テレビ朝日

緊急取調室キントリ・4話ネタバレ感想・娘の代わりにバイオリニスト?設定があり得ない・間違った家族愛見逃し・あらすじも

投稿日:

 

緊急取調室4話・ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

天海祐希演じる取調官が深い人間力を基盤に心理戦を繰り広げる、人気作の第3シーズン

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

緊急取調室・4話・あらすじ

  2件の女子高生殺害事件で逮捕された20代の男・荘介の車から、一昨日から失踪中の女子高生の携帯電話が見つかる。過去の被害者が監禁され衰弱死していることから、有希子(天海祐希)達の取り調べは時間との勝負になってくる。17年前、火災で両親を亡くした荘介と姉の茜は祖母に引き取られて育った。茜によると、荘介は引きこもりで祖母は介護が必要だという。

yahootvより引用

緊急取調室~4話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

 女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が逮捕された。その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話を発見。しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた…!
過去の被害者は水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間…! 一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。しかし、樫村は完全黙秘を貫き、時間だけがむなしく過ぎていく。そんな中、有希子がふと発した一言を受け、樫村が明らかに表情を変え…!?
一秒たりとも無駄にはできない人命がかかった取り調べに、焦りを募らせる有希子たち。だが、樫村はなかなか落ちる気配を見せない。その矢先、被害者全員に“ある共通点”が存在することが判明! 有希子はさらなる手がかりを求め、寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりか)を訪ねるが…。
茜が樫村の沈黙を破る切り札になるかもしれない――そう感じた有希子は本来のルールを破り、樫村を肉親である茜に直接会わせようと思い立つ。しかも、後がないキントリ・チームはあろうことか、下手を打てば全員処分も避けられない“さらなる暴挙”にまで出る!

(緊急取調室・公式HPより引用)

続きはこちら↓↓↓4話ストーリーのポイントを詳細に解説

共通項はバイオリン!

監禁されているはずの少女はどこに?残り30時間!が生死の分かれ目!

 

被疑者、樫村荘介(今井悠貴)に、茜(松本まりか)のことを出すと、「姉ちゃんが?」と反応する。

それ以外は黙秘。

姉・茜(松本まりか)は、引きこもりだった弟には、悩んでいた。

娘の状態が心配でパニック状態になる被害者少女の母親。

前に起こった2名は、水も与えられず、衰弱死していた。

 

過去2人の被害者は、バイオリンを習っていた。

 

監禁されている、福永真希(若林薫)もバイオリンを習っていた。

そして、この兄弟の亡くなった母親も、バイオリンの演奏が得意だった。

 

火事で亡くなっている

被疑者の両親は、火事で亡くなっている。

その後、祖母が引き取って母親代わりになってくれた。

 

ホームビデオに火事の時の映像が残っていた。

 

幼い頃の、樫村荘介(今井悠貴)がそこには映っていた。

その動画は、虐待されていた父親を殺した、後悔が見える。

 

父親だけを殺すはずが、母親も殺してしまったのではないか?とキントリチームで話し合う。

 

姉と弟の関係

姉・茜(松本まりか)との関係が濃密で、姉の指示なら話を聞くのかもしれないと、姉から説得してもらうことにした。

被疑者と姉を、会わせる。

女の人はどこにいるの?と姉が聞く。

2人は、手を握り合う。

そして、姉は、やっぱり無理だと言っていなくなろうとする。

 

姉は、一度も、本当に弟がやったのか?と言わなかったため、怪しい。

姉を取り調べることにする。

 

姉と弟の関係は、言いつけを守っている子供のように見える。

 

引きこもりの、弟、樫村荘介(今井悠貴)とは、ホワイトボードでやり取りしていた。

 

ホワイトボードには、【何も言わない我慢】という姉の文字があった。

 

真壁有希子(天海祐希)は、あなたの指図による、放火だったのでは?と突っ込む。

 

弟の、罪悪感を利用したのでは?と、続ける。

 

しかし、姉は、私に、弟は関係ないと言う。

 

弟を利用する

茜(松本まりか)には、怒りとプライドが見える。

 

弟を落とすことにする。

 

被疑者、樫村荘介(今井悠貴)に、姉の取り調べの様子を見せる。

 

私は何も知りません。荘介は、刑務所に入れてくれても、関係ないと姉の本心を見せられる。

 

弟は、混乱する。

 

小石川春夫 (小日向文世)は、火事のことなら、責任感じなくていいと言う。

私が君を何とかすると、約束すると、被疑者、樫村荘介(今井悠貴)は、監禁されている場所をとうとう白状した。

 

しかし、いない・・・

 

誤情報だった。

 

誰かが移動させていた。

 

姉か?と目星を付けるキントリチーム。

弟へのトラップ

もうデッドラインの、30時間が過ぎた。

 

菱本進 (でんでん)は、被害者の父親は元やくざ。

警察が脅迫するより、被害者の父親にやってもらった方がいいのでは?と言い出す。

 

人命救助が第一だ。

 

被疑者、樫村荘介(今井悠貴)は、証拠不十分で、釈放にさせれば?という、玉垣(塚地武雅)の案が通るかどうか・・・

 

そうすれば、被害者の元、やくざな父親が、黙ってはいない。

 

その案が通り、保釈される。

 

姉は、どう出るか?

姉・茜(松本まりか)は、弟は、心に傷を負っているから、裁判で死刑になることはない。

計算ずく立った。

 

弟が、保釈されて、被害者の父親に弟が狙われているのを知り、心配する姉。

携帯に電話する。

 

樫村荘介(今井悠貴)が家に帰ると、菱本進 (でんでん)がバイオリンを弾いていた。

 

 

キントリでは、姉に、取り調べの外では、暴力されても私たちは分からない。

被害者の居所を教えれば、弟を保護してもいいと持ち掛ける。

 

 

弟、荘介(今井悠貴)を保護して欲しいと、懇願する姉。

 

姉の自白

姉・茜(松本まりか)は追い込まれて自白する。

 

こうするしかなかったの。

ご飯食べさせてもらえなかった。

私たちは、邪魔だと言われている。

 

寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)のために行っていた犯行だった。

 

祖母・澄江(鷲尾真知子)は、娘しか愛していなかった。

娘の代わりを連れてくるように孫に、強要していた。

 

祖母・澄江(鷲尾真知子)は、私は迷惑していたと言う。娘を奪った孫が憎いと言う。

 

しかし、実際は、お母さんの代わりにならなかった。

 

真壁有希子(天海祐希)は、自分にも、姉と弟の子供がいると話し出す。

 

あなたに愛されていないことを気付きたくなかったから、孫は、懸命に愛したのでは?と話す。

 

私が、殺した?私が殺した?と祖母は自覚もない。

 

一件落着はしたものの、磐城和久 (大倉孝二)は、この取り調べの、映像が公開されたら大問題になると頭を抱える。

 

人命救助を優先した結果だったが・・・。

 

真壁有希子 (天海祐希)と、梶山勝利 (田中哲司)がキントリ総とっかえに近づいてしまったかもと話していると、私にできることはないか?と小石川春夫 (小日向文世)が出てくる。

 

スポンサーリンク

緊急取調室~4話感想・評価

被疑者の弟は、幼い頃に、父親が憎くて、放火してしまった。

そして、母親も一緒に亡くなる。

母親の方は、誤って殺してしまった。

なぜか、祖母が母親を殺したのが、姉弟だと知っている。

最愛の娘を殺したのが孫。

ってめちゃくちゃ複雑な話だな。

放火だけでも、あり得ないのに、さらに、娘の代わりにバイオリン弾ける人を連れてきて、次々に殺すとか、あり得な過ぎて、頭が混乱したよもう(笑)

 

寝間で、バイオリン弾かせてたのかな、女子高生に。

娘ってそれなりの年齢でしょうよ。

ただ、バイオリンが弾けるだけで、娘って認識できないでしょうよ。

 

ここは、バイオリンのⅭⅮでも、流しておこうよ。

 

そして、おばあさんの方は、そこまで、憎しみを持っていたのなら、孫を放火で警察に突き出せばよかったのに。

 

今回の女子高生含めれば、3人も被害者出すってあり得な過ぎるよ、このおばあさん。

 

そして、そんな実態が続いていたら、3人母親代わりのバイオリニスト連れてくるよりも、おばあさんを放火でやってしまった方が早いのでは?

 

って思った。

 

おばあさんを愛していたと、真壁有希子(天海祐希)言っていたけど、実の父親を憎くて放火した兄弟だぞ。

 

おばあさんに、愛情があったと言われても・・・

 

ってなってしまいましたね。

 

そして、大人になって、そんなに姉と弟の絆ってあるかな?

 

ここまで、姉弟愛が強いのも、少し違和感がありましたね。

 

変な事件。

 

 

緊急取調室~4話・評価3.8

 

スポンサーリンク

緊急取調室・キャストスタッフ

脚本:井上由美子
プロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:都築歩
プロデューサー:松野千鶴子
演出:常廣丈太
演出:本橋圭太
主題歌:Prime Numbers/家入レオ

【HP】緊急取調室・公式

出演:
真壁有希子 (天海祐希)
梶山勝利 (田中哲司)
監物大二郎 (鈴木浩介)
磐城和久 (大倉孝二)
菱本進 (でんでん)
小石川春夫 (小日向文世)
玉垣(塚地武雅)

ココがポイント

人気シリーズシーズン3

見逃した方は⇒緊急取調室見逃し・動画配信・視聴方法~天海祐希主演作品1話から最新話まで無料期間あり

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-テレビ朝日
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.