動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

tbs

大恋愛6話ネタバレ・感想・小池鉄平の不気味なキラースマイル・あらすじ・考察も

更新日:

大恋愛~僕を忘れる君と・6話ネタバレ感想・考察になります。

 

戸田恵梨香が若年性アルツハイマーの医師役に挑む! 大石静脚本で描く純愛ストーリー

 

原作はなしオリジナル

 

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・6話あらすじ

受診した尚(戸田恵梨香)は、侑市(松岡昌宏)から症状が半年前より改善していることを知らされ、喜びをかみしめる。一方で、侑市は尚を食堂へランチに誘い、医学生のために病気について講演してほしいと依頼する。そこへ強引に同席してきた侑市の担当患者・公平(小池徹平)が、尚の名前や病気のことをあれこれと聞き、尚は戸惑うばかり。その頃、新しい小説に取り組む真司(ムロツヨシ)は編集者の水野(木南晴夏)からある申し出を受けるが…。

Yahoo!TVから引用

大恋愛~僕を忘れる君と6話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

2014年9月になった。

まだ、2018年まで4年ありますね。

結構良いマンションに引っ越す、尚(戸田恵梨香)と、真司(ムロツヨシ)。

 

しかし、尚の治療費がかかるので、そこまで贅沢はできないと言う。

 

引越の時の先輩の木村(サンドイッチマン)と、後輩が引越を手伝ってもらう。

それが、引っ越し祝いだと。

 

ベッドの位置と、真司のデスクで、もめるも。

尚は、真司には、良い環境で小説を書いて欲しいと言う。

 

引越そばを食べる2人。

 

小説を書く真司。

それを嬉しそうに見る尚。

 

ベッドと小説。これ今回のテーマ!

 

尚侑市(松岡昌宏)の外来へ

侑市の担当患者・松尾公平(小池徹平)が現れる。

 

新たな登場人物、小池徹平が登場!

 

そして、尚の病状はかなり安定している。

変化があり、真司と一緒に診察を受ける。

 

一方、公平(小池徹平)は、病気が分かった途端奥さんが出て行ってしまったとか。

 

保育士の公平(小池徹平)は、仕事で辛い目にあっている。

仕事が生き甲斐なのに・・・と。

公平(小池徹平)は、尚と真司に興味を示す。

病院内でも、子供をあやす公平。

 

病友候補の小池徹平でしょうか

脳みそとアップルパイ

引越祝いに、アップルパイが次々に届く。

 

アップルパイが届き過ぎて、引越の時の先輩の木村(サンドイッチマン)などに、おそわけをしに行く。

おいしくアップルパイを食べる尚と、真司。

 

もう、脳みそとアップルパイの続きは書かないのか?と尚。

 

主治医と患者がハッピーエンドになった終わりが気に入らない尚。

 

しかし、あれはあれで、完結されていると真司。

 

ささやかな幸せは公にする必要ないと、この時は思っていた真司だった。

 

尚的には、すっきりしませんよね。

 

侑市(松岡昌宏)の見合い

侑市(松岡昌宏)の母親は、見合いを勧める。

しかし、侑市は、お見合いは、もういいと。

あの女医さんとは結局別れちゃったのかな?もう、見合いは良いの意味は?気になる。

 

父親と母親の意見が食い違う、侑市の実家。

 

嫁は墓守じゃないと、父親。

母親は、うちのお墓は、無縁仏になってしまうと。

 

尚のせいで運気が下がったと。

それは失礼だとと、侑市パパ。

 

確かに、尚に失礼な会話。

子供を作りたい真司

2人の子供が欲しいと言う、真司。

一方、成長を見届けられないのに、子供を産むのは、ためらいがあると言う、尚。

 

子供が、記憶を失っていく母親を見るのは悲しい想いをさせてしまうと。

 

尚って、自分のことだけじゃなくて、子供を考えられるのってすごいな

 

侑市(松岡昌宏)は、尚にとまどいの気持ちがあるなら、勧められないけど、やってみないと分からないこともあると。

 

どっちつかずのアドバイスをする。

 

新薬の治験のことを相談する、尚。

 

新薬が効けば、子供の事も考えられるかもと、尚。

 

診察後に一緒に、病院の食堂で、ランチを食べる。

 

学生たちの前で、MCIの体験者として発表して欲しいと頼む侑市。

 

適度なストレスは脳を活性化させると。

先輩医師として学生のためになるとも。

 

尚のことを、間宮さん呼びする、侑市(松岡昌宏)

 

変化が現われていますね。

 

松尾公平(小池徹平)が現れる。

松尾さんは、去年学生たちの前で、話をしたと。

去年の話を忘れている、松尾。

 

一方、真司は、尚を公表して、モデルになった人物だとしてもいいのでは?と編集者に言われる。

 

しかし、真司は尚を表に出すつもりはないと。

 

尚の、体験記の中身・・・

無垢な赤ん坊はその時から、死に向かって生きるのだなと思いました。

高校時代は、恋愛なんて無駄だなと思っていた。

前世に悪い事でもしたのか?と自殺をしたいとも思ったのだが、人生に不要だと思っていた、恋愛が力をくれた。(と、真司の前で発表する。)

何課の医師になっても、診察、手術に慣れないで欲しいと、患者の気持ちになって欲しい。

 

松尾とランチをして、アドバイスをもらう、尚。

 

一方、真司、急きょ、次回作に必要な建築家の取材と尚の講演会が、同じ時間になってしまった。

 

MCIの講演をする尚。

尚は、発作を起こして倒れてしまう。

 

倒れていた時、かすかに真司真司と、真司に助けを求めていた。

 

尚が倒れたのを見て、松尾公平(小池徹平)が笑っている。

不気味。なんだこいつ。

 

アルツハイマー病と、今回の失神は関係ないですよね?と、母親の薫(草刈民代)が、確認する。

 

直接の関係はないが、病状が悪化する可能性もあると、侑市。

 

 

一方、意識を失って寝ている尚。

相変わらず、かすかに出た声は、真司を求めている。

 

そこに、松尾がキスをする。

 

ちょうど、その時、真司が到着して、その光景を見ていた。

 

イラっとして松尾をよける、尚に近付く。

 

尚は、あんなに真司を求めていたのに・・・

 

誰?

 

と変わっていた。

 

松尾にキスされて、無意識化でも、なんか違うぞ真司じゃないぞ。誰?になったのかな。

 

 

そして、真司は思った。

 

夫を見失っていく尚を書きたいと。

 

真司2作目書く決意。

 

うーん。松尾邪魔。松尾も病人だし、めんどくさいんことになりそう

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・6話・感想・考察・評価

最初冒頭で、ベッドの位置と、小説を書くデスクの位置でもめていました。

真司の【素晴らしい小説家】であるところにも惚れている尚。

仕事を優先して欲しい。

しかし、真司は、尚と暮らすことで、【子供が欲しい】という気持ちが強くなっていっている。

真司が優先したいのは、【子供】

2人の中で、【子供】か【病気】かの葛藤が起こります。

そうこうしている中、尚は発作を起こしてしまい、最後真司が来ても、誰?と。

そして、担当医の侑市は、これがきっかけに症状が進行してしまうかもと、不気味な予言。

 

さらに、キラースマイルの病気切っ掛けで、彼女に逃げられた寂しい男松尾(小池鉄平)現る。

発作起こしているのに、笑っていたり、寝ている尚にキスしたり、とんでもない男ですよ。

この病人、松尾は。

 

物語をかき乱しそうですね。

 

不吉な予感しかしませんね。

 

大恋愛・6話評価4.2

スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と・キャストスタッフ

大恋愛~僕を忘れる君と

キャスト

戸田恵梨香
北澤尚 役
「KITAレディースクリニック」の医師。美人だが本気の恋をしたことがない。お見合い相手のエリート医師・侑市と婚約するが、新居への引っ越しで、アルバイト作業員の真司と運命的に出会う。

ムロツヨシ
間宮真司 役
元小説家。生まれてすぐに親に捨てられ、児童養護施設で育つ。さまざまな職業を転々としながら、深い孤独と独特な感性で小説を書き、26歳の時に新人賞を受賞する。しかし、2作目は全く売れず世間から忘れ去られている。

草刈民代
北澤薫 役
尚の母。「KITAレディースクリニック」の院長。夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた。侑市との婚約を破棄し、真司との恋に走る尚に大反対する。

松岡昌宏
井原侑市 役
精神科医。有名建築家の父とデザイナーの母を持ち、自身もアルツハイマー病の最新研究に携わるエリート。尚と婚約するが、結婚式を1カ月後に控えて婚約破棄される。

スタッフ

脚本:大石静
演出:金子文紀
プロデューサー:宮崎真佐子
プロデューサー:佐藤敦司
主題歌:オールドファッション/back number

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




Amazonオーディブルが30日無料体験実施中

本は耳で聴く、新習慣。 Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。 30日間無料体験実施中

-tbs

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved.