フジTV

後妻業7話ネタバレ感想・朋美(木村多江)は、もろい今度は柏木亨(高橋克典)に・あらすじ・見逃し・解説・考察も

更新日:

 

後妻業~7ネタバレ感想考察になります。

木村佳乃が関西弁の悪女に! 高橋克典、木村多江、伊原剛志ら共演の痛快サスペンス

 

原作はこちら

後妻業 (文春文庫)

後妻業 (文春文庫)

黒川 博行
390円(09/16 14:33時点)
発売日: 2016/06/10
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク

後妻業~7話あらすじ

朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)は、小夜子(木村佳乃)を呼び出して新井(河本準一)と共に笹島(麿赤兒)の屋敷に入る写真を提示し、マスコミが飛び付くと明言。朋美の父の遺産の遺留分として相続権の半分を要求し、応じないなら記者会見を開いて民事裁判で争うと宣告する。その話を聞き、朋美達の本気を確信した柏木(高橋克典)は、朋美に本多抜きで話がしたいと告げる。

YAHOO!TVから引用

 

後妻業~見逃した方は

関連後妻業・見逃し・動画配信~木村佳乃主演作品1話から・最終話まで視聴できる

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

\後妻業~・見逃した方はFODで視聴/

(AD)

FODプレミアム

スポンサーリンク

後妻業~7話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

朋美と柏木

朋美(木村多江)は、ブライダル微祥に乗り込み、「小夜子ではなく私と手を組みませんか?」と柏木亨(高橋克典)を誘う。

小夜子を単独犯にしようと提案する。

朋美は、今は、小夜子に負けたくないという気持ちが出てきたと言うと、柏木亨(高橋克典)に、大笑いされる。

今なら間に合う、元の穏やかな暮らしに戻れと言われる。

本当に、朋美の小夜子への想いったらすごい。

笹島(麿赤兒)亡くなる

本多芳則(伊原剛志) が、朋美(木村多江)の元に来る。

笹島(麿赤兒)が亡くなったことを告げられる。

「練炭自殺」と聞くと、朋美は、小夜子が殺したに違いないと確信する。

練炭自殺は、怪しいですね。

小夜子を呼び出す

小夜子(木村佳乃)を、本多芳則(伊原剛志) と、朋美(木村多江)は、追い詰めようと、呼び出す。

しかし、小夜子は、本多と、朋美のことを茶化し話が進まない。

 

練炭自殺した笹島(麿赤兒)の話になる。

最初の夫の名城も練炭自殺であり、一緒の方法だ。

 

小夜子は、柏木亨(高橋克典)の指示で、会話を録音するように言われていた。

 

本多は、小夜子が、笹島邸に出入りする写真を持っていた。

これを、マスコミにばらまくと言う。

さらに は、刑事告訴、民事訴訟をする、その時は、記者会見し世間の注目を集めたいと言う。

 

小夜子は、ややこしい話や、考えさせてと帰る。

この揺さぶりが効き、かなり、動揺したと、にらんだ本多芳則(伊原剛志) 。

 

柏木亨(高橋克典)は、朋美は、金よりも、小夜子を貶めたいのだと言う。

それを言われた。

小夜子(木村佳乃)は、舟山(中条きよし)に入れあげていた。

亨(高橋克典)から連絡

亨(高橋克典)から朋美(木村多江)に、連絡が来る。

黒幕のお出ましだ。

話がしたいと言うしかし、探偵の本多芳則(伊原剛志) は、連れてくるなとのお達し。

 

朋美(木村多江)が、ブライダル微祥の事務所に入ると、柏木の他に、小夜子(木村佳乃)がいた。

いつも通り、小競り合いになる。

 

亨(高橋克典)は、笹島(麿赤兒)の遺言公正証書を見せる。

しかし、笹島からのサインはなし。

 

小夜子(木村佳乃)は、笹島(麿赤兒)は、自殺だったんではないか?語りだす。

 

朋美(木村多江)は、リフォームする予定の人が、自殺する訳がないと主張する。

 

それは、金があったから、子供たちに、改築しろと言われていたのだった。

金があったけど寂しい爺さんだったのだと、小夜子は哀愁を漂わせる。

 

朋美(木村多江)の元に本多から電話が入る。

笹島(麿赤兒)の殺人容疑で、家政婦が逮捕された。

動機は、怨恨。

医者だった時に、【息子よりも有名な政治家を優先した。そのおかげで、治療が間に合わなかった】そう捉えた、家政婦が犯行したのだった。

 

小夜子は、哀愁漂わせ、「自殺だ死にたかった爺さんだ」と言っていたけど、今回の笹島は、他殺。小夜子が今まで出会ってきた爺さん達も実際は生きたかったのかもしれない。

離婚成立

朋美(木村多江)が事務所に戻ると、司郎(長谷川朝晴)が、待っていてきちんと話をしたいと言う。

 

絵美里(田中道子)のことは単なるきっかけ。

ここ数年、すれ違っていた。

朋美(木村多江)も同意する。原因は、不妊治療。

朋美(木村多江)勝手にあがいて、勝手に悲しんだのだと言う。

 

朋美(木村多江)は、自ら、司郎(長谷川朝晴)に、もう終わりにしようと言う。

朋美(木村多江)はよく言った!だけど、なんだかせつないな。

 

司郎(長谷川朝晴)は、指輪を置いて謝る。

朋美は、仕事のことは、ゆっくり考えようと言う。

優しすぎるだろう。事実婚とは言え、浮気されたのに・・・

小夜子の恋&傷心の朋美

舟山(中条きよし)は、金銭的に不自由をさせることはないと、小夜子に、結婚をチラつかせられる。

プロポーズされたと喜んで、柏木亨(高橋克典)にメッセージを送るも・・・

【東京で、仕事中】と素っ気ない返事を返す、柏木亨(高橋克典)。

 

柏木亨(高橋克典)は、博司(葉山奨之)と会う。

博司は、小夜子が母親だということを知っていた。

 

傷心の朋美(木村多江)1人でバーで飲む。

本多芳則(伊原剛志) を誘うも、今はまずいと断られた。

そこに、柏木亨(高橋克典)が登場する。

 

一方、舟山(中条きよし)は、「今日はこのまま、私と一緒にいて欲しい」と小夜子にホテルのカギを見せる。

 

朋美(木村多江)は、泣き出してしまい、柏木亨(高橋克典)に介抱され、柏木の部屋に連れていかれる。

 

その様子を心配になり、見に来た本多芳則(伊原剛志) に目撃されてしまう。

本多芳則(伊原剛志) は、声もかけられないで、たたずむ。

 

スポンサーリンク

後妻業~7話・感想・評価

朋美(木村多江)は、もろいな。

前は、本多芳則(伊原剛志) に、しなだれかかり、今度は、柏木亨(高橋克典)に。

そして、介抱される。いや、餌食になっているのか。どっちだろう。

少なくとも、本多芳則(伊原剛志)に対しては、恋愛心はなさそう。

柏木亨(高橋克典)に対してはどうなのだろう。

今回、冒頭で、武内小夜子(木村佳乃)を単独犯にして、私と組もうと言っていたことから、柏木亨(高橋克典)を小夜子から奪おうとしたことは確か。

柏木と小夜子は、男女の関係ではないにせよ、パートナー。

朋美(木村多江)は、なぜ、それほど小夜子が憎いのか。

朋美の中の、最大の心の傷は、【不妊治療】。

自分がうまくいかなかったのに、小夜子にすら、息子がいる。

自分も子供が産めていたら、内縁の夫、司郎(長谷川朝晴)と、うまくいっていたかもしれない。

そして、小夜子には、お父さんである、中瀬耕造(泉谷しげる)を奪われた。

 

お父さんを奪われたことで、朋美の土台が揺らぎ、傾いてしまった。

 

全部悪いのは、この女!小夜子のせいだ!となったのだろうか。

 

朋美は、小夜子に、逆恨み入っている部分も結構あるよね。

 

確かに、小夜子は悪者なのだが、朋美の中で一気にはじけてしまう。

 

そして、朋美くらいの年代は、更年期入ったくらいなのかな?

 

ホルモンバランスも乱れて、イライラが止まらなくなっているのだろうか。

そう考えたら、女の人生って大変だな。

 

一方、小夜子はというと、笹島の爺さんが亡くなった時、哀愁漂わせ、「自殺だ死にたかった爺さんだ」と言っていたけど、実際は、家政婦による他殺。

 

小夜子も小夜子で、思い込み激しいのだろうか。

確かに、どの爺さんも、若者よりも、悲しみや憂いを持っている。

それを、拡大解釈して、【さみしい爺さん→死んだほうがまし→安楽死の介助→罪悪感なし】という思考回路なのだろうか。

 

「小夜子ですら子供産んでいるのに」、と、朋美(木村多江)は、うらやむ一方、小夜子は、息子、博司(葉山奨之)のことは、煙たい存在。

産んだら生んだで悩みがあるものですよ。

 

これぞまさに、【他人の芝生は青く見える】状態ですよね。

 

小夜子(木村佳乃)も次回、舟山(中条きよし)の爺さんにこっぴどくやられるみたいだし。

人生山あり谷ありですよ。

人の幸せと自分の幸せを比べることは、ナンセンスなことです。

 

妻業~7話評価4

 

 

大竹しのぶ主演の、映画の、【後妻業の女映画版】は、Amazonプライムビデオで見ました。初めての方は、無料体験もOK!月額400円で、プライム会員になると、様々なサービスの他、今なら追加課金なしで、【後妻業の女映画版】が、視聴ができます。

 

スポンサーリンク

後妻業・キャスト・スタッフ

火曜日のドラマ


【放送局】カンテレ・フジテレビ

【開始日】1/22~

【時間】9時00分~

【出演】木村佳乃、高橋克典、木村多江、泉谷しげる、伊原剛志

【原作】黒川博行

後妻業

後妻業

黒川 博行
発売日: 2014/08/29
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】関えり香

【演出】光野道夫、都築淳一、木村弥寿彦

【主題歌】冬の花

 

【HP】後妻業

木村佳乃が関西弁の悪女に! 高橋克典、木村多江、伊原剛志ら共演の痛快サスペンス

ココがポイント

大竹しのぶ主演で映画化もされた、直木賞作家・黒川博行の同名小説を、木村佳乃主演で連続ドラマ化。

 

関西を舞台にしたお話。関西出身者ない木村佳乃などの関西弁にも注目!

 

 

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

 

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

\後妻業~・見逃した方はFODで視聴/

(AD)
FODプレミアム

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジTV
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.