動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

フジTV

後妻業最終回・9話ネタバレ感想・小夜子はバケモノ級詐欺師・あらすじ・見逃し・解説・考察も

更新日:

 

後妻業~9最終回ネタバレ感想考察になります。

木村佳乃が関西弁の悪女に! 高橋克典、木村多江、伊原剛志ら共演の痛快サスペンス

 

原作はこちら

後妻業 (文春文庫)

後妻業 (文春文庫)

黒川 博行
799円(04/20 06:39時点)
発売日: 2016/06/10
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク

後妻業~最終回・9話あらすじ

【最終回】
暴力団員の喜宜(松尾諭)への対応を思案する柏木(高橋克典)は、写真を届けに来た博司(葉山奨之)に、小夜子(木村佳乃)本人へ母親なのを知っていると伝えてはどうかと提案する。朋美(木村多江)に小夜子らとの縁を切らせたい本多(伊原剛志)は柏木を再び訪ね、調査内容を記した手帳を買わないかと持ち掛ける。一方、小夜子は柏木に新たな標的を探すよう依頼するが…。

YAHOO!TVから引用

 

後妻業~見逃した方は

関連後妻業・見逃し・動画配信~木村佳乃主演作品1話から・最終話まで視聴できる

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

\後妻業~・見逃した方はFODで視聴/

(AD)

FODプレミアム

スポンサーリンク

後妻業~最終回・9話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む

お金どうする

柏木(高橋克典)の事務所を訪れた、舟山の息子(松尾諭)。

柏木は、舟山の息子から脅され3,000万で手を打とうと言うことで去っていった。

さらに、今度は、本多(伊原剛志)も柏木の事務所に来て、お金を払えと言われる。

証拠が全部書いてあるメモを取った手帳を買えと迫ったのだ。

その金額も3,000万円だ。

柏木追い込まれる、3,000万と3,000万で6,000万必要になってしまった。

電話で連絡

小夜子(木村佳乃)は、朋美(木村多江)に本当のことを話したいと、電話をする。

柏木(高橋克典)も、舟山の息子(松尾諭)に電話する。

小夜子の息子の博司(葉山奨之)が、舟山の組の人間が、【薬】を売っていた証拠の写真を取ったからだ。

それに、親分とは、違う組と懇意にしていた写真もある。

これを親分に報告すれば、一大事になる。

3,000万と脅されていたのが、逆に、1億で買ってもらうことになった。

小夜子と朋美

小夜子は、朋美に、見せたいものがあると通帳を見せる。

そこに記されていたのは、寄付だらけの明細だった。

しかも、子供関係ばかりだった。

じいさん達から得た遺産を寄付していたという証拠だ。

朋美(木村多江)は、だからって、殺していいことにはならないと言う。

耕造(泉谷しげる)は自分は殺していない。

 

小夜子によると、自分でやると言って、耕造(泉谷しげる)は注射器を小夜子から奪い、自分で腕に注射を打ち、おむつに注射器を入れて捨てたそう。

本当かな。

金の受け渡し

本多(伊原剛志) は、金の受け渡しの倉庫にやってきた。

そこには、柏木ではなくて、舟山の息子(松尾諭)と組の人間が登場する。

1億円を持ってきていた。

なんで柏木じゃないんだ。

いや、こちらは、柏木から、金を受け取りに来たと、本多(伊原剛志) と、舟山の息子(松尾諭)の話は、かみ合わない。

そこに警察が来て、舟山の息子(松尾諭)達は逮捕される。

1億円をもって、本多(伊原剛志) は逃げる。

本多(伊原剛志)が1億円を手にした。

博司(葉山奨之)くる

博司(葉山奨之)は、小夜子(木村佳乃)の元を訪れる。

母親だと知っていることを告げると、最終的には、【お前なんか産まなきゃよかった】と言われて、口論の末、小夜子の首を絞めてしまう。

小夜子(木村佳乃)は、動かなくなった。

気が動転する、博司(葉山奨之)。

博司(葉山奨之)は、柏木(高橋克典)に連絡する。

柏木(高橋克典)が駆け付ける。

 

柏木は、始末するぞと言い、小夜子を、キャリーケースに詰める。

 

外に運び出して、トランクに積もうとすると、ちょうど、そこに警察が現れる。

絶体絶命!大ピンチ!

柏木(高橋克典)は、博司(葉山奨之)を逃がす。

 

柏木優しいと思ったけど、後々見ると、裏があったのね(笑)

 

勝利の美酒

朋美(木村多江)と、本多(伊原剛志) は、「勝った」と言って、船上パーティーしていた。

と思ったら、橋口(平山祐介)も、柏木(高橋克典)も、なんと、小夜子(木村佳乃)までもいた。

小夜子生きてたし

本多(伊原剛志) の警察時代のバディの、橋口(平山祐介)だったのだ。

橋口大活躍だな。

からくり

本多(伊原剛志) は、マル暴時代、舟山の組に手こずった。

そこで、柏木(高橋克典)が、プロデュースの企画が持ち上がった。

 

この計画には、警察の相棒が必要だ。

警察の中で、使い勝手のいいバディはいないか?

それが、橋口だった。

 

舟山から手に入れる1億の金は5人で丸わけ。

極悪人から手に入れた金だ。

 

本多(伊原剛志) は、手帳の3000万円よりも、(2,000万2,000万で、)4,000万円入るので、こちらの方が金はいい。

でも、朋美が納得してくれるかだと言うと・・・

 

柏木は、説得なら、あのバケモノにさせようと言う。

バケモノ=小夜子が、中瀬朋美(木村多江)を仲間に引き込むんだと言われていた。

 

ううううううう、嘘だったのかーーーー

 

小夜子の説得

小夜子は朋美の説得に、寄付した証拠の通帳。

さらには、今付き合っているじいさんは、とんでもない悪人だったという、しくじった話をして同情を誘う。

 

そして、朋美自身への配慮も忘れない、医者に掛かって変な薬飲むより、悪党倒したほうが、すっきりすると説得する。

 

もう1個教えてあげる。子供産んだと。

産んでも母親にはなれなかった。

産んだら偉いという訳ではないと言う。

それ言われたら、子供が産めなかった朋美の心が緩みますよね。

 

その後

場面は、船上の上に戻る。

小夜子(木村佳乃)と、中瀬朋美(木村多江)は、相変わらず、口喧嘩をする。

 

地球が何回回った時?

ざまあ味噌汁 たくあんポリポリ等と言い出す、小夜子。

笑った。

 

博司(葉山奨之)は、というと、やくざ騙したから、巻き添えにはしたくない。

そして、お灸も、据えたいという理由で死んだふりをしていた。

 

柏木(高橋克典)も小夜子も、、大阪を引き払い、東京に行くと言う。

 

中瀬朋美(木村多江)は、どうにも、小夜子のことがまだ信じられない。

中瀬の父親の、耕造(泉谷しげる)が病室で注射を自ら打ったというが、見てもいないのに、どうして知っているのだと言う。

 

小夜子の空になった大阪の部屋のゴミ箱には、通帳と、注射器が捨ててあった。

バケモノのやることはひどい。

小夜子(木村佳乃)と、柏木(高橋克典)は、キスをする。

小夜子と、柏木にとってのハッピーエンドでは、あったのかな。

 

スポンサーリンク

後妻業~最終回・9話・感想・評価

小夜子(木村佳乃)は、詐欺師というか、もはや女優だ。

朋美(木村多江)も、小夜子の演技に、魅せられてそして、救われた1人。

当初、朋美は、父の敵を打ってやる!だったのに、結局は朋美すらも、小夜子の手のひらで踊らされていた。

朋美は、一見自立した、女性なんだが、傷を抱えていてもろい。

朋美の弱点を捉えて、それを利用する女それが、小夜子。

そして、利用している面と、根っからの性格(小夜子自身、実は愛にあふれた女性の面がある)が、どちらから出てきているものかが分からなくなることがある。

 

その差が、読み切れないから、人は騙されるのだろう。

 

息子の博司(葉山奨之)は、小夜子の死んだふりを見抜けなかった。

迫真の演技だったからだろう。

 

結局、小夜子は、女優なのだ。

でも、一方で、小夜子も、舟山のじいさんには、騙されていた。

騙される一面を持っている小夜子は、やはり、人間くさい。

親しみが持てる。

そこなんだろうな。

だから、バケモノなんだと思う。

根っからの詐欺師は、人を信用していないから騙されない。

小夜子は違う。

人情味のある詐欺師バケモノ小夜子。

演技派小夜子のドタバタ劇面白かったです。

 

中瀬朋美(木村多江)も小夜子のおかげで立ち直ったからよかった。

そして、柏木(高橋克典)と、今度は、東京で、後妻業するのかな。

やめた方がいいよって思うけど、やるだろうな。2人なら・・・

って思わせる終わり方だった。

映画と、ラストが違かった。

 

ドラマ版の小夜子の方が、人物的には、魅力的に描かれていたな。

映画版の小夜子は、誰も疑わないほどの、【the後妻業】の女。

もはや別人格だ。

映画版とドラマは、違うものを見ている気にさえなれると思った。

 

映画とドラマ見てしまうと、どうしても役者を比べてしまうところありますね。

柏木は、豊悦も、高橋克典も良かった。

小夜子の息子が【小夜子を殺してしまったと気が動転する】シーンは、私の中では、映画版の風間君の演技が、迫りくるものがあった。

葉山君も全体的には、良かったけど、このシーンだけは、風間君に比べるとちょっと、危機迫るものが、弱かったかなと、個人的感想。

見比べてみるのも面白いですよ。

 

私は、総合して考えると、ドラマ版のストーリーの方が好きでした。

後妻業~9話評価4.2

 

 

大竹しのぶ主演の、映画の、【後妻業の女映画版】は、Amazonプライムビデオで見ました。初めての方は、無料体験もOK!月額400円で、プライム会員になると、様々なサービスの他、今なら追加課金なしで、【後妻業の女映画版】が、視聴ができます。

 

スポンサーリンク

後妻業・キャスト・スタッフ

火曜日のドラマ


【放送局】カンテレ・フジテレビ

【開始日】1/22~

【時間】9時00分~

【出演】木村佳乃、高橋克典、木村多江、泉谷しげる、伊原剛志

【原作】黒川博行

後妻業

後妻業

黒川 博行
発売日: 2014/08/29
Amazonの情報を掲載しています

【脚本】関えり香

【演出】光野道夫、都築淳一、木村弥寿彦

【主題歌】冬の花

 

【HP】後妻業

木村佳乃が関西弁の悪女に! 高橋克典、木村多江、伊原剛志ら共演の痛快サスペンス

ココがポイント

大竹しのぶ主演で映画化もされた、直木賞作家・黒川博行の同名小説を、木村佳乃主演で連続ドラマ化。

 

関西を舞台にしたお話。関西出身者ない木村佳乃などの関西弁にも注目!

 

 

FODプレミアムは、高画質で、フジテレビが運営している、安全な動画配信サービスです。

 

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

\後妻業~・見逃した方はFODで視聴/

(AD)
FODプレミアム

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-フジTV
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.