フジテレビ

ルパンの娘4話ネタバレ感想・ロマンス詐欺師に要注意!智子(しずちゃん)大暴れ!あらすじも

投稿日:

 

ルパンの娘・4話ネタバレ感想考察になります。

深田恭子×瀬戸康史で織り成す泥棒一家と警察一家のラブコメディー

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

ルパンの娘・4話あらすじ

 和馬(瀬戸康史)は元警視総監の孫娘・エミリ(岸井ゆきの)との見合いを命じられる。相手に断らせようともくろむ和馬だが、エミリは前向きだ。円城寺(大貫勇輔)から見合いのことを聞いた華(深田恭子)は、和馬が二股をかけていると誤解。さらに華は、職場で出会った女性・智子が、尊(渡部篤郎)らが狙う詐欺師・蛭沼(諏訪雅)の被害者だと知り、懲らしめるために泥棒になる。

YAHOO!TVから引用

ルパンの娘・4話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

見合い話

和馬(瀬戸康史)の父親から、元警視総監の孫娘・エミリ(岸井ゆきの)との見合いを命じられる。

エミリ(岸井ゆきの)が、和馬と見合いをしたいということらしい。

和馬(瀬戸康史)は、自分には、華(深田恭子)が、いると思いつつ、偉い人の命令なので断れない。

 

美佐子(マルシア)は、「どうせ、和馬(瀬戸康史)はつまらないと、いつも断られるんだから」とお見合いに行くように勧める。

 

美佐子(マルシア)も、和馬と華が結婚するのには賛成なのだ。

 

お見合いの日

エミリ(岸井ゆきの)との見合いの日。

エミリ(岸井ゆきの)は、変わった娘で、目を見るとな言う。

スマホの撮った画像で自己紹介する。

どうせ嫌われると、挑んだ見合いだったが、なぜか、エミリに、悪くないと好かれてしまう。

円城寺(大貫勇輔)が、和馬(瀬戸康史)とエミリのお見合いを見ていて、華(深田恭子)に報告する。

華(深田恭子)は戸惑う。

ミュージカル調な、円城寺(大貫勇輔)に対して、華は「今日は歌わない」と心に決めていたが、歌い掛けてしまった・・・

華は、動揺する。

華は職場で、智子(山崎 静代)に出会う。

智子(山崎 静代)は、近々結婚するらしい。

そんな智子を、華(深田恭子)は、うらやましいと思っていた。

智子(山崎 静代)は、自分でも結婚できるのだからと、華を励ます。

 

和馬(瀬戸康史)と会うと、和馬は、自分の家に入った強盗団が、女にやられたと、

コスチュームを着た、華の絵を突きつけてきた。

華は、とぼけるも気まずい・・・

和馬の家で、起こった前回の件で、自分が怪しまれたこともあり、もう、2度と泥棒はやらないと誓った華だった。

ロマンス詐欺

ロマンス詐欺で、お金を騙している奴がいると、Ⅼの一族は、話題にする。

Ⅼの一族の次のターゲットだ。

 

調べていくと、智子(山崎 静代)も、このロマンス詐欺師に騙されていた。

智子(山崎 静代)は、2,000万ものお金をロマンス詐欺師に払ってしまっていた。

 

警察の和馬(瀬戸康史)に聞くと、だまし取られたものは、返ってこないだろうと言われてしまう。

 

智子(山崎 静代)の暴走

逆上した、智子(山崎 静代)は、詐欺師・蛭沼(諏訪雅)の家に乗り込む。

そして、包丁を突き付けた。

特殊急襲部隊のサットまでもが、出動する事態になってしまう。

「もう、二度と、泥棒はやらない」と決めた華だったが、自分を励ましてくれた智子(山崎 静代)が、このままでは、殺人者になってしまう。

殺人者なんかには、させないと、乗り込むのだった。

和馬と華が鉢合わせ?

今回の詐欺師は、ハッキングされていたと知り、和馬(瀬戸康史)は、Ⅼの一族の仕業で間違いないと思う。

サットが、煙に巻かれている中、建物の中に急ぐ。

金庫の中の、金塊をゲットすると、他のメンバーは抜け出した。

そこに和馬(瀬戸康史)が登場する。

華が窓から脱出しようとするのを見ると、「華?」と言葉を発する。

華は、何も応えられない・・・

スポンサーリンク

ルパンの娘・4話・感想・評価

とうとう、和馬に、華の正体ばれる?

最後になって、もしやⅬの一族って華の家族?ってなるパターンかと思ったけど・・・

違うの?

でも、本音言うと、バレちゃえ!バレちゃえ!って気持ちの方が強い。

これ以上、ワンパターンで、華が、もやもやし続けてるの見てても、視聴者も辛いよな。

って、その辛さは、ずっと続くには続くのだろうけど・・・

そうか、今一度確認したけど、タイトルは、【ルパンの娘】なんだよな。

華は、「もう、泥棒なんて嫌だ。」「もう、やらない」って言っているけど、所詮、いや、誇り高き、【ルパンの娘】なんだよ。

華は、【ルパンの娘】を貫くのだろうな。

警察の、和馬とタッグになって、善意の泥棒Ⅼの一族がってことにはならないか・・・

そうなったらハッピーエンドなんだけどね。

 

和馬とエミリ(岸井ゆきの)のお見合いで、露呈したのは、和馬はモテないタイプだってこと。

「えっそうなの?」って思った瞬間。

華と、和馬って、【真面目】【正義感】で繋がっているんだろうな。

意外と似た者同士?

 

瀬戸康史と、岸井ゆきのは、まんぷくで、ラブラブ夫婦だったけど、岸井ゆきのが、全然、前と違うから、同じカップルには見えなかったな。

岸井ゆきのは、今回だけのゲスト出演なのだろうか。

また、出て欲しいな。

 

後は、智子演じる、しずちゃん、生き写しのような役でしたね。

しずちゃんは、可愛らしいし、しっかりしているので、モテてるかもしれないし、詐欺には引っかからないだろうけど。

あの迫力で迫られたら、詐欺師もビビるよね。

 

詐欺師は、逮捕されてもお金は戻らないって、どうにかしているよな。

ここについては、納得いかないよね。

自分の身は自分で守るしかない!って感じなのかな。

 

今、ロマンス詐欺って本当に、結構流行っているみたいですよね。

年頃の方は、気を付けてください。

「お金が必要だ」には、要注意!

お金を渡して返って来ないだけならまだしも(もちろん返って来ないのは、きついが)命まで取られかねないですからね。

 

詐欺がバレて、警察突き出される!なら殺してしまえ!の発想の詐欺師もいるので、十分注意が必要ですね。

今回、智子(山崎 静代)は、勇ましかったですけど。

ルパンの娘・4話評価4.1

 

 

スポンサーリンク

ルパンの娘キャストスタッフ

木曜日のドラマ


【放送局】フジテレビ

【開始日】7/11

【時間】10時00分~

【出演】深田恭子、瀬戸康史、渡部篤郎

【原作】横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)

【脚本】徳永友一

【演出】武内英樹

【プロデューサー】稲葉直人

【HP】ルパンの娘

深田恭子×瀬戸康史で織り成す泥棒一家と警察一家のラブコメディー

ココがポイント

横関大の同名人気小説を原作に、代々泥棒一家の娘と、代々警察一家の息子との許されない恋を描く、現代版“ロミオとジュリエット”。

 

映画「翔んで埼玉」の脚本家・徳永友一と、監督・武内英樹が再びタッグを組みます。

関連⇒

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.