テレビ朝日

緊急取調室キントリ・2話ネタバレ感想・女流棋士同士の戦いはいかに!見逃し・あらすじも

投稿日:

 

緊急取調室2話・ネタバレ感想になります。見逃した方に向けての情報もあります。

天海祐希演じる取調官が深い人間力を基盤に心理戦を繰り広げる、人気作の第3シーズン

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

緊急取調室・2話・あらすじ

 若手の女流三段・日名子(松井珠理奈)と、ベテランの女流六段・あずさ(紺野まひる)の将棋の対局中、タイトル戦を主催するIT企業のCEOで、解説会場でコメントしていた大庭(合田雅吏)が、中座した直後に絶命。本人の水筒に混入されていた毒キノコ成分で死に至ることはまれだが、服用していた下剤により毒性が強まったのだ。日名子とあずさは互いの犯行を疑い、有希子(天海祐希)らが取り調べに臨む。

yahootvより引用

緊急取調室~2話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

 とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。
ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

(緊急取調室・公式HPより引用)

 

2話ストーリーのポイントを詳細に解説

大庭広夢(合田雅吏)の死因

キーになるのは、下剤+毒キノコ(マタゴダケ)

通常では、この毒キノコでは、死に至ることはない。

しかし、下剤が加わると、話が違う。

【下剤+毒キノコ】のせいで、死に至った。

下剤を常用していることを知っていたのは誰だ?

 

将棋の戦い→殺人の犯人争いに

橘日名子(松井珠理奈)VS宗形あずさ(紺野まひる)

将棋外で、亡くなった大庭広夢(合田雅吏)の犯人は誰だ?についても争う。

橘日名子(松井珠理奈)がどんどんと、班員に仕立て上げられる。

 

新任の玉垣(塚地武雅)は、警視庁将棋部。

 

玉垣は、→日名子側を応援

菱本進 (でんでん)→あずさ(紺野まひる)を応援していた。

 

この2人は、将棋好き、捜査で衝突してしまう。

 

宗形あずさ(紺野まひる)がハメた?

しかし、菱本進 (でんでん)は、宗形あずさ(紺野まひる)を疑いだす。

 

宗形あずさ(紺野まひる)の実家は、マタゴダケが良く取れる場所に住んでいた。

幼い頃から、マタゴダケは、危険だと言われて育っていた。

 

駒を調べれば分かる!

駒だけを調べても、どちらの手にマタゴダケが付いていたか分からない。

しかし、王将と玉将を調べたら分かる。

ココがポイント

将と将。

王将は、強い方。

玉将は、弱い方が使う。

あらすじからの続き↓↓↓

同時に、2人とも、取り調べ

取調室では・・・

橘日名子(松井珠理奈)

宗形あずさ(紺野まひる)

2人共、呼ばれる。

2人同時に取り調べをする。

さながら、対極のようだ。

 

橘日名子(松井珠理奈)と、宗形あずさ(紺野まひる)は、対極にいるように見えるが、同じものを感じる。

 

トラップ開始!&その後

真壁有希子 (天海祐希)と、菱本進 (でんでん)が、こそこそと、橘日名子(松井珠理奈)の前で、メモトークをする。

しかし、実際は、そのメモには何も書いてない。

 

将からは、相手には触れられない。

 

しかし、橘日名子(松井珠理奈)が対局中に触れたに毒物が付いていた。

 

単刀直入に、毒物を入れたのは、あなたですか?と、菱本進 (でんでん)は聞くと・・・

 

宗形あずさ(紺野まひる)は、マタゴダケなんて手に入りませんと、応えてしまう。

 

マタゴダケなんて誰も言っていないのに、毒物はマタゴダケって認知しているあずさ!

 

あずさは、殺すつもりはなかったと言う。

亡くなった大庭広夢(合田雅吏)から八百長しろと言われて、その腹いせにやったそう。

 

 

将と将からは、毒物は検知されなかった。

 

しかし、代わりに下剤の成分は検出されたのだ。

 

とっさに、蘭の花を触っていたのを思い出して、宗形あずさ(紺野まひる)は、蘭にマタゴダケを欄に付けた。

 

大庭社長が帰れば、それでよかったと。

だから、増量した下剤を亡くなった大庭広夢(合田雅吏)の薬に入れた。

 

悪手は打っていない。真剣に打ったと橘日名子(松井珠理奈)

 

2人の、罪は、傷害罪。傷害致死罪辺りになりそうだ。

スポンサーリンク

緊急取調室~2話感想・評価

将棋でも、捜査でも、争っているように見えて、実は裏で繋がっていた!という話でいいんですかね?

 

しかし、この作戦、本当に良かったのかな。

最初から、共謀だとしたら、2人にとって、あまりいい作戦ではないよね。

 

どちらかに、犯人の疑惑が掛かる。

犯人だとしたら、、2人以外の人がやったという風に仕向けたいのでは?

今回のように、どちらかに疑惑が掛かれば、自ずと、もう一方も疑われる。

 

殺人罪よりは、罪は軽いかもしれないけど、傷害罪、傷害致死罪に問われてしまうんだよ。

女流棋士の2人!もう少し考えようよ。

 

たまたま、偶然2人が同じ日になんて、考えられないよな。

 

とすると、女流棋士は、詰めが甘い。

 

今回は、トラップにうっかり引っかかり、自分から、マタゴダケと言ってしまったけど、言わなかったら迷宮入りだったのだろうか。

 

こういう刑事ものって、意外と犯人つめが甘いんですよね。

 

そして、本題、八百長強要くらいで、スポンサー殺しちゃうのってどうよ?

ここですよね。

もっと他にやり方あったと思う。

マスコミ使って騒ぎ立てるとかさ・・・

命を奪う前に考えて欲しかったよ。

 

紺野まひるは、現在実年齢で、42歳だとか・・・39歳の役をやっていたけど、うーん、お若い。

奇跡のアラフォーですね。

 

一方、松井珠理奈は、うっとり自分に酔うような、ナルシストっぽい役、はまっていました。

新任・玉垣(塚地武雅)が将棋好きということで、大活躍!

玉垣の、見せ場があった、第2話でした。

 

緊急取調室~2話・評価4.3

 

スポンサーリンク

緊急取調室・キャストスタッフ

脚本:井上由美子
プロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:都築歩
プロデューサー:松野千鶴子
演出:常廣丈太
演出:本橋圭太
主題歌:Prime Numbers/家入レオ

【HP】緊急取調室・公式

出演:
真壁有希子 (天海祐希)
梶山勝利 (田中哲司)
監物大二郎 (鈴木浩介)
磐城和久 (大倉孝二)
菱本進 (でんでん)
小石川春夫 (小日向文世)
玉垣(塚地武雅)

ココがポイント

人気シリーズシーズン3

見逃した方は⇒緊急取調室見逃し・動画配信・視聴方法~天海祐希主演作品1話から最新話まで無料期間あり

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-テレビ朝日
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.