フジテレビ

ストロベリーナイト・サーガ・6話ネタバレ感想・親子とまばたきで事情聴取する姫川!あらすじも

投稿日:

 

ストロベリーナイト・サーガ6話ネタバレ感想考察になります。

二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

感想だけ見たい方は【感想・評価】へ目次から飛べます!

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガ~6話あらすじ

 路上で3人が刺され1人が死亡、身元不明の犯人の男が自殺を図り意識不明に。犯行が無差別か計画的かを探る玲子(二階堂ふみ)らは、最初に襲われて重傷を負った里美(黒沢あすか)を訪問。玲子は彼女の反応に違和感を抱く。2人目の被害者・彩香(横田美紀)に会った葉山(葉山奨之)は、同僚を亡くした彩香に過去の自分を重ねる。一方、菊田(亀梨和也)の調べで里美にまつわるある事実が判明する。

YAHOO!TVから引用

 

ストロベリーナイト・サーガ~見逃した方は

詳しく→ストロベリーナイト・サーガ見逃し・動画配信・視聴方法~二階堂ふみ主演作品1話から最新話まで無料期間あり

\ストロベリーナイト・サーガ・見逃した方はFODで配信中です/

(AD)

FODプレミアム

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガ6話ネタバレ・ストーリー全体の流れ・考察・感想含む

今泉春男(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。

容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美(黒沢あすか)は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。峰岡と同様に二人は容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。

葉山は真剣な表情で「小野彩香を当たらせて欲しい」と姫川玲子(二階堂ふみ)に懇願する。ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可。

 

ストロベリー・サーガ公式HPから引用

続きはこちら↓↓↓6話ストーリーのポイントを詳細に解説

 

原作は「夢の中」「闇の色」です。

 

被害者は3人。

  1. 峰岡里美(黒沢あすか)
  2. 菅沼久志(市川貴之)⇒死亡
  3. 小野彩香(横田美紀)

(事件後、犯人~所持品なし身元不明⇒自殺未遂で重傷)

通り魔的な犯行なのかどうか、分からない。

亡くなった菅沼久志(市川貴之)と小野彩香(横田美紀)は同じ会社。

兄弟のように仲が良かった。

 

小野彩香(横田美紀)は、自分だけ助かったので、罪悪感でいっぱいのようで、語りたがらない。

 

葉山則之(葉山奨之)は、同じ経験をしたことがある。

そのため、葉山は、彩香の担当をやらせてほしいと買って出た。

葉山は何度も通う

被害者の小野彩香(横田美紀)は、心を閉ざしていて、警察へ語ろうとしない。

何度も、葉山則之(葉山奨之)は、通いつめる。

そして、自身の経験を、ドアの前で語りだした。

さらに、遺留品を見ていたら、彩香のらしい血の付いたマスコットのハンカチがあった。

あの状態で、素人である、彩香が、手当をしようとするのは、なかなかできないことだと、葉山は、よくやったと褒める。

次第に、彩香の気持ちはほぐれて行き、葉山則之(葉山奨之)の事情聴取に対応してくれた。

 

犯人は、「ヒロに謝れ」と言っていたそうだ。

 

ヒロとは誰なのか?

峰岡里美(黒沢あすか)の過去

峰岡里美(黒沢あすか)は、現在は、場末のホステスをしていた。

男にはツイテない人生だったと言っていたそうだ。

 

姫川たちが、女に話を聞くにいくも、しゃべることができず瞬きで質問に答える。

 

里美(黒沢あすか)を刺した男は、20代前半。

 

調べたら、里美(黒沢あすか)には、息子がいた。

現在、18歳になる重樹 という息子だ。

息子には就学歴がない。

今、どこで何をしているのか不明。

息子が母親を刺したのだろうか。

 

息子が殺したんじゃない?ってなるよね。

 

里美(黒沢あすか)の昔住んでいた部屋では

姫川たちは、息子の行方を探るべく、里美が以前息子と暮らしていた昔の住居を訪ねる。

幼児の白骨死体が押し入れから出た。

3歳~4歳くらいの、男児の遺体だ。

だったら犯人の男は誰なんだ?

立ち退きを言い渡されたのだが、そのまま残っていた。

部屋は荒れていた。

昨日まで暮らしていたかのような生活感。

 

菊田刑事(亀梨和也)が気付いた。

 

2人でプレイする、ゲームソフトがたくさんある。

もうひとりだれかいたのか? 

 

犯人(今井悠貴)に聞く

姫川たちは、身元不明犯人(今井悠貴)の意識がもどり話を聞きにいく。

 

姫川の質問に、まばたきで答えていた。

しかし、里美(黒沢あすか)が生きていると知ると大きく目を見開く。

 

 

犯人は、峰岡里美(黒沢あすか)の息子だった。

そして、犯人には、弟のヒロがいた。

白骨遺体は、弟のヒロだった。

 

里美(黒沢あすか)は、ネグレクトしていた。

家で弟のヒロを産み、出生届の提出していなかった。

 

 

朝起きると、弟が死んでしまっていた。

犯人は、弟が亡くなったことを母親の里美(黒沢あすか)から責められたのだ。

 

その後、犯人は、母親に置き去りにされた。

 

弟、が亡くなったのは自分のせいではないと母親に認めてもらいたかった。

 

しかし、訪ねていくと、もう、関係ないのだからと拒絶されてしまい、犯行を決意した。

 

犯人(今井悠貴)は、姫川に、本当の名前(重樹)を呼んでくれて、弟のヒロを見つけてくれてありがとうと涙を流して、礼を言うのであった。

姫川の憂鬱

事件が解決し、姫川は、1人ぽつんと物思いにふけっていた。

それを菊田が、心配になり話しかける。

 

関係ない男性が巻き込まれて死亡したのに、原因をつくった母親が生き残った。

母親が死ねばよかったのに・・・と正直思ってしまったと。

だが母親の気持ちも分からなくはない。

子供ができたが、子育ては意外と大変だった・・・

自分もそうならないとも言い切れない・・・

という想いだった。

 

菊田は、主任のそうじゃないところいっぱい知っているから、大丈夫ですと励ます。

 

雨が降ってきたので、室内に慌てて入る菊田と姫川だった。

 

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガ6話・感想・評価

姫川は、「まばたき」で、事情聴取しながら、親子と会話していた。

そして、重樹(今井悠貴)は、本当に、殺したかった、母親ではなく、見ず知らずの男性を殺してしまった。

なんてことだと、目を見開いた、今井悠貴の驚きは、相当なものだったでしょうね。

この重樹(今井悠貴)は、ツイテないなって思ってしまいますね。

そして、ツイテないだけで、終わらせられない話だ。

 

なんで、ヒロは突然朝起きたら死んでたの?

そこが、一番ポイントなのに、あやふやなのが、いまいち。

映像のヒロは元気そうだったけど、実際は、衰弱していたのかな。

「お前のせいでヒロが死んだ」と言いましたが、この母親は、責任のなすりつけですよね。

認めたくない、それを、一緒にいた、重樹(今井悠貴)のせいだと言って、自分だけがスッキリしたかった。

 

身勝手な母親らしい行動とも言えますけどね。

 

でも、ここまでひどい母親っているのかな。

情がないっていうのもほどがあるよな。もう息子の、顔も見たく無いほどって。

お腹痛めて子供産んだのに、

ああなってしまうのか。

 

重樹(今井悠貴)は、すごい良い子じゃない?!

姫川に、重樹って呼んでくれて、ヒロを見つけてくれてありがとうってきちんとお礼が言えるのだから。

あんなバカ母親のこと忘れて、幸せを掴んでほしかったな。

素直お礼が言える、清い心があれば、人間関係上手くいくし、なんとか地道に働いて、彼女でも作って真っ当に生きて母親に仕返ししてもらいたかったな。

親なんて、殺さなくても、先に死ぬんだしさ。

 

 

そして、母親は、ヒロの死を放置したことの罪は、もう時効だとか。

母親が諸悪の根源なのに、母親お咎めなく、重樹(今井悠貴)は、関係ない人を殺してしまった。

 

なんて悲惨な話だ。

 

姫川が、子供を産んだはいいものの・・・私もどうなるか分からないって産む前の人間が不安に思うのは分かるし、真面目な人こそ変に悩んでしまったりもするよね。

 

未婚未出産の姫川にとっては、少々荷の重い現場だよ。

 

それを、菊田が、良くなぐさめてくれた。

 

菊田のサポートが最近、効いている気がする。

 

葉山則之(葉山奨之)の経験が、今回活かされたことで、トラウマが癒えて欲しいな。

 

同じ境遇同士、分かり合えるものもいるし、同類相憐れむ効果で、被害者の、小野彩香(横田美紀)も救われただろうな。

毒親って、ひとことで片付けられない話だと思った。

 

お前は、子供を産む資格ない!と言ってしまうのは簡単だけど、既に子供は生まれている訳で、なんとか成人まで生きられても、トラウマを抱えたりするし、いろいろと人生ハードモードになるしな。

 

毒親になる人は、なるべくして毒親になっているし。

男に優しくされない、社会でつま弾き状態だと、子供にも優しくできないんだろうな。

かといって、不妊治療している夫婦に子供が授からなかったり、現代はいろいろと、複雑で難しい。

 

 

ストロベリーナイト・サーガ・6話評価4

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガキャスト・スタッフ

木曜日のドラマ


【放送局】フジテレビ

【開始日】4/11

【時間】10時00分~

【出演】二階堂ふみ,亀梨和也,江口洋介

【原作】誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(光文社)

ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)

ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子 (光文社文庫)

誉田 哲也
発売日: 2009/11/27
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】徳永友一,ひかわかよ,関えり香

【演出】石川淳一,山内大典

【プロデューサー】山崎淳子

【主題歌】Rain/亀梨和也

【HP】ストロベリーナイト・サーガ

 

\【ストロベリーナイト・サーガ 】を視聴する/

(AD)
FODプレミアム

2019年5月16日現時点での情報です。FODでお確かめください。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジテレビ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.