動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

フジテレビ2018秋

SUITS/スーツ日本・4話ネタバレ・感想・無料見逃し配信方法も~しらみつぶしの伏線!大輔初訴訟は負け戦?チカの元旦那

更新日:

 

SUITS/スーツ4話ネタバレ感想になります。

織田裕二と中島裕翔がバディに! アメリカのメガヒットドラマが原作の弁護士ドラマ

 

原作アメリカドラマ。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・4話あらすじ

 大輔(中島裕翔)は大家・木嶋(南雲佑介)に退去を迫られる友加里(生越千晴)の弁護を担当。

一方の甲斐(織田裕二)は製薬会社の弁護をチカ(鈴木保奈美)に押し付けられる。

薬害訴訟を起こされた同社の社長・辛島(小市慢太郎)はチカの元夫だった。

甲斐は見舞金を払って和解を狙うが、相手側弁護士・福原(渡辺憲吉)から50億円を請求され交渉は決裂。

そんな中、大輔は法廷に立つが、相手側弁護士は甲斐の後輩・美智瑠(山本未來)で…。

Yahoo!TVから引用

 

SUITS/スーツ・見逃した方は

参考SUITS/スーツ・見逃配信動画・視聴方法~ 織田裕二主演作品1話から・FOD無料期間あり

 

\SUITS/スーツ・見逃した方はFODで視聴/

(AD)

FODプレミアム

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・4話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

 

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝うパーティーに出席する。

そこで、大手ファームの後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。

 

訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を集めるためだった。

 

ってことは、甲斐は東大出身なのですね。

 

 

甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

 

蟹江からのご褒美大輔の初訴訟

大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝を戦う。

しかし大輔は、ハーバードトリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

 

最終質問は、ハーバード近くの店・オズの看板メニューは?だったのだが・・・

もぐりである、実際には、通っていない大輔(中島裕翔)は答えられない

 

いくら記憶力がよくても、実際のお店のメニュー何てもぐりだから分からないでヒヤヒヤ

 

蟹江貢(小手伸也)にも、「まさかもぐりじゃないよな?」と言われてしまう大輔。

 

2位のご褒美として、蟹江から、大輔はボランティア案件を渡される。後に大輔の記念すべき初訴訟となる。

 

ご褒美が、仕事!

 

悪名高いナノファーマを助けることに

甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。

「依頼人の正当性を信じてるから」と言う、幸村チカ(鈴木保奈美)。

 

その会社の社長・辛島(小市慢太郎)は、なんとチカの元夫だった。

 

 

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、10万人に1人の確率でなるある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。

 

だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられているので、甲斐は担当したくないと断る。

 

しかし、開発者の2人は、その事態を認めない。

 

甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案する。

 

しかし、あくまで、人道的見地からの見舞金で、因果関係を認めた訳ではないと言う。

 

しかし、見舞金の総額はなんと50臆だと言われる。

 

さらに、「治験の段階で問題があった薬なのでは?法廷で争う覚悟もある」担当弁護士に言われてしまう・・・

 

訴訟は辞めると言い出す、甲斐。

チカは、元夫で、特別な感情を持っているので抵抗する。

 

チカが、甲斐に頼んで、自分でやらなかったのは、元旦那辛島(小市慢太郎)と立花理乃(中原果南)の仲が公私ともにパートナーだということだった。

 

正直、元妻から弁護してもらうのは気が引けますよね。

 

大輔の訴訟

支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護をすることだった。

 

友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

 

大輔は、依頼人の春日友加里(生越千晴)の問題ある家に訪ねた。

ちょうどその時、オーナーが取り立てに来たが、下水の臭いの確認も拒否されてしまう。

 

これが、後に伏線となります。

 

 

砂理(今田美桜)と、大輔はお好み焼きを食べて話し合う。

兄の、谷本遊星(磯村勇斗)はどうしてる?と言うも連絡取っていないとのこと。

 

そして、大輔は、初法廷の訴訟の日。

 

  1. 忘れ物を届けに来た、聖澤真琴 (新木優子)だが、大輔のネクタイ曲がっていると、直す。
  2. その後、砂理(今田美桜)が「初法廷だから来た」と言って、真琴が直したばかりののネクタイを整える。

 

2人の女からネクタイの曲がりを訂正される大輔。隅に置けない男です。3角関係勃発ですね

 

しかし、初訴訟は負けてしまった大輔。

 

初法廷の相手は、先のパーティーで会った、大手ファームの後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)だった。

 

凄腕弁護士の畠中美智瑠(山本未來)が、その程度の訴訟に出てこない裏があると狙いを定めた甲斐。

 

しらみつぶしに調べろ!と、大輔に。

 

しらみつぶしに調べろ!も後で大切な伏線になっていますね。

 

結局訴訟を引き受けることになる甲斐

 

製薬ベンチャー『ナノファーマ』の訴訟をする甲斐。

 

抜けたデータがあった。

明らかな隠蔽だと、相手側弁護士に追及される。

 

元旦那辛島(小市慢太郎)と立花理乃(中原果南)は、チカと婚姻関係だった時からできていた?だから、立花は事実を話そうとしないのではないか?

と甲斐のよみから、チカに、立花と直接会って欲しいと言われる。

 

立花は治験のデーター隠しをしていたのを認めた。

 

被害患者を集めて、立花の治験データー改ざんを詫びる。

そして、その難病の当事者の人の動画が流される。

それは、20年前の辛島(小市慢太郎)だった。難病患者当事者だったのだ。

それが、今では、通常の暮らしができるまでに回復。

 

データーを改ざんしたのは、社長、辛島(小市慢太郎)自身のデーターだった。

 

弱者救済は、お金ではなくて、【薬で緩解、治る方を選択しよう】という方向に転換する被害患者たち。

 

自ら病になり治験で薬を開発しちゃって快復ってすごいですよね。

 

大輔の案件のしらみ

大輔と真琴 (新木優子)は新婚を装い、賃貸マンションの説明を受ける。

 

そのマンションには、春日友加里(生越千晴)のように、しらみの感染で引っ越しを余儀なくされていた人が大勢いた。

 

春日友加里(生越千晴)は、カーペットの上にレジャーシートを敷いて生活していた。

 

そして、かゆみが出て調べたらシラミだった。

 

真琴 (新木優子)がそのカーペットを研究所で調べたら大量のしらみが出た。

 

大輔と、甲斐は、確かな確証を得て、大手ファームの後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)の元に乗り込む。

 

実際の証拠のカーペットを出した。

 

その場には、春日友加里(生越千晴)のマンションのオーナーも居合わせた。

 

定期的に研究用のシラミをもらっていく男がいた。

被害者の方は他にも大勢みつかっている。

 

ということで、負けた訴訟だったが、結果大輔に正義に軍配が上がる。

 

住人の部屋に、わざとしらみを撒いたりして、追い出して新しいマンションに移らせたってことですよね。

 

ココがポイント

伏線は・・・

甲斐が大輔に【しらみつぶしに】調べろと言ったこと。

マンションのオーナーが、しらみを自分で撒いた証拠に、部屋に上がろうとしなかった=オーナーのしわざ

 

チカの憂い

チカは、見晴らしが良い、屋上で【独身万歳】と叫んでいた。

 

年をとればとるほど人に言えないことが増えていく。

あえて言わないことが大人だみたいなと、チカ。

 

一方、守りたい物なんてないと甲斐。

 

この2人のやり取りがジーンとしましたね。確かに、大人って自分で闇を作っているところもあるかも。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・4話・感想・評価

面白かったです。

今回もアメリカ版スーツと見比べましたが、アメリカ版よりも日本版は、

甲斐とチカの関係が濃厚に描かれていたように思います。

それは、やっぱり東京ラブストーリーを意識している?って感じかなと思いました。

 

大輔が、他人に、なりすまして弁護士をしているのが、いつかバレる時がくるのでしょうか?

ひやひやしますね。あのシーン。

 

一方、最後のチカの憂いのシーンで【大人になると人に言えないことが増えていく】と言うも、甲斐は、守りたい物なんてないと言う。

 

いやいや甲斐!大輔を守ってやれよ。そして、クライアントを守るんだぞ!大輔!そしてチカも、ねえチカもじゃない?なんて(笑)

 

元旦那ってことはチカは、今シングルなのでしょうか?だとしたら、最後めでたく甲斐とゴールイン!っていう流れの展開でもokよ。

というか、むしろそれ期待しています!

 

SUITS/スーツ・4話評価4

スポンサーリンク

SUITS/スーツ・キャストスタッフ

スーツ・SUITS

織田裕二
甲斐正午 役
「幸村・上杉法律事務所」所属の敏腕弁護士。優秀で頭は切れるが、かなり傲慢な性格。勝利至上主義で、勝つためには手段を選ばない。昇進の条件としてアソシエイトを雇うことになり、面接で大貴と出会う。弁護士資格を持たない大貴の経歴を詐称することを提案し、部下にする。

中島裕翔
鈴木大貴 役
甲斐のバディとなる青年。明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主。悪友の影響でその日暮らしの生活を送っていたが、幼い頃に両親を亡くしてから一緒に暮らす祖母のために大金が必要になり、甲斐の下で働くことに。

新木優子
聖澤真琴 役
「幸村・上杉法律事務所」のパラリーガル。優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。父親が敏腕弁護士で、幼い頃から弁護士を目指して勉強している。学歴コンプレックスがあり、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることも。右も左も分からず弁護士になった大貴の強い味方となる。

中村アン
玉井伽耶子 役
甲斐の秘書。頭が良くて人心掌握術にたけ、気が利く。甲斐が検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合っている。

小手伸也
蟹江貢 役
「幸村・上杉法律事務所」の弁護士。甲斐のことをライバル視しているが、相手にされていない。

鈴木保奈美
幸村チカ 役
「幸村・上杉法律事務所」所長。かつて、自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させた経緯から、甲斐にとって唯一頭が上がらない存在。事務所を家族のように愛しており、秩序を乱そうとする者に対しては、容赦ない処置に出る。

スタッフ

  • 原作:「SUITS」NBC Universal製作
  • 脚本:池上純哉
  • 演出:土方政人
  • 演出:石井祐介
  • プロデューサー:後藤博幸
  • プロデューサー:小林宙

SUITS/スーツ・見逃配信動画・視聴方法~ 織田裕二主演作品1話から・FOD無料期間あり

\今のうちです(視聴可能期限あり)/

(AD)
FODプレミアム

 

⇒SUITS/スーツ2話無料視聴する方法!見逃した人必見!(10月15日放送)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




映画・ファンタビ劇場公開記念!その前にハリーポッターおさらい!


Hulu では、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』劇場公開記念で『ハリー・ポッター』シリーズ6作を独占配信開始中です。

こちら⇒Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

Amazonオーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーン中!

オーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーンもしています! つまり最大3ヶ月タダということ 

・無料体験期間中に1日5分以上聴くと50P獲得(=30日間やれば1500P)

・プライム会員ならなんと2倍!

・無料体験登録日の翌々月に付与 登録は10秒もあればできます。

-フジテレビ2018秋

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.