動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

nhk

昭和元禄落語心中8話ネタバレ・感想・見逃し~プロポーズ断られるも出産&結婚・・・あらすじも

更新日:

雲田はるこ原作の漫画をドラマ化作品です。

岡田将生主演で、若者たちに落語ブームを起こしたミステリー漫画を実写ドラマ化!

 

昭和元禄落語心中8話あらすじネタバレ感想考察になります。

\昭和元禄落語心中をU-NEXTで見る/

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

(本ページの情報は2018年11月16日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中8話・あらすじ

八雲(岡田将生)、与太郎(竜星涼)らに妊娠を告白した小夏(成海璃子)。だが、父親は誰なのかは、かたくなに明かさない。相手の男性を調べてきたという萬月(川久保拓司)の話から、与太郎は、かつて自分がいた暴力団の組長(中原丈雄)らしいと突き止め、お栄(酒井美紀)の料亭で組長と対峙(たいじ)する。事態を静観する八雲は、小夏との関係に悩む与太郎にある落語を教える。その落語は、与太郎と小夏の運命を大きく動かす。

Yahoo!テレビより引用

昭和元禄落語心中8話・ストーリー(ネタバレ)・感想

 

与太郎(竜星涼)は、酒の席で、週刊誌に、背中の彫り物の記事をすっぱ抜かれてしまう。

寄席で、裸になって背中を見せる。

隠しておきたいなんて気持ちもない、竹を割ったような、与太郎(竜星涼)の行動。

 

元やくざが、なんだ!って話ですね。

 

結局、小夏のお腹の赤ちゃんは、誰なのか?

お腹の子の父親は、与太郎(竜星涼)が、以前いた、暴力団の組長(中原丈雄)と噂があがった。

 

そう聞き、与太郎(竜星涼)は、小夏と、組長(中原丈雄)が会っている席に乱入する。

 

男らしい与太郎

 

しかし、勘違いだったようで、空回りする、与太郎。

 

小夏に、内心は、うれしいのだが、与太郎に、求婚されても、断られる。

 

事態を静観していた、八雲(岡田将生)だったが、動き出す。

与太郎は、真打になろうとしてるところ。

八雲は、助六(山崎育三郎)が亡くなった直前に披露した、【芝浜】を教える。

 

真打になる襲名披露に、小夏を呼ぶ、八雲。

 

身重の小夏は、【行かない】なんて言ってたけど、来た。

 

そして、与太郎の【芝浜】を見る。

 

それに、感動した、小夏は、与太郎と生きていくことを決意する。

 

産気づいて、難産だったけど、子供誕生。

 

出産時に、自分はどうでもいいけど、子供を助けてくれと!小夏。

 

母子とも快調な産後、小夏の方から、与太郎に、【一緒になろう】とプロポーズ。

 

小夏は、自分の父親の名前から、信じるの【信】を使いたいと言う。

 

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中8話・感想・考察・評価

与太郎って、暑苦しい男です(笑)

暑苦しさに、少々、胸焼け気味だったけど、自分でガンガン行ってもだめ。

 

さて、どうするか。仕方ない諦めるかとなった時に、小夏のことを知り尽くしている、八雲登場。

 

小夏にとっては、父からの遺言とも言えるような、父親助六が、最後にやった演目【芝浜】。

 

小夏は、超ファザコンですからね。

一方、【母ちゃん見たくなっちゃう】と言って、与太郎と一緒になるのを拒んでいた。

母ちゃんは、軽蔑の対象。父ちゃんへは、尊敬のまなざし。

 

結局、小夏の子供の父親は誰なんだ?

助六と、菊比古のスピリットを継承する、という意味で、菊比古(八雲)で、あって欲しいななんて漠然と思ったが、かなり、八雲に、抵抗している、小夏。

 

八雲に対して、殺してやるとまで言っている、小夏だから、八雲の子供説は、通常考えられないのではないか。

 

体外受精で、やったとしても、【殺してやる】って気持ちが、どこかにうっすらある人の子供を身ごもれるだろうか。

 

嫌よ嫌よも好きのうち

とは言うけど、幼いころから、父親代わりで育ててくれた人と、子作りは、無理だけどな・・・

 

今回見て、特に思ったのが、松田(篠井英介)が面白い。

ハゲヅラもあるけど、動作1つ1つがグッとくる。

写真におさまっていた表情も面白いし、お茶噴き出すとかも。

 

八雲(岡田将生)があそこまで、老け顔になっているのだから、松田(篠井英介)は、先代の師匠に仕えていたのだらか、もっと年のはず。

 

なのに、松田(篠井英介)の方が若々しいぞ。

八雲(岡田将生)の方が、めちゃくちゃ爺さんに見えるのだが。

 

小夏(成海璃子)は、ずっとふてくされているような状況なので、成海璃子のイメージダウンになりそうで、少し可哀そう。

成海璃子は、落語家のちゃきちゃき娘の雰囲気も出ているし悪くない。

凍っていた気持ちが、与太郎と一緒になって溶けて丸くなって、良さも発揮してほしいな。

 

昭和元禄落語心中8話~評価4.2

2018年秋ドラマ期待&人気ランキング・評価~見どころ・時間日程まとめ

2018年秋ドラマ気になったので、情報をまとめました。 この記事は、2018年秋ドラマ期待&人気ランキング・評価~見どころ・時間日程まとめになります。 2018年秋ドラマ期待&人気ランキング 現時点で ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中・キャスト・スタッフ

昭和元禄落語心中

キャスト

岡田将生
八代目 有楽亭八雲/菊比古 役
戦前から戦後、平成まで活躍した落語家。前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進。後に、落語の大名跡である「八雲」を襲名する。クールでじっくり聞かせる噺が得意。弟子を取らない主義だったが、なぜか与太郎だけ弟子入りを許す。

竜星涼
与太郎 役
刑務所に服役中、八雲の落語に触れて弟子入りを決意。弟子を取らないことで有名な八雲に、体当たりで入門を直訴してなぜか許された。

成海璃子
小夏 役
八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家・有楽亭助六の娘。落語に親しんで育ったため、落語への造詣が深い。両親が事故死しており、八雲を「親の仇」と憎んでいる。

大政絢
みよ吉 役
八雲が菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。八雲のことを献身的に支えながら、親友である助六と連れ添い、一人娘の小夏を生んだ。助六と共に若くして事故死する。

山崎育三郎
二代目 有楽亭助六/初太郎 役
八雲の親友で憧れの落語家でもあり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。少年の頃、八雲と同じ師匠に、同じ日に弟子入りして、共に前座修業にいそしんだ。笑わせる噺、聞かせる噺など何でもできる天才落語家。真打ち昇進前から人気を博し、芸者のみよ吉との間に小夏をもうけるが、若くして事故死する。

スタッフ

原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)
脚本:羽原大介
演出:タナダユキ
演出:清弘誠
演出:小林達夫
制作統括:藤尾隆
制作統括:小林大児
制作統括:出水有三
主題歌:マボロシ/ゆず

 

\昭和元禄落語心中をU-NEXTで見る/

(本ページの情報は2018年11月16時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




映画・ファンタビ劇場公開記念!その前にハリーポッターおさらい!

Hulu では、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』劇場公開記念で『ハリー・ポッター』シリーズ6作を独占配信開始中です

Amazonオーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーン中!

オーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーンもしています! つまり最大3ヶ月タダということ 

・無料体験期間中に1日5分以上聴くと50P獲得(=30日間やれば1500P)

・プライム会員ならなんと2倍!

・無料体験登録日の翌々月に付与 登録は10秒もあればできます。

-nhk

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.