動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

2018夏

義母と娘のブルース~第話9ネタバレ・感想・考察~麦田と奇跡プロポーズは成功?

更新日:

大決断な愛の告白!私の愛の最終選択か!?

義母と娘のブルース第9話ネタバレ感想考察です。

原作はこちらです↓

 

スポンサーリンク

義母と娘のブルースあらすじ(第9話)

亜希子(綾瀬はるか)は「ベーカリー麦田」の新装オープンを、区役所広場で行われる子ども向け人気番組のイベントと同日に合わせる。作戦は見事的中し、店は上々のスタートを切る。そんな中、みゆき(上白石萌歌)は麦田(佐藤健)が亜希子にひかれていることに気付き、戸惑いながらもそれを受け止める。だが、大樹(井之脇海)はそんなみゆきの様子が少し心配だ。一方の麦田は、亜希子に思いを気付いてもらえず、頭を抱える。

Yahoo!tv引用

 

義母と娘のブルース9話・考察

今までの答え合わせのような回でした。

麦田店長のキャラが最高でした。

 

今回、奇跡が全部麦田に繋がっていたことに亜希子は気付きます。

麦田は、空に叫び、亜希子に告白します。良一(竹野内豊)がくれた奇跡、良一が引き合わせてくれたと言っていました。

 

元部下の田口君(浅利陽介)が、奇跡でベーカリー麦田に引き寄せられるように来て、亜希子と再会します。

しかし、麦田ですら、気付いているのに、田口君が昔、亜希子を好きだったことに、気付かない鈍感な亜希子

麦田の告白の直前まで、【麦田とみゆきの関係が怪しい】と疑い、麦田に念を刺す、亜希子。

相変わらずの超、鈍感の亜希子です。

 

仕事はできるのに、鈍感な亜希子。

漢字や言葉を間違えるけど、パン作りへの情熱はすごい麦田。

どこか抜けているけど、やる時はやるタイプ。似た者同士の2人ですよね。

亜希子の告白の返事は、どうやら、OKのような、少々あやふやな描写だったのが気になります。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース9話・ネタバレ・感想


いよいよ 「ベーカリー麦田」 の新装オープンの日を迎える

麦田 (佐藤健) と共にパン職人の基本を学び直した 亜希子 (綾瀬はるか) でした。

亜希子ならではのある秘策と元戦国部長の名にふさわしい営業攻撃を繰り広げる。

みゆき (上白石萌歌) と大樹 (井之脇海) をはじめ、下山 (麻生祐未) や 晴美 (奥貫薫) みんなの協力の下、「ベーカリー麦田」 は 「キムタヤ」 への第一歩を踏み出す。

 

そんな中、店の再興に向け苦楽を共にしながら楽しそうな亜希子と麦田を見て、みゆきは、麦田が亜希子のことを好きなのではないかと思い悩んでいた。

みゆき義母の恋愛に動揺します。

 

父・良一 (竹野内豊) がいなくなって9年。ずっと自分のそばにいてくれた亜希子の愛情を改めて実感しながらも、戸惑いを隠せず大樹に打ち明けるのだった。

 

しかし、みゆきは良一が考えなかった以上に亜希子のことを想いやっていました。

自分がいなかったら、9年間【もっと仕事ができたかもしれない】【他の人と結婚して子供を産んでいたかもしれない】という思いです。

そこまで考えながら、暮らしている、みゆきはできた子です。高校生18歳の若さで両親が亡くなっているのに義母のことを想いやれる良い子に成長しています。

 

年が明け、「ベーカリー麦田」 は、亜希子が想像した通り順調に客足を伸ばしていき、みゆきの大学受験へ本腰を入れる時期になっていく。

ある日、ハートのロールパンが話題となり、店に 友井 (川村陽介) の撮影隊のテレビ取材が入ることに。取材が入ることで、やる気が漲る麦田。

 

その熱が入りすぎている麦田の想定問答を見かねた亜希子は、本番、テレビクルーの前で予想外の発言をする。
亜希子からの思いがけない発言を聞いた麦田は、この勢いをバネにして、ついに亜希子へ自分の想いを伝えることにした。

あるバーで田口君(浅利陽介)と、麦田は意気投合します。

それは、田口が、好きだった女性と、麦田が、好きな女性が同じタイプだったからです。

後にその人物は同一人物の亜希子だということが、お互い理解する展開になりますが、そんな時も亜希子だけが気付かない・・・

田口の結婚式でゲストに、あんぱんを振舞いたいと、言うことになっていましたが、

奥さんに「食べたことのないパンを勝手に決めるな」と言われベーカリー麦田に来店する、田口君。

 

田口は、店内で、麦田が、「細心の注意」を「最近の注意」を言い間違うのを聞き閃く。

 

それを聞いた、田口は、「モンテクノ・テクノモン間違えた」のも、麦田だったことにたどり着く。

店長と亜希子飲みに行く

麦田→告白する

亜希子→みゆきと麦田が付き合っているらしいから親の立場で律する

と完全に話がかみ合わない2人。

 

亜希子が麦田とみゆきが付き合っていると考えた理由は・・・?

  • 店長とヒロキ君がもめている
  • 店長は相当イケメンだというみゆきの発言
  • 結婚するのには良い相手だと言うみゆきの発言

 

麦田の仕事遍歴

バイク便(亜希子の仕事を麦田がミスする)

花屋(間違えた漢字の奇石(キセキ)の花屋)

タクシー廃品回収

霊柩車(緑ヶ丘・亜希子とみゆきだった)

親孝行したくても親がいなくなると思って辞めてパン屋になった

 

亜希子が問いただすと、麦田と亜希子は、小さい奇跡がたくさん重なっていました。

 

亜希子、は、麦田の存在を「何万分の1の確率奇跡だ」と感じる。

 

麦田は、川べりで、空に向かい【旦那さんありがとうございます。番で会えてよかった人は宮本さんです】と叫ぶ。

 

そう言ってもまだ、亜希子は気付かないで、必ず、麦田をキムタヤにしますと宣言。

 

ラブじゃなくてライクの方ですと言う麦田に、それを言うならライクじゃなくてラブの方ですと言う亜希子。

 

どうやら理解はできたようでした。

麦田ベーカリーの前で店長の帰りを待ちわびる、みゆきとヒロキの前に難しい顔をした麦田が帰ってくる。

 

どうだったか?聞くと、親指を上げて、(サムズアップして)笑う麦田。

どっちだどっちだ?オッケーだったか?本当に来週実は・・・ってならないよね?

スポンサーリンク

義母と娘のブルース9話・評価

麦田のキャラが良すぎて笑いっぱなしの回でした。

麦田は、亜希子の上を行く面白さですよ。

言い間違いと、鈍感な2人意思疎通が難しそう(笑)

 

義母と娘のブルース~第9話評価4

 

スポンサーリンク

義母と娘のブルース~キャスト・スタッフ

義母と娘のブルース公式

キャスト

綾瀬はるか、佐藤 健、上白石萌歌、井之脇海、川村陽介、水谷果穂、麻生祐未

スタッフ

脚本:森下佳子 プロデュース:飯田和孝 中井芳彦 大形美佑葵 演出:平川雄一朗、中前勇児

主題歌
「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA MISIA×GReeeeNの初コラボ作品。デビュー20周年を迎えた歌姫が豪華コラボで壮大バラードで物語に感動を呼び込む。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2018夏

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.