フジテレビ2018秋

SUITS/スーツ10話ネタバレ・感想・見逃し~姉妹の争い&蟹江vs大輔・あらすじも

更新日:

 

SUITS/スーツ10話ネタバレ感想になります。

織田裕二と中島裕翔がバディに! アメリカのメガヒットドラマが原作の弁護士ドラマ

 

原作アメリカドラマ。

弁護士の条件

弁護士の条件

パトリック・J・アダムス, リック・ホフマン, ガブリエル・マクト, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
450円(10/15 19:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・10話あらすじ

検察庁時代の上司・柳(國村隼)が再び甲斐(織田裕二)の前に現れた。

一方で、柳の不正疑惑の真相を調べる元後輩で最高検監察指導部の澤田(市川海老蔵)が甲斐に接触。

証言を求められるが、甲斐は追及をかわす。一方、大輔(中島裕翔)の経歴詐称を知ったチカ(鈴木保奈美)はすぐにでも彼を追い出したい。

しかし甲斐の説得で、大輔の実力を測るため、遺産相続の案件で蟹江(小手伸也)と競わせる。

Yahoo!TVより引用

 

SUITS/スーツ・見逃配信・無料期間もあり

詳しくはこちら→SUITS/スーツ・見逃配信動画・視聴方法~ 織田裕二主演作品1話から・FOD無料期間あり

 

\SUITS/スーツ・見逃した方はFODで視聴/

(AD)

FODプレミアム

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・10話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・感想含む

谷本遊星(磯村勇斗)が幸村チカ(鈴木保奈美)の元に現れた。

偽名を使って、弁護士活動をしていることを直接密告する。

 

悪友は、あくまでも悪友だな。

 

甲斐正午(織田裕二)と、鈴木大輔(中島裕翔)は、良いバディになってきた。

そんなおり、最高検次長の柳(國村準)と鉢合わせる。

甲斐が検事をしていた事実が発覚して、驚く大輔。

 

柳は意図的に、甲斐に近付いてきた。

 

大輔の無資格偽名弁護士の件は、私が預かるとチカ。

 

そもそも、法を犯しての、大輔の弁護士活動は、日本の性質には合わなかったのかも。

 

蟹江vs大輔

チカ(鈴木保奈美)は、大輔の事実を知ったので、すぐにでも彼を追い出したい。

 

しかし甲斐の説得で、大輔の実力を測るため、遺産相続の案件で蟹江(小手伸也)と競わせる。

泥沼化している、異母姉妹の遺産相続の争い。

 

ワンフォーオールオールフォーワンと、蟹江が現れた。

与謝野社長の意思が一番大事。

 

【ルール】

1、査定は公平な第三者機関に任せる

2、部外者の助言は排除

3、互いの内部資料は盗み見しないこと

 

ということで、手を組んだ。

 

卑怯者の蟹江守れるのか?

 

最高裁権力闘争の件

最高検監察指導部の澤田(市川海老蔵)が、甲斐の前に現れる。

 

検察庁時代の上司・柳(國村隼)を引きづり降ろすために動いている、澤田。

 

甲斐に、黙っていると、同罪だと思われると詰め寄る、澤田(市川海老蔵)。

 

俺に喧嘩売るのか!恥をかくのは、どっちだろうな?と甲斐。

 

昔の話の証言求められても・・・って話ですよね。

 

食い違う意見の対立する娘2人

大輔の担当は、妹の、与謝野雛子(本仮屋ユイカ)。

蟹江は、姉の藤代と。

 

 

後妻の妹のことを嫌う姉。

後妻だった、雛子(本仮屋ユイカ)の母親の影響で、アパレル部門を立ち上げ、会社まで作った。

 

アパレル部門は、母に対しての侮辱だと言う、姉の藤代。

妹の雛子(本仮屋ユイカ)は、アパレル部門は宝。

 

アパレル部門で、争う、異母姉妹。真っ向から対立する意見!

権力闘争

甲斐を、自分の味方かどうかの確認をしたい、柳。

柳は、甲斐を、後継者として、指導した。

 

甲斐は、あなたを裏切るつもりも、味方になるつもりもないと言う。

 

中立な立場ですね。カッコいい!

 

玉井はどうすべきだと思う?と、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)に聞く。

 

玉井は、柳を引きずり降ろして、やっつけて、シャンパン開けてどんちゃん騒ぎしましょうと。

 

それは、イイネと言うも、なかなかそう、出来ないのが現実の甲斐。

 

甲斐との付き合いが長い、玉井は何か知っているよう。

 

澤田(市川海老蔵)訪ねてくる

澤田(市川海老蔵)が、甲斐を取り調べに来る。

非公式の物だと主張するも、認めない、チカ(鈴木保奈美)。

チカ(鈴木保奈美)の、ごり押しで、甲斐の代理人弁護士として同席することになった。

 

柳は、不正をしていると言う。

甲斐は、「証拠を見せろ」というも、澤田は、「共犯者には、見せられない」と。

チカは、共犯と決めつけるのは、ご遠慮くださいと。

 

こちらに協力しないと、弁護士資格も失うかも・・・と脅迫する。

 

 

チカは、ありのままに証言しろと。

 

一方、甲斐は、大した証拠もないのに、柳のことを疑う、権力抗争の材料にされたくないと。

 

甲斐は、あくまで、正義の男!

 

 

一方、大輔の元には、砂理(今田美桜)から泣きながら電話が掛かってくる。

 

大輔(中島裕翔)は、経歴詐称がバレたことを認識した。

 

甲斐に相談する。

代表のチカは、大輔のことを追い出す気満々。

そうされたくないなら、蟹江のことを叩き潰せと言われる。

 

そもそも、経歴詐称&、なりすまし自体が、日本の風土では特に受け入れられないから、感情移入できない人が多いのではないでしょうか。

 

最高検に行く

最高検に顔を出す、甲斐。

証言を前向きに考えると。

記憶があいまいだと。

 

澤田(市川海老蔵)は、手の内は明かせないと。

お前らだけで柳さんを追い込めと。

 

後日、澤田から、部外者には見せるなと、証拠のの資料をもらう、甲斐。

それを見て、甲斐は、あることに気付く・・・

 

自分の事件も、柳に捻じ曲げられていたのだった。

 

話の雲行きが怪しくなってきた。

 

異母姉妹の闘いは?

妹担当、大輔は、アパレル部門、を手放し、新会社を作って、全員を引き抜く考えで進めていた。

 

しかし、蟹江は、アパレル部門のメンバーと再契約をしといたと。

 

バレていた。

 

トップシークレットだと、蟹江に呼び出される。

 

書き始めのメールをそのままにして、蟹江の所に行った。

それは、u&tt買収オファーの話という、メール。

それをそのままにして、自席を立った。

 

これは、蟹江にわざと見せるため?

 

 

アパレル部門を手放すのを受け入れた、妹。

合意が住めば、u&ttのものになる。

妹は、これ以上姉と争いたくない、どうでもいいと言う。

 

大輔にの作戦勝ちの方向?

 

狩猟する柳と甲斐

狩猟をする柳と甲斐。

 

逃げられてしまった。

 

柳は、甲斐が担当した事件も、不正操作していた。

 

部下が理想的な働きをしなかったからだと。

 

甲斐は、栗林は、無実だと言う。

しかし、柳は、有罪判決にした。

 

柳は、高級スーツを身に着けて、正義の味方気取りなのか?と甲斐を責める。

 

い、甲斐は正義味方です。アソシエイトは、嘘っぱち弁護士だけど!こういう矛盾がね

 

そして、柳は、検察を改革できるのは私だけと、引かない。

 

はい、これもまた、間違った正義感です。

チカ詰め寄る

一方、大輔は、罠に引っかかっていた。

 

蟹は、金融財務のプロ、アパレル部門をu&ttに売ると思っていたので、法外な値段で、売りつけていた。

借金まみれのドロ船。

復讐は達成されたと、蟹江。

 

甲斐は、柳のことも重なり、蟹江にいら立ちを覚えます。

 

卑怯だぞと。

 

互いの資料を盗み見するな。

自分のルールを自分で破った。

自分を正当化するな。

 

勝ったのはどっちだ?と、蟹江。

お前の負けだと、甲斐。

玉井は、もう、あんな甲斐先生を

見たくありません。これで、甲斐先生を救って下さいと、チカにデーターを渡す。

 

大輔(中島裕翔)は、真琴(新木優子)に、もう、俺に構わないでくれ、この前のキスも忘れてくれと、やさぐれる。

 

鈴木先生にも出て行ってもらおうと、チカが甲斐に、提案する。

 

しかし、後1件だけ、待って欲しいと言う。

依頼人は、私(甲斐)

 

私の担当した事件でも、柳は、冤罪にした。

これは、見過ごすことが出来ない。

13年も前の事件。

救い出したいと・・・

 

救い出すのは良いけど、検察を相手に闘うって並大抵じゃないでしょう。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・10話・感想・考察・評価

そもそもの話ですが、弁護士資格ない上に、他人になりすまして、弁護士活動をしている大輔。

これは、日本人の感覚としては受け入れられない感覚です。

え?それ本当に?あったら面白いね!ってなり辛い風土が日本にはある気がします。

なぜなら、日本は、「正しさ」を相手に求める人が多い。

そういう感覚の人が多い国です。

私、原作も見ましたが、原作も、そこで違和感ありましたもん。

でも、アメリカでは、大ヒットで、何シーズンも続いた訳です。(人気がないと打ち切りになる)

 

そもそも論の世界になっちゃうんですよね。

そもそも、不正してるのに、正義を唱えても、説得力ないよって感じ。

 

だから、大輔が、追い込まれるとか、不正がバレたとか言われても、感情移入できていない。

でしょうね

と、他人事になってしまいます。

 

感情移入できないので、さめざめと、傍観って感じになってしまいます。

 

恋愛の動きも、特にぐっとくる展開はなかったし、最終話どう決着ついても・・・って感じ。

 

いや、でも、織田裕二と、鈴木保奈美の演技は良かったです。

この2人が素晴らしいから、見続けていられた部分はあるかな?って思います。

 

そもそも論を考えると、なかなか難しいのかな?

どうでしょう。

 

最終回また、海老蔵さんも出て来るみたいですね。

海老蔵が、検察って言われても・・・

海老蔵は海老蔵にしか、見えない。

むしろ、海老蔵役で登場して欲しかったかも(笑)

SUITS/スーツ・10話評価3.8

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・キャストスタッフ

スーツ・SUITS

織田裕二
甲斐正午 役
「幸村・上杉法律事務所」所属の敏腕弁護士。優秀で頭は切れるが、かなり傲慢な性格。勝利至上主義で、勝つためには手段を選ばない。昇進の条件としてアソシエイトを雇うことになり、面接で大貴と出会う。弁護士資格を持たない大貴の経歴を詐称することを提案し、部下にする。

中島裕翔
鈴木大貴 役
甲斐のバディとなる青年。明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主。悪友の影響でその日暮らしの生活を送っていたが、幼い頃に両親を亡くしてから一緒に暮らす祖母のために大金が必要になり、甲斐の下で働くことに。

新木優子
聖澤真琴 役
「幸村・上杉法律事務所」のパラリーガル。優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。父親が敏腕弁護士で、幼い頃から弁護士を目指して勉強している。学歴コンプレックスがあり、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることも。右も左も分からず弁護士になった大貴の強い味方となる。

中村アン
玉井伽耶子 役
甲斐の秘書。頭が良くて人心掌握術にたけ、気が利く。甲斐が検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合っている。

小手伸也
蟹江貢 役
「幸村・上杉法律事務所」の弁護士。甲斐のことをライバル視しているが、相手にされていない。

鈴木保奈美
幸村チカ 役
「幸村・上杉法律事務所」所長。かつて、自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させた経緯から、甲斐にとって唯一頭が上がらない存在。事務所を家族のように愛しており、秩序を乱そうとする者に対しては、容赦ない処置に出る。

スタッフ

  • 原作:「SUITS」NBC Universal製作
  • 脚本:池上純哉
  • 演出:土方政人
  • 演出:石井祐介
  • プロデューサー:後藤博幸
  • プロデューサー:小林宙

SUITS/スーツ・見逃配信動画・視聴方法~ 織田裕二主演作品1話から・FOD無料期間あり

\今のうちです(視聴可能期限あり)/

(AD)
FODプレミアム

 

⇒SUITS/スーツ2話無料視聴する方法!見逃した人必見!(10月15日放送)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ2018秋

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.