フジテレビ

監察医朝顔・初回1話ネタバレ感想・感動!朝顔(上野樹里)が法医学者になった理由は?お母さん!地震は3.11か・あらすじも

更新日:

監察医朝顔・初回・1話ネタバレ感想考察になります。

上野樹里が13年ぶりの月9主演で新米法医学者に。初共演の時任三郎と父娘役

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

監察医朝顔・1話あらすじ

 新米法医学者の朝顔(上野樹里)が勤める大学の法医学教室に、身元不明の女性遺体の解剖依頼が入る。主任教授・茶子(山口智子)に担当を任された朝顔は、父親で刑事の平(時任三郎)が管轄の警察署に異動したと知り驚く。朝顔の恋人で平の同僚刑事となった桑原(風間俊介)も動揺する中、女性に溺死の可能性が浮上。だが発見場所は倉庫だった。やがて、女性が夫・明彦(辻本耕志)と工場を営む恵子(山田キヌヲ)と判明。平らと現場を調べる朝顔は、恵子との対面を拒む小学生の娘・早紀(粟野咲莉)に寄り添い、その死の謎に迫る。し…。

YAHOO!TVから引用

監察医朝顔・1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

物語の始まり

万木朝顔(上野樹里)は、興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。

興雲大学の法医学教室では、今度来る、新しい刑事は、ジョージクルーニー似と噂される。

その人物こそ、朝顔の父親である、平(時任三郎)だった。

平は、配置換えになった。

事件があり、死亡者が出た

平は、朝顔の恋人でもある、桑原(風間俊介)と一緒に同行することになった。。

新米の朝顔(上野樹里)と歯専門の藤堂絵美(平岩紙)だけでは、無理だと断ろうとしたところに、茶子先生が(山口智子)が登場した。

ギリギリ間に合い、遺体の観察を引き受けることになった。

茶子先生は、ウズベキスタンから帰ってきたばかりだった。

職場に嫌な奴とかいなそうな、和やかな雰囲気

監察を始める

朝顔(上野樹里)と、茶子(山口智子)が、監察を始める。

遺体は女性。

心臓に繊維化があった。

過去に心臓疾患になっていることが予想される。

次は、肺だ。

肺に水がたまっていた。

溺死かもしれない。

しかし、陸地の倉庫で倒れていた。

謎が深まる。

平(時任三郎)と、桑原(風間俊介)が引き続き調べる。

病死?水死?それとも?って感じですね。

死因は何?&デート

家に帰ると、朝顔(上野樹里)が食事を作って待っていた。

その日の食事当番は、平(時任三郎)だったが、赴任早々なので、朝顔が作った。

朝顔は、翌日は、ご飯は食べに行くので要らないと言う。

桑原(風間俊介)とのデートの日だ。

まだ、父親の平には紹介はしていない。

 

事故現場の可能性がある水場に行き調査する。

 

亡くなった女性の娘は、「お母さんに会いたくない」と言っているのだそう。

遺体の女性は、旦那さんと部品工場を営んでいた。

旦那さんに確認すると、亡くなった女性は、心筋梗塞の持病があった。

直接の死因は心筋梗塞で亡くなった可能性も捨てられない。

 

桑原(風間俊介)と、デートで、もんじゃ焼きを食べに行く。

恋人朝顔の父親である平とバディを組むのは、「しんどい」と言う。

桑原は、朝顔に、お母さんのことを聞こうとしたが、事情がありそうでなかなか聞けない。

家に帰り、朝顔は、父親の平に、桑原(風間俊介)のことを聞き出す。

すると、「普通だ」と言われてしまう。

父と恋人がバディ。人間関係せまい!

お母さんに会いに来た

お母さんに会いたくないと言っていた、娘がやってきた。

朝顔(上野樹里)と一緒にリンゴを食べる。

娘は、お母さんにひどいこと言ったと悩んでいた。

 

お母さんが亡くなる数時間前に、友達に、「お弁当がおじさんみたいだ」と言われて、突き返してしまったことを悔やんでいた。

 

朝顔は、遺体の女性の、手の傷の違和感に注目した。

手には、ポリプロピレンが付着していた。

その近くの水質と遺体の女性の肺の中の水質が一致した。

 

なのに、水場から離れた倉庫で、倒れていたなぜ?

防犯カメラに映っている、画像を解析すると、百貨店のバッグを持っていた。

何を買ったのか?

なぜ?なぜ?多発しました。

朝顔再調査

朝顔(上野樹里)は、遺体をもう一度調べたいと、茶子(山口智子)に申し出る。

見落とさないように慎重にしっかりと、調べる。

 

平(時任三郎)と、桑原(風間俊介)は、手分けして、遺体が溺れたとされる池を調べる。

桑原が長靴を差し出すと、もう履いていた。

桑原は、平が仕事が早くてびっくりする。

 

桑原(風間俊介)は、子供たちが、水面に浮かんでいる紙袋を取ろうとしているのを発見する。

それが、亡くなった女性が持っていた百貨店の袋だった。

いたって普通だと言われていた桑原やりました。

 

遺体の女性が持っていた百貨店のバッグには、ひったくりの常習犯の指紋が付いていた。

遅発性溺水を発症していた。

飲み込んでいた水が、遅れて肺に入るものだ。

遺体女性は、自分で歩いて、倉庫まで言ったと推測される。

朝顔(上野樹里)は、「自分で、もうろうとした状態のまま、戻ろうとしたのだ」と言う。

 

倒れていた場所は、遺体女性の家の部品工場に似た倉庫だったのだ。

家族の元へ帰ろうとしていたのだ。

それを知ると、夫は泣き崩れてしまった。

 

娘も動揺する。

さらには、百貨店の袋の中には、娘のお弁当箱が入っていた。

娘のためを思って、買っていたのだった。

娘は涙が止まらない。

 

娘は、お母さんに会いたいと言って、遺体に対面した。

お母さんありがとうと言って、泣き崩れる娘。

 

事件の解決後、桑原は、残された2人は辛いというと、平は、残した方も辛いと言う。

 

朝顔は、書式の、他殺に〇をつける。

朝顔の上司の茶子(山口智子)は、「明日死ぬかもしれない」と、台湾に旅行に行った。

病死?溺死?と最初の段階ではなっていたけど、結局他殺!法医学と、刑事の連係プレイでめでたく事件解決!

朝顔の母親8年前から行方不明

朝顔は、亡くなった母方のお爺さんに電話する。

8年ぶりにバスと電車に乗って出かける。

仙ノ浦に着いた。

朝顔は、8年前のことを思い出して、パニックになってしまう。

朝顔は、無理だと1人で帰ることに。

お母さん捜していないとどうしてもだめなんだと、平は、残る。

 

8年前に何が起こったかと言うと、朝顔と、母親が、2人で、お母さんの実家に到着したばかりで、地震が起こった。

朝顔は、避難所でお母さんを探した。

遺体安置所では、亡くなった家族が泣き崩れていた。

そこに、法医学者の茶子(山口智子)がやってきたのだった。

 

現在に戻り、平(時任三郎)は、水辺を調査する。

スポンサーリンク

監察医朝顔・初回・1話・感想・評価

全体的に構成もよく、伏線も利いていて良かったです。感動しました。

のだめ以来、13年ぶりの月9主演の上野樹里です。

ほんわかした朝顔演じる上野樹里だったので、少しのだめっぽい部分があるのかなと思いきや、法医学者。

母を失い、戸惑い打ちひしがれている少女のそばに、寄り添う、朝顔のあたたかい眼差しに、ぐっと来ました。

そして、後半は、卒業式付近の季節、東北の沿岸の街。

地震は、3.11と思われる題材ですね。

正直、「そう来たか」と思った部分がありましたね。

【半分、青い】で、3.11と思われるシーンが登場した際は酷評も多かったので、今回はどうでしょう。

賛否両論あるのかな。

私としては、主人公朝顔が、法医学者を目指そうとなる確固たる理由なので、説得力が上がって脚本の構成上は良い設定だと思いました。

風化させてもいけませんしね。

そして、ここで、朝顔のトラウマが露呈します。

日頃、新米とはいえ、遺体の解剖をしている朝顔でも、トラウマがあり、東北のおじいちゃんの家に行けなくなっている。

強さと弱さが表現されていました。

さらには、お母さんが見つかっていない。

お母さんが、いなくなった町に降り立つことができない朝顔と、お母さんのことを捜さずにはいられない、父親の平の対比も良かったです。

 

初回の序盤のストーリーの女の子も、当初は、【お母さんに会えない】から→【自らお母さんに会いに行く】決心をして変わりましたよね。

これは、朝顔の事情に絡めた良い伏線だと思いました。

朝顔は、水辺で、母を亡くした幼い女の子の姿を通して、自分の8年前の地震で母親を失ったことを思い出します。

例年は、父1人で行っていたのだが、今年は、朝顔も付いて行くのでした。

 

お父さんの平(時任三郎)の偶然の感じとかも良かったと思います。

万木(まき)は、もういるから名前がかぶっているから、下の名前で【平さん】と呼ぶようになったのとか。

水質調査は、8年間も続けている平だったので、長靴も持っているし、桑原が驚くほど、仕事が早いのとか。

色々と詰まっていました。

 

後は、茶子(山口智子)先生が良いですね。

法医学者として働く中で、【人間は明日死ぬかもしれない】という想いが常にある。

なので、一泊でも、台湾で、本場の小籠包を食べるとか、直観と、自分の中の想いを現実化しているところ。

そんなに充実した毎日ってないだろうなって話です。

旅行に行くか行かないかは別として、人生を謳歌してやろうという気持ちが素敵でした。

そして、朝顔のこともしっかり、母のように見守ってくれていて、母を失っている朝顔にとって心強い存在ですね。

 

ドラマだから、偶然の一致とはいえ、お父さんと恋人がバディとか、母のような茶子(山口智子)先生とか、人間は、助け合って生きているのだな、とより感じられる、家族もの系の医療系刑事ものいろいろと詰まったいい作品になりそうです

監察医朝顔・1話評価4.2

 

スポンサーリンク

【監察医 朝顔】キャストスタッフ


月曜日のドラマ


【放送局】フジテレビ

【開始日】7/8~

【時間】9時00分~

【出演】上野樹里,時任三郎,風間俊介,柄本明

【原作】原作・香川まさひと 漫画・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)

監察医 朝顔 決意編 (実業之日本社文庫)

監察医 朝顔 決意編 (実業之日本社文庫)

木村 直巳, 香川 まさひと
600円(09/15 22:26時点)
発売日: 2019/07/09
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】根本ノンジ

【演出】平野眞

【プロデューサー】金城綾香

【HP】監察医 朝顔

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.