2019夏

だから私は推しました・7話ネタバレ感想・ハナと愛が仲直り?あらすじも・見所・考察・解説

投稿日:

よるドラ「だから私は推しました」7話・感想考察ネタバレ感想解説考察と、あらすじについて書いた記事になります。

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

よるドラ「だから私は推しました」7話あらすじ

ハナ(白石聖)の過去とうそを知った愛(桜井ユキ)は、ハナを推すことができなくなり、サニーサイドアップのグッズも捨ててしまう。そんな中、愛は運営側がハナをグループのメンバーから外そうとしているという噂を聞く。居ても立ってもいられなくなった愛は、小豆沢(細田善彦)や椎葉(村杉蝉之介)らオタク仲間達と連携を取り、ハナの本当の過去を探るために動き出す。

yahootv・引用

関連だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

 

よるドラ「だから私は推しました」7話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

愛(桜井ユキ)は、ハナ(白石聖)の本名を知る。

オタ仲間の小豆沢(細田善彦)に気になってハナの様子を聞く。

椎葉(村杉蝉之介 )が、ハナの悪口を書いているサイトに探りを入れていた。

いじめられた娘のプライバシーの侵害だと逆に怒っていた。

同級生から事実を聞く。

いじめられた娘松田の彼氏の、ハナは合成写真を作って、いじめた。

その後は、ハナは、いじめに遭っていた。

愛は、「好かれたくて、ちょっと盛ってしまう、媚びて嘘言う」その気持ち痛いほど知っていたのに…あの時、ハナの手を握ってやれなかったと悔やむ。

 

今からでも遅くないと、小豆沢(細田善彦)。

ハナを呼び出す。

愛(桜井ユキ)は、ハナに謝る。

「仲直りをしてくれないかな?」と、愛はハナに手を出す。

ハナも「ごめんなさい」と手を握り返す。

 

椎葉(村杉蝉之介 )は、大本の炎上サイトを閉鎖に追い込んだ。

メインボーカルの花梨が、抜けて、違うグループから誘われていると頭を下げた。

花梨は、推しのファンの小豆沢(細田善彦)を呼び出す。

小豆沢(細田善彦)は、自分を見ないで、オタ仲間といるのが楽しいんじゃないのか?と話す。

自覚がないけど、そういうことだった…

小豆沢(細田善彦)も悩む。

 

愛とハナは、二人で歩いて帰る。

ハナは、絶対にやらないといけないのは、昔いじめていた娘に会いに行くことだと言う。

解散ライブを頑張ろうと言うも、後ろに人影がある。

 

愛(桜井ユキ)は、オタ活復活する。

ハナの配信を見て、スイカちゃんと言う瓜田勝(笠原秀幸)らしき人物が、配信にコメントを書いてきた。

終わったら、宅配業者を装って、家に来た、男に、愛は襲われ拉致された。

閉ざされた部屋で、騒いでも日行かない。

卵パックの部屋だった。

瓜田勝(笠原秀幸)に目玉焼きを作り、愛(桜井ユキ)に食べさせる。

スイカを漢字で書けと発狂する、瓜田勝(笠原秀幸)。

愛は部屋から逃げ出した。

それを追う瓜田。

階段の踊り場から、瓜田を突き落とした。

それが真実だと、愛(桜井ユキ)は語る。

聖護院実(澤部佑)に嘘を付いていると、画像を見せられる。

よるドラ「だから私は推しました」7話・感想・評価

愛(桜井ユキ)は、ハナの推しに戻ってしまったのか。

推しを引退すると、【他界した】とか言われてしまう表現をはじめて知って面白かった。

アイドルと、こんなに近いと、いろいろとめんどくさいな。

ハナと愛は、まだ女同士だから、お姉さんと妹って感じだけど、小豆と花梨なんて、付き合っているのか?って思うし。

だからこそ瓜田みたいな、アイドルとの境界線が分からなくなるファンも、そりゃ、いるだろうよ。

実際お金を相当貢いで、俺の女だって感覚にもなるだろうしね。

危険性はあるよね。

キャバ嬢などの大人のお店と違い、アイドルが、従順で純粋であればあるほど、熱狂的なファンは勘違いしそうだしね。

この、【だから私は推しました】というドラマは、アイドルを巡る、ファン通しの戦いな訳か。

今回は、愛の証言を聖護院実(澤部佑)は、「嘘だ」と言ったけど、確かに、おかしい。

瓜田は、法を犯してまで、愛を部屋に監禁する必要ないしね。

愛のハナへの愛情は、何なんだろうね。

そこまで、1人のアイドルに感情移入できる女って逆にすごいよね。

推しのアイドルを守るのに、犯罪してまでって…

愛は、もっと自分のために、時間使って欲しいよ。

なんだかな…

お互い謝って、ファンとアイドルの関係やり直すとか、友達じゃないんだから、そんなことするのか!って突っ込みたくなったし、愛にちっとも感情移入できないな。

でも、日夜、地下アイドルを巡る、色恋とか、もめ事とか起こっているんだろうなって思えてくる。

実際は、どういう展開だったのか気になる。

 

よるドラ「だから私は推しました」7話・評価4.2

 

よるドラ「だから私は推しました」

土曜日のドラマ


【放送局】nhk

【開始日】7/27

【時間】11時30分~

【出演】桜井ユキ、白石聖、細田善彦、松田るか、澤部佑、村杉蝉之介

【作・脚本】森下佳子

【演出】保坂慶太、姜暎樹、渡邊良雄

【制作統括】三鬼一希

【プロデューサー】高橋優香子

【HP】よるドラ『だから私は推しました』

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

ココがポイント

地下アイドルを推すことに情熱を燃やすオタクたちのディープな世界を映し出す、笑いと涙の物語です。

関連⇒だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

-2019夏
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.