TBS

凪のお暇6話ネタバレ感想・坂本(市川実日子)を詐欺から救い出せ!あらすじ・考察・解説も

投稿日:

凪のお暇6話ネタバレ感想考察になります。

黒木華の主演で人気漫画を連続ドラマ化! 幸せを目指して人生を“リセット”する物語

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

凪のお暇~6話・あらすじ

 凪(黒木華)はスナックのママ(武田真治)に誘われ、オープンしたばかりの2号店でアルバイトを始めるが、会話がうまくできず悩んでいた。そこに龍子(市川実日子)が現れ、就職が決まったことを凪に報告する。一方、凪からあることを言われたゴン(中村倫也)は、彼女の姿を見ると胸が痛むことに気付く。そんな折、店で働いていた凪は、偶然来店した慎二(高橋一生)と鉢合わせる。

YAHOO!TVから引用

凪のお暇・6話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

ゴン (中村倫也) と別れ、再びリセット人生をスタートした 凪 (黒木華) は、ママ (武田真治) から声をかけられ、スナック 「バブル」 2号店でボーイとして働くことに。ママや 杏 (中田クルミ) の接客の邪魔にならないように、雑用を片付けるが、時折、お客さんから話を振られてもうまく答えることができず落ち込んでいた。

一方、慎二 (高橋一生) は、会社の同僚の 円 (唐田えりか) と交際をはじめ、楽しいオフィスラブを送っていた。ある日、「バブル」 2号店を訪れると、ボーイとして働く凪と鉢合わせをしてしまう。しかし、慎二はそれをママたちに悟られないよう、いつもの営業スマイルで初対面のフリをするが…。

その頃、凪から返された鍵を見つめ、自分の中に起きている感情の変化に戸惑うゴン。凪のことを考えると胸がチクッとする、この胸の痛みがなんなのか分からないでいると、緑 (三田佳子) からそれは “初恋” だと言われ、凪のことを好きだと自覚するが…。

 

公式から引用

続き・・・

凪(黒木華)と、龍子(市川実日子)とみすず(吉田羊)は仲良しになって、人生ゲームをしたりした。

龍子は、東大を出ていることを知る。

 

龍子(市川実日子)が就職した会社は、ブラック企業且つ、詐欺会社。

龍子をセミナーから救い出した凪(黒木華)。

凪(黒木華)もまた、人に関心がないからこそ、会話が続かないことに指摘されて気付く。

凪は、龍子に興味を示す。

凪は、いつも、空気が読めないと言われてきた坂本と、「友達になりたい」と言い出す。

メガバナナパフェ2つ注文する。

そんなメニューない。

しかし、機転を利かせようとするママ(武田真治)。

 

ママは、慎二 (高橋一生)の元カノが凪(黒木華)だと気付き、面白がる。

慎二 (高橋一生)は、今彼女の円(唐田えりか)を、凪に紹介する時に、【彼女だ】と言えないで、【同僚だ】と報告してしまう。

まだ、未練ありあり

ゴンの凪への想い

ゴン(中村倫也)は、凪から、合鍵を返されて、以来元気がない。

心のあたりが傷む。

凪に、スイカを手渡そうとしたが、できなかった。

それを見かけた、緑(三田佳子)は、ゴンに声を掛ける。

緑(三田佳子)の部屋で映画を見る。

モーゼの海割りのシーンだ。

今まで、メンヘラ製造機として、屍を大量に生産してきたゴンだったが、心が傷むことはなかった。

気付けば、凪へ、初恋をしていた、ゴン。

緑に、「ご愁傷様、今度は、自分が壊れる番ね」と言われて、自覚する。

6話ラスト

慎二 (高橋一生)は、凪に再会したこともあり、円 (唐田えりか)に興味がなくなっていく。

しかし、会社では、円は、慎二にアピール。

付箋に、ガレットが食べたいという要求を付けて渡す。

それを、円のことをよく思ってない女子社員に、見つけられてしまった。

 

凪の母親、夕(片平なぎさ)は、地元で、人生ゲームをしていた。

昔、人生ゲームをして、嫌な思いをした、夕。

夕(片平なぎさ)は、「お母さんを早く連れ出して」と、凪に電話する。

その時、凪は、花火を見ていた。

ゴンは、凪にしな垂れかかる。

母親から凪への電話は絶えない。

凪のお暇~6話・感想・評価

坂本(市川実日子)を助けられて良かったけど、なかなか、こういう人を救い出すのって実際は難しいと思う。

周りも避けるだろうけど、坂本(市川実日子)が抵抗してくるだろうな。

そして、慎二 (高橋一生)は、なんだかんだ言って、凪のことが大好き。

【顔がめちゃくちゃ可愛い円(唐田えりか)】にぞっこんには、ならないものなのかね。

慎二にとって、何がそんなに、凪の魅力なんだろう。

今回で、慎二が凪に指摘していたけど、「尽くしてくれるから?相手に関心もない女なんだよ?」

 

ゴン(中村倫也)も、凪にメロメロだし。

メンヘラ製造機が初めて恋をした、その相手が、凪って凪ってどんだけ魅力ある存在なんだよ。お暇してる場合じゃないよねって話だよね。

 

出ました、恐怖のお母さん。

凪って確か、逆仕送りしているんだったよね。

立派に、母親の、夕(片平なぎさ)は働いていたじゃないか。

なぜに、逆仕送りが必要なのか。

しがないOLしてきた凪の給料で、都内で一人暮らしするだけで、かつかつだっただろうに偉いよね。

そして、成人した娘にたかろうとして、依存してくる母親の存在は、怖いったらありゃしないわ。

凪ちゃん、お気の毒だよ。

凪たちの人生ゲームをやるシーンと、お母さんの過去の人生ゲームの失態との、伏線は良かったんではないでしょうか。

そこに繋がっているのかって、話だったけどね。

 

ママ(武田真治)が、凪と慎二の関係に気付いてしまったようだし、面白い展開が期待できそうだこと。

 

そして、みすず(吉田羊)さんが、パンチが弱い気がする。もっと、みすずさんの強いエピソードが見たい。

 

凪のお暇~6話・評価4.2

 

凪のお暇~キャスト・スタッフ

金曜日のドラマ


【放送局】TBS

【開始日】未定

【時間】10時00分~

【出演】黒木華、高橋一生、中村倫也

【原作】コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)

【脚本】大島里美

【演出】坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰

【プロデューサー】中井芳彦

【HP】凪のお暇

黒木華の主演で人気漫画を連続ドラマ化! 幸せを目指して人生を“リセット”する物語

ココがポイント

口コミで話題となり、累計部数200万部を突破し、数々の賞を受賞しているコナリミサトの同名漫画を連続ドラマ化。

 

主人公の大島凪を演じるのは、ジャンルを問わず多彩な役柄を自在にこなす黒木華。

 

\凪のお暇~見たい方は、【Paravi】/

【Paravi】視聴する

(お試し30日間以内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)

(本ページの情報は2019年8月23日時点のものです。最新の配信状況は、Paraviサイトにてご確認ください。)

-TBS
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.