動画配信サービスとドラマと映画とアニメの感想と考察と紹介。

ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ

まんぷく

まんぷくネタバレ感想25話~30話・5週目考察も【信じるんです!】終戦後の暮らし&再会

更新日:

朝ドラ【まんぷく】5週目の感想です。

詳細⇒まんぷくのモデル日清食品安藤百福・仁子夫妻についてとキャスト相関図

 

第5週目は【信じるんです!】というテーマ。

 

まんぷく5週目・あらすじ

長く続いた戦争がようやく終わり、疎開していた福ちゃん、萬平さん、鈴さんは大阪に帰ってきました。

待っていたのは、敗戦後の厳しい現実。大空襲を受けた大阪は、ほとんどの家々が焼け、食料が大きく不足していました。配給では足りないため、闇市で高いお金を払って食料を買わなければなりません。

福ちゃんたちはお金を手に入れようと、持っていた着物を売っていきますが、だんだん売る物もなくなり、困っていたある日、萬平さんがある商売を思いつきます!

まんぷく・公式より引用

まんぷく5週目・ストーリー・考察・ネタバレ含む感想

終戦後の話です。

 

福子たちは、大阪に帰ってきます。

 

前週のテーマは、「私が見つけます!」でした。

 

福子は、戦争に行きたくてもいけないで悔しがる萬平のために「やることをみつける」というストーリーでした。

 

5週目のテーマは、【信じるんです!】です。

 

また、【!】マークが付いています。

相当強い想いがこもっていますね。

 

まんぷく25話月曜日~闇市とラーメン

玉員放送を立って聞く福子家の面々戦争が終わった・・・

昭和20年秋。

克子姉ちゃん一家も大阪に戻ってきた。

子供の成長早い!上のお姉ちゃんは、岸井ゆきの

 

福子たちは克子姉ちゃんの家に居候することになった。

萬平の会社も家も燃えてしまったのだった。鈴の家も。

 

落ち込む日々・・・

忠彦さんの消息は不明。

真一も消息不明。

友達もどうしているか分からない。

 

忠彦の実家からは、忠彦がいないという理由で仕送りが止まっている。孫がいるのに・・・

 

克子と忠彦の実家に溝が入ったのでしょうか。心配ですね

 

方々を訪ね、あるものを食べ物や、お金に換える。

闇市では、石鹸15円。

鈴さんの着物が100円で売れた。

ココがポイント

石けんが15円。100円で着物を売りました。戦後は時期によって一年一年大きく変わりますが、終戦直後のこの時期はおよそ100倍すると今の感覚になるそうです。石けん1個1,500円、着物は1万円ということになります。

 

萬平福子は、上郡に戻り根菜切断機を売り込む。

着物も持ってきた。

電車が満員でも仲の良い2人。

帰りにラーメンの屋台に行列がある。

麺だけのラーメン1杯を2人で別け合う。

一杯のかけそばならぬ、かけラーメン!

幸せになる手っ取り早い方法は美味しいものを食べる事かもと満面の福子。

ラーメンをすする福子と萬平の隣に牧夫妻が・・・運命の再会。

赤ちゃんもおんぶしていた。

皆、無事が分からなかったのに、牧夫婦に再会して、赤ちゃんまで生まれていたとは希望の象徴ですね。

 

 

まんぷく26話火曜日~世良は悪い人?

お金のない日々が続く・・・靴磨きをしてお金を稼ぐ、克子の子供達。

克子も、子供達を働かせるのは辛いと思っている。

 

鈴も、着るものを1枚1枚剥がされて売るような、こんな竹の子みたいな生活は辛い・・・と嘆く。

 

 

竹の子みたいな生活・・・確かに厳しいですね。戦争終っても食べるものに困る。生きるか死ぬかの世の中です。

 

「結婚する時、福子にお金の苦労はさせないと言っていた、あなたは発明家なんでしょうと」萬平を責める鈴。

 

すいとんの食事が続く。「また、すいとん」と文句が出る子供達。

 

ココがポイント

福子が提案、「すいとんじゃなくて大福だと信じれば大福に感じる、目を閉じて食べてみよう」と。

 

これは、今週の信じるのテーマが入っていますね。

 

でも、やっぱりすいとん。

 

鈴さんの着物を、闇市で着物を売っていると、男が来て、「これはもっと高い値段がつく」と言う。

 

その男こそ、世良だった。

 

世良は、3倍の値段で誰かに売るそう。

 

世良が良い人か悪い人か分からなくなってきた福子。

 

世良は、不公平なだけだと言う。

 

今の世は、良い人か悪い人かではなく、あるのは不公平だけだと。

 

そして、萬平に、「君が、不公平の負け組でくすぶってるのが残念だ」と言っていなくなる。

 

福子が何もかもが焼けてしまって、ハンコもなく、配給ももらえない人の話をなにげなく萬平に話したら・・・

 

ハンコを作ってやればいいと思いつく萬平だった。

 

 

世良にはっぱを掛けられて、やる気を出した萬平です。ヒール役って必要ですよね。平和ボケぬるま湯に浸かっていては奮起の心が出ません。世良は福の神かも!

 

まんぷく27話水曜日~はんこ作りでトシちゃんに再会

萬平の発案で、はんこ屋さんを営むことにする福子たち。

時代の流れと合致して、大当たりする。

【やっぱり萬平は発明家だ】と喜ぶ福子たち。

うれしそうだった反面、忠彦が帰ってく来ないで涙ぐむ克子。

 

克子姉ちゃん、せつない。松下奈緒はしかし、何回こういう戦争から帰ってこない夫を待つ役をしているのだろうか・・・トットちゃんでも観たような。

 

そして、鈴は、またまた、どうして子供を作らないんだ福子達に

 

福子、萬平、鈴、3人で寝ていたのだが、私がいるから子供作らないの?と言って違う部屋で寝る。

 

相変わらず、思い込みの激しい鈴さん。

 

としちゃんと再会。結婚して、苗字が変わったそう。

 

月曜は牧夫妻に水曜はとしちゃんに再会する福子。忠彦さんは帰ってこないパターンなんか?


夜も、みんなで、はんこ作り。

 

嬉しい悲鳴ですね。

 

鈴さんは、武士の内職にしてはきつすぎる発言( ´艸`)

 

あくまでも、武士の娘、貫きますね(笑)

 

言葉遊びをしながら、楽しそうな面々。

お金もたまってきたそう。

 

しかし、泥棒か?

 

発明家の萬平のアイデアで持ち越してきましたが、幸福や、安定は、なかなか続きませんね。

 

ココがポイント

福子ですら、月曜は牧夫妻に水曜はとしちゃんに再会し日常を取り戻しつつある街。忠彦さんは帰ってこないパターンなのか。克子姉ちゃんを今週のテーマである【信じるんです!】して励ましていた福子です

まんぷく28話木曜日~爽やかすぎる泥棒と忠彦無事帰宅

夜中に、泥棒が入る克子の家。

その泥棒とは、神部茂(瀬戸康史)だった。

帰郷した兵士の泥棒役で瀬戸康史登場!こんなさわやかな泥棒がいるとは。

 

神部は、仕事もなく金も尽きて追い詰められたとか。そして、母を亡くして天涯孤独。

 

お腹を空かして低血糖?で急に倒れる。泥棒にご飯まで食べさせる福子たち。

 

相変わらず、人がいい福ちゃんたちです。

 

 

起きたら、神部が掃除をしている。ご飯までいただいてお礼だと言う。

そして、もう、泥棒はしないとも。瀬戸康史

 

あくまで爽やかすぎる泥棒の瀬戸康史

 

戦争に行かなかった萬平は引け目を感じるとか。

 

事件は再び起こる?と思いきや、念願の克子の夫、忠彦(要潤)帰宅

福子たち一同が、喜び、万歳していたら、爽やか泥棒の神部もまた乱入してきて・・・

 

瀬戸康史が物語に入ってきましたそして忠彦の帰宅。面白い展開になりそうです。

 

 

まんぷく29話金曜日~萬平優しすぎるだろ!

爽やかすぎる泥棒の神部茂(瀬戸康史)は、行く当てがなくて、結局、香田家に居つく。

大阪帝大を出ているほどの頭脳明晰な男だった。

子供達の勉強を見てもらうことに。

泥棒と言えども、人の良さがにじみ出ている人物ですからね。

 

無事帰ってきた忠彦さんも、無事に見えていたが、爆撃で目をやられていた。

もう、画家は無理だと。

はんこ作りに混ざる忠彦だった。

せつない。

 

福子と萬平は、闇市で、浮浪者のような格好の因縁の人物に会う。

萬平が無実の罪で憲兵にしょっぴかれて、牢獄に入った原因となる加地谷だった。

許せないという思いが消えない福子に、【もういい】と言う萬平。

対照的な2人です。

いやー萬平の切替ってすごい。人を恨まないことも萬平のすごさかも。

 

萬平は、神部茂(瀬戸康史)に使いを頼んだ。

 

【自分の人生の主役は自分自身だ】という言付けと、【加地谷】というハンコを作ってプレゼントしたのだった。

 

加地谷のせいで、命拾いまでしたのに、どこまでも人が良い萬平でした。

 

今週のテーマ、加地谷の未来を信じているからこその行動ですね。

 

まんぷく30話土曜日~旅立ち

戦争で負ってしまった、目の障害のせいで、絵は描けなくなった忠彦。

 

はんこ屋さんが儲かると分ったら他にもはんこ屋さんを営む人たちが出てきてしまった。

商売あがったりの香田家の一同。

 

忠彦は「今までのような絵は描けないかもしれないけど、やっぱり絵が描きたいと

 

もちろんと承諾する克子。

 

忠彦らしい選択。そして、それを望んでいた妻の克子、収まるべきところに収まった感じ。

 

世良にも、萬平は発明家だと言われ、軍の倉庫なら紹介できると言われ移ることにした、福子と萬平。

 

真一さんも帰ってきて挨拶に来た。

人が変わったように明るい。

 

忠彦が、咲姉ちゃんのために描いた桜の絵を返すと、感極まって挨拶もなしに忠彦の靴を借りて帰ってしまった。

いろいろあったよう。

 

履いてきた靴ではなくて忠彦の靴を借りて帰るってよっぽどですね。

 

ココがポイント

今週は、戦争帰りの、神部、忠彦の靴もそれぞれのシーンで強調されていました。結びの真一が別の靴でいなくなったのは、兵隊の靴(戦争)から、違う道へと表わしているのでしょうね。

 

みんなに出ていくと報告する、福子と萬平。

 

神部は連れて行って欲しいと願い出てくる。

鈴さんも出ると言う。

 

香田一家も自分たちがいなければ、忠彦さんの実家から仕送りがくるかもしれないと。

将来に向かってそれぞれの道へ。

 

再会の連続の今週、最後は真一さんが帰って来て終わりましたね。

 

まんぷく5週目・まとめ

5週目のテーマは、【信じるんです!】で起こった事と言えば、「再会」がポイントだと思います。

 

月曜日⇒牧夫妻

火曜日⇒世良

水曜日⇒トシちゃん

木曜日⇒忠彦(神部)

金曜日⇒加地谷

土曜日⇒真一

 

月曜~木曜までは(神部は別だが)比較的良い再会でした。そして、金曜日、因縁の相手加地谷との再会です

加地谷のせいで、捕虜に取られて死にかけたのに、許してしまう萬平。

 

そこで、萬平の人柄が再確認できました。

 

戦争も同じで、いつまでも憎しみあっていたり、戦う気持ちが残っていても辛いだけです。

 

人を許すということを萬平に教わった気がします。

 

そして、今週は、【戦争帰り人達の靴】が強調され画面に映し出されていました。

 

土曜日に、戦争に行ってきた靴を、履き替えて、真一が出ていきます。

 

履き替えるというのに意味が込められていますね。違う世界に飛び出すのです

 

信じないと、次のステージ進んでいけません。

そういう意味で信じる【信じるんです!】ということだったのでしょう。

 

 

まんぷく公式

 

 

映画・ファンタビ劇場公開記念!その前にハリーポッターおさらい!


Hulu では、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』劇場公開記念で『ハリー・ポッター』シリーズ6作を独占配信開始中です。

こちら⇒Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

Amazonオーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーン中!

オーディブルが1ヶ月無料に加えてポイントキャンペーンもしています! つまり最大3ヶ月タダということ 

・無料体験期間中に1日5分以上聴くと50P獲得(=30日間やれば1500P)

・プライム会員ならなんと2倍!

・無料体験登録日の翌々月に付与 登録は10秒もあればできます。

-まんぷく

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2018 All Rights Reserved.