nhk

トクサツガガガ・7話最終回・ネタバレ感想・お母ちゃんの好きなものも尊重してあげ仲直り・見逃し・あらすじも

投稿日:

トクサツガガガ・7話・最終回・感想考察ネタバレ感想あすじも

スポンサーリンク

トクサツガガガ7話・最終回・あらすじ

【最終回】
大切なフィギュアを志(松下由樹)に壊された仲村(小芝風花)は、志と大げんかに。吉田(倉科カナ)とは気まずいままの上、ダミアン(寺田心)にはうそつきと言われ、落ち込む。北代(木南晴夏)の計らいで吉田と仲直りすることができた仲村は、兄・望(渡部豪太)から渡された昔の特撮番組を録画したビデオを見る。そして、自分が幼い頃からどんなに特撮が好きだったかを思い出し…。

yahootv・引用

関連トクサツガガガ・見逃し動画・再放送情報を解説!~小芝風花主演作品1話から・無料期間あり・視聴方法

 

トクサツガガガ7話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

 

7話は【スキナモノハスキ】です。

もやもやを相談

北代優子 (木南晴夏)に、お母ちゃんとバトルした正月のことを話す。

ヘビーな正月だったのねと言われる。

まさかそこまでとは思わなかったわとも。

色々と、もやもやすることばかり。

吉田さんのこととかと、言われて思いだす。

吉田は、最近、彼氏優先だ。

仲村 (小芝風花)が、仕事でミスをする。

途中でお年寄りが横断歩道渡れずにいた。

お年寄りを心配する、仲村に、胸キュンの、様子の小野田くん(本田 剛文)。

兄・望(渡部豪太)の餞別

心配した兄の望(渡部豪太)が、ライブがあるついでに訪ねてきた。

お母ちゃんは、正月のバトルで、相当堪えているようだ。

お母ちゃんに、壊されたシシレオーは補修されて飾ってある。

兄から、別れ際に、リアタイ世代の、【エマージェイソンのVHS】を返してもらった。

高校の時、ゲットした中古品だ。

 

兄に貸すとか、兄も特撮好きだったんですね。

ダミアンも親に、叱られる

ダミアン (寺田心)に、【ダゴンVSバジリコックス】の映画見たことあるか聞かれる?

ダミアンは、受験も控えているし、ほどほどにしろと、親に言われたそう。

仲村 (小芝風花)に、お父さんとお母さんに、説得してくれないかな?と頼む。

仲村は、大人だよね?と確認する。

 

ダミアンは、【ダゴンVSバジリコックス】のように、【大人には大人をぶつける】と賢い理論を語る。

それは、無理だと、仲村 (小芝風花)。

家庭問題によその大人は介入できないと断る。

 

大人は何でもできるんじゃないの?とダミアンは、へそを曲げた。

 

仲村も、お父さんとお母さんと一緒じゃないかと言って、去ってしまった。

 

ダミアンの信用を失った仲村・・・

吉田久美 (倉科カナ)の誤解

北代優子 (木南晴夏)に呼び出される。

行くと、吉田久美 (倉科カナ)もいた。

メール返さないから、吉田に頼まれたという、北代。

 

気まずいのは彼氏のこと・・・

 

吉田久美 (倉科カナ)は、ジュウショウワンの次の登場人物に似ていないか?と仲村に切り出す。

それが伝えたかったのだと言う。

 

映画館で逃げたのは、子供が苦手で、ダミアン (寺田心)君が話しかけてきてびっくりして、逃げてしまったのだそう。

お互い勘違いがあったのだ。

 

吉田久美 (倉科カナ)は、会って間もないけど、友達だと思っていたと告白する。

彼氏よりも、友達の方が恥ずかしいという、吉田。

友達だろう(笑)どう考えたって。

 

仲村のバッグには、【エマージェイソンのVHS】が入っている。

 

それを見た、吉田は、当時のCMが入っているレアものじゃないですか?と言う。

 

しかし、仲村は、うちには、デッキがないと言うと、意味深な笑いを浮かべる、吉田。

そんな時、お母ちゃんは、特撮を見ていた。

しかし、途中でやめた。

お母ちゃん、陰ながら努力しているよ。

 

ジュウショウワンの放送は、もう終わる。

任侠さん (竹内まなぶ)は、食玩は、賞味期限があるので、そろそろ終わりだと教えてくれる。

懐かしの【エマージェイソンのVHS】

吉田久美 (倉科カナ)から電話がある。

仲村 (小芝風花)の、最寄り駅の付近にいるから、寄ってもいいか?と。

吉田は、ビデオデッキを持ってきてくれたのだ。

持つべきものは友達だな。

仲村 (小芝風花)は、早速【エマージェイソンのVHS】を視聴する。

 

仲村 (小芝風花)は、高校までは、特撮を忘れて生きていた。

 

ふと通りすがった、ビデオやさんに、昔好きだったというと、好きってそんなに簡単になくなってしまうものなの?と言われる。

 

ビデオやさんのおじいさんが、高校三年生だと察すると、【エマージェイソンのVHS】を卒業祝いにもらったのだった。

 

そのあと、部室で見た。

見ると泣けた。

思いだした。

怒られて、取り上げられて、離れて、忘れてしまっても、好きって気持ちはなくならない。

好きな気持ちは、なくならない。

仲村 (小芝風花)は、思いだして涙ぐむ。

 

好きという気持ちはなくならない

仲村 (小芝風花)は、ダミアン (寺田心)のいる公園に行く。

ダミアンも仲直りできるとと励ます。

自分は、諦めないことを、ジュウショウワンに教わった。

ダミアンはどう?と聞く。

(周りには、シシレオーなどのキャラが集まってくる。)

好きな気持ちは、誰にも奪えないよと、励ます。

そして、食玩おかしをあげると、「よそのうちの子にお菓子あげるの良くないよ」と言われてしまう。

ダミアンは、大人っぽいな。

 

仲村 (小芝風花)は、お母ちゃんと仲直りするために、大阪に帰省する。

 

お母ちゃんに、好きなものを否定されていたが、仲村もまた、お母ちゃんの好きなものを否定していた。

 

仕事忙しいのか等、何気ない会話が続く。

仲村 (小芝風花)は、うさぎのぬいぐるみのプレゼントを、お母ちゃんに渡す。

仲村志 (松下由樹)は、ありがとうと言って、受け取る。

 

仲村 (小芝風花)は、テレビキッズを書店で購入するのが恥ずかしい。

甥っ子がいる設定で、テレビキッズを購入する。

「プレゼントでお願いします(心の中でのみ自分への)」と言えば、特撮オタクなことはバレない。

お母ちゃんとも、仲直りしたわけだし、そこは、もう堂々とお願いしますよ。

 

スポンサーリンク

トクサツガガガ7話・感想・評価

仲村 (小芝風花)の恋愛が、【誰かと、どうにかなる】は、なかった。

結局、ずっと特撮に恋をしたままで終わった。

一方、仲村 (小芝風花)に恋心を抱く、小野田くん(本田 剛文)は、最終回も、ずっと、仲村 (小芝風花)に恋をしたまま、報われず。

チャラ彦においては、最終回、登場もせず(笑)

チャラ彦のキャラ良かったのに・・・仲村 の行く手を阻む、邪魔者としての役割のみでの登場とは、ある意味潔くはあるが・・・

 

彼氏がいた同僚の女性は、授かり婚で寿退社。

チャラ彦を、ゆきちゃん辺りと、くっつけてくれれば良かったのにな。

 

まあ、漫画原作は、まだ続いているのでしょうかね。それとの兼ね合いもあるので、はっきりとした終わり感があまり感じられない最終回な、気はした。(ということは、続編がまだあるのかな)

 

一方、吉田さんは、仕事に、夢である写真の学校に、彼氏と、両立どころか、いろいろと充実してきた。

登場人物の中では、吉田さん、一番変化しましたね。

 

吉田を友達か、そうじゃないのか?と悩むシーンあったけど、はたから見ると、吉田は、どう考えても友達だよ。

そんなことより、隣にいる、北代優子 (木南晴夏)。

仲村にとって、対立関係だったのに、今や相談できる仲になったのは良かった。

 

そして、ダミアン。

今回のエピソードで、吉田が、正月に急にいなくなったのは子供が嫌いで、ダミアンに話しかけられてどうしていいか分からないで、逃げたっていう理由だったのが判明した。

ダミアンの吉田さんへの恋は、一番かわいそうな失恋状態ですよ。

好きな人に逃げられているのですから、せつないですね。

まあ、初恋は成就しないって言いますしね。

ダミアンの初恋散る・・・

 

仲村 (小芝風花)は、一人っ子かと思っていたけど、先週、すい星のごとく登場した、兄ちゃんが、最終回も重要な役割をしてくれました。

 

仲村 (小芝風花)は、高校のころまで、特撮好きは封印されていたというエピソードがありました。

VHSで、見てあの頃の気持ちが蘇った。

 

【好きなものは好き】って気持ちは大切ですよね。

好きは、誰からも奪えない。

たとえ、相手に伝われなくても、自分の中の好きという気持ちは残りますからね。

 

そして、仲村 (小芝風花)気付き、自分が好きなもの(特撮)を否定し続けられてきたけど、母親もまた同じように、ピンクとか、かわいいものとか、女の子らしいものの趣味を仲村 (小芝風花)に、否定され続けてきたという事実。

 

仲村 (小芝風花)は、そこに、気づけたのは大きかったですね。

 

自分の好きという気持ちは大切だけど、相手の好きという気持ちを、大切にしてあげるのって、親子の場合は、特に、見落としがちですが、重要ですね。

 

自分が理解できなくても、寄り添う気持ち、相手が自由にしていられる寛容さを持ちたいものですね。

 

中毒的に、盲目的に入れ込んで、社会生活もままならないような状態は別で、危険だと思うけど、趣味として、たしなむ程度なら、否定し続けるとメンタルがやられるだけで、お互い、いいことない。

 

お母ちゃんと仲直りできてよかった。

 

トクサツガガガ7話・評価4.2

 

スポンサーリンク

トクサツガガガ・キャスト・スタッフ

【放送局】NHK

【開始日】1/18

【時間】10時00分~

【出演】小芝風花、倉科カナ、木南晴夏、森永悠希、本田剛文、武田玲奈、内山 命、寺田 心、竹内まなぶ、松下由樹

【原作】原作:丹羽庭「トクサツガガガ」(小学館)

トクサツガガガ(1) (ビッグコミックス)

トクサツガガガ(1) (ビッグコミックス)

丹羽庭
発売日: 2014/11/28
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】田辺茂範

【脚本】佐藤祐市、城宝秀則

【主題歌】ガガガガガガガ/ゴールデンボンバー

ガガガガガガガ

ガガガガガガガ

ゴールデンボンバー
974円(09/16 09:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

【HP】トクサツガガガ

芝風花が連続ドラマ初主演! 商社勤めの“特撮オタク”に扮するコメディー

ココがポイント

特撮ものをこよなく愛する隠れオタクの仲村叶(小芝風花)。母親の志(松下由樹)は特撮嫌い。出会いを通じ、特撮愛がパワーアップしていく話です。

 

トクサツガガガ・見逃した場合は、u-next

トクサツガガガを見逃した場合重宝するのが、U-NEXTです。↓

今すぐ・・トクサツガガガを視聴する→U-NEXT

 

もっと詳しくトクサツガガガ・見逃し動画・再放送情報を解説!~小芝風花主演作品1話から・無料期間あり・視聴方法

 

無料で視聴できる違法サイトでも見ることができる可能性はありますが、ウイルスに感染してしまったり、被害が生じる場合があります

そういう場合は、自己責任になってしまいます。

危険と隣り合わせの違法サイトを見るのは避けましょう。

 

その点、ご紹介する、国内最大動画配信サービスのU-NEXTは、安心して視聴できます。

 

「トクサツガガガ」は、見放題プランではありませんが、はじめての方は、「トクサツガガガ」以外にも、9万本の見放題作品はが31日間無料でお試し視聴できますよ

 

U-NEXTは14万本以上のドラマ、映画、アニメが楽しめる、国内最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの見放題作品 90,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しています。(2019年1月11日時点)

 

通常は、1,990円かかりますが、はじめて登録する方は、31日間無料お試しサービスを受けることができます。

そして、お試し無料の会員登録の際に600ポイントが付与されます。

 

ちなみに、「トクサツガガガ」は、単話で見る場合、1話216円です。

 

お試し中でも600ポイント有効なのが嬉しいです。これで、気になった回の「トクサツガガガ」も数話見れてしまいますよ。

 

「トクサツガガガ」・見逃した方は、<U-NEXT>で視聴/

(本ページの情報は2019年1月18日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

AD

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-nhk
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.