2019夏

だから私は推しました・2話ネタバレ感想・ハラスメントファンの瓜田勝(笠原秀幸)登場!あらすじも・見所・考察・解説

投稿日:

よるドラ「だから私は推しました」2話・感想考察ネタバレ感想解説考察と、あらすじについて書いた記事になります。

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

よるドラ「だから私は推しました」2話あらすじ

 ハナ(白石聖)の応援に精を出した結果、愛(桜井ユキ)の生活は仕事面でも充実する。だが自分がアイドルオタクと認めることには抵抗があり、小豆沢(細田善彦)から‘しょせんみんながいいと言うものしかいいと言えない’と非難される。そんなある日、愛はライブ会場の近くで同僚に遭遇する。

yahootv・引用

関連だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

 

よるドラ「だから私は推しました」2話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

愛(桜井ユキ)とハナ(白石聖)の、二人三脚の日々が始まった。

愛は、「何ができる?」となった時、箱オタが、【コール&レスポンス】をした方が良いのでは?とアドバイスされる。

愛は、小豆沢(細田善彦)に、「オタク」だと、バカにする。

小豆沢は、世の中オタクが作っていると、反撃する。

愛に対して、オバさん等と話す。

愛の変化

愛(桜井ユキ)は、友達とのランチを断って、ドルオタグッズを購入しに行く。

愛は、ドルオタとして何ができるか模索する。

ハナちゃん推しの人が1人いると、紹介されるけど・・・

その日は、いなかったと思ったら、遅れてきた。

ハナの推しの瓜田勝(笠原秀幸) だ。

愛の後ろに、やってきて、後ろに並んだ。

 

ドルオタの飲み会&瓜田・・・

オタク同士で飲み会に行くことになった。

 

愛(桜井ユキ)は、出禁になったら、ステージを見ることができるのか?とふと疑問に思った。

箱オタの、椎葉貴文(村杉蝉之介 )は、弁護士で、愛(桜井ユキ)の話は、建造物侵入罪にあたると話す。

 

ハナ(白石聖)は、瓜田勝(笠原秀幸)にご飯に連れて行かれて、パワハラを受けていた。

愛(桜井ユキ)はこっそりそれを見てしまう。

その様は、瓜田の彼女?という感じだった。

 

愛(桜井ユキ)は、ハナに、付き合っているのか?と確認すると・・・

瓜田は、最初バイト先で出会って、ライブを見に来てくれた。

【サニサイ】のアイドルは、チェキ券からのキックバックで生活している。

事務所からの、お給料はない。

愛が、ブラックではないか?と突っ込んだところ、キックバックすらない所もあるらしい。

ハナは、瓜田から、洗濯機もプレゼントされていた。

自分は頼んでいないのに、勝手に買ってもらっていたそうだ。

瓜田は、ハナのチェキ券を毎回、1人で、独占的に購入して、他のファンが、ハナと交流するのを阻止している。

愛は、こんな関係は、おかしい・・・となる。

愛、動き出す

愛(桜井ユキ)は、独占にならないようなチェキ券の販売方法を思いつく。

小豆沢(細田善彦)、愛(桜井ユキ)の会社まで来てもらった。

「瓜田とハナの関係を知ったので、自分への逆恨みも怖いので、ライブに行くのは辞めよう思う」と、報告する。

小豆沢は、「もう二度と来るなよ」と言われてしまう。

箱オタの弁護士の、椎葉貴文(村杉蝉之介 )に、愛の案は、最高かよ!と言われる。

ハナの所属する、【サニサイ】は、花梨ちゃんが、顔。

 

花梨ちゃんに、運営に話してもらってOKが出た。

 

ハナ(白石聖)は、何も事情を知らない設定で、ファンの瓜田勝(笠原秀幸)と、会うことになった。

瓜田勝(笠原秀幸)は、チェキ券で、ハナと交流中に、ハナが申し出たのではないか?と話しかけてきた。

戸惑うも難なく切り抜けたハナだったが・・・

 

他のファンと交流している時に、瓜田勝(笠原秀幸)が、「自分が買った洗濯機はどうした?」等と、大声で騒ぎ出す。

挙句、奇声をあげて外に、出て行って、しまった。

 

その後、愛(桜井ユキ)は、ハナ(白石聖)に話しかけるも、その日は、チェキ券を持っていない。

そんなことは、関係ないと、ハナは、愛に手を差し伸べる。

愛は、ハナが大事にされていてうれしいと、お互い涙ぐむ。

 

時間は、現在になり、取り調べ中の愛(桜井ユキ)は、聖護院実(澤部佑)の腕時計を気にする。

スポンサーリンク

よるドラ「だから私は推しました」2話・感想・評価

2話目は、愛が、ドルオタの世界にはまりつつある。

普通のOLがドルオタねーと思いつつも、ハナみたいな気の弱そうな子で、トラブル抱えていると、放っておけないよね。

瓜田役の笠原秀幸は、最近、嫌な奴、変わり者の役を一手に引き受けている気がする。

今回もいい味出してましたね。

愛は、なんだかんだ言って、椎放葉貴文(村杉蝉之介 )とか、小豆沢(細田善彦)のドルオタの友達もできていますよね。

仲間っていうか、そういう一体感が感じられると違うよね。

そして、三人寄れば文殊の知恵で、かなり戦略的に、チェキ券の変更に至ったし、頭脳プレイが光りました。

それにしても、なんで、愛は、警察にいるんだろう。

やっぱり、今回出てきた瓜田との絡みがあるのだろうか。

ハラスメント気質のファン瓜田は、本当、怖かった。

アイドルとファンの垣根超え過ぎている。

愛とハナ、絆ができて、瓜田に、立ち向かったのだろうか、瓜田を突き落した、ということなのか。

愛が、警察に入っている理由は、瓜田に何かした?結果であったのか。

瓜田なら、正当防衛が認められるんじゃ?

こんなに、友情を深めた、同性のファンとアイドルの仲で何があったというのか・・・

 

よるドラ「だから私は推しました」2話・評価4.2

 

スポンサーリンク

よるドラ「だから私は推しました」

土曜日のドラマ


【放送局】テレビ朝日

【開始日】7/27

【時間】11時30分~

【出演】桜井ユキ、白石聖、細田善彦、松田るか、澤部佑、村杉蝉之介

【作・脚本】森下佳子

【演出】保坂慶太、姜暎樹、渡邊良雄

【制作統括】三鬼一希

【プロデューサー】高橋優香子

【HP】よるドラ『だから私は推しました』

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

ココがポイント

地下アイドルを推すことに情熱を燃やすオタクたちのディープな世界を映し出す、笑いと涙の物語です。

関連⇒だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2019夏
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.