フジテレビ

ルパンの娘・2話ネタバレ感想・正義の泥棒にのめり込む華(深田恭子)!あらすじも

更新日:

ルパンの娘・2話ネタバレ感想考察になります。

深田恭子×瀬戸康史で織り成す泥棒一家と警察一家のラブコメディー

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

ルパンの娘・2話あらすじ

 華(深田恭子)の家を訪れた和馬(瀬戸康史)の父・典和(信太昌之)と母・美佐子(マルシア)は尊(渡部篤郎)らと向かい合う。尊と典和は野球の話題で意気投合するが、美佐子は華に和馬と別れるよう告げる。そんな中、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、尊らはある会社社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画をしていた。

YAHOO!TVから引用

ルパンの娘・2話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

華(深田恭子)の家を訪れた和馬(瀬戸康史)の両親。

【ハイパーソーシャルクリエイター】と、【公務員】ということで、泥棒一家と、警察一家だということは、バレることなく終わった。

父親同士は、高校野球で、対戦したことがあり、意気投合しだした。

しかし、母・美佐子(マルシア)は、目を光らせる。

未だに反対だ。

警察犬のゴンも連れてきたが、靴がすり減っていないことや、生活感がないと突っ込みを入れる。

 

30憶の“秀吉の茶釜”をを盗むと言うLの一族(華の家族)。

この所有者は、会社の業績も悪い。

アポ電強盗事件(オレオレ詐欺の手口で、だまし取った金)で購入したのだ。

 

一方、和馬(瀬戸康史)は、この手で犯人を捕まえたいと連絡してくる。

 

華(深田恭子)は、和馬の母親にも反対されたこともあり、迷っていた。

和馬と、別れた方が良いと言う気持ち、泥棒なんてやめた方が良い気持ち。

悪魔と天使の2人の華で揺れうごく。

あえて、和馬に嫌われればいいのだ!と気付き、華は、和馬(瀬戸康史)に、「今すぐ会いたい」と無茶を言う。

和馬(瀬戸康史)は、捜査会議がこれから始まろうとしている時だった。

 

そこに、アポ電強盗事件(オレオレ詐欺)から電話が入る。

わざと騙されたふりをして、待ち構える。

 

犯人が弁護士を装ってくると言うことだったが、和馬(瀬戸康史)が来た。

祖母は、オレオレ詐欺の人間と勘違いして、和馬に打撃を加えてしまい、和馬は気を失い、倒れてしまった。

 

弁護士役の人がやってきた。

この人物はただの受け子だ。

その弁護士に成り代わって、尊(渡部篤郎)が役目を果たす。

 

30憶の“秀吉の茶釜”は、社長室にある。

社長室の前にいる男をかわさないといけない。

華(深田恭子)のは、両親と、作戦を立てて、何とか交わして、入る。

30憶の茶釜があった。

茶釜には、警報機が付いていた。

 

華(深田恭子)は、社長室のデーターを盗む。

さらに、まさに、弱者を食い物にしていた社長を、華は、武道でも、成敗する。

 

データーを倒れた弁護士役の男に忍ばせて、和馬(瀬戸康史)が目を覚ました時に、掴ませて、手柄を取らせた。

和馬(瀬戸康史)の警察バッジがなくなっていたことに気付く。

 

祖母が家に来た時に気付き、和馬のスーツから取っていたのだ。

(父と母が気付いたら、大変なことになるからね)

祖母は、被害者ということで、テレビのインタビューに答えている。

華は、暴走する祖母を引き止めようと必死だ。

そのテレビを見ていた、和馬(瀬戸康史)の家では、警察犬のドンが吠える。

スポンサーリンク

ルパンの娘・2話・感想・評価

華は、和馬との結婚に対して揺らいでいるようだけど、悪を退治する泥棒にも、ハマっている様子。

久しぶりに、泥棒して、泥棒家系の血がうずいてしまった感じですね。

そしたら、和馬との結婚は諦めないといけない・・・

諦めた方が良いんじゃない?って見てると思ってくるけどね。

美佐子(マルシア)怖いしね。

最後、結婚できるんだろうか、ハッピーエンド・・・。

 

今回笑えたのは、父親同士、高校球児で、対戦したことあっってエピソード。

面白エピソードだわ。

 

でも、現実問題は紗、本当のことが言えない関係って辛いよね。

華悩んで当然だよ。胃が痛くなるよね。

でも、こんなに好きになれる人は、当分現れそうにないとなると、悩みますよね・・・

 

それにしても、栗原類は、弟じゃなくて、お兄ちゃんだって言うじゃないですか。

どんぐりさん、なんだかんだで、大活躍だし。

どんぐりさん、ああ見えて、警察バッジ隠すとか、抜け目なかったな(笑)

もう、なんだか、ハチャメチャですよね(笑)。

でも、純粋に楽しい、コミカルですね。

 

華の葛藤がいつまで続くのだろうか。

1話2話と、少々ワンパターンではありますよね。

和馬の手柄を忘れていない所も、いじらしいです。

キュンってなりました。

結婚を反対されて、華が葛藤して、でも、泥棒は続けるみたいな流れが続くのかな。

正義の泥棒にのめり込む華よ!図書館司書どうなった!

 

アクションと深田恭子のおっとりさが、ミスマッチなんだけど、そこも、萌ポイントですね。

 

ルパンの娘・2話評価4.1

 

 

スポンサーリンク

ルパンの娘キャストスタッフ

木曜日のドラマ


【放送局】フジテレビ

【開始日】7/11

【時間】10時00分~

【出演】深田恭子、瀬戸康史、渡部篤郎

【原作】横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)

【脚本】徳永友一

【演出】武内英樹

【プロデューサー】稲葉直人

【HP】ルパンの娘

深田恭子×瀬戸康史で織り成す泥棒一家と警察一家のラブコメディー

ココがポイント

横関大の同名人気小説を原作に、代々泥棒一家の娘と、代々警察一家の息子との許されない恋を描く、現代版“ロミオとジュリエット”。

 

映画「翔んで埼玉」の脚本家・徳永友一と、監督・武内英樹が再びタッグを組みます。

関連⇒ルパンの娘・2話見逃し配信動画・無料で見れる?7月18日放送分

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.