なつぞら

なつぞらネタバレ感想21話・なつの演技にダメ出し続く・4月24日水曜日(4週目)あらすじ・見逃し・考察

投稿日:

 

朝ドラなつぞら4月24日火曜日21話

4週目考察ネタバレ感想見所です。

4週目は高校生になった、なつ(広瀬すず)は演劇部に精を出します。

 

スポンサーリンク

なつぞら4週目・あらすじ

『月』泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の仲たがいがきっかけで演劇を始めたなつ(広瀬すず)。ところが、演劇部の練習は予想以上に厳しく、酪農との両立が次第に難しくなっていく。
『火』倉田(柄本佑)がついに新作の脚本を書き上げた。なつは物語の重要な役を与えられる一方、舞台の背景画について相談され、倉田がイメージする絵画の作者を訪ねる。
『水』稽古初日、なつと雪次郎(山田裕貴)は、天陽(吉沢亮)を学校に招き、倉田に紹介する。一方、セリフを自分なりに演じてみたなつに、倉田は何度もやり直しを求める。
『木』倉田が指示する言葉の意味が分からないなつ。稽古を見ていた天陽は思わず倉田に疑問をぶつける。剛男は山田(戸次重幸)から泰樹の行動についてこぼされる。
『金』演劇部が挑む大会が近づいた日、富士子(松嶋菜々子)は菓子店「雪月」を訪ね、店主の雪之助(安田顕)らに、十勝の酪農を発展させるものを大会の会場で配る相談をする。
『土』大会当日、泰樹と天陽が来ないまま、なつ達の芝居が始まった。遅れて会場に現れた泰樹は、必死に演じるなつの姿を見て、天陽の家であった出来事を思い出す。

YAHOOTVより・引用

 

なつぞら21話4月24日、水曜日4週目・ストーリー・考察・説明・ネタバレ含む感想

天陽(吉沢亮)が学校に来た。

倉田先生(柄本佑)に、好きなように絵を描いてほしいと言われる。

天陽を見た番長は、男らしさは、俺の方が上だと言い出す。

 

体作り、演劇部なのに、走り、発声練習をしたりする。

演劇部は大変だと言う。

なつも、登場人物を勝手なイメージと調べた民族衣装などを着せて、描いてみた。

 

演じる物語は、白い蛇を助けたら、魚をゲットすることができた、神様の使いだと人々は思った。

 

ある町に、不思議な病気が流行った。

死を待つだけ。

その病気には、鮭の皮を煎じると良い。

 

しかし、この町では、魚が取れない。

仲違いしている、川沿いの町に村長は、娘を嫁に出せば、鮭をもらえるのではないかと考える。

なつは、その娘の役。

「自分のことだけを考えている訳ではない」というセリフ。

その台詞を、言うたびに、倉田にダメ出しされる。

 

なつは、どうすればいいか?聞く。

倉田は、分からないけどだめだと言われる。

 

なつは、「下手なんです当たり前です」と言うと、「下手な奴は、何かをやろうとしてできない奴のことだ。お前は何もやろうとしていない」と言われてしまう。

 

ダメ出しばかりされたなつは、帰宅しても、元気がない。

 

天陽と喧嘩でもしたんじゃないの?と、夕見子は軽くとらえる。

しかし、気になってなつの様子を見に行く。

悔しがるなつ。

 

あくる日も、なつは、倉田にダメだしされる。

気持ちを入れろ。魂を込めろと倉田に、言わる。

見かねた天陽が、魂なんて作れないと、天陽が反論する。

スポンサーリンク

なつぞら21話4月24日、水曜日4週目・感想

良い演じ方も分からないのに、ダメ出しを続ける先生は、ひどいな。

演技素人のなつに、寄り添ってあげないと。

なつ1人のせいで、演技が止められて、先に進めないとなると、相当プレッシャーが掛かるよ。

他の生徒よりも、関りも薄い天陽が、「ちょっと待って」と助け船を出してくれて良かった。

どう変わるのか。

「魂なんて作れない」と言った天陽に、どう倉田は反論してくるだろうか。

夕見子は、あっさりしているけど、話を聞きに行ってあげて、何気に優しいんだな。

 

なつぞら公式

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-なつぞら
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.