動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

いだてん

いだてん・1話・ネタバレ感想・血かと思ったら隈取?金栗四三 (中村勘九郎)の走りっぷり!見逃し・あらすじも

更新日:

いだてん・感想考察ネタバレ感想あすじも

1話のテーマは【夜明け前】です。

スポンサーリンク

いだてん1話・あらすじ

 1959(昭和34)年、オリンピック招致が決まる目前の東京。落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)は、大渋滞の日本橋を通り、寄席に向かっていた。その日の高座で、志ん生は、日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)を披露する。’09(明治42)年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)は、’12年にスウェーデン・ストックホルムで行われるオリンピックに派遣する選手の選考を巡り、悪戦苦闘していた。そんな中、初めての派遣選手を選ぶために開催した予選会の中に、四三(中村勘九郎)の姿があった。

いだてん公式より・引用

関連⇒いだてん~東京オリンピック噺~あらすじ・どういう話なの?大河ドラマ

いだてん・キャスト相関図誰が出演するのかまとめ~大河ドラマ

いだてん1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

昭和34年、東京、日本橋

東京オリンピック開幕前のにぎわう街。

古今亭志ん生(ビートたけし)と、その娘、美津子(小泉今日子)が、タクシーに乗る。

そこをランニングをする人。

 

落語・・【富久】の演目をやる、古今亭志ん生(ビートたけし)。

 

東京オリンピックの招致の前に、演説をするはずだった役目の人が負傷してしまう。

 

田畑政治(阿部サダヲ)と、東 龍太郎 (松重 豊)と岩田幸彰 (松坂桃李)が、話し合い・・・

代役に、平沢和重 (星野 源)が浮上した。

 

平沢和重 (星野 源)が、英語で演説をして、東京で、オリンピックが開催されることに決まる。

古今亭志ん生(ビートたけし)が語りだし、物語が始まる。

 

オリンピック誘致と、初のオリンピック参加の話が、入り乱れる初回です。

さかのぼって50年前の話・・・・

語りは、古今亭志ん生(ビートたけし)の若い頃、美濃部孝蔵 (森山未來)に代わる。

美濃部孝蔵 (森山未來)の友でもある、遊女の小梅(橋本愛)が、「遊んでいかないか?」と、柔道のスポーツの父と呼ばれる、嘉納治五郎 (役所広司)に声をかける。

しかし、フランス大使館に行き、オリンピックについての説明を受けに出かける。

 

嘉納治五郎 (役所広司)は、日本をオリンピックへと引率するのに、相応しい、ライトマン(適任者)だと言われて上機嫌。

 

人力車引きの、清さん(峯田和伸)が、嘉納治五郎 (役所広司)を連れ、東京師範学校へ行く。

 

人力車を引いているだけあって、清さんは、走るのが得意。

清さんにも、「オリンピックに出てみないか?」と声をかける上機嫌な、嘉納治五郎 (役所広司)。

 

初回は、嘉納治五郎 (役所広司)が主人公か?と思えるくらい、彼目線の話が続きます。

 

スポーツ反対の世の中

嘉納治五郎 (役所広司)は、東京高等師範学校の校長でもあります。

助教授の、可児 徳 (古舘寛治)と、オリンピックの話をする。

 

一方、東京高等師範学校の教授永井道明 (杉本哲太)は、日本人選手ののオリンピック参加には大反対。

なぜなら、日本人は体ができていないから。

 

ロンドンオリンピックの時の「ドランド・ピエトリ」という西洋人の例を話す。

ふらふらになって、マラソンのゴールをした「ドランド・ピエトリ」。

 

欧米人ですら、無理がある。

骨格が劣る日本人は、欧米人には勝てない。

命に係わる問題だというのであった。

 

嘉納治五郎 (役所広司)は、大臣にも掛け合う、

しかし、スポーツには意義を感じないと、これまた、反対されてしまう。

 

当時の子供たちは、スポーツの代わりに、銃を打つ練習をしていた。

 

平和の祭典オリンピックとは、反対の状況。

 

平和もスポーツもいまいちピンとこない時代です。

三島家のランチガーデンパーティー

嘉納治五郎 (役所広司)は、大隈重信(平泉成)に、銀行の頭取、三島弥太郎(小澤征悦)を紹介される・・・も、弥太郎とは、すでに知り合いだった。

 

早稲田大学設立者の、内閣総理大臣などを歴任した、大物政治家で大隈重信(平泉成)も、無理があるのではないか?と言う。

 

ことごとく反対にあう・・・嘉納治五郎 (役所広司)

 

そこに、シマ (杉咲 花)の「危ないという声」が響いた。

 

三島弥彦(生田斗真)がボールを追いかけてきたのだった。

 

日本初のスポーツ同好会・天狗クラブのメンバーが野球をしていた。

 

三島弥彦(生田斗真)は、三島弥太郎(小澤征悦)の弟。

天狗クラブのメンバーで、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれていた。

 

気性の粗そうな、吉岡信敬 (満島真之介)が、嘉納治五郎 (役所広司)に突っかかる。

 

ノリの良い、天狗倶楽部のメンバーに、嘉納治五郎 (役所広司)は、胴上げをされる。

 

三島弥太郎(小澤征悦)に、きっぱりオリンピック融資も断られてしまう。

 

スポーツは、あんなものではないと、嘉納治五郎 (役所広司)は落胆する。

 

確かに、天狗倶楽部上半身裸になったり、ちょっと不気味な感じもする。

 

辞退するつもりが・・・・

時勢も考えて、嘉納治五郎 (役所広司)は、「辞退します」という言葉を通訳に習う。

 

しかし、日の丸が描かれた、ポスターと、スタジアムの契約書を見せられて、断るつもりだったのに、引き受けてしまった。

 

ioc委員になった。

 

誰からも賛成されていないのに、ノリで、引き受けてしまって大丈夫か?

 

昭和35年に戻る

古今亭志ん生(ビートたけし)を訪ねて、

五りん(神木隆之介)と、その彼女、知恵 (川栄李奈)が、「古今亭志ん生」を訪ねてくる。

しかし、古今亭志ん生・本人が出ているのに、知らないと言い張る。

 

五りん(神木隆之介)は、古今亭志ん生と気づくと、弟子にして欲しいと頼むのであった。

 

しかし、古今亭志ん生(ビートたけし)は、弟子を取らないと言う。

五りん(神木隆之介)は、親の遺品に、満州で聞いた【古今亭志ん生の落語【富久】は最高だ】と書いてあったそう。

 

引き下がらなかった・・・

 

古今亭志ん生(ビートたけし)の冒頭の落語も、【富久】だったし、重要な意味が入っていそうですね。

 

明治に戻り・・・

嘉納治五郎 (役所広司)は、反対にあうも、【大日本体育協会】を立ち上げる。

 

予選会をしようと言う、嘉納治五郎 (役所広司)に、三島弥彦(生田斗真)は、オリンピックに先駆け、東京でオリンピックをしようと言い出す。

そして、新聞でそのことを公募することになる。

 

駅に沿って、マラソンをする。

 

嘉納治五郎 (役所広司)は、大森兵蔵 (竹野内 豊)と共にスタジアムを建設する予定地を視察。

金なら俺がなんとかすると、三島弥彦(生田斗真)。

 

我々の本気が伝わったら、山は動く。

兄貴に直接言うと、言い出す。

 

金持ち坊ちゃんで、スポーツも万能な、三島弥彦(生田斗真)心強い!

 

清さんも出る

清さん(峯田和伸)が、自分も出たいと、新聞を見て反応する。

しかし、小学校しか出ていない。

応募条件には、学歴が必要だった。

 

清さんは、学歴が足りなかった。

 

そして、嘉納治五郎 (役所広司)は、体調を崩して、糖尿で入院する。

 

すっかり、弱気になった、嘉納治五郎 (役所広司)は、【いだてん】などいないと、弱音を吐く。

 

可児が、いだてんはいます!と、優勝カップを持っていた。

可児さん、用意が良いですね。

 

マラソンの大会が開催!

明治44年。大会が開かれる。

 

清さん(峯田和伸)は、早稲田のゼッケンを付けて、参加する。

 

「あなたは早稲田じゃないだろう」と、双眼鏡を覗く、嘉納治五郎 (役所広司)突っ込まれていた。

 

清さん(峯田和伸)学歴詐称してまで参加(笑)

 

雨が降ってくる。

 

伝令(連絡)が来る。

落伍者5名出た。

 

さらに伝令が来る。

落伍者8名。

 

世界記録を気にする、嘉納治五郎 (役所広司)。

落伍者がどんどん増える。

 

医者が足りない。

 

責任問題だと、反対派の永井道明 (杉本哲太)が、嘉納治五郎 (役所広司)に抗議する。

 

が!しかし!!!

 

伝令係だと思ったら、大雨んで雷雨の中、誰かが帰ってきた。

 

頭から、血を流している男。

 

51番。

 

いだてん。

 

金栗四三 (中村勘九郎)だった。

 

頭から血を流していると思ったら、帽子の塗料が落ちただけ。

 

その様は、まさに歌舞伎役者の化粧、隈取の模様に見える(笑)

 

不可能を可能(嘉納)にすることだと、最後、語りの、古今亭志ん生(ビートたけし)が〆る。

 

確かに不可能を可能にした1話でした。

 

スポンサーリンク

いだてん1話・感想・評価

初回は、見事に裏切られました。

時系列の流れから言うと・・・

金栗四三 (中村勘九郎)メインの話になるのか?と予想していましたが、平沢和重 (星野 源)の英語スピーチがこんな早い段階で入るとは・・・

 

初回は、主に、日本人が、初参加したオリンピックの立役者だった、嘉納治五郎 (役所広司)にスポットライトが当たっていました。

 

w主人公の田畑政治(阿部サダヲ)と、金栗四三 (中村勘九郎)ですが・・・

 

田畑政治(阿部サダヲ)が最初に少し登場して、最後に、金栗四三 (中村勘九郎)が彗星のように現れました。

 

時系列ではないのが、かえって、「いだてん」のW主人公「の紹介の仕方としては、良かったと思いますね。

 

そして、金栗四三 (中村勘九郎)の顔が、まさに、歌舞伎の隈取に見える演出は、これは、「さすが!」とうなる表現でした。

 

物語の序盤から登場して、学歴詐称までした、清さんに注目が集まっている中、颯爽と登場した金栗四三 (中村勘九郎)。

これも、いい意味で、裏切られて、「持っていかれた!」と言うところでした。

 

宮藤官九郎作品に多い、ギャグをふんだんに盛り込まれているのかと、思いましたが、序盤は、いろいろな人物が出てきました。

駆け巡ったといった印象は残ります。

 

五りん(神木隆之介)の親と、志ん生の関係と、【富久】に込められた思いも気になります。

 

過去の大河ドラマと違って、現代に近い時代というのがやはり新鮮ですね。

 

史実としては、マラソンコース設定の考え方の中に、「これは、駅伝か?」という、発想を取ることができて、ここら辺の繋がりも気になりましたね。

 

来週からは、金栗四三 (中村勘九郎)にスポットライトがあてられるようです。

そして、執筆後見た情報で、 【雨に濡れた帽子の赤い染料が四三の顔に垂れてきた、というのは実際に記録に残っているエピソード】らしいです

 

いだてん1話・評価4

 

スポンサーリンク

いだてん・キャスト・スタッフ

【出演】阿部サダヲ、中村勘九郎、綾瀬はるか、大竹しのぶ、役所広司/脚本:宮藤官九郎/音楽:大友良英)

【脚本】宮藤官九郎
【演出】井上剛、西村武五郎、一木正恵、大根仁

【音楽】大友良英

【HP】いだてん

宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く

 

いだてん・見逃した場合は、u-next

「いだてん」を見逃した場合重宝するのが、U-NEXTです。↓

今すぐ・・「いだてん」を視聴する→U-NEXT

 

もっと詳しくいだてん見逃し動画・再放送情報・1話から最新話まで視聴方法・大河ドラマ・中村勘九郎・阿部サダヲ主演

 

無料で視聴できる違法サイトでも見ることができる可能性はありますが、ウイルスに感染してしまったり、被害が生じる場合があります

そういう場合は、自己責任になってしまいます。

危険と隣り合わせの違法サイトを見るのは避けましょう。

 

その点、ご紹介する、国内最大動画配信サービスのU-NEXTは、安心して視聴できます。

 

「いだてん」は、見放題プランではありませんが、はじめての方は、「いだてん」以外にも、8万本の見放題作品はが31日間無料でお試し視聴できますよ

 

U-NEXTは12万本以上のドラマ、映画、アニメが楽しめる、国内最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの見放題作品 80,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しています。(2018 年 10 月 10 日時点)

 

通常は、1,990円かかりますが、はじめて登録する方は、31日間無料お試しサービスを受けることができます。

そして、お試し無料の会員登録の際に600ポイントが付与されます。

 

ちなみに、「いだてん」は、単話で見る場合、1話216円です。

 

お試し中でも600ポイント有効なのが嬉しいです。これで、気になった回の「いだてん」も数話見れてしまいますよ。

 

「いだてん」・見逃した方は、<U-NEXT>で視聴/

(本ページの情報は2019年1月6日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

AD

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




Amazonオーディブルが30日無料体験実施中

本は耳で聴く、新習慣。 Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。 30日間無料体験実施中

-いだてん
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved.