動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

フジテレビ2018秋

SUITS/スーツ1話ネタバレ・感想~日本版なのにアメリカ色が抜けきっていない

更新日:

 

SUITS/スーツ1話ネタバレ感想になります。

織田裕二と中島裕翔がバディに! アメリカのメガヒットドラマが原作の弁護士ドラマ

 

原作アメリカドラマ。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・1話あらすじ

「幸村・上杉法律事務所」所属の弁護士・甲斐(織田裕二)の顧客である会社社長・ダイス(清原翔)が、元従業員・茜(泉里香)からパワーハラスメントで訴えられた。

勝つために手段を選ばない甲斐は、身分を名乗らずに茜をデートに誘い出す。数日後、所長のチカ(鈴木保奈美)から、昇進の条件として若手のアソシエイトを雇うよう命じられた甲斐は、ホテルで面接を行う。その会場に、何者かに追われたフリーターの大貴(中島裕翔)が逃げ込んできた。

甲斐は大貴の超人的な記憶力に興味を抱き、ある提案をする

Yahoo!TVから引用

 

SUITS/スーツ・見逃した方は

参考SUITS/スーツ・見逃配信動画・視聴方法~ 織田裕二主演作品1話から・FOD無料期間あり

\SUITS/スーツ・見逃した方はFODで視聴/

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

「幸村・上杉法律事務所」所属の弁護士である甲斐正午(織田裕二)。

この事務所は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。

 

甲斐正午(織田裕二)の顧客である会社社長・ダイス(清原翔)が、元従業員・茜(泉里香)からパワーハラスメントで訴えられた。

この案件を違法行為ギリギリの際どい手段で潜り抜けて、チカ(鈴木保奈美)に叱られる。

奇しくもその日は、チカの誕生日だった。

 

甲斐(織田裕二)は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っている。

昇格の条件として、チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐(織田裕二)に、パートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じたのであった。

 

気乗りはしないが、仕方なしに面接をすることにした、そこに偶然現れたのが鈴木大貴 (中島裕翔)だった

 

鈴木大貴 (中島裕翔)は、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)から頼まれて運び屋をやっているところだった

大貴 (中島裕翔)は、1度見たものは、決して忘れない完全記憶能力を持つ男。

 

しかし大貴 (中島裕翔)には、とんでもない過去があった。

優秀過ぎるので、替え玉受験を頼まれて引き受けたこと。

 

一時は司法試験に最年少で合格するも、バレてその先に進めなかったのだ。

そのため法律知識も完ぺきだった。

 

甲斐(織田裕二)は、大貴 (中島裕翔)を気に入った。

 

今回は、おばあちゃんが病気になり施設の入居のためにお金がいる、ヤバい仕事を引き受けた。

 

スーツケースの中のお金をバラまいてしまった。

呆然と立ち尽くす大貴 (中島裕翔)に甲斐(織田裕二)は、

お座りもできないかな?

と言う。

大貴 (中島裕翔)の頭の中には、六法全書が丸ごと入っていたことが分かった。

しかし、甲斐(織田裕二)が先の【ダイス(清原翔)が、元従業員・茜(泉里香)のパワハラ】案件を収める時嘘を付いたことがバレて形勢が不利になる。

そのため、大貴 (中島裕翔)を雇う余裕がなくなってしまい解雇されてしまう。

 

甲斐に言われたとおりに、分厚いこれまでの犯罪履歴を書いてきたのに!と、書類をたたきつけて立ち去る大貴 (中島裕翔)。

 

荒れる大貴 (中島裕翔)。

そんな中、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)は、ようやく大貴 (中島裕翔)を見つけ出し、運び屋を依頼した金はどうした?

と問い詰められる。

そもそもお前のせいだと、大貴 (中島裕翔)は、遊星(磯村勇斗)に、八つ当たりする。

 

窮地に追い込まれた甲斐(織田裕二)は、パワハラ案件の弁護士に落ち度がないか、探偵に探させるも、何も出てこない

しかし、本人は何も出てこなかったが、息子が司法試験で替え玉受験を頼んだのが、大貴 (中島裕翔)だったことが判明する。

 

甲斐(織田裕二)は、大貴 (中島裕翔)を連れて、相手側の弁護士の自宅に乗り込む。

相手の弱みを握って一件落着。

 

今回のクライアントの、ダイス(清原翔)は弁護士資格も持っているがシンガポールで永住するという。

弁護士資格の話を持ち出す甲斐。

晴れて?大貴 (中島裕翔)は大輔と改名して弁護士になった。

 

最後に、そんなスーツ二度と着てくるな!スーツを新調しろと甲斐は、大貴にお金を渡します。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・1話・感想

原作は見ていないけど、アメリカドラマはたいがい面白いです。さらに人気がないと何シーズンと続きません。このスーツは何作も続いたのでかなり面白い作品なんだろうなとは思います。

 

そんなスーツですが、ちょっと、今のところ、日本版SUITS/スーツなのに、アメリカの色が抜け切れていないところがある気がします。

 

例えば、大貴 (中島裕翔)が言うセリフですが、着任してすぐの職場で、「君可愛いね」って日本では言わないだろうな~と思ったし、日本では、より年功序列がアメリカよりもしっかり活きているところ。

 

アメリカに寄せ過ぎないで、いかに日本風にアレンジするか。日本の風土に合わせた演出の仕方を期待したいところです。

 

フランクなアメリカでは許されるのかもしれないけど、大貴 (中島裕翔)が、常識知らずにもほどがあるって気がしちゃいました。

 

そして、織田裕二。

私の中で、織田裕二は、今までの役のイメージもありますが、【正義感】が第1にくる堅い人って感じがします。違法ギリギリのブラックの手を使ってやる役っていうのが、なんだか、そんなイメージに合わない気がしました。

 

原作に忠実ではなく、もっと日本版を意識した話になっていくことを期待します。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・1話・評価

「お座りもできないのかな?」と織田裕二が言ったセリフがありましたが、笑いました。

ユーモラスな織田裕二に徐々に慣れていきたいですね。

 

バディーの大貴 (中島裕翔)が今の所、好印象な部分がないんだよな。

おばあちゃんのためなら、そんなに犯罪ばかりするな!だし。

六法全書が丸ごと頭の中に入っているのに、そんなことも分からないの?って少々疑問でした。

もっと、大貴 (中島裕翔)の良い面も見てみたいです。

 

谷元遊星(磯村勇斗)も悪人だと言われても、元から持っているものもあると思うが、ひよっこで見せた頑張り者のイメージが抜けないで、無理して悪人の演技をしているようにしか見えなかった。

 

鈴木保奈美は、ぴりっと引き締まっていて良かったです。

SUITS/スーツ・1話評価4

SUITS/スーツ・キャストスタッフ

スーツ・SUITS

織田裕二
甲斐正午 役
「幸村・上杉法律事務所」所属の敏腕弁護士。優秀で頭は切れるが、かなり傲慢な性格。勝利至上主義で、勝つためには手段を選ばない。昇進の条件としてアソシエイトを雇うことになり、面接で大貴と出会う。弁護士資格を持たない大貴の経歴を詐称することを提案し、部下にする。

中島裕翔
鈴木大貴 役
甲斐のバディとなる青年。明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主。悪友の影響でその日暮らしの生活を送っていたが、幼い頃に両親を亡くしてから一緒に暮らす祖母のために大金が必要になり、甲斐の下で働くことに。

新木優子
聖澤真琴 役
「幸村・上杉法律事務所」のパラリーガル。優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。父親が敏腕弁護士で、幼い頃から弁護士を目指して勉強している。学歴コンプレックスがあり、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることも。右も左も分からず弁護士になった大貴の強い味方となる。

中村アン
玉井伽耶子 役
甲斐の秘書。頭が良くて人心掌握術にたけ、気が利く。甲斐が検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合っている。

小手伸也
蟹江貢 役
「幸村・上杉法律事務所」の弁護士。甲斐のことをライバル視しているが、相手にされていない。

鈴木保奈美
幸村チカ 役
「幸村・上杉法律事務所」所長。かつて、自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させた経緯から、甲斐にとって唯一頭が上がらない存在。事務所を家族のように愛しており、秩序を乱そうとする者に対しては、容赦ない処置に出る。

スタッフ

  • 原作:「SUITS」NBC Universal製作
  • 脚本:池上純哉
  • 演出:土方政人
  • 演出:石井祐介
  • プロデューサー:後藤博幸
  • プロデューサー:小林宙

 

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ2018秋

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.