なつぞら

なつぞらネタバレ感想20話・演劇より夕見子が気になる。4月23日火曜日(4週目)あらすじ・見逃し・考察

投稿日:

 

朝ドラなつぞら4月23日火曜日20話

4週目考察ネタバレ感想見所です。

4週目は高校生になった、なつ(広瀬すず)は演劇部に精を出します。

 

スポンサーリンク

なつぞら4週目・あらすじ

『月』泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の仲たがいがきっかけで演劇を始めたなつ(広瀬すず)。ところが、演劇部の練習は予想以上に厳しく、酪農との両立が次第に難しくなっていく。
『火』倉田(柄本佑)がついに新作の脚本を書き上げた。なつは物語の重要な役を与えられる一方、舞台の背景画について相談され、倉田がイメージする絵画の作者を訪ねる。
『水』稽古初日、なつと雪次郎(山田裕貴)は、天陽(吉沢亮)を学校に招き、倉田に紹介する。一方、セリフを自分なりに演じてみたなつに、倉田は何度もやり直しを求める。
『木』倉田が指示する言葉の意味が分からないなつ。稽古を見ていた天陽は思わず倉田に疑問をぶつける。剛男は山田(戸次重幸)から泰樹の行動についてこぼされる。
『金』演劇部が挑む大会が近づいた日、富士子(松嶋菜々子)は菓子店「雪月」を訪ね、店主の雪之助(安田顕)らに、十勝の酪農を発展させるものを大会の会場で配る相談をする。
『土』大会当日、泰樹と天陽が来ないまま、なつ達の芝居が始まった。遅れて会場に現れた泰樹は、必死に演じるなつの姿を見て、天陽の家であった出来事を思い出す。

YAHOOTVより・引用

 

なつぞら19話4月23日、火曜日4週目・ストーリー・考察・説明・ネタバレ含む感想

演劇のテーマは【個人と集団】。

倉田先生(柄本佑)は、なつに、女は、なつしかいないと言う。

頼むぞと。

良子(富田望生)もいるが、裏方。

倉田先生(柄本佑)に絵を描けるのか?と言われるも、落書き程度しか描けないと答える。

雪月にあった絵のようなものが欲しいと言うと・・・

それは、天陽(吉沢亮)の絵だった

なつが、天陽に話に行くと、引き受けてもらえることになった。

 

山田正治(戸次重幸)が牛乳が搾れたから、味を見て欲しいと来る。

 

山田家の牛乳は、乳脂肪分が低いと言われて安く引き取られてしまうそう。

台本が出来たのか?と、富士子(松嶋菜々子)に聞かれる。

 

出番が多いが、主役じゃない。

 

雪月の雪次郎(山田祐樹)をなつに取られちゃうと言う、明美。

明美と、夕見子は、言い争いになる。

 

天陽の家の、牛乳が、乳脂肪分が少ないと言われて、低価格でしか買ってもらえない話をする。

 

うちから干し草も分けているのにおかしい、もしかすると、検査自体が不正に行われているのかもしれないと、なつは、言う。

 

すると、泰樹(草刈正雄)は、へそを曲げてしまう。

 

富士子(松嶋菜々子)は、台本を読む。

じいちゃんのことに似すぎて、機嫌悪くするかな?と心配する。

富士子は、大丈夫だと言う。

 

なつが、部屋に戻ると、夕見子(福地桃子)は、なつの演劇の本を読んでいた。

夕見子「入れこんでるね」と言われる。

なつは「じいちゃんのためだ」と、言うと、夕見子は、「何それ?自分のためにやれ」と言われる。

夕見子「なつ自身はやりたくないのか?」

なつは「今は少しやりたい」

 

やる気を見せる、なつだった。

 

なつは、その晩絵を描いた。そのまま寝てしまった。

 

スポンサーリンク

なつぞら19話4月23日、火曜日4週目・感想

演劇に天陽が絵で参加するのか。

これは、なつにとっては、朗報だ。

天陽も参加するとなると、なつは張り切るのだろうな。

同じ高校行っていないのに参加とは・・・

 

テーマは【個人と集団】か・・・面白くなるのかな。

 

なつ1人で、女性のパートやるって大変だな。

良子(富田望生)も出ればいいのに。

 

それにしても、夕見子(福地桃子)は、悪い子のように思える描写もあるけど、芯がしっかりと通った娘だ。

夕見子(福地桃子)は、何を目指して生きているのだろうか。

背景が見えてこないよね。

 

今日は、なつの演劇よりも、夕見子(福地桃子)の日常の方が気になったよ。

 

なつぞら公式

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-なつぞら
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.