やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道・18話ネタバレ感想・おりんちゃんの初恋散る、人買いが千原せいじ!・4週目 (水曜日5月1日)考察あらすじも

更新日:

やすらぎの刻~道5月1日水曜日18話

4週目考察ネタバレ感想見所です。

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~道4週目・あらすじ

 三平(風間晋之介)は転任する室井(真山勇樹)から禁書を隠すよう頼まれ、公平(風間俊介)と親戚の鉄兵(平山浩行)、しの(清野菜名)がそれを手伝う。程なく、公平はしのと三平の密会の噂を聞き衝撃を受ける。そんな時、同じ分校のりん(豊嶋花)が公平の元を訪問。だが、公平は邪険に扱ってしまう。脚本を書き進める栄(石坂浩二)は、亡妻・律子(風吹ジュン)に思いを巡らせる。

YAHOOTVより・引用

 

やすらぎの刻~18話5月1日、水曜日4週目・ストーリー・考察・説明・ネタバレ含む感想

ある男が来た。

吉村(千原せいじ)だった。

吉村は、困った家を嗅ぎつけて現れる人買いだった。

公平は、ハゲと、青っ洟たちと遊ぶ。

人買いってなんだ?って話になる。

 

11歳頃のりんちゃんが、遊んでいる中に現れ、公平に花を渡す。

りんちゃんは、公平のことを好きだ。

公平は、その花を川に投げ捨ててしまった。

臨ちゃんの家は、母親がバンバン子供を産む。

子守りで忙しく学校にも行けない。

 

 

鉄平の母が息を引き取った。

葬式で、みんな集まる。

鉄平も、とうとう一人になってしまう。

公平は、死んだ人間の顔を初めて見た。

1年前は元気だったのに。

 

脚本を書いている、菊村栄(石坂浩二)に焦点が当たる。

亡くなった妻、律子の時を思い出していた。

 

楽しかったこと、夢を語ったことなどが、死の瞬間から飛ぶのだ。

生き残ったものには、記憶が残る。

残った記憶が心から離れない。

 

おりんちゃんが、遠くへ行ってしまった。

満州だ。

満鉄の重役の所で働く。

嘘だ、女郎屋の所で働くのだ。

おりんちゃんは、公平に最後のお別れを言いに来たのだった。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~18話5月1日、水曜日4週目・感想

せいじが人買い(笑)

見た目が、いかつくて、ガタイがいいから、人買い役はピッタリで笑った。

 

おりんちゃんは、公平のことが好きだったんだな。

最後の最後で、ささやかな花をプレゼントに来て、でも、公平は、疎ましく捨ててしまった。

こちらは、恋心もないのに、持たれると、うざったいですからね。

 

おりんちゃんの行き先が、女郎屋とは、切ない。

まだ11歳頃なのに、生まれる家を選べないとはいえ、おりんちゃんの両親はあんまりだな。

子供をボンボン産んで、年端も行かない子供なのに、人買いに渡すとは・・・

昔と今は違うとはいえ、ちょっと切なすぎます。

まだ、どこかの家に、奉公に行くのなら、将来が選べそうだけど、11歳の段階で、女郎屋だと、その後の人生が固定化してしまいますよね。

子供の可能性とかも、考えられなくなるほど、切羽詰まっているのだろうが・・・

 

なんとも、貧困というものは残酷であるなと思いました。

そして、忘れていた、脚本を書いている、栄本人が久しぶりに登場しました。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~道・再放送情報

やすらぎの刻から道の本放送が、テレビ朝日で、毎週月曜~金曜 12:30~12:50です。

再放送は、BSになりますが、BS朝日で、毎週月曜~金曜 7:40~8:00になります。

本放送の1日遅れで放送されます。(金曜日の分は月曜日放送です)

その後、tver8時から1週間の間は、無料放送しています。

 

やすらぎの刻~道tver(放送から1週間の間は無料視聴可能です)

 

詳しく→見逃した!やすらぎの刻~道・配信動画・再放送情報・視聴方法・無料期間あり

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-やすらぎの刻~道
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.