TVasahi

ハケン占い師アタル最終回・9話・それぞれの結末はどうなった?カップル誕生・ネタバレ感想・見逃し・あらすじも

更新日:

 

ハケン占い師アタル~9話最終回・ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

杉咲花が遊川和彦と初タッグ! 派遣社員が会社を変えるお仕事コメディー

 

 

スポンサーリンク

ハケン占い師アタル9話最終回・あらすじ

 【最終回】
チームの全員に悩みがあると気付いたアタル(杉咲花)。神田(志田未来)へのプロポーズを考えている目黒(間宮祥太朗)に声を掛けてみたものの、神田が彼を避ける理由も知っているため、相談に乗ることができない。一方、イベントの担当者・日野(津村知与支)と打ち合わせをした大崎(板谷由夏)らは、日野の要望に振り回されることに。さらに、当日も問題が続発して…

Yahoo!TVから引用

 

ハケン占い師アタル~9話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

ぎくしゃくするメンバー

アタル (杉咲花)は、倒れてしまった。

占いのし過ぎで、過労だった。

 

神田(志田未来)と、目黒 (間宮祥太朗)のペアも、田端( 野波麻帆)と上野 (小澤征悦)カップルも、ぎくしゃくしている。

品川 (志尊淳)は、大崎 (板谷由夏)に、何か発言したそうだ。

 

8話で出た、【復興の小学校の卒業式をやるというイベント】のクライアントが来た。

クライアントに、発案者は、アタルだと紹介する。

 

クライアントは、1つだけ提案があると言いペラペラと要望を話し出す。

8話からの続きのイベントです。

 

それぞれうまくいかない

クライアントの要望は、ケーブルテレビから、ネット配信。

そして、募金を募ればいいのでは?と言い出す。

 

しかし、あくまでも、主役は卒業生たちだと、アタルは口を挟む。

神田和実 志田未来)は、目黒 (間宮祥太朗)を避ける。

目黒はプロポーズをしたい。

しかし、神田は元カレがよりを戻したいと言ってきた。

 

一方、品川 (志尊淳)は、いいアイデアが思いつかない。

才能がなくて悩んでいる。

 

上野 (小澤征悦)は、娘の前で会社の同僚と田端( 野波麻帆)のことを紹介してしまった。

それで、怒っている田端( 野波麻帆)。

 

大崎 (板谷由夏)は、旦那の親が介護施設に入ることになった。

それで困っている。

 

アタルはなんでも分かってしまうのだった。

クライアントが、また来て、1つだけと言って、相変わらずたくさん要望を言い出す。

被災地の人がどんどん置き去りになっている。

子供たちの卒業式が置き去りに

体育館をクライアントの会社のカラーで塗りつぶしてしまった。

アタルは、子供たちの描いた絵を飾るのはどうでしょう?と提案する。

品川は、それを聞き自分には、アイデアがないと戸惑う。

 

神田(志田未来)は、元カレが、「よりを戻そう。働きながら勉強する」と言って、引っ越し作業員の服装で来た。

そこに、目黒 (間宮祥太朗)が、指輪をもって登場するも気まずい・・・。

 

代々木(及川光博)は、昔の友人に、一緒に会社を立ち上げようと、誘われていた。

 

上野 (小澤征悦)は、娘と田端を引き合わす場を設けるが、前回のことで怒っている田端は急にドタキャンした。

そして、自分の実家を見に行った。

すると、父親と弟が、買い出しに行っている姿を見た。

それぞれ変化が見られます。

卒業式イベント当日

卒業式イベントの当日になる。

当日は、トラブル続きだった。

そして、卒業式は、置き去りで、会社の㏚ばかりに町民は怒りだしてしまった。

ケーブルの不具合で、電気が遮断されて、とうとう、大人たちがもめてしまった。

 

子供たちの気持ちをよめるので、隣に寄り添い子供たちの言葉をそっと代弁する、アタル。

大人たちは、もめているけど、子供たちは、【呼びかけ】を始める。

 

拍手が起こる。

 

子供たちの合唱が始まり、イベントは無事に終了。

アタルの人の気持ちを【よむ】能力のおかげで、なんとか、大事には至らなかった。

 

イベントは無事に終わるも元気がない

アタルは、元気がない。

それは、占いを使ったから。

どうしても我慢できなくなった。

 

それを聞いたⅮチームのメンバーは、「その人しかできないこと」もある。

アタルにしかできないことがあるはずだと言う。

前にアタルが占った時に言った言葉ですね。

 

代々木は、偉人の詩を語り出す。

「運命を避けようとして行った道で、運命に出会う。」などなど。

他にもあるとと言うと・・・

田端は、「すみませんもういいです」と言われてしまった。

 

もういいですに、笑った。

 

上野 (小澤征悦)に、その道のエキスパートになるように考えろと言う。

すると、皆さんを占いますと、アタル。

最後にⅮチームを占う

アタルは言います。

占いの時態度悪かったのは、「もうしない」と誓ったのに、破ってしまったから、自分に腹が立っていたからだと。

 

神田へは、目黒に気持ち伝えろと言う。

神田は、その場で、目黒に、「子供の父親とやり直したい」と、話す。

 

神田と目黒は、いい感じだったのに残念。

 

ちなみに、目黒の運命の人は、ピンクのものを持っているとアタルに言われる。

 

品川 (志尊淳)には、伝説のイベントができると言う。

今はつらいけど、続けることが大切だと言う。

 

上野 (小澤征悦)は、優しさにあふれているけど、うまく伝えられない。

ストレートに言えばいいと言う。

 

上野もその場で、田端に、言う。

田端に、「愛している」と言い出す。

田端も引きながら、「私も愛している」と言う。

ここが、くっつくとは・・・両想いですね。

 

アタルのアドバイスは、田端( 野波麻帆)は、自分が思っているよりも面白いと言う。

 

大崎 (板谷由夏)は、会社を辞めてはいけないと言う。

将来社長になる人だ。

皆のことを好きですよね?と。

義母の介護と、仕事を続けられる方法は見つけられるとアドバイスする。

 

アタルは、皆さん、チームでいい仕事してくださいと。

 

すると、部長の代々木は、自分も占ってほしいと言う。

 

アタルは、部長は、会社辞めるからつい・・・と。

 

小さい代理店で、給料半分になっても、奥さんも子供さんも応援してくれますよと。

 

人のことが見えると思っていたけど間違いだった。

 

みなさんがこんなに変わるとは思わなかったと言う。

これからも、占いを続けていくと言う、アタル。

 

そう、なっちゃいますかね。

 

アタル職場を去る

アタルは、職場を後にする。

掃除のおばさんにも挨拶をする。

トイレに飾っていた花は、ポインセチア。

幸運を祈るという花言葉。

 

アタルの、捨てるものは、サングラス。

 

社長が、将来を見て欲しいと言っていると引き止められる。

 

食堂のおばちゃんにも、警備員にも、あいさつして、退社する。

今まで撮った写真を眺める。

 

最後に、Ⅾチームの皆が駆け寄る。

別れの言葉を言う。

2つお願いがあると言う。

社員証をもらっていいか?

ということと、最後にみんなで写真を撮りたいと言う。

 

Ⅾチームのメンバーは、アタルの、口癖の「喜んで」と言う。

喜んで返し来ました。

 

私の夢は、いつか皆さんの、クライアントになって、イベントをしてもらうことだと言う。

 

立ち去る、アタル。

 

それぞれのその後

大崎 (板谷由夏)は、この会社の、シンシアは、日本語で、誠実と言う意味だ。

大切なことは、目の前の仕事を1つ1つ誠実に取り組むことではないか?と言う。

 

 

代々木は、新しく広告代理店を旧友と立ち上げる。

品川は、張り切って、企画書を出す。

大崎は、旦那と協力して義母の介護をする。

 

田端と上野は家族で、会食をする。

【シュウマイ】で幸せになるかならないかの占いをする。

「ならない」で終わりそうだったので、上野が慌てて、【シュウマイ】をお代わりする。

 

神田は、出産した。

会社を辞めたくないと言う。

 

目黒 (間宮祥太朗)は、婚活アプリを再開する。

そして、運命の人が目の前に来た?と思ったけど、辺りを見回すと、ピンクのものを持っている女性だらけだった。

 

道端で、占いをやっている、母キズナを見るアタル。

もう白い服も来ていないし、取り巻きもいない。

 

アタルは別の会社に赴任する。

 

アタルは、母親のキズナとは違うやり方で、占いを続けるんですね。良かった。

 

スポンサーリンク

ハケン占い師アタル~9話・最終回・考察・感想・評価

アタルは占いに戻ると言っても、「派遣」と言うスタイルをまた取ったのはよかった。

まさかの、ハッピーエンドカップルが、田端( 野波麻帆)と上野 (小澤征悦)だったとは・・・

皆、活き活きとして変化しました。

神田(志田未来)の旦那もダメ男だったけど、何があったのか知らないけど、頼もしく変わってたし。

何より、神田は強いです。

そして、仕事への愛が感じられました。

Ⅾチームは、チームワークもいいし、仕事への愛をみんな持っている。

なかなか、自分の仕事へ愛を感じられない人も多い。

そして、Ⅾチームのメンバーも前はそうだった。

大崎 (板谷由夏)の言うように、誠実に1つ1つを工夫してこなしていくうちに、楽しくなっていうということもあるかもしれない。

 

代々木(及川光博)が、ゴマすりばかりしていたのに、出世が絶たれて、50でやる気もなくして、俗にいう窓際状態になる人も多いと思います。

新たな会社に誘いがあったのは良かった。

これは、一番の幸運かもしれない。

占いには、正直良い記憶がないが、アタルのように、内部から改革できる人がいるのは、会社にとってプラスだと思う。

でも、派遣って安いことも多い。

きちんと、評価してそれ相応の、額をくれる会社であるといいけど、最後に訪ねた会社は、そういう会社には見えなかったな。

 

でも、第二のⅮチームのように、イキイキと変化するのだろうか。

 

最後に、「喜んで」と、アタルが言っていた言葉がⅮチームのメンバーにうつったのは、よくまとまった感がありました。

 

アタルちゃんの演技良かったです。

 

 

ハケン占い師アタル~9話・評価4.2

スポンサーリンク

【ハケン占い師アタル】キャストスタッフ

木曜日のドラマ


【放送局】テレビ朝日

【開始日】1/17

【時間】9時00分~

【出演】杉咲花、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、若村麻由美、及川光博

【脚本】遊川和彦

【演出】遊川和彦、日暮謙、伊藤彰記

【HP】ハケン占い師アタル

杉咲花が遊川和彦と初タッグ! 派遣社員が会社を変えるお仕事コメディー

ココがポイント

派遣社員として働くことになったアタルは、実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力を持つ。

 

杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。遊川は本作で、脚本に加え演出も担当する。気になるドラマです

 

\【ハケン占い師アタル】を視聴する/

(AD)
ビデオパス

2019年1月31日時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、⇒ビデオパス 初回30日間無料にて、お確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TVasahi
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.