日テレ

3年A組 最終回・10話ネタバレ・感想・そう来たか!SNSで誹謗中傷は止めよう・見逃し・あらすじも

更新日:

 

3年A組─今から皆さんは、人質です─

最終回10話ネタバレ感想になります。

 

菅田将暉&永野芽郁の共演でおくる、誰も想像できない衝撃的な学園ミステリー

 

スポンサーリンク

3年A組─今から皆さんは、人質です─最終回・10話あらすじ

数年後の3月9日。元3年A組の生徒達が教室に集まる。一同の前には三回忌を迎えた一颯(菅田将暉)の遺影が飾られていた。そして現在の3月9日。一颯は郡司(椎名桔平)を人質に取ったまま意識を失う。世間が武智(田辺誠一)を澪奈(上白石萌歌)殺しの犯人と見なす中、ある人物が一颯の作ったフェイク動画をSNSに投稿。一転、真犯人として一颯に矛先が向く。

Yahoo!TVより引用

3年A組見逃した方は

詳しくはこちら→3年A組4話見逃し動画・無料で見る方法は?第1部完結の重要な回・黒幕も判明する?

\3年A組を見逃した方は/

Huluで視聴する

(AD)

スポンサーリンク

3年A組10話・最終回・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

柊最後の宣戦布告

柊一颯(菅田将暉)は、郡司真人(椎名桔平)を人質に取り、屋上に現れる。

マインドボイスでは、身代金が集まっている。

いまや、柊は、全国民の敵となっている。

 

朝8時に真相を話すと言う。

 

と、思ったら、柊は、打たれた。

しかし、防弾チョッキを着ていて助かった。

 

防弾チョッキ着ていたのか不死身な、柊が好き。

 

真相を語る

柊一颯(菅田将暉)は、人質の、瀬ヶ山署生活安全課・郡司真人(椎名桔平)に、真相を話す。

きっかけは、相楽文香(土村芳)のフェイク動画だった。

柊一颯(菅田将暉)は、すい臓がんが再発した。

余命1年の宣告を受ける。

 

逢沢博己(萩原利久)が、授業中に、景山澪奈(上白石 萌歌)のフェイク動画を見ていた。

 

文香の父・相楽孝彦(矢島健一)には、常に励まされていた。

そして、文香の父、捜査一課・理事官・五十嵐徹(大友康平)を紹介され、警察サイドからも協力をしてもらった。

 

柊一颯(菅田将暉)の事件を起こした動機は、【文香や、景山澪奈のような人を出さないように、救済したい】が、一番だった。

 

そのために、真相を明らかにするためには、全国民の敵になることが必要だった。

 

そして、それは、ある生徒のためでもあると言う。

 

茅野さくら (永野芽郁)だ。

柊一颯(菅田将暉)は、さくらのためにも事件を起こしたのですね。

茅野さくら (永野芽郁)が殺したと言う理由

景山澪奈が自殺した日、会っていたのは、茅野さくら (永野芽郁)だった。

 

景山澪奈(上白石 萌歌)は、相当追い込まれていた、「みんなが敵に見えるもう無理なんだ」と言って、屋上から飛び降りた。

 

情緒不安定の子とは、屋上で会ってはいけない。

 

飛び降りてしまった、景山澪奈(上白石 萌歌)をさくらは、手1本で、助けて引っ張る。

しかし、景山澪奈(上白石 萌歌)は、もう楽にさせてと言う、結局澪奈の手を離してしまった。

 

それが、自分が、澪奈を殺したと言う、茅野さくら (永野芽郁)の言い分だ。

現場に居合わせるのは、酷だ。そうなってしまう気持ちも分からなくはない。さくらは真面目なんだな。

 

そして、柊一颯(菅田将暉)は、自分が起こしたこの事件を最後まで見つめろと言う。

手を離した私の罪は消えないと、自分を責める、茅野さくら (永野芽郁)。

 

なんで生徒のためにそこまでするのか?と言う、郡司真人(椎名桔平)に、「教師だからだ」と、柊一颯(菅田将暉)

 

一方、武智大和(田辺誠一)は、外もまともに歩けなくなる。

悪くないサクラが追い詰められていて、悪い武智がウキウキしてるのは許せないけど、世間の声で、武智も相当追い込まれている。

 

朝8時になる

取り調べ中の、五十嵐徹(大友康平)は、郡司真人(椎名桔平)とあいつ(柊)の目が似ていたから、協力したと言う。

柊は、全てが終わったら、屋上から飛び降りるかもしれない。

柊一颯(菅田将暉)は、「前に、そういう夢を見た」と言っていたと、さくらが、言うと、生徒たちは、助けに屋上へ向かう。

屋上へ向かおうとする生徒たち、それを、郡司真人(椎名桔平)が助ける。

郡司も柊の想いに共鳴したのですね。

 

屋上から配信

柊一颯(菅田将暉)は、フェイク動画の真相を説明する。

あれは、【SNSを使った暴力】だった。

柊一颯(菅田将暉)は、信ぴょう性のない情報から、批判した、愚かな行動をあぶりだすために、この事件を起こしたのだと言う。

敵はSNSに対してってことか?!

 

自覚のない悪意が景山澪奈(上白石 萌歌)を殺した。

 

SNSが、影山を殺したと主張。

 

武智大和(田辺誠一)も、おかしくなる。

校長から、味方だ、柊一颯(菅田将暉)の言葉を聞き、皆で考えようと言う。

いやいや、そもそもの原因は、武智だから、この人は、罰せられるべきでしょう。

 

柊一颯(菅田将暉)の主張は、フェイク動画をうのみにした、ネットの人のせいだというものだった。

 

景山澪奈(上白石 萌歌)は、泣きながら訴えてきたそう。

お前らが影山の命を奪ったと言い出す。

 

見ず知らずに他人にぶつけるなと言う。

郡司真人(椎名桔平)は、柊の言葉を聞き、怒りではなく祈りだと言う。

言葉は、ナイフよりも重くのしかかると言う。

 

まあ、一理あるけど、難しい問題。正直この展開は、ちょっと興ざめかな。感動ではない方の鳥肌が立った。

 

柊一颯(菅田将暉)は、聞いてくれてありがとう、

Let's think‼

と言って、屋上から飛び降りる。

生徒が、柊一颯(菅田将暉)を助ける

それを、茅野さくら (永野芽郁)が、手を伸ばして助ける。

景山澪奈(上白石 萌歌)の時と同じ展開。

 

さくらは、手を離せないと言う。

茅野さくら (永野芽郁)は、お願いだから生きてくださいと言う。

柊一颯(菅田将暉)は、生徒たちに引っ張り上げられた。

引っ張り上げられるの痛そう

 

影山の手を離したのか?と聞く。

お前は、離さなかったんだと言う。

精一杯救おうとした。

だから、自分を責めるなと言う。

ここまでが授業?

 

この事件は、さくらを救うためにやった。

柊一颯(菅田将暉)は、死ぬつもりじゃなかった。

死ぬのは、怖いと言う。

 

武智大和(田辺誠一)は、相楽文香(土村芳)に謝る。

私は強く生きると、相楽文香(土村芳)は言う。

 

謝って許されないよ。人1人亡くなっているし。SNSは、糾弾して、武智は許されるって納得いかない・・・

 

柊一颯(菅田将暉)は、器物損壊、その他もろもろで逮捕された。

 

文香がありがとうと言うと、柊一颯(菅田将暉)は、自分のためにやっただけだと言う。

卒業おめでとうと言って、終わる。

 

マインドボイスの、身代金は、返済された。

 

あの後、1年柊は、生きた。

しぶとかった。

しかし、世の中は、大きくは変わらなかった。

茅野さくら (永野芽郁)は、あの10日間は、私にとって青春だったと報告する。

 

誰かに伝わって欲しいと言う。

 

スポンサーリンク

3年A組10話・最終回・感想・評価

今まで楽しく見ていたが、SNS批判が、本当の柊一颯(菅田将暉)が言う黒幕だということが分かり、正直、少々げんなりしました。

私からすると、それは、順序が違うような気がしますね。

この件に関しては、黒幕は、武智大和(田辺誠一)でしょう。

許されてはいけないのは、武智大和(田辺誠一)でしょう。

 

フェイク動画を作って流せば、後は、SNSが叩いてくれる。

だから、SNSが悪者扱い。

 

柊一颯(菅田将暉)は、良い面もあると認めていた。

 

しかし、匿名上の黒いものを簡単に出していいのか?

信ぴょう性のない情報を元に、善悪の鉄槌を下していいのか?

 

私も、だれか特定の人物を犯人扱いしたり誹謗中傷するのは、いけないと思います。

 

モラルがないの問題で済まされないものもたくさんありますよね。

誹謗中傷で逮捕されたりもしますから。

 

そこが、分かっていない人は、確かにいます。

でも、他人を平気で傷つける人は、その目的のためにやっている節もあります。

そういう人たちは、注意しても、言っても聞かないことも多いです。

簡単に変えてくれません。

リアルSNSの、Twitterでも、禁止されていて、度を超すと、アカウントロックや、凍結されますしね。

 

動画とか、画像とか、いくらでも加工ができる世の中なので、信じてはいけないという柊一颯(菅田将暉)の主張は受け取りました。

 

真実かもしれないし、真実ではないかもしれない。

 

目に見えるものこそが、真実だ。

いや、目に見えないものこそが、大切だ。

 

矛盾するようだけど、どちらも正しさがあります。

 

信じることも大切だけど、疑うことも大切。

 

誰かを叩いている人は、【絶対的な正義】に心を支配されているのは事実だと思います。

 

そして、たいていそういう人は、自分のガス抜きのためにやっていたりすることも多いです。

 

これから、SNSを使う層には、よい教訓になるドラマだったと思います。

 

確かに、柊一颯(菅田将暉)の主張する部分が抜け落ちて、SNSを自分のガス抜き誰かを叩くために使っている人は、重々承知してほしい問題ではあります。

 

フレッシュな若手俳優陣の高校生と、フレッシュな先生柊演じる、菅田将暉が、送る学園ものとしては、良いテーマだったとは思うけど。

 

SNSのデメリットは確かにあるけど、それが、いいか悪いかは別にして、大人な自分は、そう来たか・・・と最後のオチに、残念さを感じてしまった部分はあります。

 

柊一颯(菅田将暉)は、生徒想いの優しい先生だったんだな。

恋人と、かわいい生徒が同時にやられたとなると、憤慨するのも分かるが、ここまでの聖戦してまで、生徒を守ってくれる先生は、いません(笑)

 

 

3年A組10話・評価4

 

 

ココがポイント

~続編情報~

【3年A組】‐今から皆さんだけの、卒業式です‐情報

  • 前編
  • 後編

前編後編の2本立てです。

その他に【スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!】

などもあります。

Huluで視聴する

 

 

\3年A組─今から皆さんは、人質です─の続編も配信中/

お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

(AD)

スポンサーリンク

【3年A組─今から皆さんは、人質です─】キャスト・スタッフ

【3年A組─今から皆さんは、人質です─】キャスト

菅田将暉
永野芽郁
片寄涼太
川栄李奈
上白石萌歌
萩原利久
今田美桜
福原遥
神尾楓珠
鈴木仁
望月歩
堀田真由
富田望生
佐久本宝
古川毅
若林時英
森七菜
秋田汐梨
今井悠貴
箭内夢菜
新條由芽
日比美思
三船海斗
横田真悠
大原優乃
森山瑛
搗宮姫奈
西本銀二郎
飛田光里
若林薫
高尾悠希
細田善彦
堀田茜
バッファロー吾郎A
神尾佑
土村芳
矢島健一
大友康平
田辺誠一
椎名桔平

【3年A組─今から皆さんは、人質です─】スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子
演出:鈴木勇馬
演出:水野格
プロデューサー:西憲彦
プロデューサー:福井雄太
プロデューサー:松本明子
主題歌:生きる/ザ・クロマニヨンズ

 

【3年A組─今から皆さんは、人質です─】見るならHulu

Hulu無料お試し期間内なら、無料でも視聴可能です。

 

Huluは、掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)。追加課金や、超過課金は一切なし。

 

登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできます。

 

違法サイトは危険がいっぱいです。その点、ご紹介する、Huluは、日本テレビグループが運営していますので、安心して視聴できます。

 

登録は、簡単ですぐに視聴できます。はじめての方は、初回2週間無料で楽しめてしまいますよ。初回ではなくても月額933円とは安い!ランチ1回分くらいの値段ですよ

 

より詳しく知りたい方はこちら→参考3年A組・見逃し配信動画・視聴方法/菅田将暉主演&永野芽衣作品1話から・最終話まで・無料期間あり

 

huluオリジナルストーリー今から皆さんだけの、卒業式ですも視聴可能です。

 

オリジナルストーリーも気になりますね。

 

【3年A組】‐今から皆さんだけの、卒業式です‐情報

  • 前編・・・3月10日(日)最終回放送終了後 配信
  • 後編・・・3月17日(日)AM0時 配信

その他に【スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!】

などもあります。

 

\【3年A組─今から皆さんは、人質です─】続編などもHuluで配信中/

Huluで視聴する

(お試し2週間以内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-日テレ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.