フジテレビ

ミラー・ツインズ8話最終回・ネタバレ感想・皆川耕作 (高橋克典)にガッカリ・・・あらすじ・考察

投稿日:

 

ミラー・ツインズ8話最終回ネタバレ感想あらすじ考察になります。

藤ヶ谷太輔が刑事と犯罪者の2役に挑む、究極の心理サスペンス

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ~最終回・8話あらすじ

【最終回】
久能(石黒賢)が逮捕された。だが久能は赤城(渡辺大)に「裏切り者はもう1人いる」と告げる。圭吾(藤ヶ谷太輔)は母・春江(中村久美)が残した手紙で、自分達の遺伝子上の父親が皆川(高橋克典)と知り、衝撃を受ける。その皆川は誘拐犯への復讐を遂げた勇吾(藤ヶ谷=2役)と里美(倉科カナ)を逃がそうとしていた。一方、圭吾が里美に託した‘母の思い’を知った勇吾は…。

YAHOO!TVから引用

ミラー・ツインズ・最終回・8話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

勇吾(藤ヶ谷太輔)の追及によって現・捜査一課長の久能(石黒賢)が逮捕される。だが、久能は赤城(渡辺大)に「裏切り者はもう一人いる」と伝える。一方、圭吾(藤ヶ谷/2役)もまた勇吾の協力者が誰なのか疑念を深めていた。そんな中、母・春江(中村久美)が遺した手紙で衝撃的な事実を知る圭吾。圭吾と勇吾の遺伝子上の父親は――皆川(高橋克典)だった!

皆川は、復讐を遂げた勇吾と里美(倉科カナ)を逃がすための算段を始めていた。警察や圭吾がどこまで追ってこようが、勇吾を逃がし切る。それが皆川の最後の目的だった。
一方、思わぬ形ではあったが誘拐犯たちへの復讐を遂げた勇吾。圭吾が里美に託した“母の想い”も知り、勇吾の中で何かが変わろうとしていた。だが――
これからの事はゆっくり考えよう、と言う里美に、寂しげに微笑む勇吾。里美はその表情に一抹の不安を覚えて――

「勇吾と何があったのか、全て教えてください」
勇吾の協力者が皆川であることを確信した圭吾は、皆川と対峙する。証拠がないとはぐらかそうとする皆川を、圭吾は「家族の僕には知る権利がある」と見据える。その目の強さに、皆川は静かに語り出す。全ての真相を…そして勇吾の最後の願いを――
「あいつの最期の望みは……英里ちゃん(里美)の幸せだ」
その頃、勇吾は里美と共にある海辺に来ていた。「どこに逃げるの?」と聞く里美に、「もう二度と戻れない場所だ」と告げる勇吾。そして覚悟を決め振り返る。
「お前とはここまでだ。……お前は連れていかない」

20年前の誘拐事件がもたらした数奇な運命に翻弄された宿命の双子。
勇吾の哀しき復讐の結末は!?果たして圭吾は勇吾の心を救うことが出来るのか!!?
愛と裏切りのクライムサスペンス。慟哭のシーズン1、ついに完結!!

公式HPより引用

勇吾との絆

勇吾(藤ヶ谷太輔)と、里美(倉科カナ)を見守り続けた皆川耕作 (高橋克典)。

自分が、遺伝上の父親であることが、判明し、勇吾に父親として何ができるか考えて、【復讐】に協力し続けてきた皆川。

 

全て復讐は終わったのに、終わっていないと言う勇吾。

 

勇吾は、圭吾(警察)から逃げると言う。

 

これも、また、皆川は応援する。

 

なぜ皆川が父親?

圭吾たちの父親である栄一は、無精子症で、不妊症だった。

本来ドナーとは、接点もなく、自分の子供と会うことはない・・・・

 

母親は、勇吾の誘拐で、実の父親が、皆川だと知る。

 

当初、勇吾を誘拐をしたのは、精子ドナー提供者ではないか?という線もあったからだ。

 

調べてみると行きついたのは、自分皆川耕作だった。

 

現在の妻さつき(櫻井淳子)と出会う前に、役に立てればとドナー登録したのだった。

圭吾からの呼び出し

皆川耕作 (高橋克典)は、何も知らないさつき(櫻井淳子)と、海外旅行でも行こうと話していた。

圭吾は、皆川を呼び出し、母親の書いた手紙を見せる。

 

警察内部の人間が、勇吾に加担したのは、なんでなのか?と思っていた。

圭吾は、皆川が、勇吾の父親だからだろうと、推測したことを話す。

 

圭吾は、皆川に、勇吾と何があったのか教えて欲しいと頼む。

 

皆川が話し出す。

捜査本部が縮小されても、諦めなかった皆川。

幼い頃の、勇吾と英里に出会う。

 

俺は君の父親だからだと話した。

正当防衛だと言えば、罪にならないことも教えた。

しかし、復讐すると決めたと言う、勇吾。

復讐だけが、勇吾の生きる目的になった。

 

罪の意識はないのか?という圭吾に対して、皆川はこの件で、黒幕を逮捕できた。

 

皆川は、圭吾に、聞かれたら全部教えて、全部答えようと思っていたと話す。

 

圭吾は、皆川を責め立てる。

 

すると、ただ助かりたい一心で、手を染めた。

どれだけの恐怖だったか、地獄だったか想像がつくか?と勇吾の気持ちを話す。

 

勇吾の生きがいは、復讐という執念だけだったのだと、皆川は力説。

皆川は、勇吾のせいにするなと、圭吾 (藤ヶ谷太輔)に責められる。

 

父親としての存在を失いたくなかったんだろう?と責める圭吾。

 

圭吾は勇吾と話したいと皆川にお願いする。

 

電話で、復讐は終わったお前は、罪を償えと伝える。

しかし、勇吾は従わない。逃げると言う。

 

電話を終えた圭吾に、皆川は、日没前、海浜島漁港にいる、1人で来いと教わった。

 

勇吾の作戦

英里(倉科カナ)と逃亡しようと準備をしていた。

英里は、勇吾に、荷物これだけ?とキスをする。

 

詩織 (武田梨奈)は復帰する。

 

葛城勇吾の目撃情報があった。

 

元には戻れない場所に逃げると言う、勇吾。

英里に、悪かったなと謝る。

 

そして、お前とはここまでだと言う。

お前は置いていく

この20年のすべてを忘れろと言う。

足手まといだとも。

 

お前のことを利用していたんだと話す。

 

圭吾が勇吾を追いかける。

 

英里(倉科カナ)は、勇吾に、行かないでと引き止める。

 

勇吾は、英里をロープで縛り付ける。

勇吾は、小型船に乗って、行ってしまった。

 

勇吾が旅立った途端に、圭吾が追いつく。

皆川は、圭ぞに、勇吾は自分自身が消えることを望んだんだと話す。

 

圭吾は陸から、勇吾を追いかける。

 

圭吾は勇吾に、悪かったと謝る。

勇吾が生きててくれてうれしかったと叫ぶ。

 

勇吾と圭吾が子供の頃、野球をして、遅くなった時の映像。

どこか、疎外感を感じていた、勇吾。

 

突如、勇吾の乗る船が燃えてしまった。

勇吾は、自殺を図ったのだった・・・

 

その後

その後、英里(倉科カナ)が捕まる。

勇吾(藤ヶ谷太輔)は自殺と認定される。

久能源一郎 (石黒賢)は逮捕された。

 

圭吾はお願いして、皆川耕作 (高橋克典)が借りていたアパートに連れて行ってもらう。

 

圭吾は、罪を償う気持ちはないのですか?と聞くも、皆川耕作 (高橋克典)は、自分が刑務所に入っても、税金泥棒になるだけだと言う。

それより、警察官の職務を全うすることが贖罪だと言う。

 

圭吾は、きっぱりと、僕の父親は、あなたじゃない。葛城栄一だと言う。

 

皆川は、復讐に燃えた勇吾と、同じ目をしているなと圭吾に、言う。

 

詩織 (武田梨奈)は、父と向かい合い警察官をやめると言う。

 

全て筋書きだったのかもと、赤城克彦(渡辺大)。

俺たちは、あいつ(勇吾)に負けたのかも・・・

 

里美(倉科カナ)は、勇吾が亡くなった場所に行き花を手向ける。

そこに、圭吾が登場する。

 

里美は、圭吾からもらった指輪を外し、返す。

 

里美は、圭吾に、勇吾は私の全てだったと話す。

 

里美が泣き出すと、圭吾はハンカチを渡す。

 

俺たちが生きている限り、勇吾は消えることはないと話す。

 

鏡を見えるが、左右が反転した顔だ

真実の姿ではない。

 

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ~最終回・8話・感想・評価

なんだかな。

皆川耕作 (高橋克典)が、分からないな。

圭吾の言う通り、父親面できるから、勇吾の復讐を応援していたのかな?と思えてならない。

今は、毒親、毒親ひとくくりに言う時代だけど。

子供が、復讐に燃えるのを応援する親ってどうよ。

子供の意向に反して捻じ曲げたりすると、毒親と言われがちだけど、これはないよな。

素直に息子の言うこと聞き過ぎだよ。

幼い勇吾を保護して、復讐なんて言っていないで、実の親の元に返すべきだよ。

そもそも、あなたは、ドナー提供者なだけなんだし。

圭吾が、きっぱりと、「自分の父親は、あなたじゃない。葛城栄一だ」って言ってくれてジーンとしたし、天国のお父さんも喜んでいるよ。

復讐に燃えて、自ら命を絶つ(実際は自殺しないのを知っているのか分からないけど)息子のことを見守るってさ・・・

 

そういう意味では、英里も英里だよね。あなたも、こうなる前に、復讐なんてして何の意味があるの?と、本当に愛しているなら説いてもらいたかった。

と、考えると、皆川と英里も、どこかで勇吾の復讐に賛成だったと言えるよね。

 

皆川は、黒幕が、久能源一郎 (石黒賢)だっただけに、そういう観点からは、復讐に燃える勇吾に加担する気持ちも分からなくはないが、大切な息子だろうよ。

 

警察官でありながら、息子を間違った正義感で、息子の犯罪に協力するのって何なの?

勇吾を犯罪モンスターに成長させたかったの?

 

一番ひどいと思うのは、いくら、勇吾の犯罪の手助けだとしても、圭吾が里美に騙されて付き合っているのを見過ごしてたんだから。

 

【復讐】よりもひどいよね。

 

その上、勇吾の存在を知らない警察組織に、圭吾は犯人とまでされてしまって、圭吾は、皆川耕作 (高橋克典)を心から憎んでもいいと思う。

いや、ぜひ、憎んでください。

 

【正義】のために、人の気持ちまで逆手に取るやり方って本当ひどいよな。

 

しかも、独りよがりな正義だよ。

 

復讐しなくても、黒幕にたどり着くことはできなかったのだろうか。

 

復讐ったって、勇吾の言うそれは・・・その人の命を一瞬で、奪うことでしょう。

その人の命を一瞬で、奪うよりも、警察に逮捕されて、何時間も、何日も、罪を償う期間を設けて、やってしまった事実と向き合い、しっかりと反省する場があった方が、罪を償うと言えると思うけどな。

次に、良かったシーンの話。

圭吾が勇吾を追いかけるシーンで、海と、陸で、それぞれの道をひた走るシーンが、別々の人生を歩んできたという表現がダイレクトに伝わり、演出が良かったと思う。

 

英里がロープで縛られてしまう所も、切なさが募って良かった。

 

高橋克典は前から好きな俳優さんだったけど、このミラーツインズで、藤ヶ谷太輔、倉科カナの魅力がすごい伝わってきた。

脚本も良かったのだろうけど、演者が光るドラマって、面白く、総合的に評価が高くなってくると思う。

ミラーツインズ、きっかけに、好きな俳優さんにリストインされました。

 

ミラーツインズまさに、鏡のような2人。

そして、恋人までも共有するという意味でも、かなり、しっかりとした構成になっていると思う。

 

最後が、結構好きだった皆川に裏切られた形になって、がっかりってイメージ。

第2シーズンで挽回があるのかな?

ミラーツインズの第2シーズンはWOWOWで放送が決定されています。

 

申し込みはこちらから↓↓



 

ミラー・ツインズ・8話評価4.2

 

スポンサーリンク

ミラー・ツインズ・キャストスタッフ

ミラーツインズ・公式

キャスト

藤ヶ谷太輔
葛城勇吾 役
20年前、誘拐事件の被害者となり死んだと思われていたが、実は生きていた。事件以降は苦難の道を歩んできたため、自分の人生を狂わせたすべての人間に復讐したいと考えている。性格は破天荒で自由奔放。コーヒーは砂糖を入れて飲む。

倉科カナ
白石里美 役
圭吾の恋人で、都内の一軒家レストランでシェフとして働いている。圭吾から20年前の事件のことを聞いており、圭吾の心境を思いやっている。圭吾には、過去のことは忘れて自分の幸せを考えてほしいと思っているが、それが原因で関係がギクシャクしてしまう。実は、自身も過去に暗い秘密を抱えている。

渡辺大
赤城克彦 役
警視庁捜査一課の刑事。同僚の圭吾をライバル視している。監察官出身で、疑わしければ身内でも容赦しない。警官という職業に誇りを持っている、頭の固い官僚タイプ。

武田梨奈
久能詩織 役
警視庁緑坂署刑事課の若手刑事。久能の娘で、父に憧れて警察官になった。正義感が強く、20年前の誘拐事件が未解決で時効になったことを悔しく思っている。教育係でもある皆川とコンビを組む。

石黒賢
久能源一郎 役
警視庁捜査一課長。キャリア組。20年前の誘拐事件の時に捜査を主導したため、未解決のままで時効を迎えたことを無念に感じている。ノンキャリアの皆川とは、立場は違うが同志のような関係。

高橋克典
皆川耕作 役
警視庁緑坂署刑事課の刑事。20年前に誘拐事件の捜査を担当したが、未解決のまま時効を迎えたため、いまだに引きずり、犯人を追い続けている。妻はいるが子どもはおらず、圭吾のことを自分の子のように思い見守ってきた。刑事になった圭吾にとっての、よき相談相手で理解者。

スタッフ

脚本:高橋悠也
監督:村上正典
監督:池澤辰也
監督:守下敏行
監督:野田健太
プロデューサー:市野直親
プロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:黒沢淳

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

 

ミラー・ツインズ~見逃した方は

詳しく→ミラー・ツインズ~見逃し・動画配信・視聴方法~藤ヶ谷太輔主演作品1話から最新話まで無料期間あり

最終回→ミラー・ツインズ8話最終回・見逃し配信動画・無料で見れる?5月25日放送分

\ミラーツインズ~・見逃した方はFODで配信中です/

(AD)

FODプレミアム

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

\ミラー・ツインズをFODプレミアムで見る/

(AD)
FODプレミアム

2019年5月26日現時点での情報です。FODでお確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




ミラーツインズの第2シーズンはWOWOWで放送が決定されています。

-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.