動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

tbs

大恋愛~僕を忘れる君と1話ネタバレ・感想・考察~謎を徹底解説!アップルパイはアダムとイブ?真司は神様の子

更新日:

 

大恋愛~僕を忘れる君と・1話ネタバレ感想・考察になります。

脚本の謎を、私なりに徹底解説してみたいと思います。

戸田恵梨香が若年性アルツハイマーの医師役に挑む! 大石静脚本で描く純愛ストーリー

 

原作はなしオリジナル

 

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・1話あらすじ

尚(戸田恵梨香)は、母・薫(草刈民代)が院長を務めるレディースクリニックで働く産婦人科医。

米国で働く精神科医・侑市(松岡昌宏)と見合いをして婚約、1カ月後に結婚式を控えていた。

ある日、尚は結婚後の新居となる侑市のマンションで、引っ越し作業に立ち会う。

作業を担当するアルバイトの引っ越し業者・真司(ムロツヨシ)は、尚の持ち物の中から1冊の小説を見つける。

それは、真司が若い頃に書き、大きな賞を獲得した小説だった。

Yahoo!TVから引用

大恋愛~僕を忘れる君と1話・考察・伏線

まず、今回1話のセリフでかなり登場したのが、何気なく用いられている・・・

【脳みそくさってる】

本当に脳に異常があるのだから、笑えませんが、この【脳みそくさってる】で状況を示唆していました。

 

北澤尚 (戸田恵梨香)のアルツハイマーの症状の進行度

  • 結婚お祝いのケーキの送り主(室井佑月)を忘れる
  • はちみつ黒酢ドリンクを買い過ぎてしまってる
  • 真司 (ムロツヨシ)の家の鍵を作ったのに忘れてしまった

 

その中でも【はちみつ黒酢ドリンク】が、かなりの良い小道具になっていました。

2人が共通で好きなものです。

尚は、鞄の中にあった【はちみつ黒酢ドリンク】を投げ、尚の気持ちは真司に向いたという象徴のような役割をしています。

そして、事故に遭った後も、一旦帰ろうとしたものの、鞄の中の【はちみつ黒酢ドリンク】をみつけて、真司の元に駆けだします。

 

これからも忘れていってしまう尚の心の目印に【はちみつ黒酢ドリンク】がなるのでしょうか

 

書類を持っていた真司は、上司のサンドイッチマン(富澤たけし)から、【おもて】と言われます。書類をひっくり返しますが、おもてはおもてでも、【外】の意味の【おもて】です。

 

そして、アテレコで自分の気持ちを力強く表現した尚は、真司を外へ出ようと誘います。

 

今の世界の外に飛び出していく2人を象徴している【外】でしょう。

 

アップルパイを2人で食べていた所

 

この物語は、

これは、神様がくれた最後の恋

という副題が付けられています。

 

アップルパイを尚と真司で食べたのは、アダムとイブがリンゴをかじった事とリンクさせているように思いました。

真司は、お寺の前で拾われた子だと言うエピソードがあります。真司は親はいません。

要するに神様からのプレゼント(子供)=真司なのではないでしょうか。

 

今まで、アップルパイを食べたことがないと言う真司のセリフもそうです。

リンゴ=禁断の果実です。

禁断の果実は、今まで食べたものないはずです。

 

と、総合判断してやはり、アップルパイを2人で食べたのは、アダムとイブがリンゴをかじったニュアンスを表現したと考えられます。深いですね。

 

尚に新作書かないの?と言われた、真司 (ムロツヨシ)のPCがWindows98だったこと。

随分と、小説を書いていないのが分かりますね。表現がうまいんですよね。大石静香さんの脚本って

 

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

見合いで出会って結婚が決まっていた

北澤尚 (戸田恵梨香)は34歳。

レディースクリニックの2代目医師。母親と共同で開業している。

高齢出産が35歳からなので、出産を考えると【結婚】にふさわしい時期と判断して、見合いして結婚した。

その相手は、

井原侑市 (松岡昌宏)は40間近の精神科医。アルツハイマー病の研究をしていてアメリカで研究をしている。

 

そんな2人はお見合いで出会い、3カ月で結婚を決めた。

 

決め手は、2人は冷静沈着で感情で動かされないという似たタイプだったのだ。

 

運命の相手は引越作業員?

ウエディングドレスも決め、新居へ引っ越しをする。

 

引越で、出会ったのが作業員の間宮真司 (ムロツヨシ)。

施設の前に捨てられていて、親も分からない苦労人。若い時は小説を書いていたが、今は、【生きるため】に引っ越し屋で働いていた。

 

本棚に自分が書いた本があるのを見つける真司 (ムロツヨシ)。

 

しかし、自分の著書だとは名乗らない。

 

一方、はちみつ黒酢ドリンクを注文し過ぎてしまう尚。

 

アルツハイマーの症状が出ていますね。

 

キッチンで休憩中の真司 (ムロツヨシ)が飲んでいた物を自分の注文したものだと勘違いして【ムッ】っとしてしまう。

2人は好きなものが一緒と言う共通項の表現でもありますね。

 

段ボールの回収にきて

尚 (戸田恵梨香)の引っ越し作業を終え、段ボールを回収に来た時に、ちょっとした事件が起こった。

書斎の部屋の天井から水が漏れてきたのだった。

 

おかげで、本棚の本はびしょびしょ。

その中でも、真司 (ムロツヨシ)の本をお気に入りの本だ。これは初版でと言って、愛おしそうに水を拭っていた。

 

真司 (ムロツヨシ)は、上の住人に掛け合って対処してくれた。

そのお礼にとお金を渡したら、けげんな顔をされたので、「お礼にご馳走する」ということになる。

 

真司 (ムロツヨシ)は、アテレコをして、尚(戸田恵梨香)を笑わせる。

 

別れ際に、尚 (戸田恵梨香)は、鞄に入っていた、はちみつ黒酢ドリンクを真司 (ムロツヨシ)に投げる。

 

キャッチする真司 (ムロツヨシ)。

 

出会ってしまった2人です。そして、この2人が共通に好きなドリンクが象徴となって尚の気持ちを真司が受け止めたようにも見えました

ムロとの2回目のデートすっぽかされる?

連絡先を交換した2人。

尚の方が、ぐいぐい押せ押せで真司 を攻めます。

何せ、結婚が決まっている女性です。

強引に、「この前の店で待ってます」と連絡するも真司 は、閉店まで来ませんでした・・・

と思いきや店の外で待ってました。

2人は外のベンチで夜が明けるまで話します。

自分が尚の大好きな本の著者だということを打ち明けて、朝まで語りあかします。

朝焼けを一緒に観る2人

ロマンチックですね。

3度目のデートで結婚を辞める

尚は、真司に会いに行きます。

真司の仕事先まで行って待ち伏せです。

ある意味怖いですよね(笑)

 

書類を持っていた真司は、上司のサンドイッチマン(富澤たけし)から、

おもて】と言われます。

書類をひっくり返しますが、おもてはおもてでも、【外】の意味の【おもて】です。

 

ここも表現が、うまいなと思いましたね。おもてとか外を強調したと言うのは、今いる内側の世界より外へ行くという意味の象徴でもあるように思います。うーんと、うなるほど、うまい!

 

お店に入り、1回目のデートで真司がアテレコをしてみせたように、今度は、尚が自分の気持ちをアテレコで表現します。

 

そして、私達も外に出ようと真司に言います。

 

そこで、濃厚なキスをして、1晩を共にします。

尚は、結婚をキャンセルすると決めました。

 

力強かったセリフが、

例えあなたと明日終わってもキャンセルする

と言ったことです。

尚の決意が見えましたね。

 

合鍵を作ったけど、その存在を忘れてしまう尚です。病魔が忍び寄ってきています。

婚約者に連絡&母親に猛反対される

母親の北澤薫 (草刈民代)に猛反対されますが、婚約者の井原侑市 (松岡昌宏)になんとか伝えます。

尚らしくないと言われます。

尚自身も自分でもそう思うと言います。

これは、1つは、病気のせいもある2つ目としては、真司が尚にとって特別な人だという意味2つの解釈ができますね。

 

その後、アップルパイを尚と、真司は2人で食べます。

 

先に書きましたが、アダムとイブの禁断の果実的な意味合いの解釈として取りました

 

真司の家に来る前に、食事を購入した尚でしたが、記憶があいまいになったのでしょうか動揺します。

その時に事故に遭ってしまいます。

 

MRIを取ったけど異常なし。

 

その病院に、井原侑市 (松岡昌宏)が来ます。

専門医の井原侑市 (松岡昌宏)は若年性アルツハイマーに移行するのでは?と画像を見て判断します。

よく見ると、その画像は、尚のものだった・・・

ちょっと最後の方はこじつけた部分はありますが、全体的に良くできたお話です。脚本家の大石さんに解説してもらいたいくらいの手のこった内容となっています。

 

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・1話・感想・考察・評価

これは神様がくれた最後の恋

という副題が付いています。

真司は、お寺の前で捨てられていた子。親はいない。言うなれば神様の子。

神様がくれた恋・・・確かにって感じですね。

どんどん病状が進行するのは見ていて切なくなるとは思いますが、大石静香さんの脚本を楽しみたいです。

ちょっと、濃厚なキスシーンは気持ち悪かったかな。

あの辺は、もうちょっと取り方ないんでしょうかね?

黄昏流星群の佐々木蔵之介のキスシーンもトラウマになるくらいイメージダウンしてしまいました(私の中で)

 

いいお話でした。金曜日良いドラマや映画目白押しだから、時間が足りない!

 

大恋愛・1話評価4.2

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・キャストスタッフ

大恋愛~僕を忘れる君と

キャスト

戸田恵梨香
北澤尚 役
「KITAレディースクリニック」の医師。美人だが本気の恋をしたことがない。お見合い相手のエリート医師・侑市と婚約するが、新居への引っ越しで、アルバイト作業員の真司と運命的に出会う。

ムロツヨシ
間宮真司 役
元小説家。生まれてすぐに親に捨てられ、児童養護施設で育つ。さまざまな職業を転々としながら、深い孤独と独特な感性で小説を書き、26歳の時に新人賞を受賞する。しかし、2作目は全く売れず世間から忘れ去られている。

草刈民代
北澤薫 役
尚の母。「KITAレディースクリニック」の院長。夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた。侑市との婚約を破棄し、真司との恋に走る尚に大反対する。

松岡昌宏
井原侑市 役
精神科医。有名建築家の父とデザイナーの母を持ち、自身もアルツハイマー病の最新研究に携わるエリート。尚と婚約するが、結婚式を1カ月後に控えて婚約破棄される。

スタッフ

脚本:大石静
演出:金子文紀
プロデューサー:宮崎真佐子
プロデューサー:佐藤敦司
主題歌:オールドファッション/back number

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-tbs

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.