日テレ

イノセンス冤罪弁護士・8話・ネタバレ感想・無実の死刑囚式根(片岡鶴太郎)・見逃し・あらすじも

投稿日:

 

イノセンス 冤罪弁護士

8話ネタバレ感想になります。

 

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演! “科学”を武器に逆転劇に挑む

 

スポンサーリンク

イノセンス 冤罪弁護士8話あらすじ

拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は死刑囚・式根(片岡鶴太郎)の再審請求をすることに。式根は24年前、社宅住人の集まりで飲料に青酸化合物を混入して6人を死亡させた罪で死刑が確定していた。式根を取材する聡子(市川実日子)らの話では、式根は無実の可能性がある上、がんに侵されているという。式根と接見した拓らは、娘・玲子(星野真里)に会うが、協力を拒まれる。

Yahoo!TVより引用

 

イノセンス 冤罪弁護士見逃した方は

詳しくはこちら→イノセンス 冤罪弁護士・見逃し・動画配信・視聴方法~坂口健太郎主演作品1話から・無料期間あり

\イノセンス 冤罪弁護士/

Huluで視聴する

(AD)

スポンサーリンク

イノセンス 冤罪弁護士8話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ

死刑囚・式根(片岡鶴太郎)の再審請求

式根(片岡鶴太郎)は24年前、イトエ電気の社宅の住人の集まりで、シャンパンに青酸化合物を混入し、6人を死亡させた罪で死刑が確定している。

長い獄中生活を送っていた。

シャンパンを持ち込んだのが、式根(片岡鶴太郎)ということだった。

そんな式根には、癌が見つかる。

担当弁護士の、塩原先生は、亡くなってしまった。

そのため、式根を取材していた有馬聡子(市川実日子)から無罪をはらしてほしいと頼まれた。

 

青酸化合物の瓶は、近所の沼地に捨ててあった。

 

当時の証言も定かではなく、2転3転するものもあった。

式根が容疑者だと判明すると、周りの人は、式根に疑惑がいくように証言しているような内容だった。

 

式根は、妻を含め6人殺害されたことになっている。

黒川拓 (坂口健太郎)達との、接見中も、苦しむ。

 

式根には、娘がいるが、今の自分にとって、希望は毒だと言う。

かえって苦しみが増すらしい。

 

過去に、再審請求は4回棄却されている。

事件は風化して、元住人達も、まともに話をしてくれない。

娘・玲子(星野真里)

娘・玲子(星野真里)は、父親には無関心というか、憎悪を抱いていた。

死刑囚の娘として、苦しい生活をしていた。

相当、マスコミに追い詰められたそう。

母親も、その事件で亡くなっているから、母方の親戚の家に引き取られたそうだ。

 

有馬聡子(市川実日子)は、こういうことがあると、自分もマスコミだということに、罪悪感を感じると言う。

 

 

再審は『開かずの扉』と呼ばれるほどの難関だ。

塩原は、24年かけてもだめだった、再審査請求は通らなかった。

 

 

事件当時、娘・玲子(星野真里)は、おばけを見たから、もうすぐ死ぬと、言っている由美を慰めていたことが、ノートに残されていた。

 

引きあたり捜査はねつ造

引きあたり捜査の、現場検証の写真の順番が入れ替えられていたことが、秋保(藤木直人)により判明した。

 

足元の影の長さから分析したのだ。

 

これは、式根(片岡鶴太郎)が、何もわかっていないのに、証拠隠滅で瓶を捨てたように、警察サイドが操作して、辻褄合わせをした証拠にもなる。

 

証拠のねつ造だった。

 

裁判所は頭が固い

しかし、裁判所は、頭が固い。

終わった事件を蒸し返し、逆転させるには、よっぽどのことがないとできない。

 

黒川拓 (坂口健太郎)は、接見中に、式根(片岡鶴太郎)の様子がおかしいのを感じ取る。

 

イトエ電気殺人事件でと、指宿(小市慢太郎) は、最高裁が下した結論にケチをつけるようなやり方をしていると、黒川拓 (坂口健太郎)の所属している所長の別府(杉本哲太)に脅しに来た。

 

別府(杉本哲太)は、タンカを切った。

しかし、本心としては、何かあったら、黒川を切るつもりでいる。

 

所長さんどっちだよ(笑)

 

有馬聡子(市川実日子)落ち込む

マスコミの熱が再燃したことで、娘・玲子(星野真里)が、有馬聡子(市川実日子)に、抗議しに来た。

【中途半端な正義感振りかざすな】と、ビンタされた。

娘・玲子(星野真里)の周りでは、死刑囚の娘ということだ、マスコミが動き出したらしい。

 

有馬聡子(市川実日子)と、秋保(藤木直人)が居酒屋で飲む。

秋保(藤木直人)は、いつも通り辛口ながらも、なんだかんだ言って、聡子の気持ちを軽くした。

 

拘禁反応の式根

式根(片岡鶴太郎))は、倒れてしまい病院のベッドへチューブを繋がれた状態。

 

黒川拓 (坂口健太郎)と、和倉楓 (川口春奈)が病院に見舞うと、意味不明なことを言い出した。

 

これは、拘禁反応というものだ。

いつ刑が執行されるか分からない恐怖と向き合っている出る人がいるものだそう。

ボケちゃったのかと思ったよ。

 

黒川拓 (坂口健太郎)は、弱っている、式根を見て、「生きてさえいてくれていれば」と、冤罪?で亡くなった友人のことを想いだす。

 

式根(片岡鶴太郎)が、拘禁反応が出る前に書いた有馬宛に、書いた手紙が出てくる。

 

無罪をはらしたい気持ちが綴られていた。

 

最近、黒川と和倉の息があってきたと、城崎穂香(趣里)に言われる。

 

沼地のおばけ

瓶が捨てられた沼地は、埋め立てられて、公園に変わっていた。

昔、沼地には、お化けが出るうわさがあった。

 

前の弁護士塩原先生が調べた子供たちに聞き取りしたノートに、【見ると死ぬ】という言葉が書いてあった。

 

お化け実験

黒川たちは、玲子(星野真里)に聞きに行き、「事件があった日に、沼地にお化けが出たと、いう話はなかったか?」と聞きに行く

 

そして、玲子(星野真里)が、体育館に連れてこられる。

そこには、当時のお化けを見たと言った、榛名由美(酒井美紀)も連れてこられていた。

 

秋保(藤木直人)が、沼地を再現した。

 

濃い霧が発生している中、後ろから光が浴びせられると、自分の影が前に浮きだって見えた。

 

黒川拓 (坂口健太郎)は、由美に、「これと同じものを沼地で見たのでは?」と問う。

 

これは、ブロッケン現象と呼ばれるものだった。

 

幼い子だと、妖怪のように見えてしまうかもしれない。

実際は、自分の影が、夕日に映し出されて、お化けのように、見えたのだ。

 

由美がごめんなさいと謝る。

 

母親に、シアン化ナトリウムの瓶を捨てろと言われた。

その時、沼地のお化けを見た。

 

 

榛名由美(酒井美紀)は、当時夫婦仲は最悪で、母が、父を殺したくてあんなことをしたのだと思うと言い出す。

 

玲子(星野真里)は、私の24年なんだったの?と。

今までの時間は・・・と言って、玲子(星野真里)悔やむ・・・。

 

由美(酒井美紀)の母は、事件の10年後に亡くなった。

事件は終わったんだと思い込んでいた。

だれにも罪を知らせなければ、終わり。

 

しかし、再審請求では、榛名由美(酒井美紀)がつらい証言をした。

式根の娘を想ってからのことだった。

 

黒川拓 (坂口健太郎)は最後に、念押しで、式根と、お嬢さんの中では、風化はしていない。

この先の未来までも、奪われることになるのは、許されることではないと言う。

 

しかし、再審請求は、棄却された。

 

開かずの魔は、開かれなかった。

 

有馬聡子(市川実日子)は「苦い」と言いながら、ブラックコーヒーを飲む。

 

接見する、玲子(星野真里)と、式根(片岡鶴太郎)。

式根は玲子に、「すまない」と、謝り、「苦労掛けたな」と言う。

信じることができなくてごめんなさいと言う、玲子(星野真里)。

 

大きくなったと、泣きながら喜ぶ。

手をかざす2人。

 

全然、すまなくないよ。やってないのに。それなのに謝っている式根(片岡鶴太郎)に泣けた。

 

スポンサーリンク

イノセンス 冤罪弁護士8話・感想・評価

実際に起きた、ぶどう酒殺人事件を連想させるような内容でした(もちろんフィクションですが)

今回は、シャンパン殺人事件ですしね。

これぞまさに、冤罪の現実ですね。

なんで、無罪なのに、死刑囚なのか・・・

そして、娘はもっと何も関係ないのに、いや、関係ないどころか、母親を奪われて、父親は、やってもいないのに、冤罪で殺人犯って、どんだけ悲しい境遇なのだろうか。

 

それにしても、玲子演じる星野真里の演技が素晴らしかった。

演技が際立っていました。

にじみ出る苦しさをうまく表現していました。

 

毒物事件は、普通の事件以上に、犯人確定が、難しい気がしますね。

でも、警察サイドとしては、【犯人が捕まえられない】と言う状況はどうしても避けたいんでしょうね。

 

「この人ではなく、私がやりました」と言う真犯人が出てこない限り、1度出た判決は、覆せないのが現実なのでしょうか。

 

今回の場合、実際の犯人であると思われる、榛名由美(酒井美紀)の母親は、事件の10年後亡くなっていますからね。

亡くなった人に、確認できないわけですものね。

 

でも、最後、亡くなる前に、父と娘が雪解けしたのが良かった。

 

片岡鶴太郎の演技もですが、セリフもぐっと来たし、星野真里の迫真迫る演技に、泣いてしまいました。

 

ああ、無念だ・・・

 

イノセンス 冤罪弁護士8話・評価4.2

 

\イノセンス 冤罪弁護士を見る/

お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

(AD)

スポンサーリンク

イノセンス 冤罪弁護士キャスト・スタッフ

土曜日のドラマ


【放送局】日テレ

【開始日】1/19

【時間】10時00分~

【出演】坂口健太郎、川口春奈、趣里、赤楚衛二、小市慢太郎、正名僕蔵、市川実日子、志賀廣太郎、杉本哲太、藤木直人

【脚本】古家和尚

【演出】南雲聖一、丸谷俊平

【音楽】UTAMARO Movement

【HP】イノセンス 冤罪弁護士

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演! “科学”を武器に逆転劇に挑む

ココがポイント

意外な実証実験で冤罪(えんざい)事件を解き明かす若き弁護士の活躍を描く、ヒューマン・リーガル・エンターテインメント

 

坂口健太郎の弁護士役!最近弁護士もの多い気がします。

イノセンス 冤罪弁護士見るならHulu

Hulu無料お試し期間内なら、無料でも視聴可能です。

 

Huluは、掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)。追加課金や、超過課金は一切なし。

 

登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできます。

 

違法サイトは危険がいっぱいです。その点、ご紹介する、Huluは、日本テレビグループが運営していますので、安心して視聴できます。

 

登録は、簡単ですぐに視聴できます。はじめての方は、初回2週間無料で楽しめてしまいますよ。初回ではなくても月額933円とは安い!ランチ1回分くらいの値段ですよ

 

より詳しく知りたい方はこちら→参考イノセンス 冤罪弁護士・見逃し・動画配信・視聴方法~坂口健太郎主演作品1話から・無料期間あり

 

 

\【イノセンス 冤罪弁護士見逃した方は、Huluで視聴/

Huluで視聴する

(お試し2週間以内に解約すれば料金は掛かりません)

(AD)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-日テレ
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.