動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

フジテレビ

ミラー・ツインズ1話ネタバレ感想・圭吾(藤ヶ谷太輔)の背中の傷痕は何?見逃し・あらすじも

更新日:

 

ミラー・ツインズ1話ネタバレ感想考察になります。

藤ヶ谷太輔が刑事と犯罪者の2役に挑む、究極の心理サスペンス

 

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ~1話あらすじ

  30歳の圭吾(藤ヶ谷太輔)には、20年前に公園で誘拐された双子の兄・勇吾(藤ヶ谷=2役)がいる。当時、捜査は勇吾の安否不明のまま打ち切られた。圭吾は刑事となり、現在、警視庁捜査一課に属しながら、自身の手で勇吾の事件の真相を明らかにするとの執念を抱いている。そんな圭吾を、恋人の里美(倉科カナ)や、当時捜査を担当した所轄署刑事・皆川(高橋克典)らは案じる。

YAHOO!TVから引用

 

ミラー・ツインズ~見逃した方は

詳しく→ミラー・ツインズ~見逃し・動画配信・視聴方法~藤ヶ谷太輔主演作品1話から最新話まで無料期間あり

\ミラーツインズ~・見逃した方はFODで配信中です/

(AD)

FODプレミアム

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

葛城圭吾 (藤ヶ谷太輔)が、テレビをじっと見つめる。

当時10歳だった少年が誘拐された事件。

20年前、誘拐されたのは、双子の兄・勇吾(藤ヶ谷=2役)だ。

その事件の、時効間近になり、圭吾の父親の栄一(佐戸井けん太)が、私的懸賞金の1億円を出すという番組に出演していたのだった。

なぜかと言うと、母親の春江(中村久美)が余命宣告を受けたからだ。

1億円とは、金持ちか!

双子の弟、現在の圭吾 の顔をもとにして、現在予想される似顔絵の参考画をテレビで、流す。

20年前の事件の経緯

圭吾の双子の兄・勇吾(藤ヶ谷=2役)が誘拐された事件。

当時事件を担当した警察は、キャリア組の久能源一郎 (石黒賢)と、所轄の皆川耕作 (高橋克典)。

双子の片割れの、圭吾に身代金を持って来るように犯人から指示される。

電話ボックスの電話が鳴る。

圭吾が、電話ボックスに入り、電話を取り指示を受ける。

 

圭吾は、指示通り、歩道橋からバッグを落とした。

すると、バイクが現金が入ったバッグを持ち去った。

それから、犯人からの連絡は途絶えて、勇吾は、見つかっていない。

犯人頭良すぎるだろう。そして、警察は、十分に警備していたはずなのに、なんでバイク追いかけられなかったのか。

 

現在の圭吾 (藤ヶ谷太輔)

現在の、圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、捜査一課のエリート刑事。

先輩の赤城克彦(渡辺大)から、警察の恥さらしだ、正義感を振り絞って刑事になったのか?などと、パワハラまがいに高圧的な態度を取られる。

 

圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、事件現場付近に、行き物思いに浸る。

 

恋人の白石里美 (倉科カナ)から電話が掛かってきて、自宅に帰る。

 

圭吾 (藤ヶ谷太輔)が帰ろうとした矢先に、田島という男が、何者かによって刺された。

子の田島は、勇吾の情報提供をしようとしていた。

倒れていた田島は、毛髪を握っていた。

近くにいた、圭吾が、第一発見者となり、救急車を呼ぶ。

偶然、現場近くにいた圭吾です。そして、第一発見者。

田島が刺された対策室

田島修二が刺されて重症で、意識は戻っていない。

圭吾 (藤ヶ谷太輔)が報告をしていると、赤城克彦(渡辺大)から、ゲキが飛ばされる。

 

所轄の、皆川耕作 (高橋克典)と、久能詩織 (武田梨奈)が、内輪もめしている場合じゃないと言う。

 

詩織は、源一郎 (石黒賢)の娘。

所轄で研修を受けているが、エリート。

 

昨日から、帰っていない、圭吾 (藤ヶ谷太輔)。

皆川耕作 (高橋克典)は、それを見抜き一回、帰って着替えてきなさいと心配する。

優しい、皆川耕作 (高橋克典)

白石里美 (倉科カナ)

白石里美 (倉科カナ)は、圭吾の帰りを、待っていた。

テレビ見たという。

 

圭吾は、自分の幸せも考えて欲しいと、里美 に言われる。

 

里美「(私は)いつまで待てばいい?そして、圭吾は、いつまで苦しみ続ければいい?」と。

 

圭吾は、あの時、勇吾を一人で帰さなければよかったとずっと悔やんできたのだった。

亡くなってしまったり、誘拐されて帰って来ないとなると、自分を責めてしまうのも無理はない。

 

田島修二の残したもの

呼吸器を装着して、寝たきりの、田島に、赤城克彦(渡辺大)にも質問する。

田島が、圭吾 (藤ヶ谷太輔)を見ると、ものすごく驚き指を刺す。

言葉は話せないが、自分を刺したのは、「こいつだ」とでも言わんばかりだ。

 

圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、犯行現場に残されていた毛髪と、自分のDNAを一致しないか、鑑識に、調べてもらうことにした。

 

父親にも、それを話す。

しかし、父親は、自分の兄を犯人だと思うのかと、信じられない様子。

 

母親の春江(中村久美)の入院している、病院に、資産を管理している、尾御門(温水洋一)が慌ててやってくる。

懸賞金1憶なんて聞いてないと。

葛城家に財産がなくなったら、他の顧問先を探すと言われて、少し落ち着いた様子。

身代金5,000万取られて、まだ、懸賞金1億円あるんだから、相当の金持ちってことですよね。

 

皆川耕作 (高橋克典)は父親的存在

圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、若いから自分を大切にしろと、皆川耕作 (高橋克典)にも言われる。

 

圭吾 は、皆川みたいな刑事になりたいと言う。

皆川は、所轄のしがない刑事。

圭吾は、捜査一課のエリート。

お前にも幸せになる権利があると言う。

 

皆川耕作 (高橋克典)の妻、さつき(櫻井淳子)に、冬よりも厳しい、春がきたのをあなたの顔見て分かると言われる。

子供のいない皆川夫婦。

圭吾も勇吾も子供みたいなものだと思っているそう。

 

皆川耕作 (高橋克典)は、そんな妻に、子供がいない分夫婦の時間を楽しんだと言う。

皆川優しいな。圭吾も妻も励まし。そして、圭吾のもう一人の理解者、里美と同じことを言っていますね。

 

葛城圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、家に帰ると、里美 (倉科カナ)を抱きしめる。

俺のことをきちんと見てくれたという。

 

皆川に、「お前も幸せになれ」と言われて、里美との関係を今一度振り返って感極まる圭吾でした。

父急死

圭吾 (藤ヶ谷太輔)の父親の栄一(佐戸井けん太)は、事故を起こして亡くなってしまった。

運転が上手かった人。事故を起こすなんて考えられないと言う。

勇吾の呪いだ。

圭吾 の存在をほのめかした、俺が父を殺したんだと悔やむ。

 

白石里美 (倉科カナ)が、「どうして、勇吾が生きているなんて言うのか」と質問する。

圭吾は、毛髪のことを説明する。

常識的に考えて生きている訳ないが・・・本当に勇吾だとしたら・・・

事件から20年経ち、生きてたら、30歳。家族の前に姿を現さない訳ないよねってなるよね。

DNA一致

鑑識から電話が掛かってくる。

容疑者と、圭吾のDNAが一致した、という報告だった。

圭吾は、確信します。

勇吾は、生きていると。

 

白石里美 (倉科カナ)に、被害者にすぐに会いに行けと言われる。

しかし・・・呼吸器が外れていて、危篤になってしまって、亡くなってしまった・・・

 

原因は、人工呼吸器が外れていたことだった。

赤城克彦(渡辺大)は、お前は何をした?と。

一卵性双生児のDNAは、一致すると。

荒唐無稽だが、一理ある。

もう一人、田島を殺した可能性のある人物がいると言う。

 

お前だと・・・

 

圭吾 (藤ヶ谷太輔)は、事情聴取されることになってしまった。

あらら。そうなるよね。

白石里美 (倉科カナ)は、家に戻る。

部屋には、男の靴がある。

部屋にいるのは、圭吾の兄の、勇吾(一卵性双生児なので、藤ヶ谷太輔)だった。

えっ?それはーーーーー!!!じゃあ、圭吾 は、騙されているってことか。可哀そうすぎる。

 

里美 (倉科カナ)の部屋の壁には、調べあげた痕跡が貼ってある。

圭吾も、殺された田島修二の写真も貼ってあった。

 

勇吾の方の、藤ヶ谷太輔は、白石里美 (倉科カナ)とベッドシーン。

勇吾の方の、藤ヶ谷太輔は、背中に深い傷跡があった・・・

 

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ~1話・感想・評価

いやーやられました。

最後の展開、度肝抜かれましたよ。

 

でも、初回に、白石里美 (倉科カナ)は敵だと分かったのは、見ているこっち(一視聴者)としては、良かった。

こんな清純そうな、尽くしてくれている人が、最後の最後まで、圭吾にとって悪人だと気付かないとしたら、もっと見ているこちらの心がえぐられてしまうので。

 

ということで、製作者の方々、ありがとうございます。

 

倉科カナの、圭吾への多大の理解の天使ぶりに、騙された~!

 

勇吾が、葛城家に戻ってこないのは、悪人に育てられて、悪になってしまったのか。

それとも、葛城家に恨みがあるのか。

少なくとも、恨みがあるんだろうな。

里美 (倉科カナ)は、勇吾の手先になって、理解のある恋人として、圭吾の所に行っているのだから。

 

圭吾 (藤ヶ谷太輔)が、たびたび、都合よく、田島修二が殺されたのを発見したり、人工呼吸器が外れていた現場に、第一発見者になったのも頷ける。

 

台詞と脚本がいいです。

皆川耕作 (高橋克典)の妻、さつき(櫻井淳子)のセリフで、【冬よりも、辛い春がきたのを、あなたの顔を見て感じる】のようなセリフがあったけど、これだけで、20年前の誘拐事件は春起こったことが分かる。

 

そして、何年も苦悩し続けている、皆川も分かる。

ヒール役の、赤城克彦(渡辺大)も良いです。

たいてい、ヒール役は悪目立ちすることが多いけど、このヒール役は、マッチしているから違和感がない。

後々、味方になってくれることでしょう。

味方になってくれたら100人力だ。

 

そして、勇吾(藤ヶ谷太輔)の背中の傷痕は何だろう。

この傷のおかげで、心にも傷が入ってしまったのだろうか。

 

東海テレビ、WOWOWの共同制作ドラマ面白いです。

 

ミラー・ツインズ・1話評価4.2

 

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ・キャストスタッフ

ミラーツインズ・公式

キャスト

藤ヶ谷太輔
葛城勇吾 役
20年前、誘拐事件の被害者となり死んだと思われていたが、実は生きていた。事件以降は苦難の道を歩んできたため、自分の人生を狂わせたすべての人間に復讐したいと考えている。性格は破天荒で自由奔放。コーヒーは砂糖を入れて飲む。

倉科カナ
白石里美 役
圭吾の恋人で、都内の一軒家レストランでシェフとして働いている。圭吾から20年前の事件のことを聞いており、圭吾の心境を思いやっている。圭吾には、過去のことは忘れて自分の幸せを考えてほしいと思っているが、それが原因で関係がギクシャクしてしまう。実は、自身も過去に暗い秘密を抱えている。

渡辺大
赤城克彦 役
警視庁捜査一課の刑事。同僚の圭吾をライバル視している。監察官出身で、疑わしければ身内でも容赦しない。警官という職業に誇りを持っている、頭の固い官僚タイプ。

武田梨奈
久能詩織 役
警視庁緑坂署刑事課の若手刑事。久能の娘で、父に憧れて警察官になった。正義感が強く、20年前の誘拐事件が未解決で時効になったことを悔しく思っている。教育係でもある皆川とコンビを組む。

石黒賢
久能源一郎 役
警視庁捜査一課長。キャリア組。20年前の誘拐事件の時に捜査を主導したため、未解決のままで時効を迎えたことを無念に感じている。ノンキャリアの皆川とは、立場は違うが同志のような関係。

高橋克典
皆川耕作 役
警視庁緑坂署刑事課の刑事。20年前に誘拐事件の捜査を担当したが、未解決のまま時効を迎えたため、いまだに引きずり、犯人を追い続けている。妻はいるが子どもはおらず、圭吾のことを自分の子のように思い見守ってきた。刑事になった圭吾にとっての、よき相談相手で理解者。

スタッフ

脚本:高橋悠也
監督:村上正典
監督:池澤辰也
監督:守下敏行
監督:野田健太
プロデューサー:市野直親
プロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:黒沢淳

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

詳しく→ミラー・ツインズ~見逃し・動画配信・視聴方法~藤ヶ谷太輔主演作品1話から最新話まで無料期間あり

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

\ミラー・ツインズをFODプレミアムで見る/

(AD)
FODプレミアム

2019年4月6日現時点での情報です。FODでお確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.