テレビ朝日

緊急取調室キントリ・3話ネタバレ感想・お金は怖いのよと連呼する母・見逃し・あらすじも

投稿日:

 

緊急取調室3話・ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

天海祐希演じる取調官が深い人間力を基盤に心理戦を繰り広げる、人気作の第3シーズン

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

緊急取調室・3話・あらすじ

 カリスマデイトレーダー・理沙(筧美和子)が自宅マンションで殺され、実際に取引を行っていたのは隣人・かすみ(仙道敦子)だと分かる。理沙の仮想通貨の口座を使用したことは‘詐欺’に当たり、かすみはそれについては認めるが、殺人は否定。有希子(天海祐希)らキントリがかすみの取り調べを始める中、理沙が高齢男性数名を相手に詐欺を働き、約1億円を手にしていたことが判明する。

yahootvより引用

緊急取調室~3話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

 仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷。事件現場の状況から、金が絡んだ顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕する。というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだったのだ! しかも、かすみには犯行時刻のアリバイがない上に、理沙の部屋から指紋も多数検出されていた…。
ところが、いざ監物と渡辺が取り調べを始めると、かすみは犯行を全面否定。完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任される。しかし、かすみは他人の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為については認めたものの、殺人については相変わらず否認を貫き…!? そんな中、有希子らの脳裏に大きな疑問が浮かび上がる。そもそも、かすみはなぜ理沙を自分の代わりに表舞台に立たせたのか? そこには何か“人には言えない理由”と“別の顔”があるのではないか、と…。
その矢先、理沙が男性高齢者たちを相手に、詐欺を働いていたことが判明! しかも、この新事実をキントリ・チームが突きつけた瞬間から、かすみは“出口の見えない黙秘”に転じてしまい…!?

(緊急取調室・公式HPより引用)

3話ストーリーのポイントを詳細に解説

発見されたときの状況

殺された、宝城理沙(筧美和子)は、5憶稼ぐ女を演じていた。

実際は、平井かすみ(仙道敦子)がトレーダーだったのだ。

2人は、同じマンションで、隣同士。

凶器となった、アタッシュケースには1億は、入っていたはず。

その重みが凶器になり、頭に当たってしまったのだと推察される。

 

しかし、ケースは空。

犯人はアタッシュケースに入っていた金を持ち去ったのだろう。

 

そして、血痕はキッチンからも出た。

犯人は、理沙(筧美和子)の血を触り、洗ったのだろう。

指輪の理由は夫?

平井かすみ(仙道敦子)には、夫がいたそうだ。

しかし、亡くなっている。

当初・・・その夫は結婚していて、妻だった人は、「取られた」「殺された」と未だに思っていた。

夫も殺したのか?なんて新たな疑惑が出てきたが・・・

遺言書無理やりかかせて、500万もらったらしい。

 

取り調べには、真壁有希子(天海祐希)が出てくる。

 

かすみ(仙道敦子)は、パートのお金と、夫の遺産の500万で増やしていったと語る。

そして、5憶稼げるようになった。

かすみは、たくさん税金を払っているのに、警察は無能だと言う。

金より大切なものは、若さと健康ともはや、取り調べを楽しんでいた。

 

あらすじからの続き↓↓↓

詐欺が発覚!

宝城理沙(筧美和子)が殺されたと言うニュースを受け、【この女に、お金を預けた】と言う、老人が集まってきた。

平井かすみ(仙道敦子)は、理沙(筧美和子)が、詐欺をしていた話を聞きびっくりする。

 

取調室には、かすみの母がやってくる。

かすみの母の口癖は、「お金は怖いの」というものだった。

1人では、仕事と介護の両立は無理。

 

 

詐欺被害者は、全員あの老人ホームに行っていた。

仮想通貨詐欺事件繋がった。

 

有希子 (天海祐希)は、春さんは、キントリ総とっかえをしようとしていることを気付いているのでは?と言う。

梶山勝利 (田中哲司)は、総とっかえとさせないためには、上へアピールできるのは、成果を上げるしかないと言う。

キントリに総とっかえなんて話が持ち上がっているらしい。

アンケート用紙盗まれる

アンケート用紙が200名分盗まれた。

面会記録を見せてもらうことに。

犯人である、理沙(筧美和子)は、アンケートリストを盗んで、犯行に及んだのではないか?と推察される。

 

有希子 (天海祐希)は、かすみ(仙道敦子)の取り調べをする。

母から聞いてきたと、父親が、借金して、自殺した話をする。

 

かすみは、仮想通貨詐欺なんてしていないと言い張る。

 

すると、取調室に、認知症で車いすに乗せられた、母親を連れて登場した。

 

理沙(筧美和子)の血を、キッチンで犯人は洗い流した。

なので、指輪を調べれば分かると、かすみ(仙道敦子)の指輪がクローズアップされる。

 

車いすで登場した、かすみのお母さんは、退場することになった。

しかし、お母さんの車いすを押していた、門倉という介護士は残ることになった。

 

かすみの職業を誰も知らなかったのに、門倉だけは、デイトレーダーだと知っていた。

アンケート用紙を奪ったのは、門倉であり、犯人は、門倉だ!

 

なぜなら、先ほどの指輪の説明していた時に、指輪を外してポケットに入れたから。

門倉逃げる。

 

門倉は、理沙から、、アンケート用紙200人分で、20万もらった。

アンケート用紙が返して欲しいと、理沙にお願いすると・・・自分の一存じゃ、何とも言えない。

本物の、凄腕デイトレーダーはかすみだとその時、教えてもらったのだ。

 

門倉は、1億。

残りのお金もあるはずだ・・・

 

警察を無能呼ばわりして、馬鹿にする、かすみ(仙道敦子)だったが・・・

 

 

有希子 (天海祐希)は、かすみがしている指輪は、

結婚指輪に見せかけた、スマートチップで、トランクルームの鍵だと見抜かれていた。

 

かすみは、ようやく負けだと認める。

勝率8割だが、今日は負け。

 

かすみは、食うに困らない金持ちから奪っただけだと言う。

 

格差社会に復讐したいと思った。

詐欺罪で再逮捕になった。

 

かすみの母親が、お金は怖いのよ。気を付けてねかすみと言ったと、伝える、真壁有希子(天海祐希)。

 

キントリチームは、取調室に、カメラを設置して、門倉をはめたやり方が問題視される。

 

スポンサーリンク

緊急取調室~3話感想・評価

指輪と、指輪に見せかけたトランクルームの、スマートチップで、いい伏線だった。

しかし、指輪していない人だったら、どうなるの?と思ってしまう自分がいた。

事件の時に付けていたのに、外せないほどの想いがこもった指輪だという表現を入れてくれたら、尚良かった気もする。

大金となると、お金を保管する場所がいる。

銀行に預けられるお金じゃない。

タンス預金ならぬ、トランクルーム預金している人もいるんですかね。

かすみ、お金は怖いのよというのが、認知症の母親の口癖らしいが、まさにその通りになった。

 

借金苦で、自殺した父。

お金に翻弄されて詐欺をしてしまったかすみ。

 

お金に怖い目にあった、父娘でした。

 

殺人犯は別の人間。

しかし、理沙(筧美和子)は、門倉を自宅に呼んでいたけど、普通自宅によっぽどのことがなければ、上げないよね。

何かあったら、嫌だし。

現に殺されちゃったし・・・

理沙はガードが緩かった。ゆるゆるだったのでしょうか。

 

門倉も、指輪が伏線になっただけ、妻とはラブラブだっただろうに。

やっぱり、辻褄合わせ感は、無きにしも非ずですね。

 

まあ、こういう刑事ものは、実際の事件とは違うから、伏線回収で、つじつま合わせはどうしても、出てきてしまいますよね。

 

 

緊急取調室~3話・評価4

 

スポンサーリンク

緊急取調室・キャストスタッフ

脚本:井上由美子
プロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:都築歩
プロデューサー:松野千鶴子
演出:常廣丈太
演出:本橋圭太
主題歌:Prime Numbers/家入レオ

【HP】緊急取調室・公式

出演:
真壁有希子 (天海祐希)
梶山勝利 (田中哲司)
監物大二郎 (鈴木浩介)
磐城和久 (大倉孝二)
菱本進 (でんでん)
小石川春夫 (小日向文世)
玉垣(塚地武雅)

ココがポイント

人気シリーズシーズン3

見逃した方は⇒緊急取調室見逃し・動画配信・視聴方法~天海祐希主演作品1話から最新話まで無料期間あり

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-テレビ朝日
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.