見えない!

そして、おじさん(遠藤憲一)は、自らを【妖精だよ】と言う。

妖精だよ(笑)とは・・・エンケンさんの底力計り知れないな・・・

 

上司となった泉雅也 (田辺誠一)の話中にも、おじさん(遠藤憲一)が現れてバナナを食べていたり。

しかし、すぐに消える。

初現場

現場に行く。

すると、何言ってるかいまいち、分からない、出渕輝彦 (小手伸也)が現れ自己紹介される。

 

出渕だが、活舌が悪く、「デブ」と言っているようにしか聞き取れない。

このシーン大笑いした(笑)

 

 

ひかり (岡田結実)は、パウダーさん(出演者の芸人)のサインが欲しいと、通行人のおばさんに言われる。

しかし、上司の馬場桃花(青木さやか)に、だめだと言われる。

 

サインがだめだと言いに行くと、おばさんは、逆切れしてしまって、クレーマーになってしまった。

 

一番偉い人を出せと騒ぎ立てる。

 

ひかり (岡田結実)は、出渕輝彦 (小手伸也)に目線で、助けを求めるが、何気なく木の陰に隠れてしまう。

出渕のキャラも最高!

 

 

すったもんだしていると、番組プロデューサーの千葉迅 (城田優)が現れる。

 

千葉(城田優)は、クレーマーおばさんを、出演させて、騒動を収めた。

 

千葉 (城田優)に【いいね】と言われる、ひかり (岡田結実)。

 

詰め寄られると、線に引っかかって、カメラが倒れてしまう。

 

ヒール履いてくるな、帰れと言われてしまう。

さっきまで、良いねなんて言ってたのに、ひどい。

 

傷つくひかり (岡田結実)

一連の騒動に傷つき、トイレに入ると、おじさん(遠藤憲一)が座っていた。

 

ひかり (岡田結実)は、叫び声をあげる。

 

痴漢だと叫ぶと、おじさん(遠藤憲一)は、自らを妖精だと言う(笑)

痴漢じゃなくて、妖精ってどんなふり幅(笑)

 

へらへら笑っている、おじさん(遠藤憲一)。

婚約者にフラれて、テレビなんて好きじゃないのに、就職したんでしょう?と、

妖精のおじさんには、ひかり (岡田結実)の状況は、全部バレていた。

おじさん、妖精だけあってすごい。

 

かり (岡田結実)は、親にも、友達にも婚約破断になったのが言えないでいたのだった。

誰にも言えないことを知っているおじさん、意外と頼りになるかも。そんなこと本当にあったら、気持ち悪いけど。

 

会社に戻り、やる気を取り戻す

ひかり (岡田結実)は、会社に戻る。

皆が入ってくる、と、そこには、ブランコに乗っているような、体勢で、おじさんがいた。

しかし、案の定、ひかり (岡田結実)にしか、おじさんは見えていない。

 

ひかり (岡田結実)は、千葉 (城田優)に取材交渉のリストを渡される。

1軒1軒あたる。

激辛カレーの取材okが取れた。

次は、激辛調味料を全部揃える指令が与えられた。

しかし、激辛調味料要らないとなった。

次は、唐辛子1000個必要になった。

店じまいしている、八百屋にも果敢にチャレンジ。

そこにデブチーフ(小手伸也)から、電話が入る。

唐辛子も不要になった。

 

デブチーフによると、食べ物粗末にするとコンプライアンス的にNG。

そして、何言ってるか、分かりにくい、デブチーフ。

 

ひかり (岡田結実)は、かき集めた唐辛子を抱えて帰ってきたが、不要になり落ち込む。

 

すると、千葉(城田優)が、手縫いで小道具の帽子を直している。

千葉を手伝えと、おじさん(遠藤憲一)にけしかけられるも、「お前不器用そうだから」と、断られる。

 

意味ないことばかりだと、千葉(城田優)。

誰かに、よくがんばったねと言われたいの?と。

なんかないのか?と言われてしまう。

さらにつまんねーとまでも。

 

それはひかり (岡田結実)にとって、フラれた元カレにも言われた地雷言葉。

元カレは、土壇場で、他の女に取られた。

 

就職面接でも、うわべのきれいごとを並べていたら、「あなた自身の意見を聞かせてください」と言われてしまう。

面白みがない女だった・・・ひかり (岡田結実)です。

 

辞める決意

ひかり (岡田結実)は、辞表の書き方を検索して書いている。

と、そこに、また、おじさん(遠藤憲一)が現れる。

家にもおじさんは、現れたのだ。

 

警察!と叫ぶ、ひかり (岡田結実)。

一人暮らしの家に、おじさんが現れたら恐怖以外の何物でもない。

 

この世に未練があるから、成仏できないんですよねと。

言うも、テレビを見て、楽しむ、マイペースなおじさん(遠藤憲一)。

 

ひかり【私ってつまんないですよね?】

おじさん【なんで笑ってるの?むかつかないの?】

ひかり【そりゃむかつきましたよ。】

おじさん【何に?】

ひかり【私は一生懸命やったと思います。誰一人、褒めてくれないし、怒られてばっかだけど】

おじさん【くだらないことの積み重ねなんじゃないかな。仕事って。】

という会話を繰り広げる。

 

おじさん【テレビの部品のねじ作った人に感謝している?してないよね。】

 

おじさんは、当たり前すぎていちいち感謝なんてしないと言いたかったのですね。

 

と言いつつも、おじさん(遠藤憲一)はベッドで寝てしまう。

 

その後どうしたんだろう。ひかりは、妖精のおじさんの脇で寝たのかな。

 

翌日会社に行くとトラブル

一ノ瀬ひかり (岡田結実)は、退職願を持って翌日会社に行く。

泉(田辺誠一)に、この仕事は、くだらないんでしょう、面白いでしょうと言われる。

どっちだ。

 

トラブル発生。

 

前日、ひかり (岡田結実)のアポを取った店が開いていない。

皆の、アンケートに基づいてって話だったが、トラブルのため、違う店にしないか?とスタッフは、話し合う。

 

千葉 (城田優)それじゃ、意味がないと、そういう番組じゃないんだと。

俺たちが諦めたらそこで終わりだと。

熱い男それが、千葉迅 (城田優)

 

 

番組の出演者の、パウダーさん(芸人)が、【げん貝君の帽子が直っている】と、泉(田辺誠一)に、感謝を伝える。

 

ノリの良い泉(田辺誠一)は、自分は直していないのに、直したと言う。

 

ひかり (岡田結実)は、千葉(城田優)が、帽子を直していたのを思い出す。

夜遅く、モクモクと、出演者の帽子を直す千葉(城田優)

 

挽回を狙う

昨日ダメだった店に、もう一度聞いてみろ、と、おじさん(遠藤憲一)はアドバイスをする。

ひかり (岡田結実)は、おじさん(遠藤憲一)に背中を押され、店に入る。

 

 

しかし、その店は、取材拒否で有名な店だと、千葉(城田優)に引っ張り出される。

 

奥さんは、北海道に親の介護に行っていることが分かった。

離れ離れで暮らしている。

 

ひかり (岡田結実)は、おじさん(遠藤憲一)に、はっぱを掛けられる。

 

どうにか取材をさせてくれと。

奥から出てきた、店主の孫に、シュシュをかわいいと、褒められる。

 

千葉迅 (城田優)は、子供に、このシュシュあげると言ってしまう。

しかし、そのシュシュは、元カレとの思い出の品。

 

ひかり (岡田結実)は、泣きながら、子供の頭につけてあげようとする。

 

その様子を見た店主が、心変わりをした。

 

開店時間の10時までという約束で、取材許可が下りた。

 

そして、激辛カレーをひかり (岡田結実)が試食しすることになった。

激辛カレー。100辛カレー。

 

食べれない。

しかし、【君の仕事】と、おじさん(遠藤憲一)に励まされる。

激辛カレーをモクモク食べる、ひかり (岡田結実)。

 

汗を垂らしながら、完食する。

 

食べられたと、おじさん(遠藤憲一)とはしゃいでいると、一ノ瀬ひかり (岡田結実)の、ブラが外れて落ちる。

 

赤っ恥のひかり (岡田結実)。

 

その後、店主から、妻がテレビを見て、元気な姿を見せられてよかったと、連絡が来る。

 

 

おじさん(遠藤憲一)とひかり (岡田結実)は、酔っ払い、歌いながらはしゃぐ。

そこに、千葉(城田優)が来てシュシュをもらう。

 

元カレからもらったシュシュだと判明すると、千葉に、忘れろと、言われる。。

 

翌日、ひかり (岡田結実)はは、2日酔いで、遅刻気味・・・千葉に絡んだことすら、忘れてしまった。

走っていたら、ぎっくり腰になった、おじさん(遠藤憲一)

妖精でも、ぎっくり腰になるんだ(笑)

 

そこで、千葉 (城田優)は、美女とキスをしていたのを目撃してしまう、ひかり (岡田結実)とおじさん(遠藤憲一)。

朝から、濃厚キスとは・・・

 

スポンサーリンク

私のおじさん~WATAOJI~1話考察・感想・評価

素直に面白かった。

多少やり過ぎなところもあった気はするけど、岡田結実ちゃんの演技の良さでカバー。

岡田結実ちゃんが、実にフレッシュなんだよな。

後、文句なしに、遠藤憲一さんのおじさんが、良い。

気さくで気楽だけど、後押ししてくれる、謎の妖精おじさん。

そして、城田優の千葉も憂いがある、セクシーさが良いですね。

 

デブチーフの、出渕輝彦 (小手伸也)も笑った。

 

主役とわき役のバランスが絶妙に良い、いいドラマです。

続きが気になる。

来週は、馬場桃花(青木さやか)が、活躍する回になるようです。

 

 

私のおじさん~WATAOJI~1話・評価4

 

スポンサーリンク

私のおじさん~WATAOJI~キャストスタッフ

金曜日のドラマ


【放送局】テレビ朝日

【開始日】1/11

私のおじさん~WATAOJI~・公式

スタッフ

脚本:岸本鮎佳
監督:竹園元
監督:Yuki Saito
監督:小松隆志
プロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:貴島彩理
プロデューサー:本郷達也
プロデューサー:布施等
主題歌:愛した日/aiko

 

キャスト

岡田結実(一ノ瀬ひかり 役)
遠藤憲一(おじさん 役)
城田優(千葉迅 役)
小手伸也(出渕輝彦 役)
戸塚純貴(九条隼人 役)
青木さやか(馬場桃花 役)
田辺誠一(泉雅也 役)

スポンサーリンク

私のおじさん~WATAOJI~見逃した方は

私のおじさん~WATAOJI~を見逃した方は⇒ビデオパス 初回30日間無料で視聴可能です。

 

ビデオパスは、月額562円(税抜き)です。

なんと、初回の方は30日無料です。

 

参考私のおじさん~WATAOJI~・見逃し・配信動画・視聴方法~岡田結実主演作品1話から

\私のおじさん~WATAOJI~・見逃した方はビデオパスで視聴↓↓/

(期間内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)
ビデオパス

2019年1月12日時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、⇒ビデオパス 初回30日間無料にて、お確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TVasahi
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.