フジテレビ

ラジエーションハウス~3話ネタバレ感想・異常なし→乳がん発覚・日本人に多いデンスブレスト・見逃し・あらすじ・考察

更新日:

 

ラジエーションハウス3話ネタバレ感想見逃しあらすじ考察になります。

見逃した方への情報もあります。

窪田正孝がおきて破りの天才診療放射線技師役で月9初主演! ヒロインは本田翼

 

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

ラジエーションハウス~3話あらすじ

裕乃(広瀬アリス)とたまき(山口紗弥加)は結婚を控え乳がん検診に訪れた今日子(内山理名)を担当。乳腺密度が高い彼女はマンモグラフィーによる診断が難しい体質だったが、杏(本田翼)は放射線科科長の鏑木(浅野和之)から病気でなければ異常なしとするよう言われる。だが、唯織(窪田正孝)は別の検査の必要性を今日子に直接訴える。一方、練習でたまきの胸部を撮った裕乃は…

YAHOO!TVから引用

ラジエーションハウス3話ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

ラジエーションハウス3話

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

 

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

 

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

公式ページから引用

 

続きはこちら↓↓

たまき (山口紗弥加)再練習台

たまき (山口紗弥加)は、マンモだけではなく、すぐに超音波検査が必要な状況だった。

広瀬裕乃 (広瀬アリス)は、たまき (山口紗弥加)のマンモグラフィーに異常を発見して、超音波検査を願い出る。

「今度検査の練習台になる時は、10万ね」なんて言っていた、たまきだった。

広瀬裕乃 (広瀬アリス)は、10万払うので、検査させて欲しいという。

 

たまき (山口紗弥加)の腫瘍は、乳がんではなかった。

良性の腫瘍だった。

 

たまきは、「そんなこと分かっている」と言いつつ・・・ほっとしたのか、涙が一滴流れると手ですぐに拭った

乳がんだった

乳腺密度が濃いデンスブレストだった女性葉山今日子(内山理名)。

超音波検査してみても、今の段階では、異常なしだった。

そのことで、必要ない検査をしたと、婦人科の先生から、クレームが来る。

しかし、唯織 (窪田正孝)は、気になる個所を見つけ、さらに、造影剤を使ったMRI検査をしたいと願い出る。

杏(本田翼)からも、あいまいな診断をしたくないと、お願いする。

 

MRIの結果、癌だった。

乳管の中に、癌が隠れていたのだ。

右胸全的することになった。

結婚を控えた今日子(内山理名)

今日子(内山理名)は、母も乳がんで亡くなっているので、早期に発見してもらって良かったと思っている。

 

しかし、結婚予定の彼氏に申し訳ないと言う。

 

たまき (山口紗弥加)は、広瀬裕乃 (広瀬アリス)を、「そんなこと技師のやる仕事じゃない。」と叱っていたが、自分が検査を受けて改心した。

 

たまき (山口紗弥加)は、今日子(内山理名)に、11人に1人がなる病気だ。

珍しくもない。

そんなことで結婚を諦めてはダメだ。

お互いが結婚したい相手に出会う人は、奇跡に近い。と話した。

 

今日子(内山理名)は、雑誌の記者だったようで、デンスブレストについての記事を書く。

 

今日子の書かれた雑誌を、杏(本田翼)と、唯織(窪田正孝)で読む。

しかし、杏は、唯織にライバル心を燃やしている。

 

そして、杏は、形外科医の辻村(鈴木伸之)といい感じ。

 

スポンサーリンク

ラジエーションハウス~3話・感想・評価

これはひどい話ですよ・・・

異常なしから、乳がんで右胸全摘出になるとは・・・

 

検査は大切だけど、医者が、しっかり再検査に進めてくれないと、なんとも・・・っていうのが、私の感想でしたね。

自分でデンスブレストじゃないですか?なんてなかなか、聞きづらい。

 

体験記の記事では、自ら、聞くようにと、今日子(内山理名)は言っていたけど、【医学に口を挟む、患者のこと毛嫌いする医療専門職】の人も、少なからずいますよね。

 

日本人に多く、ある年代では6割7割がデンスブレストだと言っていたけど・・・

そういう場合は、医療機関の方で、超音波検査に回して欲しいですよね。

 

マンモで、【異常なし】ではなくて、【異常を認めることができない状態】ってことでしょう?

そこ、教えてもらわないと、今日子(内山理名)じゃないけど、せっかく受けてきた検査と時間とお金が無駄になるよ。

 

こういうことって結構あるんですかね。

正直怖いと思いました。

 

今日子(内山理名)→OUT

たまき (山口紗弥加)→SAFE

 

って対比が残酷に思えましたね。

 

たまきは、口では、『分かってたわよ』なんて言ってたが、涙を流すあたりは、感性豊かな表現力でした。

そして、広瀬のことを、技師のやることじゃないって叱っていたけど、最後は、患者さんの気持ちに寄り添ってあげていました。

確かに、私も技師さんとは、必要事項だけで、何も話したことないですね。

 

このケース今日子(内山理名)は、もっと怒ってもいいと思うんだけど。

 

このまま、異常なしだったら、数年後には、命を落とした可能性もあるのに・・・

 

うーん。ひどい話だ。

 

さらに、次の検査の、超音波検査でも、ほぼ異常なしだったし、怖いよね。

唯織が土下座くらいの勢いでお願いしてやっとこさ、たどり着いた造影剤MRIで分かるなんて・・・

 

これ、脅し的要素たっぷりだよ。

検査しても、心配性の人や、家族が乳がんに罹患した人は、不安が消えないじゃないか。

医療系ドラマは、殺人系の刑事ものよりも、ある意味こわい。

 

ラジエーションハウス・3話評価4

 

スポンサーリンク

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ ・キャストスタッフ

【HP】ラジエーションハウス

【放送局】フジテレビ

【出演】窪田正孝,本田翼,広瀬アリス,遠藤憲一,山口紗弥加,浅野和之,和久井映見

【原作】横幕智裕 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社)

ラジエーションハウス コミック 1-6巻セット

ラジエーションハウス コミック 1-6巻セット

モリタイシ, 横幕智裕
3,888円(05/26 04:35時点)
発売日: 2018/07/19
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】大北はるか

【演出】鈴木雅之

【プロデューサー】中野利幸

【主題歌】MAN WITH A MISSION Remember Me

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.