動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

2018夏

高嶺の花~第2話ネタバレ・感想~千葉雄大が狂気過ぎる件・うーんボロが出始めた?

更新日:

もも(石原さとみ)をキャバクラ嬢と勘違いした直人(峯田和伸)たちから電話が。ももはとっさに話を合わせ、店に来て指名してと頼む。そしてすぐさま、店の面接を受けて…

高嶺の花第2話ネタバレ感想です。

\今のうちです(視聴可能期限あり)/

 


 

高嶺の花・あらすじ

月島流の大切な行事に登場し、華道家として復活したもも(石原さとみ)のもとに、彼女をキャバクラ嬢と勘違いした直人(峯田和伸)たちから電話が。ももはとっさに話を合わせ、店に来て指名して、と頼む。そしてすぐさま店の面接を受けて即採用、直人をキャバクラ嬢として接客する。酔った勢いも手伝い、二人は急接近…!?だがその帰り道、突然、元婚約者・吉池(三浦貴大)からの電話が鳴って、思わず受けてしまったももは…。

Yahoo!TV引用

高嶺の花~第2話ネタバレ・感想

ももと直人の関係が近づく

直人(峯田和伸)達はもも(石原さとみ)のことを本当にキャバ嬢だと思っていたのですね。

 

ももは、1日だけキャバ嬢になれないか?お店に掛け合ってキャバ嬢にしてもらう。

物語的にそこまで、強引にしてキャバ嬢にしてもらう必要ってあります?

 

客として訪れる直人達。ももに、イケメンだけに許されるツンデレをする直人。

その技、直人「俺好きだって言いましたっけ」にはまり大笑いのもも。

 

左から言われた言葉は、説得力があがるという話が出る。

なんだかんだで、いい雰囲気にも見える二人だが、まだまだ月とすっぽん高嶺の花ではあるとは思う。

元婚約者からの突然の告白

元婚約者・吉池(三浦貴大)から電話が掛かってくる左側の耳でその電話を受けるもも。

元婚約者から、まだ未練があると、言われるもも。

会えて嬉しいとか言っちゃいかんだろう。元婚約者!

 

警察にまで付きだして、接近禁止命令出しているのに、またこうやって2人で会おうとかあり得ない。

 

そこまで気持ちが残っているのなら、警察沙汰にしないだろう普通・・・

 

ももは、言う愛情より責任の方が重い・・・

確かに・・・

 

直人にきたお見合いを直人が断っていたことを知るもも。

お見合い相手に断られたなんて、嘘まで付いていたのか!隠したい真意は、もものことがそんなに好きなの?

 

もも強引に直人に迫る

もも「あんたみたいな下々の人間相手にしない」

 

すごい自信だわ。自信家すぎるわ

 

私がお前ごとき(←直人)にと、言って直人にビンタをし、直人に鼻血まで出させてしまうもも。

 

どんだけ高飛車な女なんだって話です。

夏祭りでいい感じになるももと直人

やぐらで太鼓を叩いている直人がももを誘い一緒に太鼓を叩く。

でも、ももは泣いている。

直人のお母さんの遺言で、「自分の前で何もないのに泣く女は他の男を思っている」という言葉を思い出す直人。

 

太鼓終り、ももの左側に座った直人が、ももの左側の耳に語り掛ける。

 

この前はすみませんと言う直人。

忘れさせるのは割と簡単だと言う直人。

 

おさらいすると、2話のエピソードは、

  1. ももキャバクラで直人達を接待
  2. 元婚約者が現れ心揺さぶられる
  3. もも、「お前ごとき」「下々」と言い直人に強引に迫る
  4. 夏祭りで太鼓を一緒に叩きいい感じに

という流れでした。

千葉雄大が狂気過ぎる件

千葉雄大の狂気性がなかなかすごいです。

 

ななの母親、戸田菜穂と秘密の契約して関係を持ってしまうし・・・

なんかやばい

 

ななが「生まれ変わりを信じるか?」と言ったら、ぶっ倒れる

なんか相当やばい

 

一握りのライオンが、なんでも掌握する世界だ的なことを言ってななに迫る。

なんかとってもやばいんですけどーーーーー

他に気になった事

野獣中学生人間らしさの回復の兆し

野獣中学生が直人の励ましと、人の優しさに触れ回復の兆しが見えだした。

→野獣中学生は、ももの内面の現れももの気持ちとリンクした表現なのか

元婚約者の嫁は何者?

元婚約者・吉池(三浦貴大)の妻は、月島流の師範?月島流からの葉書がきていることを知り、吉池は妻に不信感を抱く。

そもそも、好きじゃない相手と子供を作るなんてしないでいただきたい。

セリフがくさい

元婚約者とももが会っている時、

もも曰く「ピンポンパンポーン」とか、学校の鐘がなるという表現。

もも曰く「おセンチ」

とか、ちょっとセリフが古クサイ部分がある・・・

かな?って思いました。

 

ドラマだからといって設定が少々強引

今回やたら設定が強引に感じました。

  1. ももが、勘違いを訂正せず、キャバ嬢にむりくりなる事
  2. 警察沙汰にして接近禁止令にまでになっている、ももにまだ好きだという元婚約者
  3. 祭りの太鼓を練習もしていない、ももがやぐらの上で叩く

もも、キャバ嬢装う必要あったのでしょうか。自然ではない設定だと、感情移入から、急に気持ちが覚めて、

所詮ドラマだな

ってなりかねないなって個人的に思います。

やぐらの上の直人とももの太鼓を叩くシーンもしかりです。

直人と太鼓を打つもも。いくら何でもストーリー的に強引じゃないの?一回も練習していない人が、祭りの舞台に上がるとか・・・

 

第一話はとても良い!面白くなりそうと思いましたが、個人的には、2話になって少しボロ?が出てきたように思います。

 

高嶺の花~第2話評価3.2

\今のうちです(視聴可能期限あり)/

 


高嶺の花キャスト・スタッフ

高嶺の花公式

石原さとみ、峯田和伸、芳根京子、千葉雄大、三浦貴大、笛木優子、袴田吉彦、吉田ウーロン太、高橋ひかる、城後光義、舘秀々輝、田畑志真、西原亜希・正司照枝、正司花江/升毅、十朱幸代/戸田菜穂、小日向文世

 

監督・演出
演出
大塚恭司
原作・脚本
脚本
野島伸司
音楽
主題歌
『ラヴ・ミー・テンダー』エルヴィス・プレスリー
音楽
上野耕路
制作
プロデューサー
松原浩 鈴木亜希乃 渡邉浩仁

 

\今のうちです(視聴可能期限あり)/

 


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-2018夏

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.