フジテレビ

パーフェクトワールド9話ネタバレ感想・プロポーズは良かったが、つぐみ含む女性3名に共感できない件・あらすじ・見逃し・考察・解説も

投稿日:

パーフェクトワールド9ネタバレ感想見逃し考察になります。

松坂桃李と山本美月で大人気コミックを連ドラ化。再会から始まるラブストーリー

 

感想・解説だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

スポンサーリンク

パーフェクトワールド~9話あらすじ

 樹(松坂桃李)は、ずっと避けていた自身の交通事故現場につぐみ(山本美月)を連れていき、自分の正直な気持ちを伝える。2人の思いに気付いた洋貴(瀬戸康史)は、樹の元を訪問し、彼を殴ろうとする。さらに帰宅する自分を待っていたつぐみに冷たい態度で当たり、部屋を出ていく。一方で洋貴は、ある物を樹に手渡していた。そして樹は、話があると葵(中村ゆり)を呼び…。

YAHOO!TVから引用

 

パーフェクトワールド~見逃した方は

関連パーフェクトワールド~見逃し・動画配信・視聴方法~松坂桃李主演作品1話から最新話まで無料期間あり

 

\パーフェクトワールド・見逃した方はFODで視聴/

(AD)

FODプレミアム

(1話300ポイント課金作品)

パーフェクトワールド9話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

婚約破棄

実家では、30歳のつぐみ (山本美月)の誕生会をしようとしていた。

その席で、洋貴(瀬戸康史)は、プロポーズすると言う。

しかし、つぐみ (山本美月)は、「やっぱり東京に戻ると」言って東京に行ってしまった。

 

妹のしおり(岡崎紗絵)は、泣きながら、ヒロが可哀そうだと、つぐみを責める。

洋貴(瀬戸康史)は、つぐみと婚約中の身。

 

洋貴(瀬戸康史)は、樹 (松坂桃李)の家を訪れて、殴らせて欲しいと言うものの、つぐみの本心を知っているので、樹に、「幸せにしろ」と伝える。

 

つぐみ (山本美月)は、洋貴(瀬戸康史)に、直接的には言い出せないが、別れて欲しいと、いう内容で、謝る。

洋貴は、つぐみの気持ちを分かってあげて、受け入れる。

 

洋貴(瀬戸康史)から、改めて、別れのメッセージが来て、凹む、つぐみ (山本美月)だった。

洋貴(瀬戸康史)は、つぐみへの指輪を海に投げる。

しおりの恋

つぐみの妹の、しおり(岡崎紗絵)は、実は、洋貴(瀬戸康史)のことが好き。

 

晴人 (松村北斗)は、しおりに「告白しろ」とアドバイスする。

ダメなら、自分が受け止めると。

 

旅に出た洋貴 (瀬戸康史)を待っていた、しおり(岡崎紗絵)。

旅に出てみても、怒りはなく、落胆の方が大きいと言う、洋貴 (瀬戸康史)。

 

しおり(岡崎紗絵)は、長年の想いを、洋貴 (瀬戸康史)に告白するが、今更、女として見れないと言われてしまう。

 

長沢もまた失恋

樹 (松坂桃李)は、長沢葵 (中村ゆり)に、ヘルパーの登録解除をお願いする。

しかし、葵は、恋愛感情は捨てて、「ただのヘルパーとして働く」と強がる。

ダメでしょう。さっさと契約解除!

 

樹 (松坂桃李)は、仕事の都合で、へき地に行くことになった。

つぐみは、仕事の都合で、サポートできない。

 

つぐみからも、葵(中村ゆり)にヘルパーにお願いする。

【障害のあるひとの傍にいる人は、その人の日常をそのまま受け入れること】が、大切だと気付いたつぐみだった。。

 

へき地には、結局、葵が付き添ってくれることになった。

つぐみ (山本美月)は、樹とテレビ電話をする。

つぐみのおかげで、樹は、仕事がはかどる。

葵 (中村ゆり)は、樹とつぐみのやり取りを見て凹む。

 

葵は、樹に、つぐみと、2人で、支え合って生きて行ってと応援する。

今まで、助けてもらっていたのは、本当は私だと、葵。

なんだよその拡大解釈。心の問題は置いておいて、あなたは、ヘルパー。

樹 (松坂桃李)は、あなたのおかげで、今自分は生きていると、再度、礼を言う。

つぐみ父親激怒

つぐみ (山本美月)が実家に戻り、洋貴 (瀬戸康史)と別れたことを話す。

そして、樹 (松坂桃李)と付き合うと言う。

すると、父親に勘当されてしまう。

 

つぐみが、認めてもらおうと、お父さんに気を遣う、しかし、父親は跳ねのける。

樹 (松坂桃李)が、つぐみの実家に行くも、父親は会ってくれない。

 

洋貴 (瀬戸康史)と、葵 (中村ゆり)は、バーで慰め合う。

片思いの期間は、10年だ、30年だと話す。

諦められそう?などとも。

 

鮎川の母親の文乃 (麻生祐未)が現れて、2人の復縁を喜ぶ。

 

桜の絵を見る2人。

樹は、つぐみに、プロポーズする。

 

もう一度、松本の実家に行き、父親に会ってもらおうとする、樹と、つぐみ。

樹とつぐみに、2人で話そうと話す、父親の元久 (松重豊)。

 

スポンサーリンク

パーフェクトワールド9話・感想・評価

女性陣3名に共感できない。

自分は、つぐみ (山本美月)葵 (中村ゆり)しおり(岡崎紗絵)の3名に共感できなかったな。

つぐみは、自分でも分かっているようだが、洋貴 (瀬戸康史)に対してとても、失礼だよね。

それは、結構前から思っていました。

だからか、主人公なのに、つぐみが、どうも好きになれなかったんだよね。

ヒロに失礼過ぎるだろう!って思いが、強くなってしまって。

まあ、仕方ないよねで済まされないよ。

ヒロに、指輪まで、買わせておいて、海に投げないといけないことになるとかさ・・・

指輪って結構高いよね。

お気の毒だよ。ヒロは・・・

そして、しおり(岡崎紗絵)

この人、きつくて、はっきりしている性格だよね。

何年も、ヒロに片思いだなんて、あり得ないよ。

もっと、前に、「お姉ちゃんなんか、ヒロのこと好きじゃないから、やめて私にしなよ」くらい言いそうなんだけど。

今の今まで、想いをひた隠しにするタイプじゃないよな。

デートクラブみたいな所にまで、登録して、活動していた娘だし。

何年も姉に片思いしていた人に純愛する設定が、ちょっと無理あるな。

 

3角関係、4角関係にして、人間関係や、愛情の向く、矢印を複雑化させたい製作者側の意図は感じるけど・・・

長沢葵 (中村ゆり)と、洋貴 (瀬戸康史)もバーで、慰め合っていたけど、これも、現実っぽくない設定だなと思ってしまった。

 

設定に、無理があると、急に覚めるのがドラマなんだよなって思うのが、持論です。

その登場人物が、ナチュラルであって欲しい。

 

そして、長沢葵 (中村ゆり)

葵は、ヘルパー解除を樹から言い渡されていた時、の葵の台詞で、「私の方が助けられていたの」って樹に、伝えていたけどさ、それが、断られている理由なんだってって話でしたよね。

 

ヘルパーは、あくまで、利用者を助ける仕事ですから。

 

ヘルパーサイドに、私が!私が!って私の気持ちは、利用者にとっては、不要なんだよね。

ヘルパーなんだからさー。

仕事なんだからさー。

樹は、たまたま、葵の想いをありがたいと言ってあげている部分もあるけど、想いが一方的に、強すぎると、迷惑になるんだよね。

 

ということで、葵にも感情移入は出来なかったな。

お父さん(松重豊)が、激怒!

ヒロもショックだっただろうけど、お父さんもショック大きかっただろうね。

一度跳ねのけられたのに、「また、来た!」って。

2人で話したいと言って出て行ったけど、認めてくれるのかな。

 

今回は、プロポーズのシーンは素敵でした。

キュンとなりましたよ。

パーフェクトワールド~9話評価4

スポンサーリンク

パーフェクトワールド・キャスト・スタッフ

【出演】松坂桃李,山本美月,瀬戸康史,中村ゆり,松村北斗,木村祐一,麻生祐未,松重豊

【原作】有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社)

パーフェクトワールド(1) (KC KISS)

パーフェクトワールド(1) (KC KISS)

有賀 リエ
463円(07/20 13:14時点)
発売日: 2015/02/13
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】中谷まゆみ

【演出】三宅喜重、白木啓一郎

【プロデューサー】河西秀幸

【HP】パーフェクトワールド

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

 

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

\パーフェクトワールド~・見逃した方はFODで視聴/

(AD)
FODプレミアム

(1話300ポイント課金作品)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.