動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

nhk

透明なゆりかご6話~感想・ネタバレ・考察~産めない命と、産まなきゃいけないの狭間で

更新日:

沖田×華さんの原作の漫画をドラマ化作品です。

 

アオイ(清原果耶)はハルミ(モトーラ世理奈)と名乗る少女に誘われ、山道を登っていた。妊娠しているハルミは「山奥の古い家へ行けば、格安で中絶してくれる」と言う…

 

透明なゆりかご6話あらすじネタバレ感想考察になります。

\透明なゆりかごをU-NEXTで見る/

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

2018年8月時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、U-NEXTにて、お確かめください。

スポンサーリンク

透明なゆりかご6話・あらすじ

アオイ(清原果耶)はハルミ(モトーラ世理奈)と名乗る不良っぽい少女に誘われ、山道を登っていた。妊娠しているハルミは「山奥にある古い家へ行けば、格安で簡単に中絶してくれる」と事もなげに言う。アオイは怒って引き止めようとするが、たどり着いた家から迎えてくれたのは何とも優しそうな老夫婦(イッセー尾形・角替和枝)だった。一方紗也子(水川あさみ)は、結局自分が妊娠していなかったことを知り、落胆していた…

Yahoo!テレビより引用

透明なゆりかご6話【いつか望んだ時に】考察と流れ

【中絶=アウス(医学用語で)】と【不妊】の対比。

そこから、妊娠出産、産むことに不安を感じている、望月(水川あさみ)の気づきが得られた回。

 

中絶

中絶をする人は、周りからは、何も考えていないように思えるが、後ろめたい気持ち、いけないことだと、分かっている。

 

中絶=赤ちゃんを殺すことなので当然だ。

 

限界まで悩んで、時には自ら死を選ぶお母さんもいる。それが現実。

 

それに、妊娠は1人ではできない。必ず、相手の男性がいる。男性の身勝手から引き起こすケースすらもある。

 

女性1人を責めることができないのも、また現実。

 

不妊

不妊になると、また女性が高齢になるにつれ、

 

妊娠出産=産みたい

ではなく

妊娠出産=産まなくてはいけない

 

になる。

それが、自分や、周りの旦那、姑、家族をも追い詰めることにもなる。

 

男性側が不妊だと分かると、

 

「本当に俺の子か?」となってしまう男性もいる。

 

赤ちゃんの誕生が、夫婦家族に問題を引き起こし、壊すケースもあるということ。

 

中絶や不妊に立ち会う・寄り添う医療サイド

医療は、本来人を救うもの。

しかし、アウスは、違う。

そこには、医療者としても罪悪感を感じる。

 

しかし、2人の医者それぞれが、中絶に対して、希望を持てる解釈をして関わっている状況を表現されていた。

 

由比先生

「アウスは、いつか望んだ時に、きれいにする手術と考えている」

 

イッセー尾形先生

「断ると、お母さんを責めると、行き場のないお母さんが困ってしまうそれを救いたい」

 

中絶、不妊、妊娠、で、複雑に絡み合う、人間の想いがそこにはあります。

 

スポンサーリンク

透明なゆりかご・6話ストーリー・ネタバレ感想

弱みを握られて付き添い

ハルミ(モトーラ世理奈)に、知り合いが大切に育てていた【バラの花を折った】という弱みを握られる、アオイ(清原果耶)

 

「山奥にある古い家へ行けば、格安で簡単に中絶してくれる」産院に、そのことをダシに、付き添ってほしいと頼む。

 

なぜなら、中絶手術には、付き添いが1人必要だったからだ。

誰にも頼めない、ハルミ(モトーラ世理奈)には、アオイ(清原果耶)が必要だった。

 

しかし、そこは、看板もない。年寄りの夫婦がやっていた。産科見習い看護師のアオイの目には、モグリで、違法行為に思えた。

 

最初は、若い17歳の妊婦にも、産院にも不信感を募らせる。

 

巷では、アウスは10万円、そこは、3万でやってくれるという。

 

袖に、血を付けたアウス後のおじいちゃん先生に、相手の同意書が要らないのにも不信感を覚えた、アオイは直接聞いてみた。

 

おじいちゃん先生は、

「同意書は、法律的にも必ずとは言っていない。先月は3人続けて山田さんだったよ。」と。

 

同意書なんて形ばかりのもので、嘘ばかりで必要がないとなってしまったんでしょうね。

 

そして、「本当は、無料にしたいんだけど、最低限の費用はもらっている。そうしないと本当に違法になってしまうから・・・」

 

とおばあちゃんは言ったのだ。

 

正義感たっぷりの、アオイは聞きます。

 

「罪悪感なく中絶する人が増えませんか?」

 

ひっきりなしに来るんだ。

遠い所からも来る。

若い人も年配の人も。

それぞれの事情を抱えて・・・

 

あの台にあがって出来ちゃったら、また、堕ろせばいいと思う人なんていないと思うよ。と言うおじいちゃん先生。

 

全てを分かって、あったかく、包み込むような、この老人夫婦の病院はお助け小屋のような存在なのですね。

 

帰り際、バス代をお年玉のポチ袋に入れて渡す。

 

ごめんね。去年の干支でと言い。

体大事に。帰りは歩かないで、バスで帰りなさいという、また、老夫婦の優しさだった。

 

人柄があらわれていますよね。

 

おばあちゃん、「またいつでも、いらっしゃい。」

ハルミ「そっちも元気でな。死ぬなよ。」

おじいちゃん先生「そりゃ、分らん、(笑)」

 

このやりとり最高過ぎますね。

 

スポンサーリンク

ハルミが最初から老夫婦のところに来なかった理由


ハルミ「あそこのじいちゃん、腕はめちゃくちゃいいんだよ。見た目くたばりそうだけど。」と言った。

 

2回目の中絶に真っ先に選べなかった理由は、がっかりさせたくなかったからだと言う。

 

余計な説教したり、普通の大人ならするだろう。

なのに、あの2人は何も言わない。一言も責めない。

なんかあったら、またおいでって。

馬鹿だろう。また来ちゃだめだろうって。

 

でも、・・・だからもう絶対来ないようにしようって。決めて頑張ってたんだけどね。

私も馬鹿だけど、赤ちゃんも馬鹿だよ。ちゃんと産んでもらえる人のところに行けばいいのに。と、ハルミは漏らした。

 

ハルミも分かっているんです。頭では分かっていた。でも・・・というところですね。苦悩が見えました。

 

帰りの、堕胎手術後で疲れて眠るハルミに、アオイは、肩を貸す。

 

最初反発していた、アオイも、老夫婦の想いと、ハルミの事情を分かり寄り添った。アオイの気持ちの変化を表現していますね。

 

忘れていったハンカチ

お仏壇に手を合わす、おばあちゃん(角替和枝)

 

そこには、ハンカチが置かれています。

 

老夫婦は話します。

今日来たお嬢さんは、あの娘に似ていたねと話す。

なんも言わずにきれいにしてあげれば、死ぬようなことはなかったね。

 

以前は、老夫婦も説教をしたのでしょう。

 

しかし、良かれと思ってやった説教が裏目に出ました。

 

そのハンカチは、堕胎後に自殺を図った若い女性の忘れ物でした。

 

老夫婦も、罪悪感が消せないのでしょう。それと、説教をしても、相手を追い詰めるだけだとそこから学んだのですね。ハンカチの小道具がばっちり効いています

 

スポンサーリンク

産まなきゃの末の不仲・流産~不妊

アキ(西原亜希)は、高齢の妊婦。姑にもいろいろ言われていてやっと授かった命だった。

やっとできた赤ちゃんなのに、細胞分裂が途中で止まってしまった。

流産してしまった。

悲しむ、アキ。

妊娠が分かった時、旦那に、「本当に俺の子か?」と言われたことから離婚をすると言い出します。

 

その質問をした理由は、夫が不妊傾向があると検査で分かったからだ

 

結構不妊の原因が旦那にあったって話最近聞きますね。でも、それでも、妊娠出産に成功した知人がいましたよ。

 

病室で、離婚届を見つめるアキ(西原亜希)

もう無理しなくていいという。姑には、旦那から言っておいたと、言う。

 

アキは、望月に、赤ちゃんを産まないといけないと必死で、頑張ったのにこの結果になってしまった。

旦那とも元は仲が良かったのに、とこぼす。

 

望月紗也子(水川あさみ)は、アキに共感します。

 

よくわかんない世間のプレッシャーとかでぐるぐるするけど、産まなきゃじゃないよね。産みたいだよね

 

泣ける。女の人って変なプレッシャーありますよね

 

 

後日、アキが夫婦で訪れます。

あれからいろいろ考えたの。私産みたい。仁志さんとの赤ちゃん欲しい。

産まなきゃじゃなくて。だから、がんばりたいという、アキ。

 

母親になるために妊娠するのか

婦長(原田美枝子)は、自分は、子供を産む人生を選択しなかったけど、母になるために、生きる自信がでるならそれでいいのではないか?と言う

 

望月(水川あさみ)は、なんで女ばかり苦しまないといけないんだって文句を言い。生理がきちゃった落ち込む。

 

揺れ動く、望月ナースです。

お母さんがアオイの職場に来る

アオイのお母さん(酒井若菜)が、由比医院に来ます。

望月が対応します。

心から患者さんに寄り添おうとする所、えらいなと思ってと言う、望月(水川あさみ)。

 

度胸もあるし、真面目だし、看護師に向いていると思いますよ、の言葉に感動して涙する、アオイの母。

 

望月「お母さんってありがたいですね。」

 

どうでしょう。

 

望月は産む産まないで揺れ動く

望月は、ナースは一生やっていきたいと即答できるも、子供を産みたいか?は即答できない。かといって、産まない選択もできないと正直な気持ちを吐露する。

 

夫のことも考えると産んだ方がいいと思うとも。

 

だから、妊娠したかった。妊娠したら、覚悟決めて産むだけだから。

 

確かに、妊娠出産ってそういうところありますよね。

 

後は、悩まずに済む。

アオイは言います。もし、望月さんに赤ちゃんが生まれたら、最高にママ想いだと。

 

 

産まれてくる前から、ママの悩みを解消してくれるママ想いの子供だというアオイ。

 

アオイは、ハルミとの話を望月にします。

 

赤ちゃんも馬鹿だと。何度も産めないお母さんのところに来ている赤ちゃんは馬鹿。

赤ちゃんが来るか来ないかも、分んないのに、悩んでも仕方ないわねと元気になる、望月だった。

 

 

アオイに感謝する。ものの見方がすごいと褒める。

 

最後、ハルミが、老夫婦のところに、赤ちゃんを見せに行く映像が映る。

 

最後は、サービスショット、そうなったらいいのになの映像でしたね。

 

透明なゆりかご6話・総評・評価

老夫婦のいきさつが深かったですね。

いろんな事情あるかもしれないけど、責めちゃ駄目だっていうけど、自分でコントロールできる部分が大きいですよね。

仕方のない例はあるとは思いますが、産めないのに妊娠する悲劇こそ、ありません。

そして、産まなきゃという、変な焦り、これは女性の一生の中で、迫りくるように、付きまとう現実ですね。

 

 

透明なゆりかご6話~評価4.2

 

透明なゆりかご・キャスト・スタッフ

出演

清原果耶,瀬戸康史,酒井若菜,水川あさみ,原田美枝子,モトーラ世理奈,角替和枝,イッセー尾形,西原亜希,村上新悟

原作・脚本
原作
沖田×華,
脚本
安達奈緒子
音楽
音楽
清水靖晃

参考:透明なゆりかご・ドラマ公式

\透明なゆりかごをU-NEXTで見る/

 

2018年8月時点のものです。時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、U-NEXTにて、お確かめください。



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-nhk

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.