2019夏

だから私は推しました・5話ネタバレ感想・アイドルのプライドを感じた回!あらすじも・見所・考察・解説

更新日:

よるドラ「だから私は推しました」5話・感想考察ネタバレ感想解説考察と、あらすじについて書いた記事になります。

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

よるドラ「だから私は推しました」5話あらすじ

 フェス出場後、人気も知名度も上がったサニーサイドアップには様々な仕事が舞い込むようになる。だが、忙しくなるにつれ、メンバーのプロ意識の持ち方にずれが生じ始め、やがてリーダーの花梨(松田るか)と凛怜(田中珠里)が衝突。オタク達を巻き込んだ‘代理戦争’に発展する。そんな中、ハナ(白石聖)を推す愛(桜井ユキ)の元に、思いがけない人物から連絡が入る。

yahootv・引用

関連だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

 

よるドラ「だから私は推しました」5話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

愛(桜井ユキ)への、取調は続く。

愛(桜井ユキ)は、回想する。

大きな大会に出たので、サニサイは人気が出だした。

皆のものになってしまう・・・と、売れていることに、気持ちがのらないオタも出始めた。

サニサイのメンバーの【花梨】と付き合っていたのか?と聞かれる。

不審者を追い払った過去があった。

お礼に、【花梨】から、ラーメンを渡される。

一緒にカップラーメンを食べた。

アイドルになればノルマないんではない?とアドバイスすると、【花梨】は乗り気だった。

そういう経緯で集められたのがサニサイだった。

アイドルは、武道館だ、アリーナだ?の話になる。

しかし、その時、解散注意報は鳴っていた。

アイドルは、女子アナへの道とわりきっていた、メンバーがいた。【凜怜】だ。

【凜怜】と、【花梨】の間で、センター争いが勃発していた。

人気で、休むようなやる気のないメンバー【凜怜】がセンターへ・・・

【凜怜】は、センターと言う立ち位置になったのにも関わらず、歌詞も入っていない。

そんな【凜怜】に、【花梨】は怒り爆発してしまった。

ステージ上で、殴り合いの喧嘩が勃発する。

愛(桜井ユキ)は、ハナ(白石聖)の裏垢から「相談がある」と連絡が来る。

昔、いじめられていたハナ。

なので、ようやくホッとできる場所ができたのが、サニサイだった。

ハナ(白石聖)は、サニサイの顔の2人に頭を下げて、仲直りするように頼む。

しかし、ハナの想いとは裏腹に、とうとう、解散することになってしまった、サニサイ。

凛怜は、辞めると言い出してしまったのだ。

凛怜は、「自分は、アナンサーを目指しているくらいなので、本格派なアイドルにはなれない」と言う。

一方、花梨は、「ハナは、大手から声掛からないから言っているんだろう」と言われてしまう。

花梨と、凛怜から、ハナは、

「サニサイにしかないものは何か?」と、聞かれても答えられなかった。

 

愛(桜井ユキ)は、それを聞くと、「私たちは、応援しているのになんな訳?」と、怒だす。

 

愛(桜井ユキ)が、「自分が、皆を説得する」と言うも、ハナ(白石聖)は、「自分で言うから、ここで待っててほしい」と言って、逃げ出した。

戻ると、【凜怜】も【花梨】も、サニサイを継続する方向にいた。

あっけにとられるハナ・・・

どちらも、コアなファンに、続ける勇気をもらったようだった。

仲直りして、ステージに立つサニサイ。

一方、ハナから「ここで待っていて」と言われた愛(桜井ユキ)は、公園でヤキモキしていた・・・

 

その後、卵のcmが来たサニサイ。

その頃から、変なことが起こりだした。

 

回想から戻り・・・瓜田勝(笠原秀幸)は、現在危篤の様子。

よるドラ「だから私は推しました」5話・感想・評価

ハナ(白石聖)は、いじめられていた過去があったのか。

それは、なんとなく、おどおどしている所から、感じ取れたけど、そう考えると、白石聖は、演技抜群に、うまいな。

わざとらしくなり過ぎちゃうこともあるだろうに、絶妙なさじ加減でおどおどしている(笑)

しかし、今回のエピソードは、「そりゃそうだろ」っていう感じのストーリーだった。

アイドルの、センターって相当誇りがあるだろうに、「アイドルは、腰掛で、アナウンサー志望です」のやる気のない腰掛アイドルに、人気で、センター奪われたら、「やってられないよ!」ってなるよね。

【花梨】が、【凜怜】から、マイク奪った理由が、【客に見せられないレベルの歌だ】と判断したからだという所にプロ根性を感じた。

あまり、アイドルのことを意識することなんてなかったが、「アイドルカッコイイ!」と、思えた瞬間だったな。

サニサイの、いざこざを、愛(桜井ユキ)に相談したハナだったが、「なんで?応援している私たちの気持ちは?」って怒り出したところ、怖かったよね。

本気の怒りを感じた。

愛演じる、桜井ユキも演技うまい。

ハナ(白石聖)と愛(桜井ユキ)が、この2人で本当良かったと、思えた回でした。

それにしても、不穏な空気漂わせた張本人は、現在危篤状態の、瓜田勝(笠原秀幸)なのだろうか・・・

困った人だったもんねー。

どういう展開になるのか、予想が付かなくなってきて、益々面白い。

 

よるドラ「だから私は推しました」5話・評価4.2

 

よるドラ「だから私は推しました」

土曜日のドラマ


【放送局】nhk

【開始日】7/27

【時間】11時30分~

【出演】桜井ユキ、白石聖、細田善彦、松田るか、澤部佑、村杉蝉之介

【作・脚本】森下佳子

【演出】保坂慶太、姜暎樹、渡邊良雄

【制作統括】三鬼一希

【プロデューサー】高橋優香子

【HP】よるドラ『だから私は推しました』

桜井ユキ主演、森下佳子の脚本で描く“地下アイドル”と“女オタ”のディープな世界

ココがポイント

地下アイドルを推すことに情熱を燃やすオタクたちのディープな世界を映し出す、笑いと涙の物語です。

関連⇒だから私は推しました~見逃し動画・再放送情報を解説!~桜井ユキ主演作品1話から最新話まで

-2019夏
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.