動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

TVasahi

僕の初恋をキミに捧ぐ1話ネタバレ・感想・野村周平は、いつまで高校生役やるの?あらすじも

更新日:

 

僕の初恋をキミに捧ぐ1話ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

野村周平主演、桜井日奈子の共演でおくる“命”と真正面から向き合う純愛ストーリー

 

 

スポンサーリンク

僕の初恋をキミに捧ぐ1話・あらすじ

 高校生になった逞(野村周平)は、入学式で繭(桜井日奈子)の姿を見て驚く。2人は8歳の頃、結婚の約束をした幼なじみ。繭の父で医師の穣(生瀬勝久)から心臓病の治療を受けていた逞は、自分が20歳まで生きられないと知り、繭と距離を置いたのだ。逞は、猛勉強して自分を追ってきた繭に戸惑いを隠せない。そんな中、繭に生徒会長・昂(宮沢氷魚)が猛アタックを開始する。

Yahoo!TVから引用

 

僕の初恋をキミに捧ぐ1話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

人生の、タイムリミットがある、垣野内逞 (野村周平)。

8歳の頃、病院に入院していた。

その時、繭 に、聴診器をあてられたりして仲良くなった。

高校の入学式

高校生になった、逞 (野村周平)。

鈴谷律 (佐藤寛太)の隣の席に座る、垣野内逞 (野村周平)。

隣に座ったので、友達になろうと言う。

生徒会長の、鈴谷昴 (宮沢氷魚)が、在校生代表の挨拶をする。

ひょう柄の上着を着て、自己紹介をして、バレンタインは、チョコじゃなくて、キャンディーが欲しいなどと言い出す。

どんな生徒会長だ(笑)

親衛隊が騒ぐ。

この鈴谷昴 (宮沢氷魚)の弟が、今さっき友達になったばかりの律 (佐藤寛太)だった。

 

そして、新入生代表の挨拶は、種田繭 (桜井日奈子)だ。

垣野内逞 (野村周平)を指さして、「この私から逃げることなんで出来ないんだから」と言う。

 

逞の母、えみ (石田ひかり)が、志望校選びの時に、繭に聞きに来たのだ。

逞が、遠い高校に行こうとしているのは,なんでだろう?あなたを追いかけてのことか?と。

 

しかし、実際は、その逆。

数学が苦手な、繭の選ばない学校を、をわざわざ選んで受けようとしていたのだった。

 

その夜、夕飯時に、逞 (野村周平)をは、繭が学校にいたことを両親に伝える。

 

共学は良いなと言い出す父。

そうだ繭から逃れるためには、男子校に行けばよかったのに。共学を選んだと言うことは心のどこかにあったのかな・・・

 

繭の母親から、電話が掛かってくる。

ビジネスウーマンらしく、イタリア土産は何がいいか聞かれる。

 

流れ星を見る

幼少期、逞 と繭 は、流れ星が流れているのを見る。

その時、逞は、苦しんで病院に運ばれた。

 

繭の父親は、逞 (野村周平)の主治医。

 

天文部が気になる、逞 (野村周平)。

掲示板に貼られているのを見つめてると、繭 (桜井日奈子)は、星が好きなのと、答える。

 

数学の授業中

繭 (桜井日奈子)は、数学の授業で、あてられたが、答えられない。

 

逞 (野村周平)も、たたされるが、分からないと答える。

 

繭 から逃れるために、逞は、部活は数学クラブに決めた。

 

繭は弓道部に入る。

精神統一、邪念を捨ててと言われている中で、

「バカ逞」 と唱え弓を引く。

腕は、いいが、邪念の塊だと言われてしまう(笑)

 

鈴谷昴 (宮沢氷魚)が、姫の彼氏に立候補すると言われる。

 

フラれたのに、ずっと、姫と言っている、鈴谷昴 (宮沢氷魚)。

 

繭 は、パンケーキを田村結子(矢作穂香)や野村聡美(福本莉子)と食べに行く。

 

律 (佐藤寛太)は、弁護士になりたいらしい。

逞 (野村周平)は?と。

 

子供のころ、宇宙飛行士になりたかった。

けど、答えない。

 

そこまで生きられないと思っているのかな。

宮沢氷魚のパフォーマンス

昴 (宮沢氷魚)は、律 (佐藤寛太)の部屋に入り込み、姫のことを教えろと言う。

そして、明日学校でやらかすと言う。

 

繭の大事なものをいただきに行きますと、昴 (宮沢氷魚)がビラを撒く。

 

また、「バカ逞」と、張り切り弓道をする。

繭 は、部活後、シャワーをしたら、下着も制服もない。

 

繭は、バスタオル1枚撒き、校内を走り回る。

 

プールに繭の下着が投げ込まれていた。

バスタオルを巻いた、繭は、タオルがはだけてしまう。

プールから上がると、逞が発作を起こし、苦しがる。

救急車という声が出た。

 

昔のことを思い出す

病室の前で、繭 が待っていると、昔のことを思い出す。

逞の両親が、「20まで生きるのは、難しい」と宣告されているときに、鬼ごっこをしていて、逞も、繭も聞いてしまった。

 

少しでも長く生きられるように努力すると言う、種田穣 (生瀬勝久)。

「本当に治るの?」と幼い繭が聞くと、「治る」と笑った。

嘘つくときに、父・種田穣 (生瀬勝久)は、笑うのだと知る。

 

律 (佐藤寛太)の父親も同じ病気

お父さんが、同じ病気だった律 (佐藤寛太)。

 

逞と繭の関係は、なんとなくわかったと言う、律 (佐藤寛太)。

 

繭の下着がなくなったのは、五十嵐優実 (松井愛莉)の仕業だった。

 

小さい時は、宇宙で結婚しようなんて言ったけど、そんなこと、自分には、無理だと、逞。

紙飛行機に、話があると、屋上に呼び出す。

 

好きだから・・・

近づくな。

離れられない。

 

友達になればいいんじゃないか?と、律 (佐藤寛太)が出てくる。

 

18歳になった時に、遺影を撮る、逞。

20歳まで、あと2年。

 

スポンサーリンク

僕の初恋をキミに捧ぐ1話考察・感想・評価

18歳の時に遺影を撮るって切ないですね。

人の人生は、みんな限りがあるとは言え、好きな子にも、好きと言えないとか、身を引くのは、どうなんだろう。

 

種田繭 役の桜井日奈子がフレッシュで良かったけど、

逞 役の野村周平は、いつまで高校生役やってるの?(笑)

菅田将暉は、もう先生役になったよ。

まあ、それは良いとして・・・

鈴谷昴 役の、宮沢氷魚が親衛隊まで付くほどの、チャラぶりには見えないんだなこれも。

どちらかというと、まじめな人役があっているかもこの方。

 

そして、尾崎将也さんの脚本はやっぱりいいですね。

良かったです。

青春と、につかわしくない、命の限りがまたなんとも切ない。

 

僕の初恋をキミに捧ぐ1話・評価4.2

感想

 

スポンサーリンク

僕の初恋をキミに捧ぐ~キャストスタッフ

【放送局】テレビ朝日

【開始日】1/19

僕の初恋をキミに捧ぐ~・公式

スタッフ

原作:青木琴美「僕の初恋をキミに捧ぐ」(小学館)
脚本:尾崎将也
演出:宝来忠昭
演出:藤原知之
プロデューサー:内山聖子
プロデューサー:神田エミイ亜希子
プロデューサー:山本喜彦
プロデューサー:森一季
主題歌:Maybe Tomorrow/DEAN FUJIOKA

キャスト

垣野内逞 (野村周平)
種田繭 (桜井日奈子)
鈴谷昴 (宮沢氷魚)
鈴谷律 (佐藤寛太)
五十嵐優実 (松井愛莉)
垣野内えみ (石田ひかり)
種田穣 (生瀬勝久)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TVasahi
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.