やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道・22話ネタバレ感想・満蒙開拓団も賛否両論・5週目 (火曜日5月7日)考察あらすじも

投稿日:

 

やすらぎの刻~道5月7日火曜日22話

5週目考察ネタバレ感想見所です。

感想だけ見たい方は【目次】から【感想・評価】をクリックすれば飛べます。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~道5週目・あらすじ

「やすらぎの郷」のバーで、マヤ(加賀まりこ)が栄(石坂浩二)に、10年前のドラマ制作中止の件を話すが、「道」の執筆に夢中の栄は気もそぞろだ。1941年、養蚕業を中心としていた公平(風間俊介)達の村は転換期を迎えていた。そんな中、公平は満蒙開拓団の話を聞く。一方、次兄・公次(宮田俊哉)が海軍飛行訓練学校に入ることに。その壮行会の席で、しの(清野菜名)が酒に酔う。

YAHOOTVより・引用

 

やすらぎの刻~22話5月7日、火曜日5週目・ストーリー・考察・説明

父さんがいなくなって、うっとおしい梅雨になった。

生糸の町は死にかけていた。

小作たちは、地主の犬山に指示を受ける。

桑の木を抜いて、芋を植えると言う。

望月製紙は、生糸の受け入れをやめた。

女は、蚕棚の整理をした。

しのは、母さんから、糸繰と、機の織り方を教わっていた。

大きくなった、信子と幸子は、母ちゃんに味噌とか漬物の作り方を習った。

公平は、馬の番だ。

馬の名前は、アオ。

アオは、馬を飼っているのが2軒だけ。

アオも結組の一員だった。

公平は、満蒙開拓団の話を、ハゲと、青っ洟に聞く。

小作が大地主になれるチャンスだと聞く。

ハゲと青っ洟の家も、満蒙開拓団に行くつもりだという。

公平は、満州にいると言う、おりんちゃんに思いを馳せていた。

家に帰ると、公平の兄で長男の、公一は・・・「簡単に土地を捨てられるか?くにとは、へその緒で繋がれているようなものだ。くにを捨てるのは反対だ」と言う。

 

その話を聞いていると、次男の公次は、三平を気にする。

三平は、相変わらず絵を描いている。

お蚕の道具を描いていた。

公次は、「もう、廃れて焼かれちゃうだけだから、今のうちに描いておけ」と、褒める。

 

次男の公次は、自分は、海軍に入ると報告する。

三平に、兄ちゃんを助けて、皆の暮らしをよろしく頼むと言う。

三平も、19歳もしかすると、意外に早く、赤紙が来るかもしれない。

 

満蒙開拓団の話は聞いているだろう?と。

くにを守ると言うことは、家族を守ると言うことだと言う。

そのための、覚悟だけはそろそろしとけと、言う。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~22話5月7日、火曜日5週目・感想

ハゲや青っ洟は、満蒙開拓団に思いを馳せて、大喜びだったけど、公平の長男の公一は、反対派。

むしろ、ハゲや青っ洟のうちが、すごいな。

戦争行くと思えば、満州に移住して、開拓するくらいなんてことはなかったのかな。

村の結組の家族、何世帯かでいけば、鬼に金棒かな。

公平も、夢が広がったのにな。

公平だけ、なんだかんだ言って、満州に行きそうだけどね(今後のストーリーは知りません)

 

そんな中、次兄・公次(宮田俊哉)が海軍飛行訓練学校に入ると言う。

これはこれで、勇気がいることだし、立派だった。

そして、絵ばかり描いていて、戦争反対を唱える【アカ】よりのナイーブな弟、三平を心配しつつ、家族をよろしくと頼む。

家族と、くにを守ることは一緒だと、持論を述べつつ、兄ちゃんらしいこと言って、カッコ良かったな。

父親が、亡くなった時、三平が、絵描いてて怒りで、発作おこして亡くなったのに、まだ、絵描いてるとは、ちょっと三平の頑固さが見受けられますね。

 

スポンサーリンク

やすらぎの刻~道・再放送情報

やすらぎの刻から道の本放送が、テレビ朝日で、毎週月曜~金曜 12:30~12:50です。

再放送は、BSになりますが、BS朝日で、毎週月曜~金曜 7:40~8:00になります。

本放送の1日遅れで放送されます。(金曜日の分は月曜日放送です)

その後、tver8時から1週間の間は、無料放送しています。

 

やすらぎの刻~道tver(放送から1週間の間は無料視聴可能です)

 

詳しく→見逃した!やすらぎの刻~道・配信動画・再放送情報・視聴方法・無料期間あり

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




-やすらぎの刻~道
-

Copyright© ドドエア動画配信サービスとドラマと映画とアニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.