TBS

凪のお暇1話ネタバレ感想・空気と、黄色の伏線・空気なんて読みたくない!あらすじ・考察・解説も

更新日:

凪のお暇1話初回ネタバレ感想考察になります。

黒木華の主演で人気漫画を連続ドラマ化! 幸せを目指して人生を“リセット”する物語

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

凪のお暇~初回1話・あらすじ

 東京都内の家電メーカーで働くさらさらストレートヘアの28歳・凪(黒木華)は、場の空気を読み、周囲に合わせることで日々を平穏に過ごそうとしている。しかし同僚からは面倒な仕事を押し付けられ、面と向かってその性格をいじられるなど、不遇な生活を送っていた。そんなある日、凪は恋人・慎二(高橋一生)の一言に心が折れてしまう。意を決した凪は会社を辞め、慎二をはじめ知人との連絡を絶ち、郊外にある6畳一間の安アパートに引っ越して、コンプレックスの天然パーマもそのままに人生の再起を図る。

YAHOO!TVから引用

凪のお暇・初回・1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

公式から引用

空気を読んで・・・

空気を読むのが得意な、凪(黒木華)。

会社では、人のミスまで、自分のミスにしてしまう。

節約が得意。

彼氏の慎二 (高橋一生)は、空気を作るのが上手い。

こちらは、読む側に回ったら負けと言うタイプ。

うまくやるのが得意。

会社で、まさか2人が付き合っているとは、思われていない。

彼氏の慎二 (高橋一生)は、俺様系。

凪の髪の毛が好きと言われる。

(実際は、もじゃもじゃ頭)

凪のこと実は・・・

凪は、会社の同僚が、自分の悪口を言い合っているのを、スマホを見てしまった。

いつもビクビク気にしていたが、現実だったのだ。

小間使いにされていただけだった。

 

慎二 (高橋一生)の自分への悪口も聞いてしまった。

体だけ良いから付き合っているだけだと話しているのが聞こえてきたからだった。

 

凪は、パニックを起こしてしまった。

 

限界に達した、突然、凪(黒木華)は、会社を辞めてしまった。

突然バックレるなら、小出しに、言いたいこと言った方が良いぞ。会社にも迷惑だしね。

凪(黒木華)引越

引っ越し先は、安いアパート。

クーラーなしの部屋だった。

同じアパートの、緑(三田佳子)は、自販機の下の小銭を拾っていた。

隣の女の子も不愛想。

もう、一方の、隣からは、騒音がする。

ベランダでゴーヤを育てていた。

中から、ゴン(中村倫也)が出てくる、腕には、刺青が入っている。

 

凪は、社会の底辺な住民に圧倒されるももう、会社に行かなくていい、開放感を味わう。

部屋に、クーラーのない凪は、図書館に行く。

やりたいことをしようとするも、やりたいことは、何も思いつかない。

空気を読みすぎて、自分が、なくなっていて、末期症状ですね。

おひとりさま成れの果ての緑(三田佳子)

お釣り漁りのおばあさん、緑(三田佳子)は、パン屋に恵んで持っていた。

傘も拾って調達する。

凪は、おひとりさまの慣れの果てを見た気がした。

2階から洗濯物が落っこちてきた。

緑(三田佳子)の部屋に、持っていくと、上がっていってと言われてしまう。

緑(三田佳子)の部屋の、中に招かれてしまった。

 

恐る恐る入るも、意外といい暮らしをしていた。

工夫して、いい暮らしをしていた。

凪(黒木華)は、ホッとして、涙が出た。

 

お布団1つもって来たの見ていたと緑に、言われた。

 

凪は、自分の身の上話をする。過呼吸で、倒れたのに、誰も心配する人がいなかった。

誕生日のお祝いは、DMだけだった。

連絡先を次々と削除して、洋服も何もかも捨てた。

まっさらになりたくて、ここへ来たと言う。

 

めちゃくちゃ悲しいし、せつない

凪徐々に変化

慎二 (高橋一生)が凪(黒木華)の部屋に来ると、もぬけの殻になっていた。

慎二 (高橋一生)は、残されていた、豆苗を見つめる。

凪は、近所に、安い店を見つけた。

しかし、お会計が間違っていた。

 

今まで通り、空気読んで退散しようとと思ったけど、言いに行くことにした。

 

凪(黒木華)は、拾った扇風機の色を黄色に変える。

隣の部屋のゴン(中村倫也)に「ゴーヤ食べないんですか?」と、話しかける。

もう食べれないと思っていた、ゴーヤの黄色い部分の身をゴン(中村倫也)に食べさせる。

 

ゴンは、幸せのラッキーゴーヤ?と言って、パクパク食べる。

 

凪の、頬っぺたに黄色いペンキが付いていると、ゴンが凪の頬を触っていると、慎二 (高橋一生)がやってくる。

三角関係の勃発か!

凪は、慎二にブスになったなーと言って、いじられる。

凪は、慎二について、土足で、踏み荒らすと内心思っているも、つまみを作る。

凪は、慎二に思いの丈をぶつける。

あっちだけがいいから付き合っていると男同士のその場のノリだと説明。

凪は、嫌われたくないから我慢していた。

でも、もうそういうの要らない。そういう自分事全部要らないと伝える。

 

さらに、凪は、空気は読むものじゃなくて、吸って吐くのだと思うと伝える。

しかし、慎二には、物捨てたくらいじゃ人生リセットできないと、脅迫される。

さらには、慎二は、絶対変われないと言って、出ていく。

 

凪は、腹立って、慎二を追いかけてまで、雨の中文句を言う。

ありのままあ私に関わらないでいいから、一切かかわらないでと言うも、慎二は、また来るねと言って去る。

それを見ていたゴン(中村倫也)。

 

雨の中、凪は、帰ると、緑(三田佳子)が慰めてくれて、髪を乾かしてくれた。

慎二 (高橋一生)は、めちゃくちゃ泣いていて、車に引かれそうになっていた。

バーに行くと、凪のことをを、「俺そいつのことめっちゃ好きなんだわ」と言って、泣く。

 

翌日、うだる暑さの中寝ている、凪の部屋にチャイムが鳴る。

お皿を返してきたゴン(中村倫也)に抱きしめられる。

凪(黒木華)は、倒れてしまう。

ゴン最高の役割。凪をキュンキュンさせてください。

 

スポンサーリンク

凪のお暇~1話初回・感想・評価

なんか泣ける話だ。

空気なんて読みたくないよね。でも、空気を読まないと生きていけない生活。

会社だけならまだしも、プライベートの彼氏にまで。

ストレスフルな生活、耐えられんなー。

倒れる前の凪は、圧倒的な【負けるが勝ち】状態。

いや、全然勝ってないし・・・

凪の変化は良かったよね。

思ったことを言えるようになった凪。

思ったことも言えないよの中じゃ生き苦しいもんねー。

 

凪の変化は、

【空気は読むものというスタンス】⇒【空気は吸って吐くもの】

慎二は、

【空気は作るもの】読む側の人間になったら、終わり。

この伏線が良かったです。

強者と弱者の縮図みたいなものですね。

 

後、黄色の扇風機から、ペンキから、黄色のゴーヤに至る、幸せの黄色の伏線も◎。

 

慎二 (高橋一生)について

こいつ最低だな。1話のラストで、それまでの流れとは打って変わって、どんでん返しあって、「大好きなんだわー」とか言ってたけどさ。

人の気持ちより、自分のプライド取るタイプ。

そんな泣くほど好きなら、会社でバカにされている凪(黒木華)をかばってあげるとかない訳?

こういうタイプの男最低だと思う。

土足で、踏み込んで、好きな人の人格も尊重してあげないから、凪が、壊れちゃったんじゃないかー。

壊れたのは、慎二!お前のせいでもあるんだからなって話。

ちゃんと理解してあげて!

それにしても、嫌な奴だった。

高橋一生って、いい人の役も、嫌な奴の役も、本当上手く演じられる。

演技派俳優さんだと思う。

ゴン(中村倫也)について

半分青いのまーくんを思い出すキャラ。

ちょっと今回は、刺青入ってたり、ワイルド系だけどね。

中村倫也は、甘い男性の役合っているよねー。

のんびり、何も考えていなく自由に生きている、ゴンみたいな人に、お疲れの今の凪(黒木華)はひかれちゃうよね。

私もゴン君押しだわ。

慎二に戻って欲しくないわ。

あそこまで、言われて、過呼吸で苦しめたのに、追いかけてくる根性・・・

くっそーって感じ。

緑(三田佳子)のキャラ良かったですね

おひとりさまの成れの果てが、ゴミ漁ってるとか、強烈ですよね(笑)

まあ、働かないと、ああなってしまうのだろうかね。

というか、「物拾うのは」癖、習性って感じでもあるな。部屋の中は小ぎれいにしていたし。

凪の場合、そんな心配しなくても、働けない訳でもないんだから、小ぎれいな暮らしは出来ると思うぞ。

 

泣きじゃくっている、慎二 (高橋一生)を気にする、みすず(吉田羊)が気になった。

調べたら、どうやら凪の隣人のようだ。

 

体調が苦しくなるまで、空気読んで。

空気読むって相手を尊重することだけど。

職場で、彼氏にやり過ぎちゃったら、苦しくて苦しくて辛くなるよね・・・

この漫画、人気があるようだけど、ここまでじゃないにしろ、現代人って、皆、どこかで空気読んでいるからね。

共感できる部分があるんだろうな。

 

空っぽになること大事ですね。

おもしろかった、見続けたい。続きが気になる。

 

凪のお暇~1話・評価4.2

 

スポンサーリンク

凪のお暇~キャスト・スタッフ

金曜日のドラマ


【放送局】TBS

【開始日】未定

【時間】10時00分~

【出演】黒木華、高橋一生、中村倫也

【原作】コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)

【脚本】大島里美

【演出】坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰

【プロデューサー】中井芳彦

【HP】凪のお暇

黒木華の主演で人気漫画を連続ドラマ化! 幸せを目指して人生を“リセット”する物語

ココがポイント

口コミで話題となり、累計部数200万部を突破し、数々の賞を受賞しているコナリミサトの同名漫画を連続ドラマ化。

 

主人公の大島凪を演じるのは、ジャンルを問わず多彩な役柄を自在にこなす黒木華。

 

\凪のお暇~見たい方は、【Paravi】/

【Paravi】視聴する

(お試し30日間以内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)

(本ページの情報は2019年7月19日時点のものです。最新の配信状況は、Paraviサイトにてご確認ください。)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-TBS
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.